★更新日2018/04/01★

かつての甘い恋愛甘ければ甘いほど、味わう苦さは底知れないのが「失恋」。

さっさと忘れて新しい恋へ……と、行きたいのに、ほろ苦い失恋の記憶は思うようには中々消えてくれないものです。

泣いたり、怒ったり、一つの恋の終わりにぶち当たった時、その反応は人それぞれ。しかし、辛い記憶は早く忘れたいのにどうすればいいのかわからないと言う方も少なくありません。

今回はそんな八方ふさがりのあなたに試してもらいたい、失恋から立ち直る方法・失恋を乗り越える方法をご紹介します。

目次

失恋から立ち直る方法を実践する前に理解しておくべきこと

失恋から立ち直るための方法については色々と後述しますが、その前に、アナタが理解しておくべきことがあります。

その基本が無ければ、どんな「失恋から立ち直るための方法」を実践しても、小手先の努力となり、根本解決するには至りません。

他にもいい相手は山ほどいるという事実を理解しよう。

失恋して辛い状態は、今まで当たり前に”自分のモノ”だったモノが無くなってしまうことへの悲しみ。それに執着してしまう気持ちが一因となっています。

そうした気持ちが、「彼じゃなきゃダメ!」「彼以外考えられない!」という思いにつながってしまいます。

彼は客観的に見れば、弱点は多々あります、もっといい男性も普通にたくさんいます。

そのことを理解しておきましょう。

失恋したのはアナタがダメだからというわけではない。

失恋してしまうと、自分を責めてしまう人がいます。

  • 私がブスだから失恋したんだ。
  • 私が自堕落だから失恋したんだ。
  • 私が太っているから失恋したんだ。
  • 私が料理下手だから失恋したんだ。
  • 私がワガママだから失恋したんだ。

等々。
改善、修正したほうが確率的に良いことはあれど…アナタ自身がダメだから失恋したとは考えてはいけません。

なぜか…貴女よりもブスでも自堕落でも料理下手でもワガママでも太っていても…大好きな彼氏とうまくいっている女性はたくさんいるからです。

どんなに素敵な人でも失恋することはあるのです。

福山雅治さんも、長瀬智也さんも失恋の経験があると言っています。

失恋はアナタがダメだから招いたことではなく、運命的なもの、アナタのよりよい人生においての必然であると理解すべきです。

辛いのは当たり前、時間が解決してくれるという事実を理解しよう。

本ページは「失恋から立ち直る方法・失恋を乗り越える方法」がテーマなわけですが、何かしらの方法を実践すればたちどころに失恋の辛さが吹っ飛んで無くなる…という魔法のような方法は無いことを理解しましょう。

勿論、一時的に楽になる、辛さを軽減するなどの効果があり、失恋から立ち直ることにプラスに働くのは言うまでもないのですが。

失恋が辛いのは当たり前、時間が解決してくれるという事実を理解しておきましょう。理解しておくことで、思うように失恋の辛さが抜けない状態でも心穏やかにいることができます。

いざ実践!失恋から立ち直る方法・失恋を乗り越える方法

前項目の理解しておくべきを心に刻んだら、いよいよ、失恋から立ち直る方法・失恋を乗り越える方法を実践していきましょう。

様々な方法を提案します。アナタが直感的にこれは良いかも?と感じたモノから実践するようにしましょう。

逆に、これは共感できないなと思うものは実践しないほうが得策。傷心の心に良い作用がある行為は人それぞれなのです。

思い切り泣く

人は落ちるところまで落ちれば後は上がるだけです。失恋して辛いのにそれを受け入ずただ元気になろうとしているだけだと無理があります。

まずは、辛いことを受け入れて、思い切り落ち込んで思い切り泣く。泣くことで気持ちが落ち着き、立ち上がる気力がわいてきます。

友達と思い切り遊ぶ

余計なことを考えないように、友達と思い切り遊ぶのもありです。

  • カラオケ、ボーリング、テニスなどスポーツで思い切り身体を動かす。
  • カラオケで思い切り声を出す。

など、敢えてワイワイ楽しむぞと意を決して遊ぶとよいです。

友達に話を聞いてもらう

友達に相談したからと言って何かが変わるわけではないですが、話を聞いてもらうだけでも随分と気持ちが楽になります。

ただし、友達がどこまで自らの話を許容してくれているかは注意しないと、友達に嫌われてしまう可能性があります。

スケジュール帳を捨て、新しいスケジュール帳を用意する

新しいスケジュール帳定番の方法です。彼氏と別れたらまず処分して欲しいのが愛用の手帳、一度開けば大好きだった彼との思い出がずらりずらり…

捨てるには勇気がいるけど、サクッと捨ててしまうことで後戻りできないという気持ちになれますし、気持ちを切り替えるきっかけになります。

スケジュール帳を真っ白な新しいものにして、無理やりでも予定を作り出して書き込んでいってください。

2ヶ月ぐらい一杯にして、とにかくがむしゃらにこの予定をこなしていくのが良いです。これは仕事に熱中するのと全く同じですが、大事なのはプライベートの時間に隙を作らないことです。

仕事中はオンの顔をしなくてはならないので比較的、彼のことは考えなくて済みますが、一度勤務時間から解放されると思い出してしまうパターンは多いはず。

その反動を防ぐために、楽しいことで新しい手帳を一杯にしてください。それを続けているうちに、彼がいなくても楽しいと思える自分に気づき、少し前向きな気持ちになれるでしょう。

彼との記憶を書き出す

彼との記憶手帳とは真逆の方法で、彼との楽しかった思い出をあえて文章に起こす方法があります。

かえって気持ちが沈んでいくかと思われがちですが、思い出を書き出していくうちに、冷静さを取り戻し自己分析が始まることも少なくはありません。

例えば些細な喧嘩の記憶などで、その当時の記憶を遡り原因を整理する。そうすることによって、別れる前から所々に散りばめられていた失恋のフラグに気づき、この別れは必然だったのだろうと諦めに辿り着くことができるのです。

自分達の記憶から冷静に自己分析をすることにより、自分の欠点や次の恋愛では気を付けなくてはならないことが浮き彫りになり、前を向くために必要な教訓を得ることでしょう。

一見、辛い作業ですが新たな恋を成就するためにアナタの恋愛力アップにはなる作業です。

嫌な記憶を機械的な作用をすることにより、ただの物事の序列するため、一歩引いて冷静な気持ちになれるというケースも多いです。

元カレの欠点をどんどん挙げてみる

本来、このようなマイナスなことはすべき事ではないのですが、もうどうにもなることはない元カレを忘れるためであればアリです。

ドラマなどで、「凄く素敵な彼だった…振られたけどいい思い出…でも切り替えれました…!!」

みたいなパターンありますけど、ああいう風に気持ちを切り替えることができる人はそんなに多くないです。

数年後に振り返った時にそのように思えることはあるのかもしれませんが、素敵な彼を逃した(失恋した)直後はそのように思えるわけがありません。

敢えて、元カレの欠点をどんどん挙げてみましょう。すると

  • 元カレなんて大した男じゃなかった!
  • なんで元カレにそんなにこだわってたのだろう私…?
  • もっといい条件の男たくさんいるじゃん!次いこう!</li>

という気持ちになれます。すると、失恋から立ち直りやすくなります。

彼との思い出の品を豪快に捨てる

ゴミ箱恨みと怒りを彼との思い出の品を思いっきりゴミ箱に捨ててやりましょう。彼が悪かろうが悪くなかろうが、忘れるために、気持ちを切り替えるために豪快に捨てる…アリです。

何事も思い切りが大切です。特にクリスマスや誕生日に貰ったジュエリーやブランド品があるとベター、迷わずそれを質屋やリサイクルショップに捌いてきてしまえば完了です。

手元に戻ってきた僅かな軍資金でおいしいものを食べたり、婚活パーティーに参加したりと、とにかく次の行動への準備をすることができるはずです。

この方法では部屋の中から彼の面影を消すという消極的な意味よりも、「私をフッたなんて容赦しない!私を振るなんてどうかしてる!」というある種の怒り・復讐心を満たすことがポイントです。

やる際はできるだけ彼への怒りで心を満たすことをお勧めします。

そしてガムシャラに片づけているうちに思い出をお金に換えられる「鬼」になれる自分を少しおかしく思いながら、暗い気分から解放される爽快感を得ることができるかもしれません。

今までやらなかったことに挑戦する

新しい芽辛い記憶を忘れるには新たな刺激を得ることは大事です。部屋の中でシクシク泣いているよりも、今日から新しい自分になろうと立ち上がってください。

ポジティブに考えれば今日からあなたは自由なのです。今まで自分がやろうと思ってなかなかできなかったことを思い出し、ぜひチャレンジすることができます。

思えば、恋愛は自分の時間を相手と共有することから始まりますよね? 彼氏を気遣うあまりなかなか自分の時間を持つことができなかった、深みに嵌って尽くし過ぎてしまった。苦労を顧みれば自ずと腸が煮えくり返ってくる人もいるでしょう。

しかし、そんなよくある体験とも今日限りでおさらばし、自分の時間を取り戻すチャンスなのです。

フリーでなくては味わえない贅沢な時間をあなたは得ることができるのです。そう考えれば少しは気が楽になるはずです。

自由になった身で新しい趣味を見つけるのも良し、より仕事熱心になるのも良し。自分を輝かせるためだけに時間を使えることこそ、あなたにとって成長への大きなチャンスです。

何かを創作する

ガーデニングガーデニング、裁縫や料理と何でも構いません。放心状態のまま折り紙を折ったり、絵を描いたり、指先だけ動かせればOKです。

何かを一から作り出すことは、自分の存在を肯定的に見つめなおします。例えば、花を育てるとします。種から花を咲かせるためには、あなたが水をやったり日光が当たるようにしてやらなくてはなりません。

花にとってあなたの存在は赤子にとっての母親と同じです。あなたがいるから種は育つし綺麗な花も咲かせられる……失恋をした直後、自分の存在に否定的になりがちですが、このように自分の存在なしには生きられないものがあると思うと、少しは気持ちも軽くなるはずです。

絵を描いたり、裁縫で何をか作ったりするのも同様です。この作品は自分がいなくては生み出されなかったと肯定的に捉えると同時に、自然と感情を発散していますので弱った心を早く立て直すことができるでしょう。

また作業に集中すれば集中する程、自分の世界に入り込めるので、自然とリラックスできるのもメリットです。

イメージチェンジを決行する

イメチェン王道中の王道です。やはり「昨日までの私は別人!」という気持ちで生まれ変わることが、失恋の記憶から脱出できる最短ルートです。

髪を切ったり、メイクを変えてみたり……昨日とは違う、さらに魅力的なあなたになることで、より良いご縁があるはずです。

必ず幸せを掴んで元カレにギャフンと言わせてやるという意気込みで新たな恋を見つけてみてはいかがでしょうか。

引っ越す

環境を変えると、気分を一新することができます。引っ越すというのは正に一新そのもの。

新しい街、新しく立ち寄る店、新しく仲良くなるお店の店員、新しい部屋…新たな生活をすることは彼への未練を軽減することにつながります。

デメリットは、面倒くさいこと、お金がかかることですね。しかし、その引っ越しに関する忙しさ、大変さが失恋を忘れさせてくれるとも言えます。

身体を動かす

失恋に限らず、身体を動かすことはストレス解消に効果があると言われています。

ジョギング、ウォーキング、スポーツクラブでのジムワーク、水泳などに没頭してみるのはいかがでしょうか?

更にハイレベルな気分転換を求めるならボクササイズ、ボルダリングなどもおすすめ。

自分自身の引き締めることにもなることですから、キレイになってやるという前向きな気持ちにもなれます。

ゲームの世界に浸る

ゲームというとどうしても不健康等ネガティブなイメージが付きまといますが、ストレス解消には良い側面があります。

ゲームはいつでも誰に対しても一様一律。安定して楽しませてくれます。

アクション系のゲームでストレス発散
ロールプレイングの世界に入り込んで非現実世界を楽しむ

など出来ます。ゲームには中毒性があるともいわれますが、逆に言えば、失恋の辛さを忘れることができる程に楽しいということ。

私自身も、ロールプレイングや育成系のゲームにはハマってしまいます。ハマってしまうと、寝る時間も削ってしまうほどにハマってしまいます。

ずっとハマり続けるのは良くありませんが、長い人生の中の辛い瞬間だけ一時的にはまるというのはありかもしれません。

一人旅に出る

これまでの生活・これまでの関係を一区切りさせるという意味を込めて一人旅に出るというのも失恋から立ち直るのに有効な方法の一つ。

普段とは違う風景・空気に触れ、非現実的な体験をすることで、気持ちを切り替えることができます。

映画を見る

映画は最も手軽な非現実世界へ行くことができる方法の一つ。

  • 失恋モノで気持ちをシンクロさせる
  • 恋愛モノで未来の王子様への妄想を膨らませる
  • アクションモノでスカッとする
  • その他現実離れした設定のモノで現実を一時的に忘れる

など映画の種類により失恋への効果は様々。

習い事にチャレンジ。

料理教室、英会話スクール、音楽スクール、テニススクール等々。

習い事そのものが新鮮であるがゆえにそれに夢中になることで失恋したことを忘れることができる効果が期待できます。

それだけではなく新たな人との出会いも気持ちを楽にしてくれることでしょう。

脱スマホ、脱SNSする。

スマホが普及してから、ついついスマホチェックをしてしまいますよね。そうすると、ついついSNSも見てしまい、彼とのラインも見てしまい…という風になってしまいます。

もし可能なら、脱スマホ、脱SNSすることも失恋の辛さを早く軽くすることにつながりますからおすすめです。

ただし、いきなり脱スマホ、脱SNSすると親しい同性の友達がどう思うか…など心配もあるかと思います。

心配があるならば事前に友達には「失恋の痛手を和らげるためにしばらく脱スマホ、脱SNSする」と予め言っておくとよいでしょう。

言うことにためらいはあるかもしれませんが、言わずに嫌われてしまうよりはまだいいかと思います。もし、言うことができないなら、先々のことを考え、脱スマホ、脱SNSはしないほうが良いかもしれません。

次へ行く。新しい出会いを求める!

失恋から立ち直る…色々とその手段・方法はあれど、新しい出会いに勝る方法はありません。

合コン・コンパ・街コンなど新しい出会いを得る方法は色々ありますので、自分に合うモノにチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

様々な出会いのメリットデメリットについては以下ページで詳しく書かせていただいておりますので参考にしてみてください。

中でも最もおすすめしたいのは婚活・恋活アプリを利用してみること。

スマホがあればだれでも今すぐに出会いを探すことができます。しかも、

  • 相手を条件で絞り込むことができます。
  • 全員が恋人募集中。可能性がある人のみ。

新たな出会いの可能性を探り、次の彼氏候補がたくさんいるということを実感するだけでも失恋の痛みは随分と和らぎます。

色々と失恋から立ち直る方法を提案してきましたが、婚活アプリ・恋活アプリが最強の方法といえるでしょう。

失恋から立ち直る方法まとめ

失恋
このようにいくつか紹介させていただきましたが、共通して言えるのは行動する勇気がいることです。

失恋直後で何もする気が起きない、部屋からでれないという人もいると思いますが、辛さから手っ取り早く逃れる方法は「何も考えない」ことです。

いかにして「何も考えない」状況を作るのかは、既述の通りとにかく体を動かしてみることに尽きます。何もせずに彼との記憶を思い返している方が、忘れようと努力することよりも何倍も苦しいことです。

忘れること自体が高いハードルなら、まずは部屋から出て散歩をする、日光を浴びる、と暗い場所に引きこもることだけは避けましょう。

泣いていても始まりません。婚活アプリなら指先だけ動かせれば、あなたは前に進めるのです。 さあ、不安や悲しみから心をリラックスさせられたら、前を向いて新たな恋を見つけに行きましょう。

悲しくて辛い経験を乗り越えられるあなたです。元カレなんかよりも素敵な王子様が、きっとあなたを探しているはずです。

耕三について

《参考》利用者が多い婚活・恋活サービス公式サイト一覧

  • ゼクシィ縁結び公式サイト

    結婚と言えばゼクシィというほどにゼクシィブランドは知名度・ブランド力・安心感があって定着してますよね。ゼクシィ縁結びは、恋人を探している人向けの婚活・恋活アプリのサービス。

  • ペアーズ公式サイト

    女性は無料で利用できる。フェイスブックマッチングアプリの中では知名度ナンバーワン。

  • Omiai公式サイト

    10代20代女性は無料で利用できる。ペアーズとOmiaiは婚活・恋活アプリの有名大手トップ2。ペアーズには登録していないけどOmiaiには登録してるって人も多いので要チェックです。

  • マッチドットコム公式サイト

    マッチングサービスのパイオニア的存在。世界25か国に利用者がおり、日本でも187万人以上が利用中。

引用元 社会人出会いの場ナビ|場所・きっかけ等をレクチャー

失恋から立ち直る方法について。みんなの口コミ・体験談(40件)

人の数だけ恋愛があるように、人の数だけ失恋があり、また、立ち直った方法も様々です。失恋からどのようにして立ち直ったか経験者40人にインタビューしてみました。

具体的な話に触れればより勇気がわくのではないでしょうか?

失恋なんかすでに過去の出来事!婚活サービスは、新しい出会いの道を開いてくれます。

失恋から立ち直る体験談01始めて婚活サービスの事を意識したのは、私の結婚適齢期に4年付き合っていた彼が、どうも結婚する気がないなと、現実を見せられた時に、婚活サービスの広告が目に入っていたのです。

その彼とは、4年もの間、付き合っていたので、結婚への流れが自然にくると思っていまいした。

周りの知人が結婚の発表をするにつけ、それを報告したり、自分たちの話へと持ちだしてみたりしましたが、どうも避けているしか思えない彼の言動があります。

私は正直腹をたてたし、これではらちがあかないと茫然としたので、ある日、突然に彼の部屋を訪れて、それを聞こうとしたのです。

すると、彼はその日は帰宅することがなかった…。 何度も電話をかけてみましたが、つながることなく、朝を迎えました。

結局、その後のやりとりで、彼は私の電話を無視し続け、浮気をしていたのですね。 遊びだったかもしれないけど、私の彼との結婚への道は、そこできっぱりと終了し、失恋の悲しみでどん底に。

それは自分の年齢的なことも関係していたと思いますが…。 そこで、気になっていた婚活サービスを利用しようと思ったのです。

登録の段階から始まって、失恋の気持ちを掻き消してくれる、ポジティブな作業。 実際の出会いにつながるまでのやりとりは、もはや、別人のように、その出会いに期待している自分を実感できました。

こうやって、人は失恋を乗り越えて、すっかり次の憧れの人や、次のステージへと進んでいけるのだと実感。

自分ひとりでは、部屋で打ちひしがれてしまうだろうけど、婚活サービスのサポートを利用すると、自分の目の前に、新しい出会いや、自分にはどういった人が合うのか、など楽しい自問自答が待っているのです。

失恋の傷を癒すには婚活サービス!?

失恋から立ち直る体験談02
3年ほど付き合った彼と別れ、寂しいとばかりも言ってられない!と奮起し、 勇気を振り絞って、初めての婚活サービスを受ける事にしました。

私が利用したのは「IBJ」という会社で、パーティ~紹介まで幅広く対応しているところです。

いきなり、紹介サービスはお金がかかるしハードルが高いと思い、まずはパーティ形式のものに参加しました。

ここは、半個室のようになっていて、女性同士は顔を合わす事はありません。 なので、おひとり様の参加も多いみたいです。

男性は大部屋に集合するようで、お互いの顔がわかるようです。

あらかじめ、プロフィールシートのようなものに、名前や趣味、盛り上がるネタ的な質問に答える欄があり、 すでに記入済の状態で、女性の待つ部屋に順番に男性がまわってくる流れになります。

一人3分程度の会話ですが、話があえば早いなぁと感じますし、 インスピレーションで合わなそうと感じたときは間が持たない事もあります。

私が参加したのは、10対10の定員でしたが、何名がドタキャンされたようで、 男性の数は8名くらいだったような気がします。

最後に気になる異性の番号を書いて、司会者からカップルの発表があります。 カップルにならなかった人から先に帰るようになっています。

私は、中肉中背の30代の方(年収500万円と書いてありました)とカップルになり、連絡先を交換しました。

女性の姿を見ていないのでわかりませんが、正直、メンバーの見た目レベルはそんなに高くないと思ったほうが良いと思います。

連絡先を交換しても全然連絡取れなくなった・・・というのもよく聞きますし、 きっかけ作りと思って参加されるのが良いと思います。

パーティなので、思い立ったら気軽に行けるのと、いろんな方とお話する事で、 私は気晴らしになって良かったです。

失恋を癒すには新しい恋!婚活サービスに登録した。

失恋から立ち直る体験談03
4年間付き合った彼とは結婚の話まで出ていたのに、ふとしたケンカがもとで破局。

さすがに1週間くらいは食事も喉を通らないくらい落ち込みました。けれど、共通の友人から、彼がすでに新しい恋人を作っているという話を聞いて、ふつふつと怒りが湧いてきました。

こうなったら、彼の何倍も素敵な恋人を作って、絶対見返してやる!と心に近い、勢いで婚活サービスに登録しました。

それまではなんとなく敬遠していたのですが、いざ自分が登録する段になると、意外と本人確認などの証明が必須となっていたので、これなら安心できるのではないかと思いました。

苦労して自分のプロフィールを登録して、いざ、公開すると、ほどなく他の会員さんからメッセージがきました。

ドキドキしながらメッセージを読み、なんとかお返事を送るとこまでで一日目は終わりました。

翌日以降も、他の会員さんからメッセージが届くようになり、ちょっとしたモテ体験(笑)をしてるような錯覚が。

こうした日常ではなかなかできない体験は、きつかった失恋の痛みをちょっとずつ忘れさせてくれました。

メッセージをくれた方には全てお返事をするように心がけ、フィーリングの合う方とはそのままメールでやりとりを続けました。

その中で1名の方とは住んでいる場所も近かったので、一度食事をすることにしました。私にとってはまるで初デートのような緊張感で、もうすっかり彼に恋してしまっていたのかもしれません。

その日は食事だけのつもりが、あまりに楽しくてバーでの二次会に突入、帰りがけには付き合ってほしいと告白されました。

私を振った彼を見返してやろうというのがきっかけでしたが、本当に素敵な彼を作ることができて、いまでは出会いを作ってくれた元彼に感謝しているくらいです。

婚活サービスで失恋を乗り超えました

失恋から立ち直る体験談04
私はとても長く付き合っていた彼女がいました。 その彼女とは、最終的には結婚をするんだと思っていて、彼女の親にも挨拶に行き、家族間でもとても仲良く付き合っていたのです。

しかし、突然彼女から別れ話があり、ほんとうに訳が分からないまま失恋してしまったのです。

しばらく彼女はいらないと考えていたのですが、30歳を過ぎていることもあり友人が心配をしてくれて婚活サービスに行ってみてはどうかという話しを持ち出してくれたのです。

婚活サービスにはインターネットで登録をし、すぐに県内で私の理想としていた女性を紹介してくれました。

紹介は、基本気にはメールで担当者から連絡があり、こういった女性がいるのですが会ってみますか、という内容で連絡をもらいます。

相手の女性も会ってみたいという意思があったそうで、それから数日間チャットで連絡を取り合いながら会いました。

最終的には3人の女性を紹介してもらいました。婚活サービスでは、相手の女性のタイプなどを詳細に記入するので、ほぼその内容に近い女性を紹介してくれるのはさすがはプロだと感じました。

女性と会って話をしていると、基本的に相手も結婚を前提とした付き合いを望んでいるようで、前の彼女と別れた苦しみを忘れさせてくれました。

まだ結婚はしていませんが、これからも婚活サービスを上手に利用して、ほんとうに私が理想とする女性に出会い、結婚をし幸せな家庭を作っていけたら嬉しいと感じています。

最終的に立ち直れるのは次に好きな人ができた時

失恋から立ち直る体験談05
打ちのめされやすい私は、失恋をすると長く引きずりやすいです。

友達と遊びに行く、一人で趣味に没頭する、忙しく仕事をする、やけ食いする、といろいろ試しましたが、短期間で無理やり立ち直ろうとするとどうしても無理が出てしまいます。

過去を振り返ると、ベタですが、やはり完全に立ち直れたのは「次に好きな人ができた時」だったと思います。

不思議なほどすっきりと前の恋人のことを「過去のこと」として捉えられるようになったと記憶しています。

ですので、最終的なゴールをそこに見据えて、後は「それまでの繋ぎ方」と「それをどれだけ早められるか」に集中することにしています。

まず繋ぎ方の方ですが、私が比較的気が紛れるのは、やはり似たような境遇の異性と遊ぶことでしょうか。


そこは恋が芽生えなくても全然構わないので、とにかく異性の遊び相手と飲んだり騒いだりして、前の恋のことを忘れるように努力します。

もちろんこれが次の恋に繋がれば一番なのですが、この段階ではそこは二の次で、恋愛対象外の相手とでも、とにかくバンバン遊ぶようにしています。

ただ、恋人がいる異性と仲良くなりすぎるとトラブルになるので、そこは少し注意します。

次に早め方ですが、これはもう出会いを少しでも増やす、しかないかなと思っています。

大人になると、子供の頃ほど自然な出会いって少なくなりますよね。 でも、サークル活動、習いごと、ボランティアなどで異性との関わりを増やす中で、合コンなどよりは比較的自然な出会いが生まれやすくはなります。

私の場合も、恋人がいる時よりも積極的にそういう場に出るようにしました。

そして、失恋後ギターを習い始めたのですが、その教室で次に好きな人が見つかり、失恋から完全に立ち直ることができました。

失恋を忘れるために暇な時間をなくし充実した日々を送ること!

失恋から立ち直る体験談06
私が失恋したときは、とにかく予定をたくさん作り、失恋のことを考える暇など ないくらいにします。

そうしたことで失恋を乗り越えてきました笑 失恋をひきずる人は割と私の周りでは多く、数か月もの間落ち込んでいました。

私は結構すぐに忘れてしまうので、よくひきずらないよねと言われていました。

大体、ひどいフラれ方をしたときや、浮気されて別れて失恋したとき なんかは、なんであんなろくでもない男のせいで私が苦しまなきゃいけないわけ?と 思ってしまうんです(笑)

振ったほうはのうのうといつもと変わらない生活を送り、SNSも普通にアップしていて なんで私だけご飯も食べられなくなったり、泣いたり、友達に相談したり辛い日々を送っているんだ? と思うことですーっと元彼への思いは消えていきます。

やっぱり数日間は辛いですが、 私には彼ではなかったと思うことにし、こんなろくでもない彼氏と結婚しなくてよかった!と 前向きに考え方を変えていきます。

そこで、友人の協力は必要ですが、一緒にお酒を飲みに行ってもらったり、 合コンを開いてもらったり、電話に付き合ってもらったりします。

そこでだんだんと自分のいつもの精神状態へもっていってもらいます。 そうして楽しんで外へ積極的に出ているほうが、次への出会いにもつながります。

暗い顔で家に引きこもっていても、時間を無駄にするだけなので。 楽しんでいる人は表情にも表れているので男性もいいなと思ってくれるです!

そんなこんなで失恋から1年半の時間はかかりましたが今は新しい彼氏と お付き合いをしています。

1年半の間に沢山の合コンへ行きましたが 彼と出会えて本当に良かったと思います。

失恋したときの自分の悪かった点などを客観的にみたり、 元彼にされたひどいことは今の彼氏には絶対にしないようにしよう! と思えることができたので、まぁ元彼には感謝しています笑

ダイエットに打ち込んで失恋から立ち直りました!

失恋から立ち直る体験談01
ラブラブで「好きだよ」と言ってから寝るのが当たり前だった毎日から、好きじゃなくなったと言われてから振られた時の温度差に急についていくことが出来ず、失恋の痛手を何日も何日も引きづっていました。

その期間約半年間。 もともとポッチャリ体型でぎりぎりデブとぽっちゃり系の境目にいた私は、最初こそ食に逃げて振られた時から何キロも太りましたが、鏡を見て映った自分に驚愕!

顔は吹き出物だらけ、髪はボサボサのプリン頭、体はプクプクして太ももはピッタリくっついたおデブちゃん。

たくさん泣いて、寝れない日も多くて、たったの半年で自分でも驚くほど老けこんでしまったことに気づきました。

今思い返せば振られてから悲しみに打ちひしがれて、心をふさぎこみ必要最低限の外出しかしなくなっていて、彼氏とデートの時は服装も頑張っていましたが一気に服装にも無頓着になり女性として魅力が無くなっていたと思います。

最初のうちこそ「こんな姿だともう元彼に見向きもしてもらえないから、しっかり自分を磨いて頑張らないと戻って来てくれないかもしれない」といった気持ちから自分にムチを打ってダイエットに励んでいました。

辛い運動メインのダイエットも、彼を思いながら頑張っていたら汗と共に自分の体の中からモヤモヤも一緒に流れていくようで、結果として健康に良いストレス解消になったと思います。

自分の体に変化が出てきた頃から、彼を思って涙を流すことも無くなり、皆にキレイになったと言われた頃には自分に自信が持てるようになって、世の中にはもっと良い男性がいるのではないかと思えるところまで回復することが出来ました。

失恋は何も手がつかなくなる程苦しくなったり辛くなる気持ちも分かりますが、体を動かしたり趣味に力を入れてみたり、彼のことを考える時間が減っていけば気づいた頃には彼が過去になるのかも知れませんね!

今では振られて感謝をしてるくらい回復することが出来ましたよ!(笑)

ゲームの世界に逃避して失恋から立ち直る私

失恋から立ち直る体験談08
私は過去に、性格が合わないという理由で一方的に男性に別れを告げられた経験があります。

初めての失恋経験だったからどうしたらいいかわからず、フラれた当時は涙は出ず、ただただ放心するのみでした。

落ち着いた頃に急に悲しくなって何もする気になれなくなってしまいました。

仕事を淡々とこなす日々が続いて恋愛をする気になれませんでした。自分では引きずっている気はなかったのだけれど、今考えるとかなり落ち込んでいたと思います。

自然に笑えなくなってたんです。 別れた原因になったのは、私のゲーム好きという性格。

彼はゲームがそんなに好きではなく、私にやめてほしいと思っていたようです。それをなかなか手放さず、ずるずるとゲームばかりの生活を送っていて、さらには彼との会話も趣味も噛みあわなくなり別れることになってしまいました。

大好きなゲームが原因でフラれたのなら、そのゲームで彼のことを忘れればいいと思った私は、放心状態から逃れるためにとにかくゲームをプレイしまくりました。

私生活に支障が出るほどではありませんでしたが、暇な時間はとにかくゲーム。二次元のキャラクターに恋をしたりRPGで壮大な世界を冒険したりと、現実逃避に似たことをしてました。

ゲームって夢があるんです。現実にはない都合のいい展開ばかりがやってきて、プレイしていて希望が持てます。

彼と別れたショックも、ゲームに逃避をすることできれいに忘れることができました。

現実と非現実が入り混じっている感じです。 本当は現実を見ない、という失恋のごまかし方は良くないと思いましたが、ゲームが好きだから仕方ないです。

大好きなゲームが原因でフラれたのなら、大好きなゲームで取り戻せばいいと思いました。 ゲームは私に、失恋も含めて色んな人生を与えてくれると思ってます。

失恋がもたらした多くの人々との出会い

失恋から立ち直る体験談09
失恋の痛手から逃れるために、私は旅に出ることにしました。

というのは、家にこもってじっとしていると、彼女との楽しい思い出ばかりが蘇ってきて、いたたまれなくなるからでした。

彼女がもういないのだと思うと、胸が張り裂けそうな悲しみにうちのめされそうになりました。

街に出ると、彼女と一緒に入ったカフェやレストランについ目がいってしまいます。

恋愛中があまりにも楽しかっただけに、いま一人になった自分には、彼女を思い出すような事物にふれることは、できるかぎり避けたほうがいいと判断しました。

それで私は、一週間の予定で、北海道に旅に出ました。人がいっぱいいる都会よりも、なるべく自然にふれるほうが気分転換になるとも思ったからです。

最初は、人々を避けるようにしていた私ですが、そのうち地元の人々とまじわるようになっていきました。

お店のおばさんや、漁師さんや、農家のお姉さんや、そのほかいろんな人たちとふれあうことができたのは、私にとって大きな収穫でした。

それまで彼女のことしか頭になかったのが、そういった人々とコミュニケーションをとることにより、だんだんと気持ちが癒されていくのがわかりました。

かれらだって、嫌なことや辛いことはたくさんあるはずです。しかしそんなものはおくびにも出さずに皆、私にたいして親切に接してくれました。

どれだけ私に明るい笑顔がむけられたことでしょう。失恋によって人間不信におちいっていた私が、再び人間への信頼感をとりもどすことができたのも、かれらのおかげです。

一週間はあっというまにすぎさりましたが、北海道を去る頃には私は、すっかり立ち直っていました。

彼女が空けた私の心の隙間は、これまで出会った多くの人々の暖かなおもいやりで、埋められているのが実感できました。

次の人を見つけることが失恋からの早い立ち直りに。

失恋から立ち直る体験談10
ずっと片思いだった方がいるのですが、その方には先着がいました。

ですので、一方的な思いということになりますが、ずっと思い続けていたのです。

毎日お話をする程度の仲だったのですが、その思いはずっと内に秘めていました。

付き合っている方がいるのも知っていましたし、その人とうまくいっていることも知っていました。

奪い取ることもできたのかもしれませんが、そこまではしたくないという考えがあったので、とりあえずは見守るというか、様子をうかがっていました。

そんなある日、ついに結婚するという話を聞かされました。 ああこれでもうダメだと実感した日になるのですが、さすがにこの日はお酒を大量に飲むことになりました。

酩酊状態とまではいきませんが、友人曰く、いつもと全く違ったよ、とのこと。 覚悟をしていたとはいえ、失恋はやはり受け入れがたいものですね。

それから数日は落ち込んでいたものですが、振り切るしかありませんよね。 どうすれば良いのか悩むところですが、こんな時は次の人を見つけるのが一番早いと考えました。

世の中にはたくさんの異性の方がいます。 その中から、新たに自分にとって必要な人を見つける作業の開始です。

比較的割り切りが早いと自分では思っていますが、もちろんまだ頭の片隅にはその人を残しつつ、新たな旅へと出掛けます。

ということで、友人に合コンをセッティングしてもらい、週一ペースで開催です。

こう考えていると、なんか自分って軽い人間だなと感じるところですが、そんなことは言ってられません。

私の心の中には、過去好きだった人がいます。 お付き合いした方もいれば、片思いの方も。

失恋したとはいえ、好きだったことに変わりはありません。 その傾向を自分で分析しながら、次の人を見つける。 それが失恋から立ち直る、一番の近道かなと思いますね。

海に行って明るい男性と知り合って失恋から立ち直る

失恋から立ち直る体験談11
出会い系サイトに登録をして、色々な男性と知り合って失恋から立ち直りました。

色々な出会い系サイトに登録していると、色々な男性からメールが来ます。やり取りをしている間に、失恋を忘れることができるのです。

中でも気が合う男性と知り合うと、かなり楽しくやり取りができます。

その男性と会う約束をしてデートをしてみます。人の多い街の中でデートをすれば、より楽しい気分になり、失恋を忘れることができるようになります。

街の中で待ち合わせをして、手を繋ぎながら色々な場所に行きます。ショッピングして男性に服を買ってもらったりしますと、もっと楽しい気分になります。

歩きながらキスなどされれば、より出会って良かったと思います。まるで彼氏とデートしているような気分になり、失恋を吹っ切ることができるのです。

そんな男性と知り合うと、心からデートも楽しめます。その人と海に行って楽しむと、より楽しくなります。

海に行くと、とても大らかで楽しい気分になります。日に焼けたり、周りの明るい人達と触れ合うだけで失恋も忘れてしまうのです。

そこで新たに友人などを作れれば、もっと失恋を断ち切ることができます。 海には女友達と行けば、色々な男性から声がかかります。

出会いなどもあり、そこから彼氏となる男性と出会えることもあります。タイプの人がいれば、その人と仲良くなり、一緒に遊んでは彼氏となれる人を探します。

海で出会う男性はとても大らかで、明るい人が多いです。 そういった人と出会うと、暗い気持ちが無くなります。

スイカ割りをしたり、花火をしたり、色々な場所へと車で連れて行ってくれるのも明るい気分になれます。

そして、失恋から立ち直り、ポジティブに生きることができるようになりました。

失恋からダイエットして相手を見返す

失恋から立ち直る体験談12
私は、19歳の時に初めて付き合った人と別れました。

付き合った期間は8か月くらいと短かったのですが、友達の期間を含めると、かなり長い時間を一緒に過ごしました。

別れた原因は、私が太っていたという事です。

初めは気にならないと言ってくれていたのですが、段々と嫌になったと言われ、けんかをよくするようになって別れました。

別れてからは、2か月くらい失恋を引きずっていました。しかし、友達伝いに元彼氏に新しい彼女がいることを知りました。

しかもその子は、私と同じサークルの後輩で、細身の女の子でした。それが非常に腹立たしく、ダイエットをして元彼氏を見返そうと決意しました。

それからは、炭水化物を一切取らないダイエットを開始しました。また、繁盛店のウエイトレスのアルバイトも始めました。

忙しい所のアルバイトは苦手でしたが、繁盛店でお客さんが多い所の方がよく動いて、運動になるだろうと思ったからです。

大学の通学も、わざと1駅前で降りて歩くようにしました。こうした地道なダイエットを、1年間続けて、15キログラムの減量に成功しました。

続けられた原因は、やはり失恋だったと思います。炭水化物を食べたくなった時は、元彼氏の顔を思い浮かべ、すぐに新しい彼女を作ったという怒りを思い出しました。

怒りで食欲がなくなったように思います。 ダイエットに成功し、その半年後には私にも新しい彼氏が出来ました。

ダイエットという目標に向かって頑張っていると、失恋でくよくよしていた自分がばからしくなってきました。

そして、次第に元彼氏の存在が、自分の中で薄れていったように思います。私はダイエットでしたが、失恋後は自分の打ちこめるものや、頑張ろうと思える目標を見つけることが、失恋から立ち直る方法だと思います。

失恋後、自分自身を見直す時間の重要さに気づきました。

失恋から立ち直る体験談13
失恋から立ち直るのは、とってもパワーが必要なことです。

私自身も、多くの力を借りながら立ち直ることができました。大切なのは、ひとりで抱え込んだり、ひとりで立ち直らなければ!と強がったりしないことです。

まず、別れた相手の悪かったところを書き出しました。

失恋の全てを相手のせいにしてはいけませんが、相手にも少なからず悪かった部分があったはずです。

まだ相手のことが好きだった場合は、相手の悪かった部分を見つけるのは、とても難しいことですが、第三者の視点で、客観的に二人の関係を見つめ直してみましょう。

きちんと理解することで、次の恋愛に生かすこともできますし、別れることになったことにも納得ができます。

仲の良い友達に話すのもいいでしょう。くれぐれも行き過ぎには注意が必要ですね。 次に、付き合っている頃は、彼との時間を大切にしすぎていた傾向があったので、友達や家族と過ごす時間を大切にするよう心がけました。

楽しい時間を過ごすことで、彼がいなくても、素敵な毎日を過ごせることに気がつきました。

また、付き合っていた頃は禁止されていた、飲み会や合コンにも参加するようになりました。これは、すぐに新しい恋人を探すため、というよりは、単純にその場を楽しみたい!という感覚でした。

ストレス発散にもなりますし、気の合う友達や飲み仲間、新しい知人の輪も広がることで、自分にとって新しい刺激になりました。視野が広がった感覚があります。

しかし、最終的には、過去の恋を忘れるには、新しい恋でした。私の場合、すぐに新しい恋を始めるのではなく、前述したような時間を経て、自分自身を見直す時間を十分にとった上で、新しい恋を始めたことが重要だったと思います。

失恋をよい経験として、新しい恋に踏み出すことができた私は、幸せ者です。

失恋から立ち直るにはやっぱり同性の友人との交流

失恋から立ち直る体験談14
わたしは同性の友人のありがたさを知ったのは何といっても失恋の時でした。

実際、失恋でそこまで落ち込んだこともなければ、同性の友人たちのありがたさをここまで感じたこともありませんでした。

あれは大学時代のことです。体育会系の部活動で知り合った、ほかの大学の女性との付き合いのことでした。

年上で就職とともに別れを切り出され、あまりのショックで私自身、過去にない失恋の落ち込みでした。

今、考えると恥ずかしいくらいに落ち込んでいました。

また、同じ業界で付き合っていたので周りの大学のライバルたちからもその失恋は有名な話になっていて今なら何とも思わないのですが選手として男性としても恥ずかしいという引け目も感じていたほどです。

そんな私を助けてくれたのが同じ大学の同級生たちです。わたしが一人で立ち直るには時間がかかると見るとそれとなくみんなで声をかけてくれるようになりました。

最初は同情の気持ちから声をかけないでくれと一人の世界でこもっていました。しかし、そんな私の様子でも嫌がらずに親身になって声をかけ続けてくれました。

さすがにわたしもこの心遣いが単なる道場ではないことに気づいたわけです。そして、誰にも言えなかった失恋の痛みや口惜しさをみなに打ち明けたのです。

私の悪いところはとにかく一人で抱え込むところだということがよくわかりました。これは今考えると失恋だけではありません。

失恋だけではなく、部活動や家族のこともです。同性の友人たちに思いのたけを打ち明けることで心も軽くなりましたし、客観的魔意見ももらうことができました。

おかげさまで自分の中でもやもやしていたものがなくなり、いつのまにか日常が戻ってきたわけです。友人たちには感謝の言葉しかありません。

大好きだった人を忘れるために他の男性と交流

失恋から立ち直る体験談15
とてもとても大好きで、婚約までしていた彼に浮気されました。

このまま結婚するのかしないのか、両親を交えて話さなくてはならなくなり、すべてを投げ出したくなった私は、物理的な距離を取りたくて会社に移動願いを提出し、一年という期限付きで地方へ転勤しました。

その間、彼との交際は一時休戦という形をとりました。すぐに別れると言えなかった弱虫な私の気持ちを、一年でけりをつけるための期間でした。

地方での暮らしが始まっても、なかなか彼の影を払拭できませんでした。彼はというと、別れたくない様子でしたが、OLとして少々成功していた私の経済的な部分を見て、正直つなぎ留めておきたいだけような感じでした。

浮気相手とも切れていないのが遠くにいてもわかりました。 東京に戻らなければならない期限が迫った頃、私はまだ彼のことを振り切れずにいました。

そんなとき、一人の男性が私に近づいてきました。その人が私に気があるのはすぐにわかりました。

私はその人を利用しようと思って、男性と頻繁に会うようになりました。

しかし男性はそんな私の心を知ってか知らずか、結婚を前提に真剣に付き合ってほしいと交際の申し込みをしてきました。

最初はずっとお断りしていたのですが、あまりに真剣に私のことを考えてくれている様子が伝わり、私も男性と真剣に向き合ってみることを決めました。

男性が傍にいるようになってから、私の生活はどんどん変わっていきました。かたくなに彼のことばかり考えていたのが、次第に考える時間が減り、男性と結婚を決めたときには、もう彼のことを思い出さなくなりました。

大好きだった彼との恋愛を忘れるためには、物理的な距離を取ること、そして他の男性と出会うのが一番の薬なのだと知りました。

失恋から立ち直るために…涙を我慢してはいけない

失恋から立ち直る体験談16
私は以前大失恋をしたことがあります。大学の時に付き合っていた人に就職して3年目で振られてしまったのです。

私はかなり恋愛に奥手で自分からあまり人を好きになることがなく、大学の時に付き合ったその人が人生で2人目の彼氏でした。

彼は私よりも2歳年上だったので本当に頼りがいがあり、とてもたのもしかったです。

会話も面白く、私のことを大切にしてくれているのが伝わってきました。 彼のご両親とも仲がよかったので余計に別れてから寂しかったです。

私は両親と離れて住んでいたので、一人暮らししている私のことをとても心配してご飯に連れて行ってくれたりする本当に優しいご両親でした。

私は結婚したら彼のご両親のようになりたいと心から思っていましたし。彼のご両親もよく、結婚してうちの息子をよろしくね、と言ってくれていました。

しかし私が就職してから状況が変わってしまいました。少し離れたところで就職してしまったのでプチ遠距離になってしまい、会う頻度も激減してしまいました。

一人暮らしだったので自分のことで精いっぱいで、彼から他に好きな人ができたと言われてしまいました。

私は本当にショックでしたが、彼の幸せのために身を引くことにしました。

彼以外の人を心から好きになったことがなかったのでこの先、自分に彼のように好きになれる人なんて現れないだろうなと思ったら、本気で不安で寂しくてどうしようもなかったです。

泣かないようにしよう、他のことで気を紛らわそうと思って我慢していたのですが、ある日家で一人でテレビを見ている時に彼のことを思い出して号泣してしまったのです。

人生で一番泣きました。泣いても泣いても涙がとまらず朝まで泣きました。そしてぼーっと朝の情報番組を見ていると、おもしろいコーナーがあってそこで自分でも驚くほど心から笑っていたのです。

泣きまくってそれまでため込んでいた気持ちが一気に流れ出たようなすがすがしさがありました。

失恋から家族のおかげで立ち直れました

失恋から立ち直る体験談17
私は隣に住む幼なじみのお兄さんが大好きだったのです。私よりも二歳年上で、私が一歳の時に引越して来たのです。

小さい頃からまるで兄弟みたいに育てられました。何をするのもいつも一緒だったのです。

それが私が高校生になった時、お兄さんを男として見てしまったのです。いつもは着替えているところを見るのは、何でもなかったのです。

それなのに、この時私はお兄さんの姿にドキッとしました。とても男らしくて筋肉のある体を見て、ドキドキしてしまったのです。

それ以来私はお兄さんを男として見るようになったのです。気が付いたら異性として特別な感情を持っていたのです。

お兄さんの前でははっきり話もできなくなったのです。何をするにも、目が気になってできなくなったのです。

お兄さんの前に出ると、胸がドキドキして苦しくなるのです。そしてわかったのです。これが恋だったのです。

私はお兄さんに恋をしていたのです。 そして思い切って告白をしました。かなり勇気を出したのです。でもお兄さんにはすでに彼女がいました。

結婚を約束した彼女がいたのです。 そして私の事は、大事な可愛い妹としか思えないと言われたのです。とてもショックでした。

私もちょっと前まではそうだったのです。大好きなお兄さんと思っていたのです。でも今は男性として好きになったのです。

私は失恋しました。思いっきりフラれてしまったのです。 その時家族が慰めてくれました。母が美味しい物を作ってくれて、父は遊園地に連れて行ってくれたのです。

家族みんなで私を慰めようと必死だったのがわかるのです。家族がいたから私は立ち直れたのです。

家族がいたからこそ、私は今とても元気になれているのです。 家族っていいなと思いました。

失恋の悲しい気持ちをまぎらわす方法

失恋から立ち直る体験談18
失恋のツラい気持ちをまぎらわす方法を紹介します。まず、なるべく思い出さないことです。

といっても、しばらくはそのことばかりが頭をよぎり、自然にぼーっとしてしまうでしょう。

ですから、無心になってできることを探します。

例えばスポーツジム。走るとしんどいので、早歩きをします。できればウォークマンで好きな音楽を聴きながらがよいでしょう。

中島みゆき的なジャンルは、かえって落ち込みますので能天気なロックあたりがおススメです。

それから、「とりあえず私に快楽を与えてくれるものは何だろう」と考えてください。食べたい食べ物、行きたいと思っていた場所、やりたいと思っていたこと…。それらを紙に10個、箇条書きにします。その中から実行可能なものを選び、実行します。

てっとり早く、恋愛に代わる喜びを見つけて、気をまぎらわすということです。それと、失恋したことを自分から周囲にバラす、ということも忘れずにします。

同性の友人であれば「じゃあ、慰みに旅行でも行く?」とくるし、異性であれば、例えば前から気にしてくれていたような人であればデートの誘いがくるかもしれません。

「私はフリーになりました」というアピールをすれば、また新しい恋が近づいてくるのです。あとは、考え方についてです。

失恋の悲しみや悩みは、たいしたことではありません。世の中には生きるか死ぬかという、もっと深刻な問題を抱えて生きている人が数えきれないくらいいます。

恋愛の問題など、むしろ「幸せな悩み」に分類されます。たかが失恋と、笑いとばす強さを養うチャンスです。

そして、「アタシは誰かと恋愛をしていないと死んでしまう」という恋愛体質の方は、「別れたら次のヒト」です。恋愛のキズは恋愛で癒す、これしかありません。

友人とゲームセンターや遊園地で遊んで失恋から立ち直る

失恋から立ち直る体験談19
友人ととにかくカラオケをして失恋から立ち直りました。

1人でいると頭がおかしくなるので、友人に声をかけてもらい、色々な所に遊びに行きました。

ゲームセンターに行き、友人とカーレースをやるととてもスッキリします。

勝てば悲しい失恋から立ち直れます。 モグラ叩きゲームのようなものをやれば、そのハンマーに力を込めて、思いっきり叩きます。

それだけでもかなり失恋を吹っ切ることができました。他にも対戦ゲームを友人とやると、とてものめり込みます。

すると、かなりその失恋の痛みから立ち直ることができました。 友人とダンスをするゲームをすると、音楽で気分も明るくなり、とても前向きになります。

勝てばより元気になり、失恋から立ち直れました。 友人と遊園地へ行くのも失恋を忘れられます。

遊園地で色々な乗り物に乗ると、それだけでも楽しくなります。色々な乗り物に乗って楽しむと、とても気分も晴れます。

遊園地にハマり、何度も行きました。 又、ゴーカートに乗り、勢いよく走ります。友人と競うと、それだけでもスカッとできます。

気分も良くなり、失恋をしたのも忘れてしまうようです。遊園地に女性同士で居ると、男性から声がかかることもありました。

タイプなら、その男性とお付き合いすることもできます。1人の男性と連絡先を交換して、メール交換をしました。

とても楽しい人で、一緒に遊園地に行って、楽しんでいます。 又、カラオケにもその男性はよく行きます。

とても歌の上手い男性なので、その男性と点数を競います。とても楽しく、その男性の素敵な歌声を聞いているだけでも失恋したことを忘れてしまいます。

その男性との出会いで、酷い失恋から立ち直れました。どんどんその男性と友人と遊んで失恋からもっと立ち直りたいと思います。

友人のアドバイスのおかげで失恋から立ち直りました。

失恋から立ち直る体験談20
職場の先輩であった彼とは、3カ月という短い期間で交際が終わりました。

あまりに突然の別れとなったため、最初はなかなか気持ちの整理がつかず、失恋を引きずったままでいました。

交際が終了した原因というのは、彼の浮気でした。

しかも、同じ職場の私よりも若い子との浮気だったため、ショックはかなりのものでした。

浮気を知ってすぐに彼を問い詰めたところ、素直に認めたため、別れることになりました。

ですが、あまりに展開が早かったため、気持ちが追いついていけずにいました。 何より最悪だったのは、職場が同じということで、交際が終わった次の日でも顔を合わせてしまうことでした。

幸い、部署が違っていたため、毎日会うわけではありませんでしたが、週に2、3回は会う機会がありました。

会う度に、忘れようとしていた気持ちがぶり返されるので、なかなか気持ちが彼から離れることができないでいました。

そこで、この状態に耐えきれず、友人に相談することにしました。私の話を聞いた友人からは「そんな男にずっと気持ちが残っているなんてバカバカしいことだ。」とバッサリと言われました。

「何が原因で別れたのかを冷静によく考えてみて。別れたから余計にその男性の良い所ばかりの記憶を思い出してしまうのだろうけど、悪い所をいくつか挙げてみればよくわかるよ。いかに別れてよかったのかが。」と言われました。

そこで、友人の言う通り、元彼の悪い所を列挙してみたところ、10個ぐらい思いつきました。改めて考えてみると、こんな悪い所だらけの男とはずっと付き合っていたとしても幸せになれなかったかもしれないと思うようになり、なんだかスッキリしました。

すると、その日以降、職場でその元彼と会っても気持ちが揺れることもなく、冷静でいられるようになりました。

失恋から立ち直るには上書き保存が一番

失恋から立ち直る体験談21
私の失恋の立ち直り方は「新しい恋をする」ことです。 23歳の時に大好きだった人に振られました。

振られた理由は「最初の頃は好きだったけど今は友達として付き合っていきたい」から。 1年間ずっと好きだったので振られた時はショックが大きくて毎日泣いていました。

でも親友に「若さは永遠じゃない!女の一番いい時に行動しないと後で絶対後悔するよ。 男なんか星の数ほどいるじゃん!次行こう!」という一言で吹っ切れました。

それからというもの、誘われた合コンには必ず顔を出したり、ネットのオフ会に参加したり、行きつけのバーのマスターに 紹介をお願いしたりとにかく積極的に出会いを求めました。

もちろんその中で嫌な思いもしたし、本当に彼氏ができるのか不安になった時もありました。

恋人探しを始めて半年後、友人の紹介で同い年の男性と出会いました。 初対面なのに自然体でいられて、趣味も合うし一緒にいて楽しかったです。

向こうも同じだったみたいで「また会いたいです。」と言ってくれました。 このチャンスを逃してはいけない!と思い 3回目のデートで私から告白しました。

彼は二つ返事でOKしてくれました。 今思うと振られた彼の方は、両思いだった時に私からきちんと気持ちを伝えるべきだったなあと反省しています。

恋愛はタイミングが大事ということを気づかされた出来事でした。 そして、あれだけ好きだった元彼ですが思い出すことも本当になくなりました。

同じ苗字を見ると「元気にしてるかな。」と懐かしく思う程度です。 未練タラタラな日記も書かなくなりました。

今は私も元彼もそれぞれ結婚して家庭を持っています。 振られた時はつらかったですが、今は「言った後悔よりも言わなかった後悔のほうが大きい」ことを 勉強できたとても有意義なことだと思えます。

新しい恋を見つけて失恋から立ち直りました

失恋から立ち直る体験談22
五年間付き合った彼氏と別れました。原因は彼氏の浮気です。まさか彼氏が浮気をするなんて、思いもしなくてとてもショックだったのです。

五年も就きあったのだし、そろそろ結婚話が出るかなと期待をしていた時に浮気の発覚があったのです。

だから本当にショックでした。 私は今まで本当に彼氏の事が好きだったのです。こんなにも好きで、彼氏以外の男性なんて考えられませんでした。

私はいつだって、彼氏の事で頭がいっぱいだったのです。正直一回の浮気くらいなら許そうと思いました。

でも一回ではなくて、浮気ではなくて本気だったのです。だから逆に彼氏に別れてほしいと言われたのです。私はフラれたのです。

別れてからもまだ好きでした。いつか戻ってくるかもしれないと思っていたのです。でももう戻ってこないとわかった時、私は新しい恋を見つけようと思ったのです。

それが失恋から立ち直る方法だと思ったからです。 会社の同僚が以前からアプローチをしてきていました。

そのたびに、私は彼氏がいるからと断っていたのです。それでも別れたら考えてほしいと言われていたのです。その同僚が私にまたアプローチをしてきたのです。

私が彼氏と別れた事を誰かから聞いたのでしょう。でも私にはその気は全然なかったのです。なかったのに、気が付いたらとても気になる存在になっていたのです。

その彼が突然、私にアプローチをしてこなくなったのです。目を合わせても挨拶程度しかしなくなったのです。

今までの態度と違って、とても気になってきたのです。そして気が付いたら私のほうが彼に夢中になっていました。

新しい恋を見つけて、私は失恋から立ち直りました。もう元彼の事はなんとも思っていません。今は同僚に私のほうから強いアプローチをしているのです。

失恋した時、友人の言葉で心が軽くなった

失恋から立ち直る体験談23
大学時代の失恋は中々きつかったです。 食事が出来ないとかそこまではいきませんでしたが、気分はかなり沈んでいました。

ただ、彼氏がいたことを知っている人は周りにもほとんどいなかったので、言うことも出来ませんでした。

本当に仲の良い友人の前では1回泣いてしまいましたね。 フラれた理由がなんともきつかったので、ずっと落ち込んでいました。

だからといって彼を嫌いになったわけでもなかったので、なおさら辛かったです。 いっそ、嫌いになって友人に愚痴ることが出来ればずっと楽だったと思います。

そんなこんなでうじうじしていた私ですが、友人の家に行ったときにふと言われたことがあります。

それは、「どんな理由で振られたか知らないけど、1度は彼氏、〇〇のこと好きになったんでしょ?じゃあその自分を信じてあげたら?」という言葉でした。

それを聞いたとき、でも結局振られたんだよと思いました。 そして、それを友人に言いました。

すると、「じゃああんたはそのために無理をして自分を曲げるの?それじゃ後が大変だよ」と鬼気迫るように言うのです。

よく聞いてみると、友人は一回彼氏に合わせて本当に自分をずっと隠していたというのです。

彼好みの女性になるために、好きなこともたくさん我慢したそうです。 けど、それが辛くて結局別れたとのことです。

それを聞いて、自分は自分でいようと思えました。 確かに、傷ついたわけですからすぐに吹っ切れたわけではありません。

けれど、自分は自分でいいんだと思えたことで、心はずっと軽くなりました。 友人から重みのある言葉を聞けてよかったです。 聞けていなかったら、ずっとグズグズしていたかもしれません。 今は友人の言葉通り、自分は自分を貫いています。

合コンに行きまくって何とか失恋から立ち直りました

失恋から立ち直る体験談24
私は大好きだった彼からフラれてしまった経験があります。当時は本当につらくて毎日のように泣いていました。

仕事をしていたのですが、仕事中に涙が出てしまうことも何度もあり、人生で一番きつかったと今でも思います。

元カレとは大恋愛でした。私は何人か付き合った人がいたのですが、その人たちに比べてもとても自分に正確に合っている人だったと思います。

笑いのつぼとかも同じでとにかく一緒に居ると楽しかったです。反面女友達も多くもてる人でした。

元カレと別れたのはやはり向こうに好きな人ができたからでした。付き合って半年くらいだったのですが、本気で大好きで結婚したかったので別れたくないと何度も元カレに泣きついてしまいました。

自分でもみっともないと思っていたのですが、どうしても元カレを離したくなかったのです。

しかしそんなことをしても元カレの気持ちは変わりませんでした。結局元カレは私と別れて他の人と付き合いました。 私はしばらく何もできず、食事もあまり食べられませんでした。

なんとか仕事には行くものの、気が付くと元カレのことを思い出して涙がにじんでしまう毎日でした。元カレのことはずっと友人に相談していました。

友人は元カレに好きな人ができて付き合い始めた以上、こちらには戻れる可能性はないのだから、早く次を見つけるように何度もアドバイスしてくれましたが、私は全く前にすすめませんでした。

そんな私を見ているのがつらいと、友人たちが合コンを何度も開いてくれました。とにかく私に他にも男はいるんだと気付かせようといろんな人を紹介してくれました。

私は最初は合コンも全く楽しめませんでしたが、徐々に合コンの楽しみ方も覚え、少しづつ元カレのことも思い出さなくなっていました。

思い切って隣街に引越して失恋から立ち直る

失恋から立ち直る体験談25
引越しをして、失恋から立ち直りました。前の彼氏に住んでいるマンションから自分の住む場所が近く、いつも週末になると、そのマンションへと通っていました。

彼のマンションでは、お泊りをしては楽しみ、料理を作ってあげては食べさせてあげたり、一緒に部屋のリフォームをしては楽しんでいました。

そんな彼のマンションが近いと、失恋をした私にとって、とても辛くなります。そのマンションの前を必ず通らないとバス停にも行けません。

その度に彼氏との楽しい時を思い出してしまうのです。 せっかく時が経ち、忘れようと思っているのに、そのマンションの前を通る度に彼氏を思い出してしまうのです。

なかなか彼氏を断ち切ることができなくなり、ついついその彼の部屋に行きたくなってしまいます。

そんな時に、彼が他の女性とマンションに入って行く姿を見かけてしまった時には、実に嫌な気分になるのです。

このままではおかしくなってしまうし、失恋から立ち直ることができないと考え、隣町へと引越しをしました。

彼から遠い場所に住んでいると思うだけで、彼を忘れることができました。思い切って仕事まで辞めて、新しい職場で新しい友人を作ったりすれば、その失恋も忘れてしまうのです。

新しい街に移れば、そこに馴染むために必死になるので、失恋のことも忘れられました。

色々な場所に行き、色々な人と出会えば、それだけでも刺激となります。色々な刺激に出会えば、彼氏のこともだんだんと忘れられるのです。

違う場所に行くと、とても大胆になれます。色々な場所に行きたいと思うようになり、魅力的な男性と知り合える機会も増えました。

そこで知り合えた男性とお付き合いもでき、酷い失恋から立ち直ることができました。

失恋から立ち直るには坐禅がお勧め

失恋から立ち直る体験談26
失恋は辛いものです。失恋をした人出ないと辛さは本人でしかわからないものです。 心に傷が付きます。

怪我をしたら外傷になり目に見えますが、 心の傷はどんなに深くても見えないものです。

辛いですが、少しでも外に出て外の空気を思いっきり吸って吐く。

傷ついた心の中を外に出すような感じでやって下さい。 綺麗な空気を体の中に取り入れるように吸い込んでください。

私は、様々な失恋を経験してきました。 どのように失恋から立ち直れば良いのかを知っているつもりです。

中でもおすすめは座禅です。京都にあるお寺で座禅をしてみましょう。京都は情緒あふれる場所で、観光にも良く、神社やお寺周りもできます。

お寺や神社に行くことで失恋の傷が癒されます。 座禅も、失恋をした心を癒すことができ、更に自分の心の中が見えてきます。

人気の座禅は、お寺の中にある庭の中で10分間ぐらいの座禅を数回に分けて行われます。

失恋の悲しみが心の中から消えてなくなるような感覚です。 1回では余り効果はないので、何度も通うようにしてください。

失恋で、生活をするのか困難になってしまう場合もあるので そういう場合は、専門の病院で見てもらう事をお勧めします。

私は座禅で失恋から立ち直りました。 他には人生でつまづいている時に利用させてもらっていますが、100%座禅は良いと言えます。 人生のターニングポイントについても考えさせてくます。

お寺により座禅を泊りがけでさせてくれる所もあります。 お寺により坐禅の方法が違うので問合わせてみてください。

写経もお勧めです。写経も坐禅と同様に失恋や、心の傷、悩み等がある人には お勧めです。

自分がお寺で座禅なんてと思っていた事もあるのですが、 若い人からお年寄りの人まで利用されています。 人気があるので行く前には、予約して行く事をおすすめします。

自信をつけることで、失恋を乗り越えることができました。

失恋から立ち直る体験談27
私の場合、失恋から立ち直るのには、かなりの時間が必要でした。失恋をキッカケに、自分に対する自身を完全に失っていたからです。

大好きな人に愛されなくなった衝撃は、かなりのものでした。しかし、そんな時に、わたしを失恋の闇から救ってくれたのは、自分自身でした。

今まで彼と過ごしてきた時間を、自己投資に当てることを決意した時から、わたしの失恋の痛みは、徐々に和らいでいったのです。

わたしの言う「自己投資」とは、自分自身に時間やお金をかけて、自分磨きをすることです。

辛くて仕方がなかった「失恋」を、「もっと素敵な自分になってやるんだ!」というモチベーションの源にしてやろうと考えたのです。

まず、新しいことに挑戦し始めました。わたしの場合、職場で英語を使用する機会が多く、かつてから、英語力不足を実感していたので、これを機に、英会話スクールに通い始めたり、オンライン英会話レッスンに参加したり、海外の日々とが集まるコミュニティに足を運んだりしました。

これらは、わたしの視野を広げ、自分自身に秘められた可能性を感じさせてくれました。 続いて、ダイエットやトレーニング、ヨガ、エステなど、美容関係にも力を入れるようにしました。

外見はもちろんのこと、体の中からキレイになることを心がけました。キレイになったことは、わたしの自信につながりましたし、汗をかいたりすることで、ストレス発散ができました。

この爽快感は病みつきでした。自分の中にくすぶっていた、もやもやした感情が解き放たれるような感覚さえ感じました。

これらのことを通じて、自分自身に自信がもてたことが、わたしにとっての、失恋から立ち直るキッカケでした。

また、次の恋愛に対しても、積極的になれるようになりました。今では、失恋する前よりも、充実した毎日を過ごせている自信があります。

サイクリングをしたりテニスをして気分を変えて失恋から立ち直る

失恋から立ち直る体験談28
失恋から立ち直れない時、スポーツをして気分を変えました。じっとしていると辛くなるので、テニスをしたり、サイクリングをして失恋から立ち直りました。

子供の頃はよくテニスをしていたのですが、大人になってからはあまりテニスをやる機会がありませんでした。

久々にテニスをやってみると、とても気持ちよくできたのです。テニスは、あのボールを打ち返すだけでもスカッとします。

そのボールに失恋の悔しさや悲しさを込めて打てば、かなりスカッとします。 右に左にめいいっぱいに動くだけでも、かなり気持ち良くなります。

又、サイクリングも、失恋の悲しさを吹き飛ばせました。折り畳みの自転車を買い、車に乗せては、リゾート地で楽しく乗ります。

風がビュンッと顔に吹きつくのがとても気持ちよく、楽しい気分になれます。 サイクリング場に行き、思いっきりサイクリングするのも良い方法でした。

又、乗馬するのも良かったです。可愛い馬に触れ合える牧場に行き、そこで馬に乗るのです。

馬の背中に乗り、パカパカとゆっくりと揺れ動く馬の背中は、とても気持ちが良いものでした。

馬の可愛い顔を見るのも癒されるところでした。 牧場には他にも羊やポニーなども居ました。くったくのない可愛い表情の動物に触れ合うだけでも実に楽しく、失恋したことも忘れてしまうようです。

何度も牧場へ行っては、楽しく動物達と触れ合うと、その動物達の方が元彼よりも魅力があります。

寂しさも紛らわすことができ、本当に楽しく、彼氏は当分いらないかなと思うようになります。 その帰りは、疲れた体を癒すために、温泉に入ります。

旅館の日帰り温泉のできる所に行き、1人でゆったりと露天風呂に入るのです。かなり気分も晴れて、次の恋を見つけようと思うのです。

美しい山を登山したりドライブして失恋から立ち直る

失恋から立ち直る体験談30
3年付き合ったダンディな彼氏にフラれて、私はドライブをして、その失恋から立ち直りました。

なかなか立ち直れませんでしたが、このままでは駄目だと思い、何か楽しいことを見つけようと考えました。

そんな時、車でドライブをして楽しもうと思ったのです。 私には、5年前に自分で買った車があります。

その車は私の足となり、自分だけの1人でいられる空間を楽しめる場所にもなります。その車の中で自分が作ったお弁当を食べるのが何よりも楽しく、そのお弁当を持っては、ドライブへと出かけるのです。

ドライブは箱根に行ったり、草津に行ったりと、主に観光地へと行っています。美しい山々の景色をドライブをしながら満喫するだけでも、かなり失恋を忘れることができます。

綺麗な山の景色を楽しんだり、美味しい空気を吸ったりするのも気分が良くなります。山だけではなく、静かに湖の前で瞑想をすれば、もっと失恋を忘れられるのです。 車の中では、音楽を聴くこともできます。

クラッシックの音楽を聴きながら、山や湖をクレヨンでデッサンするのも失恋を忘れることができるのです。

又、そんな山で登山もしています。 登山をすると、もっと山と一体となれます。自然とその自然の中で生きる動物達の姿を見ると、悲しいことも忘れられるのです。

「こんな厳しい自然の中で生きている動物がいるのだから、自分もメソメソしていてはいけないな」と思うようになり、次の恋を探そうと頑張るのです。

紅葉を見たり、山の可愛い花の姿を見たりすると、もっと楽しい気持ちになります。色々な人と出会い、楽しいお喋りをするだけでも気持ちが晴れます。

何度も山にドライブや登山をしていると、きつい失恋から立ち直ることができました。

新たな出会いの予感が失恋の辛さを和らげてくれた

失恋から立ち直る体験談30
私は30代前半で大失恋をしました。相手を大好き過ぎて束縛してしまい、相手が離れて 行ってしまったんです。

そのときは失意のどん底過ぎて、仕事もプライベートも手に付かず 大変でした。ですが毎週習い事をしていたので、それには欠かさず通っていました。

家にじっと しているほうが辛かったので。語学の習い事をしていたのですが、少しながら予習復習をして いたので、そのときと授業中は不思議と気が紛れました。

夢中になって勉強をしたことで失恋の ことを忘れられたのでそれが良かったんだと思います。

それと同じタイミングで、語学のクラス に新しい生徒が入ってきました。その生徒は帰る方角が一緒だったので、毎週一緒に帰るようになりました。

語学のクラスに入ったのは私の方が先でしたが、その生徒はその語学を前から 勉強していたので、私より語学能力は高かったんです。

なので時間があるときは、毎週のクラス の後にカフェで更にその語学を教えてくれるようになりました。

そこでもまた気が紛れました し、プライベートの話なども出来たのでそれも正直楽しかったんです。

またその相手が他にも 習い事を2つやっていると聞き、尊敬するようにもなりました。

いろいろな話をしているうちに ちょっと相手に興味が湧いてくるようになりました。

失恋直後だったので”恋愛”とは違う感じ だったのですが、ちょうどそのときに相手も私のことを恋愛対象と見るようになったようで 食事などに誘われるようになり、その後お付き合いを申し込まれました。

恋愛感情というものは そのときは無かったのですが相手を尊敬する気持ちはあったので、その彼とお付き合いする ようになりました。

その時点で私は失恋から立ち直っていたと思います。その相手とは1年 ほどで別れてしまいましたが、私を失恋から立ち直らせてくれた彼には感謝しないといけない と思っています。

仕事に没頭して失恋を乗り越えた

失恋から立ち直る体験談31
昔とても好きだった人にふられてしまったのですが、あまりにもショックで何をしても楽しむことができなくなってしまったのです。

いつも相手の事を考えてしまって思い出ばかりがよみがえってきて夜になると泣いてばかりいました。

職場が違うので意識しなければ会うことがないのですが、相手の会社の近くや利用している駅などをうろうろしてしまってなかなか吹っ切ることとができなかったのです。

いつも暗く食欲がない私を友人達も心配してくれて、なるべく1人しないようにしてくれたのです。

このままでは周りにも迷惑をかけてしまうのでなんとかしなければと思いました。私が失恋から立ち直った方法はとにかく忙しくすることです。

時間があるとどうしても好きだった人の事を考えてしまうため、考える時間を作らないようにし、へとへとになるように常に何かするようにしたのです。

仕事が終わってからはジムに通い始め運動することによって身体を疲れさせてすぐに眠れるようにしました。

寝る前が最も考えてしまう時間なので身体が疲れていると考える間もなく寝てしまいます。また土日は友人と積極的に出かけるようにし、予定がない時にはバイトをするようにしたのです。

新しく付き合う人などは全く考えられなかったのですが、コンパや友人からの紹介はなるべく受けるようにして積極的に新しい出会いを求めるようにしたのです。

コンパなどは正直むなしくなってしまうことの方が多かったのですが、人と会って話をしている方がまだ気がまぎれたような気がしました。

毎日忙しくしているうちにだんだん辛さも薄れていき、またジムに通ったりバイトをするなど新しい事を始めたことによって新しい出会いも増えて行ったのです。

また恋愛という山を登るためには一度どん底になってみる方法もあります

失恋から立ち直る体験談01私は以前とても好きだった彼にフラれてどん底を味わった経験があります。大学の時に付き合っていたので、何の悩みもなく毎日が本当に幸せでした。

しかし彼に好きな人ができてふられてしまいました。私はとてもショックで何度か彼に偶然会えるように待ち伏せしたり、彼の行きつけのお店に行ったりしていました。

学部は違ったのですが、彼とは同じ大学だったので友人に付き合ってもらって食堂で彼を待ったり、図書館に入り浸ったりしていました。

無意識のうちに常に彼のことを探している自分に気付きとても焦りました。私は彼と別れてから少し自暴自棄になってしまい、友人ともきまずくなっていました。

こんなのダメだ、こんなことしても彼は戻ってこない、と考えて自分が少しでも幸せな気持ちになれるように大好きなお菓子を食べまくるようにしました。

本当にやけ食いはすごくて、ひどいときで1日にケーキを10個以上食べたこともあります。

好きなものを好きなだけ食べる生活は本当に幸せでした。友人に付き合ってもらって焼肉に週3で通ったりもしました、体重はかなり増えましたが、どうせ好きな人もいないし、太ってもいいからとにかく食べたいものを食べて幸せになりたいと思っていたのです。

そんなある時、そんなことをしている自分が急にばからしくなったのです。

本当に自然に心から痩せたい、きれいになって次の彼氏を見つけたいと思うことができました。そこからやけ食いもやめてダイエットをして以前の体重までもどすことができました。

やけ食いをして心が満たされたんだと思います。ダイエットをしている時は次に好きな人ができたときのため、と考えるのが励みになりましたし楽しかったです。

友人からどんどんきれいになっていると言われたことも励みになりました。

長いこと付き合っていた彼氏と別れてしまいました

失恋から立ち直る体験談33四年間付き合っていた彼氏と別れ、ショックのあまりご飯も食べられず寝ることもできず仕事にも身が入らなくなってしまいました。

今まで休日はほぼほぼ全部彼氏と過ごしていたので、何もすることがなく、時間の潰し方も分かりませんでした。

このまま意味もなく、つまらない人生で終わってしまうのかな、と思うと別れたとき以上に泣けてきてしまい、一ヶ月ほどその状態が続きました。

そのうち「彼氏と付き合う前って何をしていたっけ」ということを考えました。 私の当時の趣味はゲームだったのです。

ふとそれを思い出し、久々にゲームでもやってみるか、と思いました。 四年間ゲームをやっていなかったのでゲーム機も新しいものが出ていますし、観たことのないシリーズも出ています。

しかもネットゲームまで主流になっていたので、驚いてしまいました。 今私が持っているパソコンのスペックで対応しているネットゲームがあったので、それをやってみることにしました。

最初は勝手も分からないですし、何回か辞めようかなぁと思うことがありました。しかしゲームをやめたら休日にまたやることがなくなってしまうので、正直惰性で続けました。

ギルドのメンバーとチャットをするのが楽しくなり、ゲームどうこうよりも、そのメンバーと話すのが面白くなってきました。 そして、オフ会というものに誘われ参加することにしたのです。

メンバーは六人でしたが、全員会社員でゲーム以外にも趣味があることを知りました。

私は彼らからその趣味の話を聞き、アウトドアな山登りやパンを作る教室に通ってみたり、今まで貯めていたけど使わなかったお金で一眼レフのカメラも購入したりしました。

すると生活が一変し、趣味に忙しくなったのです。 今は彼氏なんかいらないや!メンバーと趣味の時間があればいいや、という感じで遊んでいます。

立ち直るきっかけはゲームでしたが、それから世界が凄く広がったのでよかったです。

長いこと付き合っていた彼氏と別れてしまいました

失恋から立ち直る体験談33四年間付き合っていた彼氏と別れ、ショックのあまりご飯も食べられず寝ることもできず仕事にも身が入らなくなってしまいました。

今まで休日はほぼほぼ全部彼氏と過ごしていたので、何もすることがなく、時間の潰し方も分かりませんでした。

このまま意味もなく、つまらない人生で終わってしまうのかな、と思うと別れたとき以上に泣けてきてしまい、一ヶ月ほどその状態が続きました。

そのうち「彼氏と付き合う前って何をしていたっけ」ということを考えました。 私の当時の趣味はゲームだったのです。

ふとそれを思い出し、久々にゲームでもやってみるか、と思いました。 四年間ゲームをやっていなかったのでゲーム機も新しいものが出ていますし、観たことのないシリーズも出ています。

しかもネットゲームまで主流になっていたので、驚いてしまいました。 今私が持っているパソコンのスペックで対応しているネットゲームがあったので、それをやってみることにしました。

最初は勝手も分からないですし、何回か辞めようかなぁと思うことがありました。しかしゲームをやめたら休日にまたやることがなくなってしまうので、正直惰性で続けました。

ギルドのメンバーとチャットをするのが楽しくなり、ゲームどうこうよりも、そのメンバーと話すのが面白くなってきました。 そして、オフ会というものに誘われ参加することにしたのです。

メンバーは六人でしたが、全員会社員でゲーム以外にも趣味があることを知りました。

私は彼らからその趣味の話を聞き、アウトドアな山登りやパンを作る教室に通ってみたり、今まで貯めていたけど使わなかったお金で一眼レフのカメラも購入したりしました。

すると生活が一変し、趣味に忙しくなったのです。 今は彼氏なんかいらないや!メンバーと趣味の時間があればいいや、という感じで遊んでいます。

立ち直るきっかけはゲームでしたが、それから世界が凄く広がったのでよかったです。

失恋を早く忘れるにはやはり新しい出会いだと思います。

失恋から立ち直る体験談34
私は、3ヵ月くらい前に彼氏にフラれてしまって、めちゃくちゃ落ち込んじゃいました。

本当に大好きだった彼だったら、本当にショックで、もう何も手につかない。どうしていいかわからず辛い日々が一体いつまで続くのだろう…と目の前は真っ暗でした。

もしかしたら、よりを戻すこともできるかもしれない。そういう気持ちもあり、数回ラインを試みるも、既読無視。

よりを戻そうと私が思っても、どうすることもできない。頑張ることすらできない。

むしろ頑張ることが逆効果で、頑張れば頑張る程彼は遠くにいってしまう。

どうしようもありませんでした。

長期的計画で頑張るのもいいのかもしれませんが、私はそんなに強くありません。

もしかしたら…という気持ちも持ちながら日々を過ごすのは私には辛すぎると思ったのです。

それで、私にとって建設的な行為は何なのか?

と考えるようになりました。そうすると、頭に浮かんだのは、「新しい出会い」。

とはいっても、別にガツガツリアルな世界で男性を探すということをしたわけではありません。私は、彼にフラれて自分自身への自信も失っていましたし、そのようなことはとてもできませんでした。

私が何をしたのかというと、婚活サイト大手のオーネットの無料でできる結婚力診断というのをやってみたのです。

結婚力診断は、いくつかの項目を入力します。希望年齢、希望身長、希望学歴、希望年収などを入力すれば、私にマッチした相手を見ることができます。

それを見るだけで、私に合う人がいるんだぁと自分への自信が戻ってきました。

また、希望した条件を満たした人は、付き合っていた彼以上に好条件だったりもして、「男なんていくらでもいる!」とも思えました。

結婚力診断をしただけでは無理に入会を勧められるわけではありませんので、私は入会しませんでした。

結婚力診断をするだけで、失恋を早く忘れて次の新しい出会いへの第一歩を踏み出すことができました。

失恋したばかりだとリアルに行動するのが怖いという気持ちはあると思います。そういう人は、とりあえず、結婚力診断をやってみるといいと思います。

私は自分の失恋について冷静に分析することで失恋を乗り越えた

失恋から立ち直る体験談35
私は大学のサークル時代から社会人になってしばらくサークルの先輩のことを想い続けていました。

社会人になってからはメールも頻繁にしていたので、このままもっと距離を縮められると思ったのですが、やっぱりだめでした。

それはメールの言葉の節々からも伝わってくるものでした。仲良くはしていたもののどうしても友達の域を超えられなかったのです。 先輩がついにサークルの別の女性と結婚してしまったときにはとてもショックでした。

そのことを考えて夜も眠れないときや、急に悔しさがこみあげてくることもありました。そんな日々を過ごしていたとき、くよくよばかりするのはやめよう、という心の叫びのようなものが自分の中から湧き上ってきました。

それからしばらくは悩んでいたのですが、ただ悩むのではなく、先輩と自分が付き合えなかった原因みたいなことを考えるようになりました。分析することで自分を落ち着かせ納得させたかったのです。 先輩と付き合えなかった分析結果はいくつか出ました。

やはり相性がいまいちだったことが一番に考えられます。サークルでは接することが多く親しげにしていた先輩とも2人で会ってみたらどうかと考えると、何か違うような気もしました。果たして盛り上がるのか、楽しいのか、と思うと楽しくしている自分があまり想像できないのです。

サークルでは仲良くできてもプライベートでうまくいかないことには付き合うことは不可能です。単純に相性がいまいちかもしれないと思いました。また、先輩の欠点のようなものも浮かんできました。

その欠点はちょっと引いてしまうようなことでした。それを考えると、付き合わなくて良かったのか、とも思えました。私は冷静に失恋について分析することで、その失恋のことをそこまで悩まなくなりました。

北海道の一本道を見て失恋を乗り越えた

失恋から立ち直る体験談36
一度破局した彼と、ヨリを戻してまた破局したことがあります。

一度目の破局のあとお互いに譲り合わなければならないことや、見直さなきゃいけないことが分かったうえでヨリを戻したのに、結局また同じ理由で別れました。

彼を失った“失恋”の傷みと同時に、失敗から学べなかった、成長できなかった自分に対する失望もありました。

ひとりで北海道を旅行したのは、失恋を癒すためでした。人生で初めての北海道は、感動の連続でした。アスファルトと鉄筋だらけの都市とは違い、空も空気も大地もすべてが、広く大きく清らかでした。

大きなものの前では、自分の存在などちっぽけに感じる、まさにそれを身をもって感じたのです。

上富良野にある日本画家のアトリエ兼美術館に立ち寄ったときのことです。失恋の傷みが癒え、失望した自分のこれから進むべき道が見えた風景に出合いました。それは美術館の目の前の道路です。

見たところ何の変哲もない、アスファルトの敷かれたただの1本道です。しかし、その道はどこまでもどこまでもまっすぐに続いていたのです。青い空にそびえる十勝岳に向かって左手は美瑛方面、右手は小高い丘の先まで1本道が続きます。信号も見当たらないため、車が詰まっている交差点もありません。

特に美瑛方面は市街地を抜けてそのまま山を貫くように道路は続いています。あまりの距離に途中からは霞んでしまっているほどです。(車が通らないことを確認して)道の真ん中に立つと、センターラインがまるで自分の背骨のようにも思えます。

思わず胸を張って、背筋を伸ばしたくなる感じです。失恋で小さく縮こまってしまった心が深呼吸をして、シワも伸びていくような感覚でした。

この道のようにまっすぐ前を向いて新しい恋を探そうと立ち直ることができました。

失恋は時間が解決してくれる

失恋から立ち直る体験談37
大好きだった人ですが、突然別れようと言われて立ち直れないと思うほどショックを受けました。

初めての失恋だったし、嫌いで別れたのでは無いので、気持ちの整理が付けられなくて長いこと引きずりました。

友人は月日が解決してくれるよ、とか早く次の人を見つければ立ち直れるよ等と慰めてくれたのですが、どうやってもダメで何をする気も起きずにただ月日が流れて行きました。 涙が枯れる程泣くというのはこういう事なんだなと思いました。

でも、泣くだけ泣いて落ち込むだけ落ち込んで過ごしているうちに、少しずつですが、自分の気持ちに変化が起きてきました。 部屋にいてもふさぎ込むばかりなので、とにかく外に出ようと思い近所を散歩していると、いつの間にか季節は移り変わっていて、回りの景色が変わっていました。

ふられた時は冬でしたが、季節は春になっていて暖かくなっているし、花も咲いていました。 それを感じたときに、あんなに立ち直れないと思うほどに傷付いても、とりあえず自分は今生きていて季節を感じる事が出来る気持ちになったのだなと気づきました。

そして人は意外と強い生き物なのだと思うと共に、時間が解決してくれるというのは本当なのだなと実感しました。

今回の経験で思うことは、人それぞれだとは思いますが、失恋したときは、とことん落ち込んで悲しみに浸った方が、その後の立ち直りは早くなるかも知れないと言うことです。

逆に早く立ち直ろうとして、自分の気持ちに無理をして頑張ったり、早く忘れようとして好きでも無い人と付き合ったりすると、よけいに気持ちが取り残されて引きずってしまうと思いました。

ツライ事ですが、自分の気持ちに正直に向き合って現実を受け入れることです。

相手を忘れようと会社を辞め自分磨きに没頭しました

失恋から立ち直る体験談38
派遣社員として勤めていた会社で、A男と出会いました。

A男はその会社の社員で業務で判らない事があれば優しく教えてくれたりと、本当に親切な人ですっかり好きになってしまったのです。

そこで勇気を出して告白しましたが、A男には同じ会社に勤めるB子と現在婚約しているとの事でフラれてしまいました。

もう本当に大好きだったので諦める事は出来ず、かと言って彼女がいるなら奪い取る事も出来ないので辛かったです。 会社へ出勤すればA男がいて、時々B子と仲良さそうに笑いながら話している所を見かけます。 2人は傍から見ていて羨ましい程のラブラブっぷりで、出勤するのも嫌になってしまいました。

寝ても覚めてもA男の事を考え、業務の事でA男に話しかけられては胸をときめかせながらも「この人には結婚の約束をしている彼女がいるんだ」と自分に言い聞かせて抑えるのが辛かったです。 仕事でもミスが増えるし寝不足になってしまうし、失恋の痛手とはこんな感じなんだと思いました。

しかしこのままずとぐずぐずとA男の事ばかり考えていてもしょうがないと思って、A男の事を忘れようとそれまで勤めていた会社を辞めました。 そしてちょっと離れた土地の別の会社で、我武者羅に働き始めたのです。 忙しい仕事でどんどん時間は経って、その合間にエステやネイルにフィットネスと自分磨きに没頭しました。

友達の誘いで合コン、街コンにも参加して、そうやって過ごす内にちょっといいなと思う相手と出会ったのです。 最初はどの人を見てもA男と比べてしまっていたのですが、時間がそれを解決してくれました。

A男にフラれて約1年後、別の男性とお付き合いを始めたのです。 失恋はそうそう忘れられるものじゃないと思っていましたが、荒療治でもこうやって相手の顔を見ない日々が続けば心も新たに進めるのだと感じました。

マッチョに囲まれて肉体改造することで失恋から立ち直った

失恋から立ち直る体験談39
大きな失恋をしたことがなかったので、その乗り越え方にもスキルを持ち合わせて いなかった私にも、大失恋の憂き目に遭う日がやってきました。

ズルズルと引きずり しばらく数年は立ち直ることが出来ずにいましたが、これではいけないと思いました。

時間は誰の上にも平等に流れていますから、うかうかしていたら自分だけおいてけぼり になっていつまでも不幸なままかもしれません。インドアな性格なのでそうした中に 立ち直る術がないのは自分がよく理解していました。
ジム

もし立ち直ることができるなら とっくに立ち直れていたはずだからです。そこで、私は敢えてアウトドアに救いを求める ことにしました。その方法は、とにかく我武者羅に運動をするということです。

ジムに通うことにしました。近くにスポーツジムがありましたから、そこの会員になり 毎日ジムで鍛えることにしました。もう恋なんてしたくないと思いましたからマッチョに なろうとすら思いました。

ハードな筋力トレーニングを己に課すことで、失恋の痛手から 立ち直りたいと思いました。こうしたハードな筋力マシーンでのトレーニングはマッチョ の巣窟でした。マッチョたちが一心不乱に自らの肉体を酷使して鍛え上げていいるその 間でうら若き20代だった私も、負けじと鍛えていました。

とはいえ、段々筋肉質になる段階で もうヤバイと思い始めて、ランニングに切り替えました。半年ほどジムに通うと私の体は 妙に引き締まって、アスリートのように変化してきました。このまま数年鍛えたら自分じゃ なくなる!そんな不安を抱えていましたが、その時に気がつきました。

私、もう吹っ切れてた! と。いつの間にか失恋から立ち直っていることに劇的に気がつき、感動しました。肉体を鍛える という方法は、非常に有効でした。

友人が失恋した私を楽しませてくれました

失恋から立ち直る体験談40
私が失恋をしてとても落ち込んでいたのです。ずっと好きだった人に告白をしたら、全然相手にされませんでした。

私の恋は高望みをしすぎたみたいです。 でもずっと好きだったので、フラれてとても落ち込んでいます。

こんなにも落ち込んでいるのを見て、友人達はとても心配をしてくれたみたいです。仲良し友人は三人います。三人とも彼氏はいません。だからいつも四人で休日になると集まってワイワイしていたのです。

その友人達が揃って私の事を慰めてくれたのです。でも特別何を言うわけではありません。 私のためにと、いろいろとイベントを考えてくれたのです。私が休みの時は朝からドライブへ連れて行ってくれました。誰の誕生日でもないのに、みんなでケーキを作って食べさせてくれたのです。

そして動物園や遊園地に誘ってくれたのです。私は失恋をしてずっと家に引きこもっていたのです。そんな私を外に連れ出してくれました。暇な時がないくらい、ずっと一緒にいてくれたのです。

一人暮らしをしているので、私が朝起きる前からやってきて私が寝るまでいてくれたのです。だから私は失恋をしたからと言って、落ち込んでいる場合ではありません。三日もしないうちにすぐに立ち直って、いつも通りの私になれたのです。 失恋してその夜には泣きました。それ一回きりだったのです。

お風呂も一緒に入ってくれて、ご飯も一緒に食べてくれました。トイレに行く以外は私はずっと友人達と一緒だったからです。一人になると失恋の事を考えて、とても落ち込んでしまうでしょう。

でも私にはこんなにも頼もしくて、優しい友人達がいたのです。みんながいる限り、私が失恋しても落ち込む事はないでしょう。すぐに立ち直る事ができるのです。

《参考》利用者が多い婚活・恋活サービス公式サイト一覧

  • ゼクシィ縁結び公式サイト

    結婚と言えばゼクシィというほどにゼクシィブランドは知名度・ブランド力・安心感があって定着してますよね。ゼクシィ縁結びは、恋人を探している人向けの婚活・恋活アプリのサービス。

  • ペアーズ公式サイト

    女性は無料で利用できる。フェイスブックマッチングアプリの中では知名度ナンバーワン。

  • Omiai公式サイト

    10代20代女性は無料で利用できる。ペアーズとOmiaiは婚活・恋活アプリの有名大手トップ2。ペアーズには登録していないけどOmiaiには登録してるって人も多いので要チェックです。

  • マッチドットコム公式サイト

    マッチングサービスのパイオニア的存在。世界25か国に利用者がおり、日本でも187万人以上が利用中。

引用元 社会人出会いの場ナビ|場所・きっかけ等をレクチャー