まさよ
学生時代は、恋人がいなくて困ったことなんて記憶にないのだけど…社会人になってからは、出会いが少ない、出会いがない…

そんな風にシビアな方向に状況が変化してしまったことを実感する人が非常に多いです。

まずは、社会人になると、なぜ出会いが少なくなるのか?その原因・答えを明らかにすること

  • 社会人になって出会いがなくなってしまったことで、自信を無くしてしまい、いざ出会いが訪れた時に魅力的な自分でないがゆえにチャンスを棒に振ってしまう人が多くいます。
  • 出会いが少ない状況をどう打開すればいいのかわからず、年齢だけを無駄に重ねてしまう人も多くいます。

今アナタに恋人がいない原因が自分自身にあると誤解してしまい上述のような状況を招いてしまうことがあるからです。

このようなことが無いようにまずは、

  • 社会人は出会いが全般的に少ない
  • 社会人には恋愛をしにくいという外的要因がある

という事実・実態を理論的に、そして客観的に理解することから始めることが肝心です。

1日でも早く恋人が欲しいと焦ることなかれ。ここが社会人が恋人を作る方法の答え探しのスタート地点です。

出会いが欲しいと考えている未婚女性・未婚男性の方…是非、じっくりと読み進めてみてください。

目次

社会人の出会いの場所・きっかけが少ない。そのシビアさの原因・理由・答えについて。

職場に恋愛の対象者が少ない。

あの青春の日々・シチュエーションは残念ながら二度と訪れない…

学生時代は、近い年齢の異性が多数いる環境下にありました。

例えば、高校ならば1学年200人だとすれば全校で600人。男女比率が半々(男子半分女子半分)だとすれば、大半を過ごす学校内だけでも全校生徒の半分…半数(5割)の300人が恋愛対象者ということになります。学校の異性全員が対象者ということは現実的にないかもしれませんが、3割を好みのタイプに分類できるとしたら約90人、6割を好みのタイプに分類できるとしたら180人が対象者です。

大学にしても同様です。大学により規模の大小はありますが、年齢の近い恋愛対象者は非常に多い環境下、カップルが成立しやすい環境下にあるといえます。

中学・高校・大学で出会う人は当然ながら基本的に全員が、未婚女性もしくは未婚男性というのも学生の出会いの特徴です。

しかし、社会人となるとそうはいきません。

企業により職種により例外はあるにせよ、社会(職場)では、様々な年齢の人が入り混じって仕事をしています。

大きなオフィスであっても、学生時代のように、その全員が未婚ということはまずありませんから、恋愛対象者の率自体学生時代とは比較にならない、びっくりするほど低いです。

また、企業・職種によっては

  • 職場には人が5人しかいない。しかも全員おじさんおばさん(既婚者)。注目すべき恋愛対象者ゼロ。
  • 外を回ることが多い仕事なので職場で関わりのある人間は数えるほどしかいない。

などのケースも珍しくありません。

働いている職場は、恋愛対象者が学生時代に比べ少ない。これは、ほぼ全ての社会人が直面する注目すべき、知っておくべき事実です。

プロ意識の弊害

職場に恋愛感情を持ち込むなんて…もしかして仕事を甘く見てない?仕事を舐めてちゃいけないわよ!

中高生のお付き合いを不純異性交遊などと言って学校が取り締まった時代もありましたが、それは昔の話。←今の若い子が聞いたら「は?不純異性交遊?何それ?」とビックリされるかもしれません…

今や、学生の青春は、恋愛・付き合いもありきというのが一般的。そもそも先生たちも、学生時代、甘酸っぱい青春を謳歌していたという世代ですからね…

大学生に関しては、昔から恋愛・付き合いありきの青春ということが一般的に認知されてます。

学生は、自らの生活の領域で積極的に恋活することが出来る環境にあったといえます。

しかし、社会人はそうはいきません。そこには良くも悪くも日本人ならではの“プロ意識”が存在します。仕事場で恋愛するなんて…

  • プロの自覚が足りない
  • プロとして問題あり

という風に捉えられる空気のある会社・職場が多く存在します。ですから、仮に恋愛対象者がいたとしても、積極的に行動に移しにくいです。

職場は、生きていくためのお金を稼ぐ場。婚活恋活は職場に居づらくなるリスクを含む行動ですから、”生きることを優先させ職場で婚活恋活することを控えるべき”だと考える人が多くいることも理にかなっているのです。

社会人は、自らの生活の領域において出会いの数が少ないだけでなく、アプローチしにくい環境でもあるのです。

社会人の恋愛対象者との出会う環境は学生時代のそれと比べると非常に劣っていると言わざるを得ません。

忙しくて余裕がない・仕事に夢中。

仕事でいっぱいいっぱいだから恋愛している余裕なんてありません…

社会人は学生に比べ忙しく余裕がなくなります。学生時代も勉強などに忙しいということはあるでしょうが、忙しさの質が異なります。

社会人の仕事には責任が生じます。自らの責任を果たさなければ…

  • 関わりのある数百人、数千人…にまで迷惑がかかる
  • 数十万、数百万、数千万の損害が発生してしまう

そういった責任に対するプレッシャーからストレスに押しつぶされてしまう人、責任を果たそうと120%の力で仕事に臨む人…などがいます。

学生時代にしなければならなかった勉強は、その責任が及ぶのは自分、家族…それくらいでした。

責任・プレッシャーが社会人と学生では段違い。それへ対応するのに精いっぱいで、恋愛に目を向ける余裕が少なくなってしまっているというケースは多々あります。

仕事に埋没、会社と自宅の往復、休みは休息に充てる…悪いわけではないが、面白みのある人間かどうかという基準で考えた場合、仕事するしか能がないつまらない人間になっていってしまうということになっていきます。

こうなると恋愛・恋人を作るということに関しては悪循環・負のスパイラルに陥っているとなります。

  • 流行りの曲がわからないカラオケに行くのが恥ずかしい。
  • テレビ・ドラマなど見てないから初対面の異性と他愛のない会話が出来ない。

恋人は欲しいのだけど、出会いの場に行きたくない、行くのが億劫だ…ということになっていってしまいます。

まさよ

これらの3つの要素が「見た目的に最も魅力的で婚活に適した時期」に重なってしまうケースが非常に多く、それが社会人に出会いがないという状況を作り出してしまっていることが非常に多いです。

※勿論、仕事に邁進することは悪いことではありません。恋人になった後は、”仕事・仕事に取り組む姿勢”は結婚まで視野に入れた場合重要で、仕事にいい加減な遊び人が相手では幸せな結婚生活を実現することは難しいですから。

上述のような状況の人は、合コン・婚活パーティーなど、一般的な社会人の出会いの場に参加することが困難だったりします。要は…

合コン・婚活パーティーには絶対に参加しない素敵な人がたくさんいるということ。

しかし、このような人でも、出来る婚活というのがあります。それは…いくつかある婚活サービスの中でも、結婚相談所もしくはマッチングアプリのサービスです。

特にマッチングアプリは、仕事が忙しくても取り組めるというだけではなく

  • 金銭的に手軽で敷居が低い。
  • 結婚相談所のようにどこかに時間を捻出して出向く必要がない。
  • 結婚相談所のように結婚前提ではなく、基本的には恋人探しのためのアプリなので気軽。
  • スマホで自分の部屋で暇な時や空いた時間に自分の都合・ペースで出来る。

などの特徴がありますので利用者が多いです。

空いた時間にスマホポチポチ → 仕事年収等のスペックもある程度把握出来ている脈あり異性と1対1で会う(ほぼデート)

な流れ。極めて効率的な婚活が出来るのがマッチングアプリです。

仕事は忙しくて肉体的にも精神的にも余裕はない、婚活する暇もない…だけど…出会いだけは欲しい!恋人だけは欲しい!貴重な休みの時間をリアルに消費するなら、脈ありに限定したい!

という人にとってはマッチングアプリは救世主的婚活サービスと言って良いでしょう。

《参考》利用者が多いマッチングアプリ一覧

  • ゼクシィ縁結び公式サイト

    結婚と言えばゼクシィというほどにリクルートのグループのサービスであるゼクシィブランドは知名度・ブランド力・安心感があって定着してますよね。ゼクシィ縁結びは、恋人を探している人向けの婚活・恋活アプリのサービス。

  • ペアーズ公式サイト

    女性は無料で利用できる。フェイスブックマッチングアプリの中では知名度ナンバーワン。

  • Omiai公式サイト

    10代20代女性は無料で利用できる。ペアーズとOmiaiは婚活・恋活アプリの有名大手トップ2。ペアーズには登録していないけどOmiaiには登録してるって人も多いので要チェックです。

  • マッチドットコム公式サイト

    マッチングサービスのパイオニア的存在。世界25か国に利用者がおり、日本でも187万人以上が利用中。

引用元 社会人出会いの場ナビ|場所・きっかけ等をレクチャー

社会人が出会いの場、出会いの機会を増やすために心がけておくべきこと・出来ること。

まさよ
続いては社会人が出会いの場、出会いの機会を増やすために心がけておくべきこと、出来ることを見ていきましょう。

マッチングアプリ一本で行くというのもアリですが、”社会人ならではの独身状態での出会いの場を楽しむ”ということは、今しかできないことなので、もし可能ならそれらをたしなむくらいはすべきだと私は思います。

広い視野を持つ、色々な経験をする、人間的な幅を広げるという意味でも有益なことでしょう。

ですが様々なデメリット・リスクを回避するために”事前に様々な社会人の出会い・婚活手段について知識を入れ要所要所を抑えておく”ことは大事です。

また、マッチングアプリ一本で婚活するしないに関係なく、

  • 自然と出会いが回ってくる日々のコツ・取り組み・習慣
  • マッチングアプリを含めた出会いの場でモテるようになるコツ・取り組み・習慣

がありますので、それらもキチンと把握しておく必要があります。

自分磨きを怠らない

どんなにいっぱいいっぱいでも自分磨きだけは怠りません

学生時代はなんだかんだ言っても異性を意識していたことでしょう。

しかし、社会人の責任・プレッシャーに押しつぶされてしまうと、そういった異性に対する意識、異性からどのように見られているかの関心が薄れてしまうことがあります。

そうなってしまうと、アナタ自身の見た目でのレベルが下がってしまいますので、折角の出会いを逃してしまう可能性が高くなってしまいます。

社会人の責任・プレッシャーへの対応と自分磨きはきっちり切り分けて両立できるもの…むしろ両立したほうが双方とも良いパフォーマンスを発揮できるものであることを自覚しましょう。

見た目を捨てて仕事に埋もれてしまうと…極論的には何のために仕事を頑張っているのかわからなくなってしまいます。そうなると頑張りの持続力・効率の低下につながってしまいます。

ひねくれない。自分を肯定し続ける。

結構長い間恋人いないけど…私、イケてないわけじゃないもん!ご縁がまだ巡ってきてないだけだもん!

先述していますが、社会人になれば、誰だって恋愛対象者との出会いは少なくなるものです。

恋人がいないからと自分自身への信頼・自信を損なわないように心がけましょう。

自分自身への信頼・自信を失ってしまうと、折角訪れた運命の出会いを活かすことができなくなる可能性が高まります。

人との出会いを肯定的に捉えよう

難しいこと考えてないで、何でも積極的に楽しもうと心がけてみては…?

仕事が忙しいと仕事以外のことを面倒くさいと感じてしまうことにもなりがちです。

しかし、人との出会いを面倒くさがらず、楽しむ。友達からの誘いなども可能な限り肯定的に対応することを心がけるべきです。

そうすることで、アナタの出会い・人脈は広がり、結果的に、恋愛対象者との出会いの可能性が高まります。

それだけではありません。一見、仕事には無関係、むしろ仕事の邪魔にさえなると思われる人間関係が仕事にプラスに作用します。

様々な人間と関わることで視野を広く持つことができます。今抱えている埋没しかかっている仕事を冷静に見つめなおすことが出来るようになることもあります。

長期的な視点で見れば、目の前の作業を完璧こなすこと以上に、アナタそのものの人脈・魅力・面白さを開拓するほうが重要な場合もあります。

目の前の仕事に自分の可能性の多くを奪われないように気を付けましょう。

出会いが多い仕事に転職

職場・職種により「出会いが多い少ない」「出会いの幅が広い狭い」の違いがあるのは事実。

転職を勧めるなど軽々しくするものではないですが、出会いが結婚生活にまで影響を及ぼすことを考えれば、たかが出会いされど出会いという考え方もできます。

職場での出会いに関しての特徴は、この後のコンテンツでメリットデメリットを詳しく解説させていただいてますが、他の出会いにはないオンリーワンのメリットがあるのは事実。

出会いと仕事を天秤にかけて考えた方が良い人も中にはいらっしゃることでしょう。

休日を充実させてみよう

心地よい運動、爽やかな汗、爽やかな交流

仕事に埋没していると、休日は、休息に充てようと考えてしまいます。それだと、結果的に、引きこもってしまうことになり、出会いが増えることはありません。

例えば、休日の午前中に、“料理教室に通う”とか“ボルダリングジムに通う”などすれば、出会いの機会・幅は増えます。

午前中だけと決めておけば、午後からは引きこもって体力回復に努めることも可能です。

限られた時間でも良いので、休日に人と触れ合う機会を作るように努めてみましょう。

疲労は、肉体的なものと精神的なものとあります。精神的なものは、会社とは全く異なる人と会うことがリフレッシュになります。

外に出ることは家で寝ているだけでは出来ないリフレッシュを得ることができます。

精神面・体力面両方から見た回復の効率を考えるなら、外に出るのはありです。

外に出ることは、出会いの幅・機会が増えるだけではなく、質の良い休息への貢献までも期待できます。

周りに気を使いすぎない

自分の未来のために…恥ずかしがってはいられない!

意中の人、気になっている人を誘う時、話しかける時に周りの目が気になってしまって行動に移せないという人は多いです。

周りの目など、長い目で見れば非常に些細なこと。今の恥ずかしさは一瞬です。たとえ職場恋愛であっても、誠意ある誘いであれば、周りの目を過剰に気にする必要はありません。

周囲の目が気になるというケースのほとんどが自意識過剰です。

アナタが気にしているほど、周囲は貴方に関心を寄せてはいませんし、しばらくすればアナタの起こした行動自体ほとんどの人が忘れてしまっているものです。

さほど重要ではない周囲の目が気になってしまうことで運命の出会いを逃してしまうほど悲しいことはありません。

自分の周囲の人間関係を改めて整理してみる。

出会いの無い現状を整理してみるとその原因が見えてくることが…

出会いがないと嘆いているならば、一旦冷静になって、自らの人間関係を図に書いて整理してみるのも一つの手。

そうすることで、アナタを取り巻く人間関係が明らかになります。

思った以上に出会いの可能性があると感じたならば、それを活かす方向で動くのもよし。

出会いの可能性を見いだせないと感じたならば、新たに行動することでしか出会いを掴むことができないと納得できますので、新たな第一歩を踏み出すきっかけとすることができます。

恋人欲しいんですオーラを出しすぎないように注意しよう

今、私、フリーなんですぅ!

恋人が欲しいからと言って、恋人欲しいんですオーラを出しすぎたり、私フリーなんですアピールをしすぎると、アナタの魅力を減少させてしまうことにつながる可能性があります。

  • アタックしてもいい人である。
  • 誰かを紹介してもいい人である。

といった状況を周囲に伝えるメリットはあるのですが、あまりにも切実なオーラが出すぎていると、

  • モテない人なんだろうな。
  • 必死すぎて引く。

といったマイナスな印象を周囲に与えることに…。

人は、限定品が好きだったり、希少価値に心を動かされるもの。また、ミステリアスなものに関心を寄せる傾向もあります。

恋人欲しいんですアピールというのは、そういった要素を減らす行為でもあることを忘れてはいけません。

出会いがない人が出会いを探す。社会人の出会いの場所・きっかけの全て

まさよ
出会いがないから困ってます!だけど、結婚願望が強いです!結婚したいです!

という人は男女共にかなりの数いらっしゃいます。出会いの場と言えば、昔から合コン・コンパ・友人の紹介・職場恋愛・カルチャースクール・お見合い・結婚紹介所・結婚相談所など様々な場を挙げることができます。

しかし、昨今、その出会いの場の勢力図に変化が起きています。

街コン・婚活サイト・婚活パーティー・婚活、恋活アプリ(ペアーズ・Omiaiなど)を利用して付き合いだし、結婚に至る人が増えているのです。

本サイトでは、今、巷で流行っている有料の婚活サービス(街コン・婚活サイト・婚活パーティー・婚活、恋活アプリなど)を含めた、現代における社会人の出会いの場についての特性とメリットデメリットを解説していきます。

  • 社会人の出会いの場の全てを比較することで見えてくること…
  • なぜ、婚活、恋活アプリ(ペアーズ・Omiaiなど)の利用者が爆発的に増えているのか?

出会いがなくて困っている人は是非参考にしてみてください。アナタが行くべき・利用すべき出会いの場がきっと見えてくると思いますよ。

合コン・コンパでの出会い

合コン・コンパでの出会い

評価 補足
かかる費用(≒コスパの良さ) 出会いの評価2 参加したからと言っていい出会いがあるとは限りません。
出会いやすさ 出会いの評価2 恋人に発展する出会いがあるかどうかは参加してみないとわからない。
出会いの数 出会いの評価3 参加するだけ出会いあり。しかし、1度の会自体で出会える数は少ない。
出会いの質 出会いの評価3 会による。看護師さんとのコンパ・証券会社さんとのコンパなど属性を絞ったコンパだと開催者のニーズに合わせた人を集められる。
出会いの安全さ 出会いの評価4 人のつながりで開催されることはほとんど。その場合は安全性は高いと言える。
結婚までの距離 出会いの評価1 行為自体気軽さがあるもの。結婚までの距離以前の話。
出会いの総合的お勧め度 出会いの評価4 極々一般的な社会人の出会いの場なので、お勧めできないということはない。

出会いと言えばの定番の合コン・コンパ。出会いの場としては、文句のつけようがありません。

しかし、恋人に発展するかもしれない出会いを誰もが得ることができるかどうか?ということを考えると、イマイチな側面があります。

当然、メリットもありますが。その両面を見ていきましょう。

合コン・コンパでの出会いのメリット

  • 飲み会・カラオケ・ボーリングなど日頃のストレスを楽しく発散しつつ出会いも得られる。
  • 交友関係を広げることができる。

合コン・コンパでの出会いのデメリット

  • イケメン・かわいい子・モテる子ばかりが良い思いをし、モテない子は結局恋人につながる出会いを得られない。上手くいかないと精神的にへこむ。
  • 忙しくて合コン・コンパに参加する時間を勿体ないと思ってしまう人には辛い時間となる。それでいて、恋愛に発展する出会いがある率はそんなに高いわけではない。
まさよ
合コン・コンパは、人付き合いが得意な人、どちらかと言えばモテる人にとっては、有益な場であるこということが言えるでしょう。異業種の人との人脈も増やすことができますから、恋愛に限らず、幅を広げていくのに良いです。

しかし、そのように器用に物事を融合させて考えることが出来ない人もいます。友達は友達。恋人候補は恋人候補。異性での友達なんてありえない…。というような人の場合は、合コン・コンパで出会いを求めるより婚活・恋活アプリで出会いを探す方が人間関係が明瞭でわかりやすいですから良い・向いていると言えます。

友達などからの紹介(お見合い)での出会い

お見合いでの出会い

評価 補足
かかる費用(≒コスパの良さ) 出会いの評価5 紹介されること自体は無料。無料で恋愛を前提とした顔合わせが出来る。
出会いやすさ 出会いの評価5 そもそも恋愛を前提とした出会いなので…。
出会いの数 出会いの評価1 何度も友達から紹介してもらうわけにはいきませんから…。
出会いの質 出会いの評価4 紹介者のニュアンスによる。
出会いの安全さ 出会いの評価5 友人に紹介するのに危険な人を紹介することは少ないでしょう。
結婚までの距離 出会いの評価4 出会いの段階で恋人になるか否かの状態ですので、結婚への距離は出会いの中でも近い方だと言える。
出会いの総合的お勧め度 出会いの評価2 会うまでどんな人かわからないですし、断りにくく、次から次へと婚活しにくくなります。

恋人になるかもしれない異性を友達・知人・親戚・上司などから紹介してもらうという出会いの手段。

友達などからの紹介(お見合い)での出会いのメリット

  • 相手の素性がある程度信用できる。
  • 最初から恋人になるかもしれないということがお互い前提なので細かな駆け引きをする必要性が低い。

友達などからの紹介(お見合い)での出会いのデメリット

  • 自らの気持ちが盛り上がらないのに、相手に好意を持たれてしまった場合、友達との関係にまで影響が及ぶ可能性がある。
  • キチンとリアルな人間関係で段どってもらっているので、全てを軽々しく扱いにくい。
まさよ
すんなりと意気投合してトントン拍子に事が運べばよいですが、色々と相手以外のところで気を遣うことが多いですね。

婚活・恋活アプリにはこのようなわずらわしさは一切ありません。

職場(バイト含む・職場恋愛)での出会い

職場での出会い

評価 補足
かかる費用(≒コスパの良さ) 出会いの評価5 職場にいる人ですから、費用がかかることはないです。
出会いやすさ 出会いの評価4 職場によりますが、男女ともに働く職場なら出会いやすいと言えます。逆に男性しかいない職場だと絶望的ですね。
出会いの数 出会いの評価3 交友関係を上手に広げていける場合は別ですが、基本的には、仕事の範囲内のみとなるので少ないと言わざるを得ません。
出会いの質 出会いの評価3 職場によりますね…。自分と同等までかと。自分よりハイステータスな出会いを得るのは難しい環境と言えます。
出会いの安全さ 出会いの評価4 事前にその人の情報を収集することが可能なので安全性は自らの努力で高めることができます。
結婚までの距離 出会いの評価4 普通に付き合いだす以上にお互いそれなりの覚悟が必要。ゆえに真剣度は高く結婚には近いと言えます。
出会いの総合的お勧め度 出会いの評価4 職場恋愛のデメリットを理解した上でお互い惹かれ合って付き合いだすケースが多いので上質な出会いとなることが多いですね。

社会人の出会いの場として、無視できないのはやはり職場。社会人は長い時間、職場で生活しているわけですからね。職場恋愛にも、「同じ職場・会社の人との恋愛(社内恋愛)」・「取引先の人との恋愛(社外恋愛)」まであります。

職場での出会いのメリット

  • 共通の話題があるため、入りがスムーズ。
  • ある程度、どういう人かしっかりと職場での立ち振る舞いや周りの話を通じて知ったうえで付き合うことができるので安心。
  • デート時に、ファッション・職場での印象とのギャップ萌えでポイントを稼いだり、相手の心を揺さぶることが比較的容易である。

職場での出会いのデメリット

  • バレた時に職場によって(周りの理解・職場の雰囲気)は仕事に悪影響が及ぶ場合がある。
  • 仕事の場で顔を合わすのが気まずいと感じることも…今まで通りに仕事をできなくなることも…
  • 序盤戦…職場でのアナタに対して抱いていた印象とのギャップがマイナスに作用して評価を下げてしまう可能性も…
まさよ
心配なのは、上手くいかなかった時のことですよね…。職場に居づらくなったら会社辞めますなんてそうできることではありませんからね…。

カルチャースクール(習い事)での出会い

習い事での出会い

評価 補足
かかる費用(≒コスパの良さ) 出会いの評価2 出会いが目的ではないところにお金を使わなければいけないのでコスパは悪いです。
出会いやすさ 出会いの評価2 スクールの特性により異なりますが、恋人に発展させるまでに持っていくのは、出会い目的な場所でない分難しいです。
出会いの数 出会いの評価3 スクールにより異なりますが、その内部のみに限られますので多くはありません。メンバーの入れ替わりが激しいところなら出会いの数は多いと言えるのでしょうけど…。
出会いの質 出会いの評価4 自然に惹かれ合う状況を作り出すことができる環境。恋人を得るまでのハードルが高い分、質は良いと言えます。
出会いの安全さ 出会いの評価4 アプローチに至るまでに、相手と親密になり相手のことを知る流れがありますので、安全性は高いと言えます。
結婚までの距離 出会いの評価1 付き合いだすことが出来ればいいですが、そもそもカルチャースクールなのですから…アナタを恋愛対象として誰も見ていない考えてもいないというのがスタートラインです。
出会いの総合的お勧め度 出会いの評価2 付き合うに至ることが出来ればいいですが、出会いを求めることに焦点を絞るなら、回り道すぎます。

料理教室・テニススクール・ブラスバンドサークルなど、カルチャースクール・習い事の場も社会人の出会いの場としてはチェックしておく必要があります。

カルチャースクール(習い事)での出会いのメリット

  • 共通の話題があるので、会話が盛り上がる。
  • 自然な出会いのシチュエーションを得ることができる。

カルチャースクール(習い事)での出会いのデメリット

  • そもそも出会いを求めることが目的の場所ではない。
  • カルチャースクール自体がアナタにとって大切なコミュニティである場合、恋愛を持ち込むことで気まずくなることも。
まさよ
自然に恋をして、恋愛に発展し…という流れならばいいですが、婚活目的で、アタックしてダメなら次…みたいなことをしていると、周りからの冷ややかな目線が気になりだすでしょうね…。

  • 男性の場合は、上級者で初心者の女性から憧れられるポジション
  • 女性の場合は、初心者で上級者の男性から放っておけないと思われるポジション

カルチャースクール(習い事)における男女のモテポジションは原則男女真逆ですね。

相席居酒屋での出会い

相席居酒屋での出会い

評価 補足
かかる費用(≒コスパの良さ) 出会いの評価3 女性は無料だからコスパ最高。男性は奢るのでコスパ低いとなります。
出会いやすさ 出会いの評価4 男女が出会うことを前提とした場所でいきなり相席できるのですから、出会いやすさは良いというしかありません。
出会いの数 出会いの評価4 通えば通うだけ出会いの数は増えます。
出会いの質 出会いの評価2 男性にしろ女性にしろ相席居酒屋にはまず行くことがないという人は一定数いるでしょう。
出会いの安全さ 出会いの評価1 今まで人脈と何の関連性もない、素性も知らない人との出会いなので、他の出会いに比べると安全性は低めです。
結婚までの距離 出会いの評価2 男女ともに軽い気持ちで利用する傾向が強いので結婚までの距離は遠いでしょう。
出会いの総合的お勧め度 出会いの評価2 楽しい場ということに異論はありませんが、真剣に出会いに悩まれている人がその悩みを解決するために選択すべきファーストチョイスではないと思います。

社会人の出会いの場として、最近、無視できなくなりつつあるのが、相席居酒屋。女性の食事代、飲み代を出すだけで、女性と相席できるわけですから、男性側としては、ナンパしなくてもいいわけです。

相席居酒屋での出会いのメリット

  • 思い立ったら、即行動で即出会いを手に入れることができる。
  • 女性はタダで飲食でき、更に出会いも得ることができる。

相席居酒屋での出会いのデメリット

  • 男性は女性の飲み代・食事代を出さなくてはならない。
  • 慣れていないと好みの女性でない場合に速やかにチェンジが出来ず、無駄な時間を過ごすことに…
  • 特に女性は、相手の素性・目的(ヤリ目など)がわからないので注意する必要がある。
  • 彼氏持ち・彼女持ち・既婚者でも行くことができる。
まさよ
相席居酒屋は、男女ともに、軽い気持ちで利用されるケースが多いです。

男女とも、相席居酒屋での出会いを軽視してしまう傾向があります。出会いそのものを軽視してしまうと、相手に対してもその影響が及ぶ場合があります。

相席居酒屋での真剣なお付き合いをと考えた場合、何より、”出会いを軽視しない”ことが大事になってきます。

スポーツクラブ(ボクシングジム・ボルダリングなど)での出会い

スポーツクラブでの出会い

評価 補足
かかる費用(≒コスパの良さ) 出会いの評価1 いい出会いがあるかわからない、出会い目的のサービスではないものに出費をするのでコスパは低いというしかないです。
出会いやすさ 出会いの評価2 出会いを求めている人は少ないように思います。出会いを求めているとしてもトレーニングモードの人には話しかけにくいですし、トレーニング中に限りシャットアウトしている場合も…。
出会いの数 出会いの評価3 施設により会員数自体が違いますが…会員さんとはその全員に対して知り合いになれる可能性があります。
出会いの質 出会いの評価4 出会い以外の目的(意識高い系が集まる)の機関で恋愛に発展するというのは出会いの質が良いと言えます。
出会いの安全さ 出会いの評価4 スポーツクラブ会員というだけで、出会いに一定の線引きを出来ていることにはなるでしょう。
結婚までの距離 出会いの評価1 恋愛を求める人が集まる場ではないので、恋愛対象者と知り合いになれるかどうかさえも不透明です。
出会いの総合的お勧め度 出会いの評価2 人生を総合的に見れば悪い場所ではないですけど、出会いをストレートに求めている人にとっては過剰な期待をすべきではない場所ですね。

出会いの場の特徴としては、カルチャースクールに似た面があります。但し、スポーツ系は、身体を鍛えることが目的で来ている人が多く、雰囲気も、カルチャースクールのように和気あいあいとはなりにくいです。

スポーツクラブでの出会いのメリット

  • 考え方属性の近い出会いがある(自堕落な人はスポーツクラブには通わない)。
  • 傾向として、意識の高い人が多く、胡散臭い人との出会いが少ない。

スポーツクラブでの出会いのデメリット

  • 追い込んでいる人が多いのでカルチャースクールに比べると、話しかけにくい。
  • トレーナーさんとの恋は色々とリスクが…
まさよ
自然と出会い、付き合いだすならば良いですが、出会いを求めて通い始めるというのはちょっと違う場合もあります。

また、スポーツクラブと言えば、素敵なトレーナーさんとの出会いもあります。しかし、素敵なスポーツトレーナーさんは、基本モテます。中には、めちゃめちゃ遊んでいる人も…。

学生さんがバイトで働いているケースも多いですから、結婚を想定した出会いとしてはそのあたりもチェックしておく必要があります。

バーでの出会い

バーでの出会い

評価 補足
かかる費用(≒コスパの良さ) 出会いの評価1 出会いを全面的に期待してポロポロ単発でいく場合、割に合わない出費となるでしょう。
出会いやすさ 出会いの評価2 結果として出会いになったというパターン(そういう演出をする)しか期待しにくいシチュエーションです。
出会いの数 出会いの評価2 行くバーの数だけ出会える可能性は増えますが…1度の来店で多くの出会いがあるか?というよりはむしろ対象者の異性がいるかどうかも定かではありません。
出会いの質 出会いの評価3 クラブとは違い、落ち着きのある大人が利用する場所ですし、バーならではの暗黙のマナーもあります。スマートな出会いが期待できます。
出会いの安全さ 出会いの評価3 会員制のバーであれば、一定の線引きが出来ますが、誰でも入店可能なバーだと素性がわかりにくいです。
結婚までの距離 出会いの評価1 そもそも出会い目的の場ではないですし、出会ったとしても、健全爽やかな出会いというよりはしっとりとした大人な関係なことが多いですから…結婚へつながる出会いが多いのかどうかは不透明です。
出会いの総合的お勧め度 出会いの評価2 出会いを目的とした場ではないですし、お酒のチカラの影響も出ますので、フラットな状況での出会いとはなりにくい環境ですね。

オシャレに着飾ってバーでお酒を飲む…。そこへ、素敵な人が隣の席へ…憧れます!…が純粋に出会いとしてはどうなのでしょうか?

バーでの出会いのメリット

  • オシャレな出会いがある。
  • 精神的に弱ってる人がいる可能性が高い(いきなり1対1で親密な話が出来ることも…)

バーでの出会いのデメリット

  • 相手の素性がわかりにくい。
  • オシャレを演出できない男性は、アプローチすること自体が難しい。
まさよ
精神的に弱っている人の中には、1人で飲んでいたい人もいるので、声をかける側はそのあたりの見極めが必要になります。

ハイステータスなバーなど身元がある程度保証されているようなバーだと素性の面で若干の安心感を得ることができます。

雰囲気で急速に親密になり得るシチュエーションですので、女性はその場限りのロマンスにならないように気を付けましょう。

ボランティアでの出会い

ボランティアでの出会い

評価 補足
かかる費用(≒コスパの良さ) 出会いの評価5 出会いそのものに費用はかからない。
出会いやすさ 出会いの評価4 気軽に話しかけることができる環境であることが多い。ただし、周りに異性がいるかどうかはボランティアによる。
出会いの数 出会いの評価4 見聞を広める、人脈を広げる、人生を豊かなものに…というニュアンスを抱いてボランティアに参加する人は多いので、知り合いになれる率は高い。
出会いの質 出会いの評価4 ボランティアに興味があり行動に移した人というラインで線引きすることはできる。
出会いの安全さ 出会いの評価4 人のためになろうという人に悪い人がまぎれている確率は低い。
結婚までの距離 出会いの評価1 経済的なこと・お互いの住所・ライフスタイルなど結婚という現実を考えると難しい問題に直面してしまう場合も…。
出会いの総合的お勧め度 出会いの評価3 お金がかからない出会いとはいえ、時間・手間を考えるとボランティアに興味がなく、出会いだけ求める場合には割に合わないと感じるでしょう。

同じ志を抱くものが集まる場。価値観の近い人との運命的な出会いの場となり得ます。

ボランティアでの出会いのメリット

  • 価値観の近い人との出会いが自然な形である。
  • 仕事とは違うので変にプロ意識を感じることなく出会いを活かすことができる。

ボランティアでの出会いのデメリット

  • 出会った人の住まいが遠ければ遠距離恋愛になる可能性がある。
  • ライフスタイルが違い過ぎているとすれ違いになってしまうことも…
まさよ
ボランティアは一か所にとどまり続けて行うというパターンとは限りません。

スポット的に訪れたボランティア先でいい出会いをしたとしても、その後の恋愛を継続させるには不利な条件な場合があります。

飲み屋・居酒屋での出会い

評価 補足
かかる費用(≒コスパの良さ) 出会いの評価3 自らが楽しんで飲んでいるお金が費用。意気投合した場合、女性なら奢ってもらえる可能性もあり。男性の場合は逆に奢ることになることも…。
出会いやすさ 出会いの評価2 飲みに行って都合よく隣に対象となるグループがいることは多くないです。また、仮に対象となるグループが隣にいたとしても男性が勇気を振り絞って話しかけてくれるかどうかとなると更に絞られてきます。
出会いの数 出会いの評価2 そもそもが偶然近くに対象となるグループがいて、更に話しかけてくれたら…ということで、基本、偶然待ちの出会い方法なので、数は少ないと言わざるを得ません。
出会いの質 出会いの評価3 相手の素性についてその時は確認することができませんので、条件を絞り込むことが出来る出会いに比べると質に関する条件は良いとは言えません。
出会いの安全さ 出会いの評価2 質と同様にその場では素性がわかりません。極端な話、偽名を使われてもそれを確認する手段はありません。ですから安全な出会いとは言えないですね。
結婚までの距離 出会いの評価1 結婚どころか、付き合うまでの距離であっても遠いです。お酒の力の助けもあり、近くの楽しそうなグループに話しかけてみた…という程度。その段階で、結婚・恋人を意識した出会いであることはまずありません。
出会いの総合的お勧め度 出会いの評価2 基本的に、偶然の出会いを期待する格好になりますので、効率もコスパも良いとは言えません。また、出会いの質・安全性においても良いとは言えません。

飲み屋・居酒屋での出会いのメリット

  • お酒の力があるので打ち解けやすい。
  • 昔からありがちな年配者にも理解されやすい出会いの形式である。

飲み屋・居酒屋での出会いのデメリット

  • 安全性・出会いの質にバラつきがある。
  • 酔っていて頭が働かず、キチンと相手のことをチェックできない。
まさよ
今の時代、出会いを求めるなら婚活・恋活に適した様々なサービスがありますので、わざわざ出会いを求めて、飲み屋・居酒屋に行くのは賢明な方法であるとは言えませんね。

ネットゲーム・SNS→オフ会での出会い

評価 補足
かかる費用(≒コスパの良さ) 出会いの評価3 オフ会の費用のみですので、高くも安くもありません。オフ会の前に、自らの印象を上手に上げることが出来ていたり、すでにお互い会ってみたいと思っている者同士だったりしている場合は、成功確率が高いのでコスパは良いといってよいでしょう。

ただし、オフ会そのものは、全員が恋人募集中というわけでありませんので、恋愛に発展する出会いが常にあるわけではありません。そういう側面から見れば、婚活恋活サービスに比べればコスパは良いとは言えません。

出会いやすさ 出会いの評価3 話が合うという面では、非常に良い出会い方法と言えますが、恋人募集中ではない人も集まってきますので、婚活恋活の手段としては非効率と言わざるを得ません。

ただし、オンライン上で友達以上なくらいにまで関係を構築させることが出来る、出来ている場合は、効率は非常に良いとなります。

要は…ケースバイケース。人によって違うということが言えます。

出会いの数 出会いの評価3 所属しているオンライン上の種類により異なります。ただし、全員が出会いを求めているわけではない点は、婚活恋活サービスと明らかに違う点で注意すべきです。
出会いの質 出会いの評価3 所属しているオンライン上の種類により異なります。
出会いの安全さ 出会いの評価3 素性が知れない、確認しきれないというデメリットはありますが、逆に、オンラインゆえに、相手の本音・人間性がさらけ出されていて性格がわかりやすいというケースもあります。
結婚までの距離 出会いの評価4 お互いがオンラインで深く分かり合うことができた状態にまですることが出来ていれば、恋人に至るまでの距離は短いといえるでしょう。
出会いの総合的お勧め度 出会いの評価3 趣味関心の延長線上での濃い出会いの可能性ということを考えると、唯一無二の出会い方法と言えます。しかし、出会い目的で活動することは難しいので、出会いの方法として手放しでおすすめするわけにはいきません。

ネットゲーム・SNS→オフ会での出会いのメリット

  • 好きなこと、得意なことからの出会い。話が合う。
  • 見た目で勝負する前に中身で印象をあげておくチャンスがある。

ネットゲーム・SNS→オフ会での出会いのデメリット

  • 全員は出会いを求めているわけではない
  • 実際に会って、がっかりする、がっかりされることがある。
まさよ
オフ会は恋人が欲しい人のための出会いの場に限ったものではなく、それゆえの効率の悪さはあります。

しかし、深く分かり合えた場合の威力は絶大でうまくハマった場合は、純粋な婚活恋活サービスをも凌ぐ場合も…。

友人・知人・上司・部下などの結婚式(結婚式二次会)での出会い

評価 補足
かかる費用(≒コスパの良さ) 出会いの評価3 特別な場ですので費用は安くはありませんね…。
出会いやすさ 出会いの評価4 女性側は話しかけられても好意的な態度をとりますし、男性も場を和やかにしようと気軽に女性に話しかけようとします。そういったことが許されている場と言えます。
出会いの数 出会いの評価4 その会によりますが、20代前半ならば、出会いの数は多いといって良いでしょう。
出会いの質 出会いの評価4 主役である新郎新婦に何かしら関係した人物ということで一定の質は確保されている、想像できるといえます。
出会いの安全さ 出会いの評価4 新郎新婦に関係がある人物ということで素性が割れますので、一定の安全さはあります。
結婚までの距離 出会いの評価4 新婦の関係者ということでの信頼感・安心感に加え、会に参加することで結婚への憧れが高まったタイミングですので、結婚までの距離は近い出会いの場と言えます。
出会いの総合的お勧め度 出会いの評価4 古くからある出会いの定番。質・安全性ともに高いのでおすすめに決まっています。

友人・知人・上司・部下などの結婚式(結婚式二次会)での出会いのメリット

  • 出会いの質・安全性が高い・コントロールしやすい傾向にある。
  • 皆、好意的で機嫌が良い場だから話しやすい。

友人・知人・上司・部下などの結婚式(結婚式二次会)での出会いのデメリット

  • ドレス姿・スーツ姿と普段着との格差にがっかりするリスクあり。
  • 年齢が上がるにつれ、既婚者率は高まり、出会いの場として機能しなくなっていく。
  • 張り切っている姿を知人に見られる恥ずかしさあり。
まさよ
出会いの質・安全性などに優れ、一般的認知度も高い、人に誇れる古典的な出会い方法の一つ。

気分的な盛り上がりのピークにアプローチできるのでアタック成功率も高めの出会い方法と言えます。

異業種交流会での出会い

評価 補足
かかる費用(≒コスパの良さ) 出会いの評価3 異業種交流会によりピンキリです。
出会いやすさ 出会いの評価4 出会いの場ではありますが、全員が恋人募集中というわけではありません。そもそも目的が婚活な場ではないので、婚活パーティーのように男女比を半々くらいにする必要もありませんし、既婚者も参加できる場です。
出会いの数 出会いの評価4 出会うための場なので数は多いですが、それは、原則的に恋愛目的ではありません。
出会いの質 出会いの評価3 異業種交流会毎に異なります。
出会いの安全さ 出会いの評価3 名刺交換が行われることがほとんどなので、それで本名などを知ることが出来ます。それゆえ一定の安全性はあると考えることが出来ます。
結婚までの距離 出会いの評価1 恋愛に関する出会いを目的にした参加者は基本いないと考えることが出来ます。ゆえに結婚までの距離は非常に遠い出会いとなります。
出会いの総合的お勧め度 出会いの評価1 恋愛目的の人にとって効率が良い出会いの場とは言えません。

異業種交流会での出会いのメリット

  • 意識の高い人が集まる傾向にある。
  • 名刺交換があるが故の安全性の高さ。

異業種交流会での出会いのデメリット

  • 恋人探しの場ではないので非効率である。
  • 意識高い中に、恋人探しで潜り込むと、意識高い系を装えない場合、周りから軽蔑の目で見られることも…。
まさよ
異業種交流会には、仕事・ビジネスにおいて前向きな人が集まりますし、名刺に関しては基本本名が記載されているものですから、一定の質と安全性があると考えて良いでしょう。

ただし、一部、マルチ等への勧誘目的の人も紛れ込んでいる場合があるので絶対に安全であるとは言えません。全ての出会いにおいて安全とは言い切れませんが。

恋人探し目的ではなかったけど素敵な人がいて、結果的に異業種交流会が出会いのきっかけになりましたというケースはなくはないですが、それは狙ってするのは、効率的にもコスパ的にもおすすめできません。

同窓会での出会い

評価 補足
かかる費用(≒コスパの良さ) 出会いの評価3 同窓会の質・規模によります。
出会いやすさ 出会いの評価4 出会いというか再会…ですね。学生時代は話ししたことなかったけど同窓会で初めて話することが出来た…というケースもありますね。
出会いの数 出会いの評価4 20代前半の同窓会の場合は、出会いの場の一つと捉えてもそれほど自身の評価を下げることはないでしょう。しかし、年齢が上がるに従い、同窓会を出会いの場と捉え、振舞うのは周囲から怪訝な目で見られることになるでしょう。
出会いの質 出会いの評価4 相手のことはわかっていることが多いですし、わかっていなくても、情報は周囲から入手できますので、質を把握しやすい出会いと言えます。
出会いの安全さ 出会いの評価5 マルチビジネスへの勧誘目的に同窓会参加していた…なんていう話は良くある話です。何事にも絶対はありませんが、名前と学生時代の姿がわかっている相手というのは、安心感が極めて高い出会いと言えます。
結婚までの距離 出会いの評価4 同窓会での再会から親密になり付き合い出すというのは良くある話です。その他の社会人での新たな出会いとは明らかに異質な出会い経路なので、心理的なゆさぶり・スパイスとしていい具合に作用するケースが多々あります。
出会いの総合的お勧め度 出会いの評価4 質・安全性・出会いの認知度などからすると、良質な出会いの場に分類して良いでしょう。

同窓会での出会いのメリット

  • 質・安全性の把握という面において優れている。
  • 10代の青春が共有できる。蘇る。

同窓会での出会いのデメリット

  • 再会なので、新鮮さが足りないと感じる人も…
  • 周囲の目が気になる。
まさよ
原則的には、懐かしむ場ですから、ガツガツしすぎないように。出会い目的であっても、自然の流れを演出・重視することが大事です。

10代の頃を知っている相手というのは、物凄く特別なこと。

社会人になってから新たに増やすことの出来ない極めて限定的な人間関係なのですから。

それゆれ、同窓会での再会が、思わぬ心理的効果を与えてくれることも…。

他の様々な社会人の出会いとは明らかに一線を画した特別な出会いの場と言えます。そもそも基本的に”再会”なので出会いの場といえるのかどうかという疑問はありますが…。

ライブ・フェスでの出会い

評価 補足
かかる費用(≒コスパの良さ) 出会いの評価3 ライブ・フェスによりますが、参加(お金を払った)したからといって必ず出会えるというわけではないので、コスパが良いとは言えませんね。
出会いやすさ 出会いの評価3 参加者全員が出会いを求めて参加しているわけではないですが、話が合いやすいのは間違いありません。ですから出会いやすいといえますが、その出会いの全てが、恋人募集中の人というわけではないので注意が必要です。
出会いの数 出会いの評価4 ライブ・フェスの規模の大きさも影響しますが、出会いの可能性のある人の数ということで見れば多いと言えます。
出会いの質 出会いの評価2 身分確認を出来るシチュエーションはすぐには訪れない出会いなので、質を把握しにくいです。
出会いの安全さ 出会いの評価2 「釣り好きに悪い人はいない」…といった考えに類似した考え方として「●●ファンに悪い人はいない」といった考え方もあり得ます。
結婚までの距離 出会いの評価4 共通の好きなもの…しかもそれが熱狂的であるなら、お互いの距離が縮まるのは他の出会いよりも早いといえるでしょう。
出会いの総合的お勧め度 出会いの評価3 共通の熱狂的な趣味・好みが出会いの導入部にあるのはライブ・フェイスでの出会いのストロングポイントと言えます。

ライブ・フェイスでの出会いのメリット

  • 話が合う。
  • 付き合いだした後、相手に気兼ねなく楽しいことを(一緒に)出来る。

ライブ・フェイスでの出会いのデメリット

  • 興奮している状態での出会いなので相手のマイナス面が隠れてしまっていることも…
  • 仕事・年収等々のスペックを婚活アプリなどのように先に絞り込むことが出来ず、良い感じになった後に知ることになってしまう。

職場の休憩所(喫煙所)での出会い

評価 補足
かかる費用(≒コスパの良さ) 出会いの評価5 特別な場というわけではないのでお金はかかりません。
出会いやすさ 出会いの評価4 話しかけやすい、話しかけられやすい場なのは間違いありません。
出会いの数 出会いの評価3 休憩所(喫煙所)により異なります。
出会いの質 出会いの評価4 属している会社についての情報は手元にあるといえます。
出会いの安全さ 出会いの評価5 同じ職場、オフィスの休憩所(喫煙所)ならば相手の情報は予めわかっている、もしくは後から知ることは難しくありません。
結婚までの距離 出会いの評価4 職場恋愛の範囲内です。リスクを考えれば、いい加減な気持ちで付き合えないのは誰の目にも明らか。ゆえに付き合うことになった場合、真剣度は高めであると考えることが出来ます。
出会いの総合的お勧め度 出会いの評価4 相手のこともよく把握出来た状態だし、交際するリスクもありますから付き合った際の真剣度も良い。古くから一般的に認知されている人に堂々と言える素敵な出会い方と言えます。

職場の休憩所(喫煙所)での出会いのメリット

  • 相手の情報を事前に詳しく入れることが出来る。
  • 交際に至った場合、状況的に相手の真剣度が高い傾向にある。

職場の休憩所(喫煙所)での出会いのデメリット

  • 喫煙所の場合、お互いに喫煙者だから健康上の心配あり。自分が喫煙者であっても、相手の喫煙に対しマイナスイメージを覚える人もいます。
  • 下手なことをしたり、こじれてしまうと生活の術である仕事にまで影響が及ぶことがある。

社会人サークルでの出会い

評価 補足
かかる費用(≒コスパの良さ) 出会いの評価3 サークルの内容により差があります。出会いが主な目的で何かしらのサークルに入った場合、アプローチした異性に振られたからといって、すぐにそのサークル内で別の異性にアプローチし直すことは周りの目を考えると難しいです。そういったことから、効率は良くないといえます。
出会いやすさ 出会いの評価4 社会人サークルには、出会いを求めて参加するケースも多々あります。恋人関係に発展する出会いをその場で得ることが出来るかどうかは別にして趣味の合う、盛り上がるつながりは増えますから、結果的に、恋人ができやすい状態になるといえます。
出会いの数 出会いの評価3 サークルの内容によりピンからキリまであります。
出会いの質 出会いの評価4 参加するサークルの種類(会費)により質をある程度、把握・コントロールする事が可能です。極端な例で言えば、乗馬サークルなどそれなりに費用がかかるサークルであれば、それ相応の経済力が必要ですので、その点において出会いの質を把握・コントロールできるとなります。
出会いの安全さ 出会いの評価5 社会人サークルでは、会っていきなりどうこうということはなく、ある程度、サークル内で馴染んできて、相手のことを理解してからアプローチという流れになりますので安全性が高い出会いと言えます。
結婚までの距離 出会いの評価4 社会人が出会いを求めて参加する場であることに一般的に理解があり、実際趣味が合う者同士がお互いを相当理解した後に付き合うという流れですので、結婚までの距離は近いといえます。
出会いの総合的お勧め度 出会いの評価4 出会いの質としては、社会人の出会いの中でも屈指であることは間違いありません。しかし、弱点は、連射ができないことです。

社会人サークルでの出会いのメリット

  • 出会いの質・安全性の把握において優れている。
  • 一般的認知度の高い出会いである。

社会人サークルでの出会いのデメリット

  • サークル内で婚活の連投(振られた時に別の人に乗り換える)が難しい。
  • 出会いだけを目的に考えている場合、色々と面倒くさくて非効率に思える。

ナンパでの出会い

ナンパでの出会い

評価 補足
かかる費用(≒コスパの良さ) 出会いの評価2 男性は奢るのが基本筋。女性は女性で奢ってもらったからとやや負い目を感じる人も…。
出会いやすさ 出会いの評価2 その気になれば即行動に移せるのがナンパだが、だからと言って出会える確率が高いというわけではない。知らない人に話しかけれられて構えない人はむしろ少数派。
出会いの数 出会いの評価4 声をかける数だけ可能性がある。とはいえ、現実的に知り合い・友達になることすら確率は低い。
出会いの質 出会いの評価2 知らない人から声をかけられてついていく人を自分の恋人にしたいかと考えると…いかがでしょうか?
出会いの安全さ 出会いの評価1 ”キングオブ相手のことがわからない!”
結婚までの距離 出会いの評価1 お互い知らない者同士というのがナンパの始まり。結婚に近いわけがない。
出会いの総合的お勧め度 出会いの評価1 ナンパは声をかける側もかけられる側も出会いそのものを割り切り、軽視する傾向にある。

出会いがない!ならナンパしよう!…これは極めて自然な流れではあります…。しかし、原始的すぎる、ストレートすぎるなど色々と現代においては問題点もあります。

ナンパでの出会いのメリット

  • 即行動で即出会いがある。
  • 即、恋愛対象かそうでないかという結論を出しやすい出会い(曖昧な関係を省ける)。

ナンパでの出会いのデメリット

  • 声をかけたとしても上手くいくとは限らない。
  • 男女ともに出会いを軽視してしまう出会い方法である。
  • 相手の素性がわかりにくい。
まさよ
婚活アプリ・恋活アプリや相席居酒屋がある昨今、わざわざナンパする必要性自体に疑問を感じ始めてます。

それでも敢えてナンパする…という場合は、仲間同士でワイワイ楽しむためのもの…であることが多いのではないでしょうか?

ただ、ナンパにも真剣なナンパがあります。いつもいくカフェに気になる店員さんがいて、勇気を出して話しかけ、デートに誘う…。これもナンパと言えばナンパです。

真剣なナンパの場合は、一般的なナンパとは特性が全く異なりますので注意が必要です。ナンパされた側はたかがナンパだからと即座に切り捨てないようにしてください。

街コン・婚活パーティーでの出会い

街コンでの出会い

評価 補足
かかる費用(≒コスパの良さ) 出会いの評価3 出会いのために出会いを提供してくれているサービスに飲食代を含めたサービス料金を払う…よほどの不自然に高い金額でなければ、それ相応のコスパと言えるでしょう。
出会いやすさ 出会いの評価5 出会いを求める男女が恋人探しのために集まる場ですから、出会いやすいしアプローチもしやすい環境です。また、「マンガ・アニメ好き限定」、「アウトドア好き限定」など属性が絞られているイベントもあり、そういうイベントだと、相手と意気投合しやすいという特性があります。
出会いの数 出会いの評価4 街コン・婚活パーティーの規模によりますが、恋人を求めるだけ人を集めた場ですので、可能性のある出会いばかり。出会いの数は多いに決まってます。何度も参加すればその分、出会いの数は多くなります。
出会いの質 出会いの評価3 今、巷で流行っている婚活サービス。それゆえ色々な人が集まります。ただし、「年収500万円以上の男性限定」、「年収800万円以上の男性限定」など一定の縛りを作った街コン・婚活パーティーもあります。そういった縛りがある場所であれば、自分の望むラインに線引きをすることができます。

また、20代限定、30代限定といった年齢制限を設けている街コン・婚活パーティーであれば、自分の年齢と近い人に絞って出会いを得ることも可能です。

出会いの安全さ 出会いの評価3 街コン・婚活パーティーに縛りのあるところだと安全性は高まります。また、参加するのに身分証明書などが必要な場合は安全性が高いと言えます。
結婚までの距離 出会いの評価3 有料の婚活サービスの中では、結婚までの距離は遠いです。軽い気持ちで参加する人も少なくありません。みんなが結婚を意識した恋人を欲しいと思っているわけではないです。
出会いの総合的お勧め度 出会いの評価4 コスパはそれ相応。出会いを求めるための場ですから、アプローチしやすいですし、人間関係に気を使う必要もありません。

また、クルージングを楽しみながらの婚活パーティー、キャンプ街コン等々運営者側が参加者に楽しんでもらおうと様々なラインナップを考案しあっていますので、どの企画に参加するか選ぶ楽しみがありますし、婚活パーティー・街コンを通じて、これまで体験したことがない貴重な体験を楽しむことも可能な場合があります。

社会人の出会いの場を通り越して、趣味・アクティビティの一つと考えて参加を続けている人も一定数います。

街コン・婚活パーティーは出会いの場としては比較的新しいですね。彼氏・彼女募集中の男女を集めてのイベント。内容は街コン・婚活パーティーにより異なりますが、運営者がいますので、利用者はお金を払って出会いを得、その場を楽しむことができるようになっています。

街コン・婚活パーティーでの出会いのメリット

  • 恋人募集中の人しか集まりませんので、アプローチがしやすく、出会い自体が、恋人に発展するかしないかとはっきりしていてわかりやすい。
  • 人脈などなくても、お金さえ払えば参加でき、楽しむことができる。

街コン・婚活パーティーでの出会いのデメリット

  • 街コン・婚活パーティーでの印象が全てなので(中身よりも)第一印象が非常に重要。顔が良い人、初対面で好印象を持たせるのが得意な人が有利。要はリアルでモテている人がそのまま有利な場であるということ。
  • 勝負の場。思うように立ち振る舞えない、異性から傷つく一言を言われたなどすると自信を失ってしまい、ふさぎ込んでしまうことも。
まさよ
リアルでモテている人が有利ではありますが、年収等のプロフィールを提出する必要がある街コン・婚活パーティーの場合は、事情がやや異なります。

その場合は、お互いに年収・職業等のスペックを考慮に入れますので、顔が全て、第一印象が全てということではなくなってきます。また、

  • マンが好き限定、アニメ好き限定、映画好き限定、平日休みさん限定、医療福祉関係者限定など趣味・嗜好・属性で限定された婚活パーティー
  • 友だち作りから始めましょうという形式の比較的ライトな婚活パーティー

などもあり、上手に利用出来る人は良い出会いを手にすることが出来る環境が年々整ってきていると言えます。

結婚紹介所・結婚相談所での出会い

結婚相談所での出会い

評価 補足
かかる費用(≒コスパの良さ) 出会いの評価1 結婚させることを目的にしたサービス。それ相応に担当者が尽力してくれますので、サポートは充実しています。しかし、他のサービスと比べると当然、相場・費用は高くなります。
出会いやすさ 出会いの評価5 お金を払ってコーディネーターから出会いを得るのです。出会いやすさNo1なのは言うまでもありません。
出会いの数 出会いの評価3 会員としか出会えませんので出会いの幅は狭いというしかありません。
出会いの質 出会いの評価4 会員である地点である程度のお金を払っていることになります。そのこと自体が一定の線引きと言えます。また、結婚願望が高い人が利用する傾向にあります。
出会いの安全さ 出会いの評価5 コーディネーターが会員の情報を把握していますから、出会う前からかなりの情報を手にすることが出来ます。それなりのお金を会員からもらって事業として結婚相談所をしているがゆえに、「実は既婚者でした。」、「実は年収嘘ついてました。」といったトラブルは未然に回避する必要があり、そのために、独身証明書・収入証明書といった書類が必要。敷居は高いけど、安全性も高いという特徴があります。
結婚までの距離 出会いの評価5 他のサービスに比べて圧倒的に結婚までの距離は短い。結婚願望が高い人・結婚したい欲求がMaxレベルに近い人が多いサービスですし、結婚させるのが仕事のサービスですから。
出会いの総合的お勧め度 出会いの評価2 結婚までの距離が短い分、これでいいのか?と不安になる人もいるかも…。費用もそれなりの額必要になりますしね…。しかし、もう後がないという気持ちの人にとっては最後の砦・最後の希望となり得る存在でもあります。

結婚紹介所・結婚相談所は、古くからあるお馴染みのサービス。結婚したいけど相手がいないという人が利用するサービスです。

結婚紹介所・結婚相談所での出会いのメリット

  • 相手の条件を絞り込むことで、譲れない条件を満たした人とのみ会うことができる。
  • 相手の素性がわかりやすい。
  • コーディネーターが人対人のサポートをしてくれる。

結婚紹介所・結婚相談所での出会いのデメリット

  • 入会への精神的ハードルが高い。切羽詰まった最後の手段感。
  • 入会金など金額面でのハードルが高い場合・サービスがある。各種婚活サービスの中では掛かる費用はMaxクラス。
  • 自分で判断しているつもりがコーディネーターの意向に知らず知らずのうちに沿ってしまっていることも…
  • 登録者としか出会い無いので、出会いの幅が限定的。
  • 担当者が付く、手厚いサポートがあるなどするため、利用料金が高い。
  • 問い合わせたり、資料請求をすると、その後入会のための勧誘等がしつこい業者も…
まさよ
結婚紹介所・結婚相談所での出会いは他の出会いの場と比較すると、結婚までの距離が圧倒的に近いです。

また、婚活費用・相場も他の婚活に比べると高め。中には、入会金数十万という結婚相談所も存在します。

その名の通り、コーディネーターは、マッチングさせて結婚させることが仕事。

一昔前のお見合い結婚に近いサービスと言えます。

勿論、決定権は利用者にあるのはいうまでもありません。しかし、相手のことを深く知ることなく結婚するかしないかの決断を迫られることになります。

優柔不断な人は、中々決めることが出来ず結局結婚に至らない…という人もいます。

結婚までの距離が圧倒的に近いのはいうまでもありませんが、「出会い→様子見→お付き合い→プロポーズ」という通常の流れをそれ相応の時間をかけて経験しないと結婚できない…という人が一定数います。

つまり、どういうことかというと…結婚相談所で結婚まで秒読みのところまで来るも、土壇場で「ホントにこれでいいのか?」、「ほかにもっと良い人・運命の人がいたのでは?」と躊躇してしまう人もいるということ。

婚活・恋活アプリ

婚活・恋活アプリでの出会い

評価 補足
かかる費用(≒コスパの良さ) 出会いの評価4 相場としては月額2,500円程度。女性だと利用無料のサービスもある。
出会いやすさ 出会いの評価5 会うまでのやり取りは、メッセージのやり取りなのでリアルで勝負するのが苦手な人、リアルではモテない人にもチャンスがあります。
出会いの数 出会いの評価5 料金の安さと気軽さから、フリーだからとりあえず登録してます…という人が増えていて、サービス自体が一般的になってきています。有名どころ数社のサービスを抑えておけば、出会いの数は相当なものです。
出会いの質 出会いの評価4 出会いの数が多い分、質は平均に近づく傾向にはあります。ただし、物凄いイケメン・美女・高年収な人、良い人がいるのは事実ですし、検索窓で相手を条件で絞り込むことができます。
出会いの安全さ 出会いの評価4 婚活・恋活アプリで活動するにあたり、身分証の提出は必要になります。そのことだけでも、ナンパなどより安全性が明らかに高いと言えます。
結婚までの距離 出会いの評価3 利用者全員が結婚を前提とした恋人を欲しているわけではないです。ただ、利用者全員いい人がいたら付き合いたいなとは思っています。
出会いの総合的お勧め度 出会いの評価5 忙しくても婚活できる。リアルではチャンスがあるなど、熱を込めてお勧めできるポイントが多々ある。

婚活アプリ・恋活アプリは、スマホにアプリをダウンロードして、恋人募集中の人だけが集まるSNSで活動するというサービスです。

2017年の婚姻者のうち、婚活サービスを通じて結婚した人は10.4%。最近では、特にネット系婚活サービスを通じて結婚する割合の増加が特徴的。「婚活サイト・アプリ」を通じて結婚した割合は過去最高に。

また、2018年、独身者の婚活サービス利用経験率は、過去3年で最も高く、18.1%。女性全体は20.6%、30代女性は26.0%。

引用元 株式会社リクルートマーケティングパートナーズ ブライダル総研 婚活実態調査2018

ブライダル総研(株式会社リクルートマーケティングパートナーズ)の婚活実態調査2018のデータ・アンケート・調べた結果などを見ると、

  • ≒10組に1組が婚活サービスを通して結婚
  • 独身女性の≒5人に1人が婚活サービスを利用している
  • 独身30代女性を100人集めれば≒26人が婚活サービスを利用している

という現状が見えてきます。時間の無駄なく効率的に理想のパートナーに巡り合える婚活サービスは今後も着実に増加していくことでしょう。

ブライダル総研(株式会社リクルートマーケティングパートナーズ)のデータ・アンケート・調べた結果から今後も目が離せません。

婚活・恋活アプリでの出会いのメリット

  • 仕事が忙しくても、スマホをいじる時間さえあれば婚活・恋活出来る。
  • リアルではモテてなくても婚活・恋活アプリではチャンスがある。
  • 条件絞り込みで自らの希望で出会いを線引きできる。
  • コスパが良い(月額2,500円程度。女性なら無料のサービスもある)。

婚活・恋活アプリでの出会いのデメリット

  • 効率が良すぎる!?そんなに無駄が無くて人生いいのか?
  • 一期一会のご縁を数値と打算で割り切ってしまう人間になってしまうかも…
まさよ
個人的には、婚活・恋活アプリって出会いの革命くらい凄いサービス、素晴らしいサービスだと思うんですよね。

相場も月額2,500円程度と誰でもその気になれば利用できる金額で、忙しい人でも細切れの時間を利用して婚活が出来る、リアルでモテてない人でもチャンスがある。

リアルだと、イケメンとか明るい子とかモテる子はモテるしモテない子はモテず辛い思いをすることが多いですよね。

その傾向は相席居酒屋・ナンパ・街コン・婚活パーティー他、どんな出会いの場でも同様なんです。結婚相談所はそんな傾向は排除されますが、いかんせん金額が高い、出会いの幅が限定的すぎる。

でも、婚活・恋活アプリは安い!それもあって出会いの幅も非常に広い!自分のプロフィールとメッセージのやり取りで勝負できる、内面で勝負できるのです。上手に自分をアピールできたら、リアルでは相手にされないような人と恋人同士になることだって可能なのです。

デメリットを無理やり挙げてはみましたが…古き良きがなくなるからというのを敢えて引っ張り出してきたような形になってしまいました。

出会いがないと困っている人は、とりあえず、婚活・婚活サイトに登録(無料)することが婚活への初めの一歩であると言えるのではないでしょうか?

婚活・恋活アプリは今までモテなくてつらい思いをしてきた人の助けになるツールですよ。

  • Facebookアカウントがあれば、1分もかからずに利用開始することが出来るマッチングアプリ「ゼクシィ縁結び、ペアーズ、Omiai」
  • Facebookアカウントがなくても利用開始することが出来るマッチングアプリ「ゼクシィ縁結び、マッチドットコム、ペアーズ、Omiai」
  • Facebookアカウントで利用開始することができないマッチングアプリ「マッチドットコム」

《参考》利用者が多いマッチングアプリ一覧

  • ゼクシィ縁結び公式サイト

    結婚と言えばゼクシィというほどにリクルートのグループのサービスであるゼクシィブランドは知名度・ブランド力・安心感があって定着してますよね。ゼクシィ縁結びは、恋人を探している人向けの婚活・恋活アプリのサービス。

  • ペアーズ公式サイト

    女性は無料で利用できる。フェイスブックマッチングアプリの中では知名度ナンバーワン。

  • Omiai公式サイト

    10代20代女性は無料で利用できる。ペアーズとOmiaiは婚活・恋活アプリの有名大手トップ2。ペアーズには登録していないけどOmiaiには登録してるって人も多いので要チェックです。

  • マッチドットコム公式サイト

    マッチングサービスのパイオニア的存在。世界25か国に利用者がおり、日本でも187万人以上が利用中。

引用元 社会人出会いの場ナビ|場所・きっかけ等をレクチャー

社会人の婚活アプリでの出会い体験談(会社員なおとさん)

誰だって出会える!誰にだって彼女、彼氏はできる!なぜなら、彼女いない歴25年の私もpairs(ペアーズ)で出会えることができ、彼女が出来たのだから!

出会いがない!彼女が欲しい!結婚したい!でも…

  • 仕事が忙しくて婚活・恋活する暇がない。
  • 年収が高いわけじゃない。結婚を前提とした付き合いをする程の甲斐性はない。
  • お世辞にもルックスが良いと言えない。
  • そもそもこの世に生を受けてから彼女がいたことがない。
なおと
でも、、、寂しい。彼女が欲しい!結婚したい!そんな人はいませんか、、、というか私自身がそうでした。結果だけ先にいうと、私、25歳会社員には今、彼女がいます。人生初の彼女です。きっかけは出会えるアプリ、pairs(ペアーズ)です。
  • 本当に出会えるアプリ、pairs(ペアーズ)で彼女が出来るのかよ?
  • 出会えるアプリ、pairs(ペアーズ)…胡散臭いよ。
  • 出会えるアプリ、pairs(ペアーズ)…すげ~金掛かるんじゃないの?

と思ってる人もいる人も多いでしょう。というか、これまた、自分がそうだったんです。

出会えるアプリ、pairs(ペアーズ)を楽しんでいる女性こちらで、こんな私が、pairs(ペアーズ)を利用して彼女が出来た顛末と、実際に利用しての失敗、経験を元に、出会えるアプリ、pairs(ペアーズ)がどんなサービスなのかをわかりやすく解説していきます。

人によっては出会いがないと困っていたとしてもフェイスブック恋活・婚活【pairs(ペアーズ)・Omiaiなど】を利用すべきでない人もいます。

フェイスブック恋活・婚活(ペアーズOmiaiなど)がどういうものなのか?どういう特徴があるのか?どストライクなルックスの人、ライバルが多い人を彼女にするにはどうしたらいいのかのコツ・流れまで書いちゃってます。

私みたいな人が私みたいに幸せになってくれると嬉しいです。

出会いがないけど彼女が欲しい!でもどのように頑張ればいいかわからなかったし忙しくてそんな余裕はなかった。

出会いがないけど彼女が欲しい、結婚したい!と漠然といつも思ってました。でも彼女がいたことはこれまでの人生で一度もありませんでした。

仲間とワイワイやるような趣味があるわけでも無く、仕事は残業残業・・休日は家に居るだけ。身体を休めるだけ・・出会いがないし、あったとしても女性の方から寄ってきてくれるような容姿でもない。

なおと

これから何年この生活を続けても彼女が出来るという奇跡は起こるわけはない。客観的に自分を分析して、私は悟ってしまいました。

ううう・・・

そんな時に前からいきつけのカフェやファミレスなどで、近くに座ってるグループがよく出会えるアプリだと話していたpairs(ペアーズ)が気になりだしました。

  • pairs(ペアーズ)で本当に彼女出来るのかな?
  • 出会いのない私としてはものすごく興味があるのだけど…胡散臭くないのかな?

ネガティヴな感情もありましたが、

・・・・

登録(匿名OK)~プロフィール閲覧は無料である。とpairs(ペアーズ)公式サイトに書かれていたし、pairs(ペアーズ)は前々から名前を耳にしていたので、詐欺とかでは無いキチンとしたサービスなのはわかっていたので、まあ、とりあえずやってみようか・・彼女できたら嬉しいし・・・と無料登録してみました。

出会えるアプリだ!pairs(ペアーズ)最高!と喜んだのもつかの間…世の中そんなに甘くは無かった

pairs(ペアーズ)登録はアッという間、3分くらいで終了。早速、女性のプロフィールをみました。

今思い出してもこのプロフィールを見れるようになる瞬間の高揚感は半端無かったです。

有頂天例えるなら、小学生の頃、気まぐれで親が遊戯王のカードを一箱まとめ買いしてきてくれたような、クラス替えで、可愛いと思ってた子が揃いも揃って同じクラスだとわかった瞬間のような、、そんな高揚感がありました。

早速、プロフィール、そして写真を見まくりました。可愛い子、好みの高揚はめちゃめちゃいました。

この子達が全員、私の彼女候補なのか・・・と思うと王様気分に・・・

出会いがないと悩んでいた俺は一体何だったのか?世の中には出会いがないからと出会いを求めている人間が山ほどいる。pairs(ペアーズ)だったら、そんな人全員と出会えるじゃん!すげ~じゃん!マジで出会えるアプリじゃん!

と興奮しました。

ネットだと強気な私は早速、気に入った子に手当たり次第にいいね!しまくりました。

pairs(ペアーズ)公式サイトの説明だと、これで相手は私のプロフィールを見て、まんざらでもなければいいね!返してくれて、そこからメッセージのやり取りに発展して・・・ムフフ。

無料でも30人にまでは「いいね!」できますので無料での限界の30人にもいいね!したのだから何人かはいいね!返してくれるだろう・・・

と思っていたのですが・・・

誰からも「いいね!」は返ってこない。

うぉー!!世の中そんなに甘くはないのか!!やっぱり詐欺なのか!!まだ1円も払っていないのにちょっぴり怒りが込み上げて来た。

でも、ちょっと考えてみた。そして色々調べてみた。

すると見えてきたことが・・・

まず、なぜ、たくさんいいね!したにもかかわらず、誰からもリアクションがなかったのか・・・

なおと

それは、相手が皆人気者だったから。そして、無料でいいね!できる数とマッチングの確率を相対的に比較すると、無料でいいね!が返ってくる確率は非常に低い、奇跡に近いものであるということ(しかも私ルックスいまいちだし…)。

さらに、無料会員だと、彼女ができるに至るのはほぼほぼ無理げーであることという事実もわかってしまいました。

  • 無料会員だと、女性についているいいね!の数を見ることができない。
  • マッチングした後のメッセージのやり取りが無料だとできない。

pairs(ペアーズ)でマッチング成立したカップルマジかよ…

ま、でも、pairs(ペアーズ)もさくら対策とか安心・安全のための24時間体制での投稿監視やカスタマーサポートもやっているわけで…

出会いがないと困っている人全員が無料でみんな恋人できちゃったら商売になりませんからね…

無料会員登録でプロフィールの閲覧ができるし、いいね!もできる。

これは嘘じゃないけど、「pairs(ペアーズ)を出会いがない人が恋人を作るためのサービスであるとすると定義するならば、無料会員登録というのはお試しであると言ってもよい。」

そういうものなんだなと私は理解した。

そのことを知ったタイミングで私はpairs(ペアーズ)の有料会員になった。

《参照》有料会員・料金プランについて
  • 有料会員(男性会員限定)|3.480円/月~
  • 女性は無料会員の状態で男性の有料会員とほぼ同じ状態。
  • プレミアムオプション|2,980円/月
  • レディースオプション|2,900円/月

※プレミアムオプション、毎月のいいね!できる数が有料会員の30にさらに20プラスされたり、メッセージが既読かどうか確認できたりオフラインモードが使えたり、検索されたときに自分の写真、プロフィールが上位表示されたりなどの特典があります。
※レディースオプションにもプレミアムオプションとほぼ同等の機能があります。
※プレミアムオプション、レディースオプションは、ペアーズで活動するうえで、便利で有利になるサービスではありますが、入らないと恋人が絶対にできないというほど通常の有料会員のみとの差はありません。

pairs(ペアーズ)公式サイト(→https://pairs.lv/

有料会員になっていいね!の数を確認すると、私がいいね!した女性には皆、いいね!が1,000とか800とか、少ない人でも300とかついていたのです。

なおと

冷静に考えて、ルックス写真は冴えない、その他スペックも冴えない自分がそんな人気者から興味を持ってもらえるわけなかったのです。

有料会員になる前からこんなことなんだろうなとは薄々気がついていました。だけど、、、だけど、、、可能性に賭けてみたかった、、、当時は絶望のどん底にいました。

pairs(ペアーズ)はこんなサービスではないと気が付く。出会えるアプリpairs(ペアーズ)の本当の素晴らしさを求めて…

これが出会えるアプリpairs(ペアーズ)の全てだとしたら、マジで終わってる、、、

でも、ふと気がついたんですよね。

私が今までしてきたのって、行き当たりバッタリのナンパと同じなのではないか、、、と。

それだと、同じように写真とプロフィールが重要になってくる・・・というか、相手はそれで判断するしかないんですよね。

違うだろ!そうじゃないだろ!!

リアルだとまともに女性と話しすらできない自分だけど、ネットなら、出会えるアプリ、pairs(ペアーズ)なら女性に自分のことを知ってもらうことができる。

しかも、全員が恋人を探している人なんです!!

まずはプロフィールに手を加えた。

嘘を書くわけにはいかないが、一般的に女性からドン引きされないようなことを情報として足していった。

子猫2匹私は、猫が好きで猫を飼っていること。飼っているのは里親募集で譲ってもらった雑種だけど、マンチカン、スコテッシュフォールド、など可愛い系が好きで、犬もチワワ、トイプードル、ポメラニアンなどの小型犬が好きです。、、、

みたいな具合に加えていった。友達居ないし、休日、家にいることが多いけど、逆に、インドア派、猫好きというのは同じような女性とは盛り上がるのではないだろうかと・・・

他にも、読書や映画鑑賞なんかも書いた。

女性全員が華やかでアクティブな男性を望んでいるわけではないはずだと思った。インドア派の人の方が楽だから好きと言う人も、一定数いるはずだと。後、自分が無理する必要もないとも思った。

pairs(ペアーズ)には出会いがないけど恋人を作りたいという人がたくさん登録して活動してる。

合わない人は合わないでいい。自分の場合は、ルックス、基本スペックで勝負できないので、趣味、興味、価値観などで、お互いにドンズバを探すのがいいのではないかと思った。

ただ、良いか悪いかわからないけど、アニメオタクな一面はpairs(ペアーズ)では封印した。話しが盛り上がる女性がゼロということはないのだろうが、数自体少なそうだし、自分好みの女性の何人かを、アニメオタク解禁によりドン引きさせてしまうことになるかもしれないと思ったからだ。

猫も、猫アレルギーの子やペット嫌いな子は離れていってしまう可能性は当然あるのだけど、そんなことをいってたら何も始まらない。

本当に好きなんだし、猫の話しだったらどんな女性であっても楽しく会話することが出来る自信があったのだ。

出会えるアプリpairs(ペアーズ)のコミュニティを活かすpairs(ペアーズ)にはコミュニティがある。フェイスブック、あるいはミクシィをやっていた人ならわかると思うが、特定の話題、趣味に興味のある人が集まって語り合い、情報交換をするグループだ。

自分はそこでプロフィールと同様に動物、ペット系のコミュニティを中心に20くらい入った。20という数は色々調べてたら、マッチングしやすい一つの目安みたいだったから。

尚、プロフィールではその人の参加しているコミュニティを確認することができる仕組みになっている。

猫好き、動物好きなのは本当だけど、動物関連オンリーだと、ムツゴロウさんみたいなガチなのと勘違いされてドン引きされても困る。

だから、コミュニティを見て回って、自分に興味、関連がありそうな事柄で且つ、女性から魅力的に見えそうなコミュニティにも入った。全然盛り上がっていないコミュニティもあるが、プロフィール充実を意識したアクセサリー感覚だ。

後は結果的に普通にコミュニティを楽しんだ。コミュニティにはたくさん入ったけど、恋人作り云々を抜きに考えると一番楽しいのは、犬、猫のコミュニティだった。そこで、普通に楽しんでいた。自分にとって普通に楽しめるのが犬、猫のコミュニティなのだ。

とはいっても、そこまで積極的に投稿したりということはあまりしませんでしたけど…。

なおと

普通に楽しむだけなのに、pairs(ペアーズ)は他の普通のSNSとは違う。

そう。参加者全員が出会いがないから利用をしている。婚活、恋活を前提といているのだ。全員がアプローチする、アプローチされること前提なのだ。だから、気になるコがいたら、自然にアプローチできる。

pairs(ペアーズ)内でなければ、アプローチすると変人扱いされたり、要注意人物と思われることがあるけど、pairs(ペアーズ)内では大丈夫なのだ。

pairs(ペアーズ)はアプローチする、アプローチされることが前提だから。出会えるアプリなのだから。

コミュニティ内を見て回り、気になる、この子いいなあ、自分に合うかもしれないという子がいたらプロフィールを確認。自己紹介の内容や、入っているコミュニティなどで、更に自分に合いそうかを推測。

出会えるアプリpairs(ペアーズ)でどんどんいいね!とメッセージその上で、やはり気になる!!という子にドンドンメッセージ(メッセージ付きいいね)を送るようにしました。

すると、ちらほらと反応があり、マッチングし出した(やり取りが始まった子が現れだした)のです。

何人にもメッセージ送るなんて、、、同時に何人もとやり取りするなんて、、、不誠実なのでは?と感じる方ももしかしたらいるかもしれません。

ですが、不誠実ではないと私は解釈しました。メッセージのやり取りが始まった段階であっても、(ついさっきネット上での知り合いとなったもしかしたら恋人に発展するかもしれない人)に過ぎません。

この段階で、入れ込みすぎるのは相手にとっても迷惑だと私は考えます。真剣な気持ちとはうらはらに気持ち悪がられるかもしれません。

また、当然、100発100中ではありません。自分がいいなあと思う人に(恋人に発展するかもしれないネット上でのお友達になりませんか?)と提案しているだけの話しです。

返事がこなくてもガッカリする必要はありません。実際はちょっと凹みますけど、ネット上、更にはpairs(ペアーズ)内での話しなので、冷静に考えてみれば、実生活には何の影響もありません。

やり取りが始まった子はコミュニティでの動向をチェックしつつ、共通の話題を中心に直接やり取りします。

内容に困るときは、相手がよろこんでくれそうなことを想定した質問をするのがオススメです。その流れで結構盛り上がることが多いです。

婚活、恋活前提の出会えるアプリ、pairs(ペアーズ)とはいえ、この地点でも、まだ、恋人候補のネット友達です。

でも、相手が出会いがない状態で、恋人を求めてpairs(ペアーズ)に参加しているのもまた事実。

メッセージのやり取りでフィーリングを推し測り、行けるかなと思ったタイミングで遊びに誘いました。

私は、猫カフェへ一緒に行こうと誘いました。当日は昼過ぎから猫カフェにいき、その後、おしゃべりしながら街を散歩。夕食を食べて解散という流れでした。

なおと

人によると思いますが、初めて会ったときには、ラインidや電話番号は聞きませんでした。

聞いたのは2回目に遊んだ時でした。婚活・恋活前提のインターネットサービスを通じて知り合った異性と2回目遊ぶ。すでにお互いリアルに会った状態でもいい雰囲気を感じていましたので、ココで小さな勝負をかけてみました。ライン交換Okでした。

そして、3回目のデートで付き合ってくださいと告白。OKをもらいました!!

現在は、付き合って6ヶ月。休日は、猫カフェデート、家デート、、、といった感じが多いかな、、、

いつかは彼女と結婚したいpairs(ペアーズ)でのやり取りの段階で、彼女の好み、ニュアンスは聞いてあったのでお互い無理なく背伸びすることなく付き合えています。

付き合った後に、自然なお付き合いができるのもpairs(ペアーズ)でたくさんの人の中から自分に合う人を探し出すことができたからだと思います。

結婚は、、、後何段階かハードルがありますが、いつかは彼女と結婚したいと思っています。

結婚への温度差もpairs(ペアーズ)でのやり取りの段階で擦り合わせしてあるので焦りはお互いにないと思います。

逆に、早く結婚したいと感じているならば、そういうスタンスでpairs(ペアーズ)で活動すれば同じような温度感の人を探し出すことができるでしょう。

誤解をしてほしくない!出会えるアプリ、pairs(ペアーズ)とはこういうサービスである!

私は、出会えるアプリ、pairs(ペアーズ)を利用するまで、女性とまともに話したことがありませんでした。更に、ルックス中の下年収イマイチ。

でも、付き合う相手として、全く魅力が無いわけでは無いと思っていました。

  • 真面目に仕事はしてる
  • もてないから浮気の心配がない

そして、探せばそれなりに何らかへの興味関心、特徴がありました。

  • 猫、犬が好き。
  • スポーツ観戦が好きだけどもっぱら自宅観戦派。
  • 読書好き。
  • 映画鑑賞好き。内容について語り合うのも好き。
  • 音楽はいきものがかり、ナオトインティライミが好き。だけどライブなど人が多いイベントは苦手。

冷静に考えてみると、そりゃ、もてない部類に入るかもしれない。だけど、地球上に私のことをいいと思う人はゼロってことは絶対にないと思っていました。

出会えるアプリ、pairs(ペアーズ)で自分を知ってもらうための情報発信だけどリアルだと自分とはこういう人間だと深く知ってもらうことが私にとっては難しかったのです。

pairs(ペアーズ)を利用することで、たくさんの出会いがない恋人募集中の女性に自分を、自分がどんな人間なのかを深く情報発信することができた。

リアルじゃないから、のびのびと自分を知ってもらう活動が出来た。

だから、リアルでは出会いがない私にも彼女が出来た。巡り会えたのだと思います。

誰にだって、貴方がいい!!と思ってくれる人は絶対にいます。

その人を探し出すためには、自分を多くの彼氏募集中の女性に知ってもらう必要があります。

だけど、それが難しい・・・それを簡単にしたのが出会えるアプリ、pairs(ペアーズ)なんだと。

なおと

リアルにおいては出会いがない状態…自分の存在、良さを彼氏募集中の女性に知ってもらう方法がないならば、、、pairs(ペアーズ)を利用してみるべきです。

スマホいじくるだけで活動できるので忙しい人でも大丈夫。人生はきっとあっという間です。気がつけば寂しいおじいちゃんになっちゃいます。偉大な一歩を踏み出してみましょう。彼女いると何かとハッピーですよ。

《参照》マッチドットコム・ゼクシィ縁結び・Omiaiというマッチングアプリも出会いがない人から人気!

pairs(ペアーズ)の他にも、Omiaiという恋活アプリも有名で人気が高いです。pairs(ペアーズ)はしてないけどOmiaiはやってるという人もかなりいますし、利用者、一般的知名度がpairs(ペアーズ)ほどではない事もあって、男性側からすると競争がペアーズより優しい場合が多いです。

また、Omiaiはフェイスブックの写真が、Omiai上のプロフィールに使用されるので、顔をほぼ全員確認することができます。

こういったシステムも影響して、会員数はpairs(ペアーズ)ほどではなくても真剣に恋人探ししている率はOmiaiの方が高いのではとも言われています。

私はpairs(ペアーズ)だけで彼女できちゃったけど、Omiaiも無料登録でプロフィール、写真を見ることができます。

pairs(ペアーズ)はやってないけどOmiaiはやってるという人との出会いもカバーしておけばより理想の彼女に出会える可能性は高くなります。

今、振り返ってみると、最初、pairs(ペアーズ)とOmiai、両方の無料登録から始めるのがベストだったのだとちょっと後悔してます。

勿論、今の彼女に不満があるわけじゃないですからね(汗)

ちなみに、pairs(ペアーズ)ではコミュニティに投稿することができますが、Omiaiではコミュニティではなく、興味関心趣味のグループと言った位置づけになっているので、そこに投稿することはできません。

これは、フェイスブックを利用しない、婚活サービスの中で特に人気が高く利用者が多いマッチドットコムゼクシィ縁結びでも同様で、興味関心趣味のグループはありますが投稿は出来ない仕組みとなっています。

実際、pairs(ペアーズ)のコミュニティも、盛り上がって投稿されまくっているコミュなんてほぼありません。

皆、さっさといい人見つけて退会したいっていうのが本音なので、プロフィールでしっかりとアピールしていいね!できっかけの種をまいて…マッチングさせ後に実際に会う…という流れを機会的にこなしていく人が多いようです。

マッチドットコム・ゼクシィ縁結び・pairs(ペアーズ)・Omiai…この大手4サービス全てに登録して婚活・恋活を始める人が結構います。

どれかにしか登録していない人には、全てに登録していなければ出会うことはできませんから…。

まず全てに登録してみて、その中で興味のある人が多くいるサービスに本腰を入れる(お金を払う)のがちょっと面倒かもしれませんが、最高の出会いを絶対に逃さないコツです。

  • マッチ・ドットコム公式サイト
    登録するならまずはココからが基本。マッチングサービスのパイオニア的存在。世界25か国に利用者がおり、日本でも187万人以上が利用中。婚活・恋活サービスの中では人数がけた違い。
  • ゼクシィ縁結び公式サイト
    結婚と言えばゼクシィというほどにゼクシィブランドは知名度があって定着してますよね。ゼクシィ縁結びは、恋人を探している人向けの婚活・恋活アプリのサービス。
  • Omiai公式サイト
    ペアーズとOmiaiは婚活・恋活アプリの有名大手トップ2。ペアーズには登録していないけどOmiaiには登録してるって人も多いので要チェックです。

恋活・婚活アプリ、出会えるアプリを使っても恋人ができない人
 

まさよ
なおとさんのpairs(ペアーズ)評判体験談はいかがでしたでしょうか?

なおとさんのような人は多いのではないでしょうか?20代は仕事が忙しくて、遊ぶ暇なんてないという人多いですよね。

だけど、お付き合いしたい、結婚したいということも考える年頃。

仕事と出会いを両立したい人にとって、婚活アプリ・恋活アプリ…出会えるアプリは、無駄なく効率よく出会えるから人気が高いのでしょう。

”IT社会の便利さ”と”忙しくて出会いがない結婚適齢期の現代人”…婚活アプリ・恋活アプリはこれら2つの要素を見事に捉えた時代の寵児と言っても過言ではないサービスですね。

まさよ
続いては、なおとさんによる、”出会いがないからpairs(ペアーズ)・Omiai等婚活・恋活アプリの利用を考えている人”のためのQ&Aです。

利用するにあたり、心配に思っていること、不安に思っていることをすっきり解決して利用を始めて見てください。

出会いがない状態から脱出するためpairs(ペアーズ)・Omiai利用を考えている人のための不安解消Q&A

pairs(ペアーズ)、Omiaiはフェイスブックのアプリですが、本当に知り合いにばれることはないのですか?

pairs(ペアーズ)もOmiaiもフェイスブック上には一切投稿されない仕組みとなっているので、フェイスブック上の知り合いにばれることはありません。

また、pairs(ペアーズ)もOmiaiも実名でのやりとりではありませんし、ブロック機能もありますので、安心・安全に積極的に婚活・恋活に励むことができます。

とはいえ、心配な点、懸念材料はあります。

それは、アプリ内で知り合いに出会ってしまうかもしれないというリスクです。

  • pairs(ペアーズ)では友達はアプリ内で表示されないけど友達の友達は表示されます
  • 一方、Omiaiは友達の友達にも表示されません

アプリ内で、異性を探すじゃないですか。その時に、pairs(ペアーズ)なら友達の友達がpairs(ペアーズ)やってたとしたら、見つけることが出来ちゃうのです(実名ではないですが)。

ゆえに逆も然りなのです。

友達の友達だと、顔見知りということもありますよね。

このケースてバレるのはpairs(ペアーズ)を利用している相手に限るのでお互い様ではありますが、それでも、回避したいって思う人もいますよね。

そんな人は、その予防策として2つ取り得る手段があります。

足跡をつけない設定にしておく。

プロフィールを見て周る時、足跡がつく設定にしておくと顔見知りである相手に自らの存在を知らせてしまうことに繋がります。

pairs(ペアーズ)内では本名ではありませんから、知り合いのプロフィールをうっかり見てしまうということもあります。

その際、相手が足跡チェックをすれば、バレてしまいます。

故に、顔見知り程度の友達の友達にバレるリスクを低くするには足跡をつけない設定にしておくのが有効です。

いいね!を増やす意味では、足跡機能は有効です。メリット、デメリットがあります。

知り合いにバレないことを優先させるか、いいね!を増やすことを優先させるかどちらを選ぶかということですね。

可能性のある要素・人を除外するというのも有効

居住地や出身校など知り合いを発見できちゃいそうな条件で検索をかけて、顔見知りを一網打尽にブロックしていきましょう。

この際、足跡機能をオフにしておくのは当然、必須です。それを忘れたら、自らの存在を顔見知りにアピールしちゃってることになっちゃいます。

また、効率的にバレる可能性がある知り合いを探し出すにはログインが新しい順の条件にして探していくのもおすすめできます

ログインの新しい順にすることは今現在、積極的にpairs(ペアーズ)内で婚活に取り組んでいる利用者を優先させることでマッチングの可能性をあげることを効果がありますが、同様に、積極的に活動している顔見知りにはバレてしまうリスクが高いわけです。

逆に、飽きてしまったとか、忙しいなどでログインしていない人などはログイン自体していないので、バレるも何もないとなります。

以上を踏まえて、顔見知りを見つけたら、ドンドンブロックしていきましょう。

なおと
pairs(ペアーズ)も、Omiai、独身のフリーにとってはとりあえず登録してますレベルの人の割合が多くなっているので、やましいことがないならば、隠す必要はないと私は思うのですけどね。

pairs(ペアーズ)で初めて女性と会うことになりました。注意すべき点などありますか?

出会えるアプリ、pairs(ペアーズ)で会うに至るということは、メッセージのやり取りで、ある程度、趣味、興味関心等の話題で打ち解けていて、お互いに、「恋人同士に発展する可能性があることをわかっていて会う」状態です。

初めて会う時は、その恋人同士に発展する可能性をゼロにしてしまうことを避ける必要があります。

おごるのが無難

おごるかおごらないかは、人により考え方やニュアンスが異なるところです。ただ、口では、割り勘でいいとか財布を出すそぶりをしたとしても、本心は計り知れないものがあります。

奢るといわれて、気分を害する女性はいません。

2件目、3件目のスポットは、ニュアンスに合わせて割り勘でもよい場合もありますが、「デートで最初に入ったお店の代金だけは、絶対に奢るべきものである」くらいの心持ちでいることがベターです。

肉体関係を迫らない

もしかすると、貴方の友達にモテモテで、出会ってすぐに肉体関係を持ち、惚れられて惚れられ…という羨ましい人がいるかもしれません。

ですが、pairs(ペアーズ)で彼女を探している貴方が参考にすべきではありません。

そのモテモテの友達は、モテモテだからそれが出来るのであり、貴方がそれをしてうまくいくことはありません。

それまでに育んできたメッセージでのやり取りを大事に、ゆっくりと恋人関係に発展させることを心掛けましょう。

私は低スペックですが、それでもハイスペックな男性と恋人になることは出来るのでしょうか?

相手に求めることというのは、必ずしも皆同じとは限りません。

また、低スペック、ハイスペックというのは、一般的に優劣をつけることが出来る要素であり、それ以外に優劣をつけることが出来ないスペックというのがあります。

  • 家庭的か?あるいは仲間とワイワイするのが好きか?
  • ペットが好きか?あるいはペットはNGか?
  • よくしゃべる人かあるいは静かで人の話を聞く人か?

など。

これらは、どちらが高スペックであるなどの話ではなく、人によりどちらが望ましいのかが違ってくるものです。

貴女の考える高スペックの男性が、どんな人を好きになるのかは何を重要視しているかによるところが大きいです。

また、ルックスに関しても、

  • 細すぎる女性よりふくよかな女性が好き
  • 整い過ぎた美形はあまり好きではない

などという高スペックな男性もいます。

貴女が絶対にモノにしたい男性がいるのだとしたら、プロフィールやpairs(ペアーズ)内でのやり取りを参考にして、相手好みな属性の女性に自らを近づけるというのは有効な手段です。

勿論、貴方自身無理のない範囲での努力にとどめることに留意してください。

出会えるアプリ、pairs(ペアーズ)でいいね!数を増やすコツなどはありますか?

いいね!にはやはり写真が重要なのはいうまでもありません。それだけだとルックスが重要であることとイコールでどうしようもないのでは?と思われることもあるかもしれません。

しかし、ルックスに関係なく、いいね!数を増やす方法はあります。

  • 写真映りに関する工夫。
    よく見える角度。表情は人により異なります。角度、表情にこだわるようにすると良いです。髪型も同様です。

    また、自分の美意識、センスが良いとは限りません。親友などに客観的にあなたの写真をチェックしてもらえるなら尚良しです。

  • 系統を意識。ファッションの系統や趣味関心が滲み出るような写真を使用する。
    例えば、ロリータ系ファッションで写真を撮れば、ルックスに関係無く、一定数のロリータファッション好きの男性がいいね!してくれることになります。

    アウトドアを楽しんでいる1枚ならば、同様に一定数のアウトドア好きの男性がいいね!してくれることになります。

  • 裏技としては、猫、犬などと一緒に映るという方法もあり。
    あなたの見た目に関係無く、猫が可愛いからついいいね!しちゃったなんてことも起こり得ますし、猫好きなあなたとなら合いそうだといいね!してくれる人も現れます。
なおと
いいね!の反応を見て、上手に写真選び、差し替えを行うと良いです。

写真を差し替えることで以前の属性を好む男性からのいいね!が減ってしまうリスクはありますが、そこはプロフィールの文章の充実とサブの写真でカバーするようにしましょう。

また、コミュニティでの振る舞いを通じてあなたそのもののファンになってもらうことができれば、いいね!を解除されることはないでしょう。

pairs(ペアーズ)にはサクラはいませんか?

悪質な出会い系サイトの場合、課金型のサービスで利用者を煽ってドンドン課金させるためにサクラを利用しているケースも残念ながらあります。

しかし、pairs(ペアーズ)、Omiai、ゼクシィ縁結び、マッチドットコムと言った一般的に知名度があり、一般的に利用者が多い婚活アプリ、恋活アプリのサービスは定額の月額制。

利用者はサクラが不要な程に多く、また、料金システム的にサクラを使って利用者を煽る必要がありません。ですから、pairs(ペアーズ)、Omiai、ゼクシィ縁結び、マッチドットコムにはサクラは存在しません。

とは言うものの、悪質な利用者、悪意のあるユーザーが紛れ込んでいることはあります。
(健全な婚活アプリ、恋活アプリ各社はその取り締まりに尽力しています。)

以下に悪質な利用者の例、パターンを挙げます。

  • 悪質、高額な有料出会い系ブログ、サイト、サービスへの誘導を目的に利用している場合
    マッチングした後、サクラ取り締まりを逃れるため、早々にラインでのやり取りを提案。

    その後、ストーカーがしつこいからなどの理由で別のサイトでやり取りしましょうと言った具合の提案。

    そのサイトが課金型の出会い系サービスで、それまでやり取りしていた相手がサクラであるというケースが多いです。

  • 金ヅル探しで利用。
    マッチングした後、サクラ取り締まりを逃れるため、早々にラインでのやり取りを提案。

    ライン上で相手を惚れさせた後、お母さんが手術しなければ助からないから、お金を借して欲しい等々の言い回しで、お金を巻き上げようとするパターン。

    一切顔を会わすことなく行う場合も、実際に会って更に親しくなった後に行う場合もある。

  • メールアドレスなど個人情報を得ようとする。
    マッチングした後、サクラ取り締まりを逃れるため、早々にラインでのやり取りを提案。ラインをストーカーが怖くて使えなくなるから今後は、メールでのやり取りにしましょうなどと言い、メールアドレスを得ようとする。

    また、電話番号や住所を得ようとする場合もある。

    出会いを求めて、出会えるアプリ、婚活・恋活アプリを利用していると属性の絞られたメールアドレス、電話番号、住所のリストが高額で取り引きされている場合がある。

    あるいは、得た情報を元に、迷惑メールを配信し、自前の課金型出会い系サイトへ誘導しようとする場合もある。

  • マルチ商法、ネットワークビジネスへの勧誘
    恋活、婚活のアプリなのに、マルチ商法、ネットワークビジネスへの勧誘を目的に入り込んでいる場合もあります。

    惚れさせた相手を思いのままに操作するのはそうではない場合に比べ容易であることから利用を考える悪質な人間も存在します。

なおと

悪質、サクラユーザーの見分け方

肝に銘じておいた方が良いのは、心理学を悪用すれば、一定のマニュアルに則り、アプリ上、ライン上のみのやり取りだけで相手を惚れさせるのは可能であると言うこと。

助けてあげなきゃ!私しか守ってあげる人はいない!!
と言った心理状態を作り上げるのは心理学を悪用すれば容易いものなのだと婚活・恋活アプリを利用の前にしっかりと理解しておくのが、悪質、サクラユーザーを見分けるために最低限必要な知識です。

その上で、以下のポイントに注意しましょう。

  • モデル、芸能人でもおかしくない程かっこいい。
    普通に考えて、ものすごくかっこいい人が、出会いに困る確率は低いです。また、写真は悪意があるならば、物理的に他者の写真を拝借するのは簡単です。
  • 写真が少ない、リアリティに欠ける
    写真が一枚しかプロフィールに無かったり、複数枚写真があったとしてもどこかプロに撮られたようなものである場合は注意が必要です。

    普通に利用しているユーザーの複数枚の写真は、趣味等々その人となりが垣間見えるものであったり、自然さを感じるものであったり、素人っぽさがある場合が多いです。

  • 友達が少ないあるいは友達が不自然に多い
    悪質なユーザー、サクラは相手を惚れさせるためにかっこいい写真を使用するケースが多いわけですが、そんなかっこいい人が人気者でない確率は普通に考えて低いです。

    逆に友達が多すぎる人にも注意が必要です。特に、ネットワークビジネス、マルチ商法で活動している人はそれのために元々フェイスブックを利用していることが多いです。

    普通にフェイスブックを楽しむ場合、友達の数は何千人、、、などということは考えにくいです。

以上の見分けるポイントについては確率的に高いから特に注意する必要がある項目です。

なおと
これらに該当しないユーザーだから絶対に大丈夫だというわけではありません。

知り合いを介さないで出会いを求めるということ自体がこう言ったリスクを抱えている、リスクの高いものであるということを理解した上で、婚活、恋活アプリを利用することをお勧めします。

もちろん、利用者が快適に安心して利用できるよう、恋活、婚活アプリ提供各社は日々悪質なユーザー、サクラ排除に力を注いでいることも伝え忘れるわけには行かない事実です。

ヤリモクの人はいますかね?傷つく事が心配です。

男性の立場からして、まず、知っておいて欲しいのはやりたくない男はいないということ。

ただし、それを即行動に移す人もいればそうではない人もいます。

客観的に見れば、その点が、ヤリモクであるかどうかの分かれ目となります。

状況、条件によっても変わってくるので注意が必要です。

ヤリモクの見極め、見破り方として、すぐに会いたがる人は危険、いきなり居酒屋デートを提案してくる男性が危険と一般的に言われますが、絶対にそうであるというわけではありません。

  • 彼女が欲しくて、不器用で、焦ってしまっている真面目な人もいます。
  • 女の人と話すことが苦手でお酒の力を借りないとまともに顔をみることも出来ない人もいます。

ただ、確率論としては、無視できない傾向ですので、リスクを最小限にとどめたい人は留意しておく価値があるでしょう。

他にも、

  • 友達が異様に少ないあるいは多い。
  • pairs(ペアーズ)が必要ない程に男前。

などもマルチビジネスへの勧誘など悪質なユーザーと同様にヤリモクの確率は高いと言えます。

忘れてはいけないのはヤリモクの人と会うイコールヤラレるということではないということ。

二人きりの空間に行かなければヤリモクであっても男は行動には移せないのです。

そして、是非覚えておいて欲しいのは、

  • ほとんどの男性はすぐにやろうとする場合、相手女性のことを大事にしようという気がないということ。純愛を育もうという気がないということ。
  • すぐにヤレてしまうと達成感を感じ、相手女性への興味関心が著しく薄れてしまうということ。
  • すぐに身体を許したから相手が貴女のことを好きになってくれるなどプラスの効果は絶対にないということ。

ですから、初めてのデートでは相手が貴女にとってどストライクの男性であったとしても、ヤリモク男性であったとしても、誰であっても身体を絶対に許さないということがベストなチョイスなのです。

初デートで絶対に身体を許さない、二人きりになってしまう場所に絶対に行かない!
ということを徹底すると良いでしょう。

これを徹底できるなら、1回目のデートを過剰に心配する必要はないと思います。徹底できるならば、ですが。

2回、3回目、、それ以降。貴女が身体を許さないデートを重ねることができればできるほどに相手が本気かどうかをより確かに確認することができると考えると良いです。

結婚をしたいか?と言われるとハッキリとYESといえません。でも寂しいし、彼氏がほしいです。こんな私でも出会えるアプリを利用してよいのでしょうか?

pairs(ペアーズ)もOmiaiも、全員が結婚する気満々な人というわけではありません。

当然、実際に付き合ってみて、結婚を意識することになる人、そうはならない人といるのが現実です。

既婚者、18歳未満でなければ誰でも利用することができるサービスです。

  • 異性の交遊関係を広げて恋人ができる可能性を高める
  • 恋人ができる可能性のあるコミュニティで寂しさを改善

という利用目的でも大丈夫ですし、そういった人は結構多いです。

pairs(ペアーズ)は簡単に退会できますか?

ネットで申し込むサービスの中には、退会を防止するために、ワザと退会するのが難しいようにしているサービスもありますが、pairs(ペアーズ)はそのような悪質なことはしておらず、簡単に退会することが出来るようになっています。

  • スマホから
    pairs(ペアーズ)のマイページ→各種設定→解約・退会について
    ここで退会を選択したら、退会となります。
  • PCから
    pairs(ペアーズ)のログインした状態のトップ画面→ページ最右下にある問い合わせ→問い合わせカテゴリ「退会」を選択して送信すれば退会となります。

また、これはpairs(ペアーズ)の退会処理がどうかなどとは関係がないことですが、GooglePlay決済やAppleIDを利用してpairs(ペアーズ)を利用していた場合は、それらの自動更新をオフにしなければ課金が継続してしまいますので注意しましょう。

pairs(ペアーズ)でもOmiaiでも、上記ページでその自動更新オフの操作方法は書いてくれています。

その通りに進めていけば簡単に自動更新をオフにすることが出来ます。

また、日割り計算・購入ポイントの払い戻しは一切していないので、そこは留意しておく必要があります。

もし、今、pairs(ペアーズ)で意中の男性と出会うことが出来ていて、めちゃ盛り上がっていて、彼しかもう見えないからpairs(ペアーズ)を退会しよう…と考えている人は注意が必要です。

一度退会すると、再登録できるようになるまで一定期間を要する仕組みになっていますので。

不意に破局することになるなど万が一のことを考えるなら、退会することなく放置が一番です。

利用料金に関しては、無料会員に戻るなどすれば、放置期間には維持費がかかりません(それまでのメッセージでのやりとりが見れなくなりますが)。

《参考》利用者が多いマッチングアプリ一覧

  • ゼクシィ縁結び公式サイト

    結婚と言えばゼクシィというほどにリクルートのグループのサービスであるゼクシィブランドは知名度・ブランド力・安心感があって定着してますよね。ゼクシィ縁結びは、恋人を探している人向けの婚活・恋活アプリのサービス。

  • ペアーズ公式サイト

    女性は無料で利用できる。フェイスブックマッチングアプリの中では知名度ナンバーワン。

  • Omiai公式サイト

    10代20代女性は無料で利用できる。ペアーズとOmiaiは婚活・恋活アプリの有名大手トップ2。ペアーズには登録していないけどOmiaiには登録してるって人も多いので要チェックです。

  • マッチドットコム公式サイト

    マッチングサービスのパイオニア的存在。世界25か国に利用者がおり、日本でも187万人以上が利用中。

引用元 社会人出会いの場ナビ|場所・きっかけ等をレクチャー

まさよ
Q&Aはいかがでしたでしょうか?

質問がかなり多岐にわたっていましたが、なおとさん…頑張ってくださいました…。

続いては、なおとさんが利用していた出会えるアプリ、pairs(ペアーズ)の基本情報をご覧ください。

pairs(ペアーズ)の詳細・情報など

「pairs(ペアーズ)」の料金

恋愛・婚活マッチングサービスの「pairs(ペアーズ)」はFacebook恋活アプリです。通常は無料のFBですが、より安心で安全なサービスができるように、「pairs(ペアーズ)」では有料でサービスを提供しています。
◎登録料は無料!
◎有料会員(男性のみ)2,980円/月〜
◎プレミアムオプション(男性のみ)2,900円/月〜
※Apple ID決済 、googleplay決済は規定により料金に違いあり
◎レディースオプション(女性のみ)2900円/月〜
※年齢確認済みの女性無料会員のお客様、AppleIDの方は3,500円
Facebookを使っている方なら特にきっと便利ですよ。新しい恋を始めたい方、結婚したい方は、まずは無料登録からどうぞ♪

「pairs(ペアーズ)」の特徴

婚活アプリ「pairs(ペアーズ)」は、Facebookアプリとは言え、実際に名前を出さないイニシャル表記です。コミュニケーションをとる前には、公的証明書などによる年齢確認や24時間365日の監視体制によるセキュリティーの徹底が安心で安全の理由で、もちろん友達にも見つからず、一切投稿もされません。
また、豊富な検索機能やコミュニティー機能が理想的な出会いを実現させ、ハッピーな時間を過ごすことができます。
実際に「pairs(ペアーズ)」を利用したメンバーからは、幸せレポートがたくさん!

  • メールの対応が優しくて紳士的な人がたくさんいた
  • 毎日のメールのやり取りのおかげで、会う時間が待ち通しくなった
  • プロフィールも細かく見ることができて、相手の趣味など分かりやすかった
  • 遠距離恋愛も、国際結婚も実現できた
  • mixiと似ていて、他のマッチングサイトよりも使いやすかった
  • 彼と出会い、一緒に退会できた
  • シングルマザーでも子どものことを理解してくれた
  • すでに幸せな家庭を築いています!
  • たくさんの人から「いいね!」をもらってプロフィールを見るのが楽しみになった

結婚相談所での婚活は、コストも時間も無理があるという方は、アプリでサクサク活動できる「pairs(ペアーズ)」での婚活をオススメします♪一生を共にする素晴らしい伴侶をぜひ見つけてくださいね。

参照・引用元 pairs(ペアーズ)公式HP

まさよ
続いて、pairs(ペアーズ)をはじめとした、婚活アプリ利用者の口コミを集めました。

pairs(ペアーズ)の他にも、Omiai・ゼクシィ縁結び・マッチドットコム・ユーブライド・マイナビ婚活の利用者の声もあります。是非確認してみてください。

その他社会人の出会いについて。リアルな口コミ・体験談

仕事のストレスが原因で精神的に追い込まれた時僕を救ってくれた女性

現在付き合っている女性との出会いのエピソードをお話しします。僕の職場はとある健康機器メーカーのコールセンターなのですが、仕事は主にクレーム処理です。毎日のようにうちの商品を購入したお客さんからの相談や商品の不具合に関するクレームなどを処理しています。

そんな仕事柄か、やはり日々ストレスは多く、精神的にまいってしまった時期がありました。理不尽な言い分にも拘わらず電話口でいきなり怒鳴りつけてくるお客さんにも、グッと言いたいことをこらえて、ただ平謝りを繰り返す仕事では、心が追い込まれてしまうこともあるのです。

そのような生活が続いたため、僕はとうとうパンクしてしまって、心療内科に受診するまで追い込まれました。あの当時は過度な緊張状態が延々に継続しているような毎日で、精神が病んでしまったのだと思います。

その心療内科で出会ったのが、僕の今の恋人です。彼女は臨床心理士という立場でその病院に勤めていました。僕の治療は抗うつ薬と精神安定剤の投与、そしてカウンセリングだったのですが、彼女との一対一の対話を通して、次第に心が安らいでいくのを感じました。

それまでは白黒のように見えていた世界が、彼女と出会って色を取り戻したような、そんな感覚を覚えたのです。僕は悩みや不安をすべて打ち明けました。毎日緊張が続いて夜も眠れない。会社に行くのが憂鬱。生きるのが苦しい。すべて打ち明けました。

彼女は親身になって話を聞いてくれて、僕もそれまで誰にも相談できず一人で抱え込んでいた心の重荷が少しずつ軽くなってくことの安堵で、本当に久しぶりに心の平静を味わったのです。と同時に、徐々に彼女に惹かれていく自分に気付きました。

これが彼女の仕事だ。仕事だから優しくしているだけだ。そうわかってはいるものの、想いはもう止められませんでした。通院してから3ヶ月くらいが経過して、僕はまた元通り仕事に取り組むことができるくらい回復しました。

でもそれは彼女との別れを意味しています。僕は通院をやめたくなかった。だから通い続けました。次第に彼女の方も僕の想いに気付いているような素振りを見せるようになりました。打ち解けて話し、時には病気以外のこと――彼女自身の悩みなど――を僕に話してくれるようになったのです。

僕は思い切って食事に誘いました。症状が軽くなったのはあなたのおかげだから、お礼がしたい。そう言って誘ったのです。返事はイエスでした。そこから僕らの交際は始まったのです。

その後正式に告白し、僕らは付き合うようになりました。今では、また別の意味で、彼女は僕の心の支えになってくれています。

いつも通っていたコンビニでも出会いがあるんだと思った話

いつも通っているコンビニで、よく対応して頂いていた店員さんがいました。年齢は30代半ばくらいでルックスが少し個性的です。個性的というのは主に頭髪部分なのですが、年齢の割におでこがはげ上がっていて、サイドの髪は少し長めです。個性的な髪型ではありましたが、おかしい感じではなく彼には良くフィットしていました。私が彼に抱いていた印象は、綺麗な目と綺麗な指をしていて、素敵な声の持ち主だなというものでした。

私がそのコンビニで買うのは決まってタバコです。お気に入りの銘柄をいつも2箱注文するのですが、いつの間にか私がレジの前に立つと、注文する前に用意してくれるようになりました。まあその程度のことは常連になるとよくありますよね。

ある時やはりタバコを買って店の外に出た時に、「お客様すみません!」とその店員さんに呼び止められました。忘れ物でもしたかな?と振り返ると、彼がさっとメモのようなものを渡しました。そしてニコッと笑って会釈をすると何も言わずにお店の中に戻りました。そのメモには彼の名前と電話番号と住所が書いてありました。他には何も書いてありません。それを見て私は「へぇ、そうなのか」と思いました。気味が悪いとかそういったことは全く思いませんでした。私が彼に抱いていた印象は綺麗な目と綺麗な指と素敵な声の持ち主だということは先程書きましたが、それって彼にほとんど好意を持っているということだったんだと思います。

1週間後、電話をかけました。すると彼に部屋に遊びに来ませんか?と誘われ、私は彼の部屋を訪れました。彼の部屋にはたくさんのレコードとステレオセットがありました。レコードのジャンルは色々でしたが、彼が私に声をかけた理由の一つがわかった気がしました。私はミュージシャンのTシャツが好きで色々集めており、いつもコンビニなど近所に出かける時は普段着として着ていました。

そして色んな話をしました。ちゃんと会話するのは初めてなのに、話は尽きることがありません。あっという間に2時間くらいが過ぎて私は帰ることにしました。彼には私の名前と電話番号を伝えました。

それからは2週間に一度くらいの割合で映画を見に行ったり、部屋で音楽を聴いたり料理を作って食べたりするようになりました。とても自然に仲良くなり、ずっと前から知っているような感覚です。まさか通っているコンビニでこのような出会いがあるとは思ってもいませんでしたが、付き合い始めてみると全然不思議な感じはしません。出会う場所なんてどこにでもあるのかもしれないなと感じています。

仕事を頑張ろうと思っていた矢先思わぬ出会いが待っていた

学生時代は異性とのお付き合いの経験が全くありませんでした。周りの友人は、彼氏や彼女ができたり別れたりを繰り返して経験を積んでいく中で、自分だけがどんどん取り残されていく気持ちでいました。もしかすると、このまま誰ともお付き合いすることなく人生を終えてしまうのかもしれないと、不安な気持ちさえ抱えていました。

しかし、運命の出会いは突然やってきました。学生時代、あれ程誰かとお付き合いしたいと思っていた私ですが、社会人となって2年目に、ふと仕事の方に気持ちが向いた時期があったのです。今は恋愛よりもとりあえず仕事に頑張ろうと思い、転職を決めた時でした。次の仕事が決まるまでの間、少しでも収入を得るために短期のアルバイトに就いたのです。運送会社のアルバイトでしたので、おじさん世代が多いというイメージがあり、そこでまさか出会いのチャンスがあるとは思ってもいませんでした。

アルバイトとして仕事をし始めて1ヶ月ぐらいの時、いつも黙々と荷物をトラックに積み込んでいる男性がいました。テキパキと仕事をこなしているその姿を見るうちに、いつの間にか目でその男性の姿を目で追うようになっていました。そして、自分がその男性のことを好きになってきているのに気づきました。それからは、会うのが楽しみでバイトに行くのが楽しくなりました。毎日その姿を見るだけでも嬉しく思いました。

しかし、短期のアルバイトだったために、もうすぐ契約期限が切れてしまいます。そうなれば、もう二度とその男性と会えなくなってしまうと思いました。そこで思い切って、人生初となる告白をすることにしました。これまで、誰とも付き合ったことがない私が告白するのは、かなりの勇気が必要でした。ですが、二度と彼に会えなくなるのは耐えられないという気持ちの方が強かったので、自分でも驚くぐらいの積極的な行動がとれました。人生初となる告白は、見事成功しました。しかも、転職も上手くいったのです。運をすべて使ってしまったのではないかと思うぐらい、何もかもが上手くいきました。

まさか出会いのチャンスがアルバイト先にあるとは思ってもいませんでした。恋愛のことは一旦置いて、仕事のことに目を向けた途端、彼氏ができたのには驚きました。何かを頑張ろうという気持ちで過ごしていると、恋愛運も高まってくるのかもしれないなと思いました。

共通の趣味を通じて出会いました

私は普段、地元のFMラジオを聴くことが好きで家にいるときは毎日のように聴いています。でも、そのうち聴いているだけでは物足りなくなりラジオ局に番組のテーマに沿ったメールを送って読んでもらえれば良いなと思い

出してみると、最初に出したメールで読んでもらえてから、その事が快感になりラジオ番組メールを送ることが日課のようになりました。

そのうち、私のラジオネームが毎日のように読まれるようになり、ラジオ番組でも地元でイベントなどをやるので参加をしてみたくなりました。

最初はDJの方に会いたいという思いが強かったけれど、会場に行ってみると、普段ラジオ番組でメールを読まれているリスナーさん達にも会うことが出来て何だか嬉しくなっていました。そんな時、リスナーの1人で時々メールを読まれている男性と話しをする機会がありました。その人は私より年下ですが、何だか色んな話で意気投合してメールアドレスを交換しました。

それから、その男性とはお互いが意識し始めていき、何となく合う間柄になりました。

私がラジオ番組でメールを読まれると、良かったねとメールをマメにくれたりしていました。

そうして行くうちに、男性の方から告白をしてきました。でも、私には持病があって迷惑を掛けてしまいそうだし、年齢も6歳年上ということで今は考えられないと断りましたが、ひょんなことから、また再会して何となくお付き合いをすることになりました。

こういった共通の趣味で出合うとは思っていなかったので、その後はラジオ番組にメールを出すことに躊躇してしまうことが多くなったり、結婚とかになる訳ではないので、他に知り合ったリスナーさんには分からないように付き合うことが大変でした。

その彼は色んな意味で私好みの人で、一緒に居れば居るほど好きになる感じでした。

でも、その後、彼は二股を掛けていることが分かり、私がかなりショックを受け一方的にお別れをしましたが、でも今考えても彼のことは好きだったなと思うし、こういった出会い方もあるんだなと思いました。

異性との出会いは本当に突然

私は今まで男性と出会ったのは突然の出会いからでした。ある日、女友達が一人暮らしをすることになり、その子の家でパーティーをしようとなりました。聞くところによるとそのパーティーには、その家を紹介してくれた不動産屋もくるらしい。私は意味がわかりませんでした。

なんで、紹介してくれた不動産屋がくるのか。友達がいうには、紹介してくれてる時にすごく仲がよくなり、今度パーティーをしようとなっていたそうです。私はよくわからないまま、仕事が終わってパーティーをするため友達の家に。するとみんなもう揃っていて、しかもすごいいっぱいいました。

不動産屋の仲間たちも来たみたいで、みんなで喋ってました。乗り気ではなかった私ですが、その不動産屋の人達の仲にすごくかっこいい人がいて一目惚れしてしまいました。本当に今まで見たことがないくらいかっこよくて、私のタイプでした。その人とは一言も喋ることができないままパーティーは終わりました。

そのままその人のことを忘れられず、いつかまたどこかで会いたいと思ってました。すると、何日かたったある日、その友達から連絡が来て、なんとそのかっこよかった人たちと今日会うと。私もすかさず行くと言いました。

そして、みんなでご飯を食べに行ったのですが、もうかっこよすぎて仕方なかったのです。しかし、彼は私に全く興味がなさそうで、全然喋ってくれません。なので、もう諦めることに。お店を出るとき、お会計を終わらせたら私以外のみんなはトイレに行ってから店を出ると言うので、私は外で待ってました。すると、そのかっこいい人もトイレに行かず外で待つと。すると、まさかのその人から連絡先を聞かれたのです。

こんなことはあるのでしょうか。私は本当に驚いたのと嬉しいのでおかしくなりそうでした。数ヶ月後、彼とは付き合うことになったのです。本当に出会いっていつ起こるかわかりません。まさかのタイミングで出会うものです。それは今回のことで思い知らされました。

理想の重量級男性との出会い

私は小さい頃からボールの用に丸い、ずっしりしたお相撲さんのような男の子が好きでした。好きな芸能人もいつもおデブタレントやお相撲さんだってので、周りにはよくからかわれていました。

でも私だって他の女の子と一緒で好みがあるんです。ただ太っていたらそれでいいってわけじゃないんです。それが周りの友達には伝わらなくて、太ってる人が好きなんでしょ?のひと言で済まされることが多かったです。

私だって好みの男の子とお付き合いしたい!と思っても意外と好みの重量級な男の子とは出会えませんでした。そんなことを思いながらあっという間に高校生活も青春のないまま過ぎ去り進路を決めることになりました。

そこで私は閃いたのです。料理やお菓子の学校に行けば太った人にたくさん出会えるんじゃないか?と。

それからすぐに行動を起こしました。家から通える近さの学校を探し、先生や両親には「コックになりたい。」なんてそれっぽいことを言って納得してもらいました。面接もすんなりクリアして、これから私の本当の青春時代が始まるんだ!と新しい学校生活に夢見ていました。

そんな気持ちもすぐに打ち砕かれました。いざ入学式に行ってみるとどこを探しても太った男の子なんていなかったんです。思っていたのと全然違う!とショックを受けましたが、後になってよくよく考えたらテレビに出ている料理人やパティシエは太っている人なんてほとんどいないじゃないかと気づきました。本当に高校生の時の自分の頭の悪さにガッカリしました。

でも運命の出会いはあったのです。私は二年制の学校に行ったので先輩がいたのですが、初めての合同練習でその先輩を見つけました。周りの人の2倍、3倍はあるであろう巨体です。そしてなにより今まで出会った人の中で一番顔が好みだったんです。その日からその先輩に猛烈アタックを開始しました。その先輩友達も多かったので、周りの先輩方も協力してくれて遂にお付き合いすることが出来たのです。

でも結局付き合ってみたら性格が合わなくてあまり長くは続かずお別れしてしましました。

しかし今でも一番の好みの男性はその先輩です。

出会いは奇跡に等しいです

私は女性ですが、工学系を専攻し大学を出ています。大学時代は、学科内で40人生徒がいる中で女性はたったの6人。逆ハーレム状態といってもよいかもしれません。しかし、周りに男性が多いからといって出会いになるかというと違います。

付き合い、結婚する相手と出会うには、何らかのシチュエーションが必要になるからです。同じ教室で勉強しているだけでは、どの男性とも恋への発展には至らないのです。工学部まで範囲を広げると300人中女性が25人程度で、工学部の男性はほぼ女性の事は名前や顔を把握していても、私達女性は自分の学科以外の男性を把握していない状態でした。このような環境下なら、誰でも相手が見つかると思われがちですが、工学部内で相手を見つけたのは私だけで、他に気になる男性など一人もいませんでした。

どんなに多くの女性と男性が集まって出会いのチャンスがあっても、きっかけや「ビビビッ」とくるような事がなければ、発展にはならず、出会うことはできないのです。これは、就職してからも同じでした。就職先は男性の多くいる職場で、男性とともに仕事をしていました。職場の男性達は、会社に女性が少ないためか結婚している人が少なかったです。

結婚している人は職場結婚の人が多く、奥さんが元同僚や後輩が多かったです。その時、私は学生の時から付き合っていた男性と遠距離恋愛になり、おそらく自然消滅になり、この会社の人と結婚するんだろうな~と考えていました。しかし、多くの結婚適齢期の男性がいるのに、全く結婚相手には出会えないのです。

女性が極端に少なかったのもあり、会社の男性からの私へのアプローチは多くありました。しかし、恋へと進展する相手は見つからず、結局、学生の時付き合っていた男性と10年の交際を経て結婚に至りました。私からすると、「出会い」のチャンスは、他の女性よりも多くあったはずなのです。

しかし、今までで出会えたのは始めに出会った彼だけで、彼と出会っていなければ、他男性と出会えていた確率は無いにひとしいです。出会いと言うのは、多くの男性に出会えれば良いというわけではありません。「ビビビッ」とくる男性に出会えるかなのだと思います。それは、奇跡に近いものなのかもしれません。

なかなか彼氏ができなかった社会人がスカイプ掲示板で年下彼氏をゲットした話

私は社会人になってから、ますます異性との出会いがなくなりました。学生の時も引きこもって研究ばかりやっていたので出会いはなかったのですが、社会人になると休日どこかに行くのすら面倒に感じるんですよね。

何か家にいながらにして男性とコンタクトできるものがあるといいな、と思っていたところで、私はスカイプ掲示板というサイトに巡り会いました。このサイトでは色々な人が通話やチャットの相手を募集しており、女性ならそれだけでかなり相手からコンタクトをもらえます。

サイトに書き込みをしたところ数人の男性からコンタクトを受け取りましたが、その中の1人と仲良くすることにしました。1ヶ月ほど経った時、彼に会議通話に誘われました。

複数人の人が同時に話す会議は苦手でしたが、この時私はとても暇だったので参加することにしました。会議は私達を含め3人で、もう一人男性がいました。

彼は声が非常にイケメンで、落ち着いた雰囲気がかなりツボでした。私は通話が終わった後にコンタクトを送り、彼とは後日個別に通話するようになりました。

趣味が同じだったり住んでいる所が近かったので、打ち解けるのに時間はかかりませんでした。この時に彼が年下の大学生だと知って年下は趣味じゃないなと思いましたが、イケボ補正で年齢は気にしませんでした。

彼とは毎日のように通話やチャットをして、3ヶ月後に会うことになりました。地元近くのカラオケに行ったのですが、この時に彼から告白をされました。

いつも通話に付き合ってくれたり、一緒にゲームで遊んでくれたりする私にずっと好意を持ってくれていたようです。彼の真面目な様子や異性慣れしていないところがいいなと思っていたので、私は告白を受け入れることにしました。

リアルで出会いがないから絶望していましたが、スカイプから始まる出会いもあるのだと思うと気が楽になりました。スカイプなら暇な時間に使えますし、チャットも通話もできるのでとても便利ですね。

掲示板は賑わっているし、出会いを求めている人も多いのでこれからも使おうと思っています。

友人宅へ遊びに行った時に知り合った女性が初彼女になりました

私は女性と居ても妙に緊張してしまって上手く話せない冴えない男性でした。イケメンでもないしトークも苦手だったので、正直私に彼女は出来るかと不安に感じてました。

しかし24歳でやっと私にも人生初の彼女が出来ました。といっても出会ったのは私が19歳で、交際までに5年かかりました。

この頃は私も大学生になっていて友人とよく遊んでました。残念ながら遊ぶのは男性ばかりだったので女ッ気は全然なしです。そのうち仲の良い友人宅に遊びに行くようになりました。この友人は一人暮らしをしていて気兼ねせずに遊びに行けたので週1.2回は遊びに行ってました。

私も友人もゲームやアニメが大好きで似たもの同士だったんです。

ある日曜に友人宅へ遊びに行くと珍しく女性が居たんです。女性といっても小学生高学年ぐらいの幼い子供で友人の妹でした。

さすがにこの年齢相手だと女性として意識することもなく普通に話せました。友人妹からしても私を男性というよりは兄と同い年のオッサンにしか感じなかったんでしょう。お互い緊張することもなくゲームしたりして遊びました。これがファーストコンタクトですね。

友人宅と実家は電車で一時間ぐらいの距離とそれほど遠くなかったので、友人妹は1ヶ月に一回ぐらいの割合で来てました。こちらの来る度に会ってたわけじゃないですが、それでも大学卒業までに10回ぐらいは会ってたと思います。

大学卒業後も友人とは連絡を取って遊んではいましたが、自宅に押しかけることもなく友人妹とは2年ほど会っませんでした。そんな時、たまたま立ち寄った職場近くの全国チェーンのドーナツ屋さん店員から声を掛けられました。

女っ気のない私が女性から声を掛けられるなんて初めてです。

誰だろって思って顔を見たら友人妹でした。この時友人妹はすでに高校生になっていて小遣い稼ぎにバイトしてたんです。私の職場は友人妹が通ってる高校の最寄駅近くだったらしく、学校帰りにバイトして所に偶然バッタリ再会したわけです。

2年会わないうちにすっかり女性っぽくなってましたが、向こうが以前のように気軽に話しかけてくれたのでこちらも意識せず女性と話が出来ました。

女性として好意を持つようになったのもありますが、職場への差し入れにドーナツが喜ばれたこともあってよくこのお店には立ち寄るようになってました。

そのドーナツ店ではたまに100円セールをしてるんですが、私はそういうのを知らなかったので100円セールの日に行かなかったんです。これが関係進展のキッカケになりました。

いつもどおり普通の値段の日に買いに行くと友人妹から100円セールあったけど来た?って聞かれて、そんなの知らないわ~って返事をすると勿体ないな~セールのある日は教えてあげるからって連絡先を交換したんです。

この時から連絡し合うようになり、100円セール来た!とか季節限定商品のコレ旨い!とか話をしてるうちに好きなお店とかある?って会話も広がるようになり気づけばほぼ毎日連絡をやり取りする仲になってました。

ドーナツ店での再開から1年ぐらい経過した頃、友人妹はバイトを辞めることになったんです。理由は高校卒業です。

じゃあドーナツ店に行っても会えなくなるねーって話をしてると、バイト最終日に家まで送ってってお願いされました。この頃には私も自分の車を持っていましたし、長い間ご苦労様、ご飯ぐらい奢るからどこか食べて帰ろうかって誘いました。

バイト最終日は土曜でした。

私は土曜休みなので友人妹の終わったらすぐ合流して食事に行きました。

帰り際にもうこうやって顔を会わすこともなくなるんだねって寂しそうに言ってきて、これから会えなくなるのは嫌、付き合って欲しいと交際を迫られました。

まさか5歳年下、しかも友人妹から告白されるなんて思ってなかったので驚きましたが、女性経験のない私がこの機会を逃すとずっとチャンスはないかも?しかも私自身好意を持ってるし友人には悪いと思いつつOKしてその日から付き合うようになりました。

まさか出会った時は小さい子供としか感じなかった友人妹と男女の仲になるとは思いもよりませんでしたし、一生彼女が出来そうになかった私に彼女が出来るなどほんと世の中ってわからないって思いました。

初めての恋をしたあの人に出会えるなんて

20歳を過ぎて、いい経験も傷ついたりもして日常生活を送るうちに、いつの間にか子供の頃に持っていたはずの夢や奇跡や運命という言葉を個人的にはあまり期待しないで生きてきました。2年前に大学進学をきっかけに東京で1人暮らしをするようになり、勉強しながら生活費を稼ぐためにバイトに明け暮れる毎日、高校時代に描いていた華やかなキャンパスライフなんて夢のまた夢。現実は甘くないと感じていました。そんな何もない毎日がいきなり変わったのは1ヶ月前のことです。

地元で高校時代に同じクラスだったあの人がお客さんとして店に来ました。彼女、実は僕の初恋の人なんです。化粧して服装も制服じゃないだけで雰囲気はあの頃のままでした。もちろん、いきなり声をかけて違う人だったりすると困るので、彼女のテーブルで接客するときには、いつもどおりの振る舞いをしていました。でも近くで見れば見るほど彼女本人だと確信していました。その日はそれ以上のことは何もなく帰ってしまったので、話しかけておけばよかったと家に帰ってからずっと後悔しつつも、あの頃も声をかけずに後悔したということだけが思い出されました。

それから2週間ほど経って、再び彼女が店にやってきました。前は友達数人で来ていましたが、今日は1人でした。私は、もうこれ以上後悔したくない気持ちだったので、思い切って彼女に声をかけました。すると彼女も気がついていたそうで、向こうも違っていたら迷惑になるかもと思っていたそうです。バイト終わりに彼女と会う約束をしたこともあって、その日の仕事はそれからあまり覚えていません。バイトが終わって、彼女と飲みに行って卒業してからのことをいろいろ話しました。

そんな中で、高校時代の好きな人の話になって、私は問いただされました。酔いもあったので思い切って告白しました。実は彼女も高校時代、私のことが気になっていたそうで、何度か告白っぽいことしたと言われました。気がついていれば楽しい高校生活を送れたのにと後悔しながら、でもあの時恋人関係になっていなかったからこそ、偶然ここで出会って、付き合うことになったんじゃないかと思うと、運命ってあるんだなと感じています。

同じ名前の男性と出会って付き合った体験談

同じ名前の男性と出会ったことがあります。しかも連続でその人たちと付き合うことになりました。苗字ではなく、名前のほうです。

一人目は年下の男性ですが、幼く甘えたいタイプの人でした。人の紹介で出会うことになりましたが、双方の気持ちがすぐに一致しすぐに付き合うことになりました。しかし考え方が幼稚すぎました。最初は頻繁に連絡をしてきていて燃えていたようでしたが、次第に連絡が途絶えて3か月たつころには全く連絡がこなくなりました。そして別れたいといわれました。私は唖然としましたが受け入れることにしました。とにかく幼かったので自分自身がしっかりしなくてはなりませんでしたが、恋愛自体としては若くて楽しいなと思っていました。付き合ったことに後悔していません。

次に出会った男性は年上で合コンで出会いましたした。年齢以上にしっかりしていて面白味のある人でした。仕事も営業職をしていて口が達者で一緒にいて楽しかったです。話題の場所おいしい食事、デートは慣れたものですごく引っ張ってもらえました。楽しい時間でした。

実は2人とも同じ時期に出会っているのですが、年下とすぐに付き合うことになったので、年上とは連絡が途絶えました。本当にたまたま別れた後年上のかたから連絡をもらって会うことになったのです。

さすがに名前が同じだったので、最初はどうしようか迷っていました。また変なことになったらどうしようなど不安もありました。しかしながら付き合ってみると年下とは全く違いました。

同じ名前の男性とは付き合ったことがなかったので、どうなるかわかりませんでした。同じ名前ですが、呼び方のリクエストが2人とも違ってかぶる様な事はなかったです。何よりも同じ名前ですが全く性格が違うことに驚きました。何か似ていることがあるのではないか、と思っていたのですが性格は正反対です。違う男性だけど名前が同じ、全然違うけどちょっと似たような感覚で、付き合っていた私は不思議な体験でした。

会社の健康診断でメタボを指摘されたのがきっかけでこんな素敵な彼女ができました!

2年程前の話になりますが、会社の健康診断でメタボと診断されました。僕は見た目的にはそう太っていないので、メタボという言葉がすごく意外だったのを覚えています。メタボは内臓脂肪の値で判断されるというし、年齢も年齢だしな――そのように30代半ばに差し掛かった自分の下っ腹をつまみながらボヤいたものです。

そういう事情があり、僕は学生の頃以来まともにしていなかった運動を始めてみることにしました。もっとも手軽で、一人ででき、お金もかからない運動と言えばジョギングです。近所の大きな公園の外周を、ランニングウェアに身を包んで、毎朝走り始めたのです。

早朝のジョギングとあって、周囲に人は見当たりません。知り合いに見られるのも嫌だったからかなり早い時間に走っていたという理由もあるのですが、とにかく周りに人はいませんでした。早朝の澄んだ青空と新鮮な空気を独占しているようで、すごく気分が良いです。

そんな生活が4週間くらい続いたある日。いつものように走っていると向こうの方から違う足音が聞こえてきました。最初は自分の足音が反響して聞こえているのかと思ったのですが、どうも違うようで、反対方向からこちらに向かって、ゴム底の靴が地面を蹴りながら颯爽と進む小気味よい音が近付いてきたのです。

女性でした。髪の毛をポニーテールに結び、真新しいランニングウェアに身を包んだ女性が息せき切って駆けてくるところでした。僕らはすれ違い様に軽く会釈をしました。最初の出会いはそれで終わりです。見ず知らずの他人にいきなり馴れ馴れしくできませんから。

しかしその日以降、僕と同じ時間に走る彼女の姿を頻繁に見掛けるようになりました。ある日、ジョギング後に公園内の自販機で水を買っていると、傍に彼女もやってきました。その時に初めて会話らしい会話をしたのですが、彼女も最近になって走りは始めたらしく、理由は地元で開催されるマラソン大会に出場するために、今から体力をつけているのだとか。

体を動かすのが大好きだと言った彼女からは、とても爽やかで生き生きとした印象を受けました。そうして毎朝会う度に挨拶をし、時間が許す限り会話をするくらいの仲になりました。時には食事に誘ってジョギング以外の場面で会うことも。

僕には恋心が芽生えると同時に、ある決心が。彼女と同じ目的でジョギングをしよう。つまり僕も地元で開催されるマラソン大会にエントリーすることを決めたのです。その時点でジョギングの目的はメタボ解消からトレーニングに変わりました。彼女は驚いていましたが、でも応援してくれました。

来たる当日。僕は30キロのマラソンを完走して、そのゴールの直後、彼女に告白するという青写真を描いていたのです。情けないことに、僕は20キロ地点でリタイヤ。完走することはできませんでした。でも先にゴールしていた彼女はたとえ歩いてでもいいから最後まで走り切ろうと僕の背中を押してくれたのです。そんな彼女の優しさに、僕は胸打たれました。

大会後、僕らはささやかながら近所の居酒屋に行ってお互いの健闘を称える飲み会を開催しました。僕はその席で彼女に告白し、彼女も「私で良ければ」と言ってくれたのです。今でも毎朝のジョギングは日課です。そして隣にはいつも彼女がいます。最初は一人だったのが、今では並んで走るようになりました。彼女との関係は良好で、行く行くは結婚も考えています。

青いアロハシャツを着た王子様との出会い

5年間付き合った男性と別れ次の出会いを探していたときに、結婚退職をした友人に久しぶりに会いました。最近どうしてるの?まだ結婚はしないの?と聞かれ、先日別れたばかりだということを告げると、私の友人で良い人がいるから紹介してあげようかと言われました。

爽やかで笑顔が素敵な好青年なのに、何故か彼女がいないので誰かを紹介したいと思っていたとのことでした。きっと上手くいくような気がするとも言われました。

もう30歳を越えているので今から合コンなどで探すのは大変そうだと思っていたし、何よりも私の好みを分かってくれているはずの友人が勧めてくれたということで、その人を紹介してもらうことにしました。

友人は自分も含めた3人で会う計画を立てようとしてくれていましたが、それだと日程調整が難しいと思ったので、先方さえ良ければ是非二人で会いたいと提案してみました。

普通ならいきなり初対面の男性と二人きりで会うのは、会話が弾むかも分からないので止めておきたいところですが、今回は友人からの紹介という安心感があったし、会ってみてあまり会話が弾まなければ適当にお茶して早々に帰ればいいかと考えたのです。

友人からその意向を伝えてもらったところ先方もOKとのことでした。早速友人から先方のメアドを聞いてメールを送り、会う日を調整しました。メールの文章はとても丁寧で好感が持てました。

初対面でお互いの顔が分からないので、当日の目印となる服装の情報も交換しました。すると、青いアロハシャツを着ていくと返信がきました。

私はハワイが大好きなので、彼もハワイ好きの人だったらいいなと期待が膨らむ一方で、初めてのデートでアロハシャツを着てくるってどうだろう、似合っていれば良いけどそうでなければちょっといただけないなとも思いました。

そして当日、思ったよりも緊張して待ち合わせの場所へ行きました。今でも彼の青いアロハシャツ姿を良く覚えていますが、肌が焼けていてとても良く似合っていました。

挨拶を交わした第一印象もとても良く、友人が言っていた通り笑顔が爽やかでした。会話も弾んで、私はどんどん彼に好意を持っていったのを覚えています。

その青いアロハシャツの王子様と結婚してもう5年になります。あの時に彼を紹介してくれた友人に、今でもとても感謝しています。

その他社会人の出会いに関するアドバイス・解説コンテンツ