★更新日2018/07/05★

バツイチの再婚を成功させるためには?

幸せの虹バツイチの再婚を成功させるためには、気恥ずかしく思わず行動し続けるしかありません。

どれだけ待っていても理想の男性は唐突に現れてはくれませんし、知人や友人があなたのために用意してくれることもそうそう無いでしょう。

だからこそ、最高の相手にもう一度出会うんだという強い意志が必要となります。

意志あるところに行動が生まれ、そして未来を掴み取ることができる行動を生み出すことができるようになります。

きっと未来は明るいんだと願いながら行動し続けてみましょう。

そうすればきっとあなたの欲しい結果を手に入れることが出来るでしょう。

解説をするまさよ一度失敗しているので中々一歩が前に出ない方もいるでしょう。

でもそんなこと思っていたら前に進めませんよ。
次こそ絶対に幸せになるんだ!!と心に誓って前に進めばきっと理想の相手に巡り合えることでしょう。

自然な態度で元気でいるだけで良い?

双葉の成長バツイチの再婚をどうにか成功させるためにどうしても必死になってしまうこともあるでしょう。

そんな時に自分の気持ちを偽ってまで再婚相手を探すことだけはしないようにしたほうが良いでしょう。

そんな心持ちで出会いを求めても良い社会人 出会いやきっかけは訪れないでしょうし、どこかで本当に自分に嘘をついていることにどこかで気づいてしまうでしょう。

こんな時に一番重要な態度は、バツイチであることを1つの重要な経験だと割り切って元気に行動をして生きてみることです。

ポジティブに前を向いて人生を歩んでいこうとする姿勢を、まずは大事にすることがあなたを幸せにしてくれることでしょう。

解説をするまさよバツイチがダメって訳ではありませんが、バツイチであることを告げずにいい雰囲気になってから「私バツイチなの」と言うともしダメになった時に時間の無駄となります。

であれば、最初からバツイチですと伝えておいてからいい感じになる方が成功率がググッとあがりますよ。
だから勇気をもって最初から伝えておきましょう。

怖がらずに一歩踏み出すだけ!相手も同じように感じているかも?

スタートに立ち一歩前へあなたがバツイチであるあまり再婚に対してネガティブな感情を少しでも持っていては、婚活パーティーや街コンで出会った異性もそれに気づいてしまうことでしょう。

人は本来そういった感情に機微にとても敏感な反応を取ってしまいます。

相手もそんな態度を取りたいと考えているわけではないでしょうが、あなたの気持ちを感じ取ってしまって仲良くなりづらいな、、、と考えてしまうでしょう。

そんな風な状況にならないためにもバツイチであることを怖がらないようにすることが大事となります。

そもそも日本では結婚したカップルのおおよそ1/3が数年後に離婚してしまっています。

そんな状況において、バツイチであることはそこまで特別なことではありません。

バツイチであっても、あなたらしく生きることをあなた自身が誰よりも肯定してあげなくては幸せにはなれません。

まずは怖がらずに一歩踏み出してあげることから初めてみましょう。

解説をするまさよバツイチで再婚している人たくさん知っています。

だからバツイチでも怖がらず素直に伝えて理想の相手と出会ってください。
自分が負い目を感じちゃうと伝わっちゃうよ。

友達や知人から異性の友達を紹介してもらうだけで良い?

空にハートの笑顔人は人とかかわるからこそ、幸せであることを感じ取ることができますし、何より誰かと楽しく話していれば悩んでいたこともスッキリ忘れてしまうでしょう。

そんな状況を作り出すためにこそ、まずは異性の友達を積極的に関わってみると良いでしょう。

そんな時間はないから、自分には関係ないと考え込まずに、誰かと関わり合いを持ちましょう。

そこで出会った人がもしかしたら良い人かもしれませんし、将来的に再婚することができる相手かもしれません。

人と人との関係性は少しあっただけでは深いものにはならないからこそ、まずは気軽に友人を通じてだれかと関係性を深めることから始めてみると良いでしょう。

解説をするまさよ普段からいろんな人と関わりを持つと、出会いは増えます。

例えその相手が理想の相手じゃなくても、その相手の友達とか輪を広げるとそこにいい人がいる可能性もありますよ♪

結局どうしたい?再婚することで得られることとは?

悩んで頭を抱えてしまうあなたは再婚相手にどんなことを望んでいるのでしょうか?

もう一度真剣に恋愛をしたいのか、それとも単により幸せになるためにもう一度結婚をしたいのか。

何を持ってあなたが再婚の意志を持っているのかをまずはしっかりと考えておくことも必要なこととなるでしょう。

もし少しでも再婚に対して疑問を持ってしまっていたら、行動は加速せずどっちつかずの結果に陥ってしまうでしょう。

そして考えているようで迷い続けてしまい、本当なら手に入れていたはずの良い結果をみすみす逃してしまうでしょう。

そんなことが起きないためにも、あなたがバツイチの再婚をしたい目的を明確にすることをオススメ致します。

解説をするまさよしげおさんの言うとおりで、目的をハッキリさせるのは必要でしょう。

一度失敗しているから恋だけしたい人もいれば、次こそは幸せな結婚生活送りたいと思う人もいる。
自分の理想の相手を見つけるには自分の気持ちに正直になる事も必要ですね。

再婚相手に見せつける!?バツイチだからこその魅力とは?

薔薇で幸せな気分になるバツイチであることはむしろ大きなアドバンテージだと考えて行動することには実は大きなメリットが存在しています。

多くの男性はバツイチの女性に対して消極的であるようにも思えますが、そんなことはないのです。

バツイチであることの一番の魅力は、結婚を通じた関係性を夫婦で構築していく上での経験を多く持っていることとなります。

多くの男性はそもそも家庭を持った上でどのように生きて行くべきなのかを体験として知りません。

だからこそ人生を生きていく上で重要な経験を持っているのだということを大きくアピールしてみると良いでしょう。

バツイチの再婚をする上での行動を考えていく上でのいくつかの判断材料を簡単にお伝えをしてきました。

そして、多くの人と関わることで人生を楽しむことから初めてみることをオススメ致します。

解説をするまさよ男性がバツイチよりも、女性がバツイチ子持ちの人の方が再婚率が高い気がします。

もちろんバツイチ同士の再婚も多いですよ。
一度失敗しているからこそ次は幸せをつかみたいですね。

バツイチ再婚についてQ&A

私はバツイチ子供はいませんが、相手はバツイチで子供がいます。子供がなついてくれません、やっぱり再婚は無理ですか?

解説をするまさよ今すぐ再婚は無理でしょうから、年月をかけて子供と触れ合うようにしてください。

やはり子供がいる相手との結婚を望む場合は、二人だけの問題ではなくお子さんの気持ちも重要となります。

まだ離婚してから間もなかったり、お年頃だと本当の母(父)への気持ちが断てず再婚相手になつこうとしないかもしれません。

そんな時焦ってしまっては失敗してしまうので、時間をかけて仲良くなっていくしかないと思います。

相手も再婚の意志があれば協力してくれるはずなので、お互い信じあって前に進みましょう。


《参考》利用者が多い婚活・恋活サービス公式サイト一覧

  • ゼクシィ縁結び公式サイト

    結婚と言えばゼクシィというほどにゼクシィブランドは知名度・ブランド力・安心感があって定着してますよね。ゼクシィ縁結びは、恋人を探している人向けの婚活・恋活アプリのサービス。

  • ペアーズ公式サイト

    女性は無料で利用できる。フェイスブックマッチングアプリの中では知名度ナンバーワン。

  • Omiai公式サイト

    10代20代女性は無料で利用できる。ペアーズとOmiaiは婚活・恋活アプリの有名大手トップ2。ペアーズには登録していないけどOmiaiには登録してるって人も多いので要チェックです。

  • マッチドットコム公式サイト

    マッチングサービスのパイオニア的存在。世界25か国に利用者がおり、日本でも187万人以上が利用中。

引用元 社会人出会いの場ナビ|場所・きっかけ等をレクチャー

バツイチの再婚に関する口コミ・体験談

再婚するなら最低1年以上は付き合うべきです

私は33歳で結婚をし39歳で離婚をしました。最初の結婚相手は中学の同級生でした。中学を卒業して以来ほとんど連絡を取っていなかったのですが、32歳の時に地元であった同窓会で再開し、あれよあれよという間に結婚を翌年にはしていました。

しかし、あれよあれよといっても本当に付き合った期間というのは2週間程度でした。理由は遠距離恋愛だったからです。私は東京勤務で彼女は四国の地方都市に住んでいました。会うにもお金も時間がかかるということで自分が起こした行動は支社の合った岡山に転勤願いを出しました。会社からは結婚で転勤願いを出すなど前代未聞と言われましたが、岡山支社の人員不足もありすんなり移動となりました。移動して2週間後には元嫁の実家に挨拶に行き、翌月には籍を入れるスピード婚でした。

子どもはできていませんでしたが、お互い年齢もいい歳だったこともあると思います。しかし、交際期間がほぼ無い中で結婚するといろいろなことでぶつかるようになりました。結局話し合いを経て6年後に離婚する形になりました。ただ、離婚して困ったのは自分です。自分としては縁もゆかりもない岡山に来てしまい、今更離婚したので東京の本社に戻してほしいと言えません。一緒に住んでいた家は引き払いましたが、それから1年ぐらいは週末となれば記憶が無くなるまで飲むという、見るに堪えない生活をしていました。

そうしたときにも自分の状態を考えて女性を紹介してくれる人がいましたが、何よりも自分が交際ということに後ろ向きになってしまっていたので、女性のいる場所には極力いかない形の生活でした。しかし離婚して1年が過ぎ、自分も40歳を迎えると、自分もこのまま一人でいいのかと強く思うようになりました。しかし、普段の生活では出会いはまったくありませんでした。また、恋愛というよりも結婚自体に恐怖を感じてしまっていたので、誰とも結婚は無いと思っている自分もいました。

そんなときの飲んでる時の相談相手が今の嫁です。今の嫁もバツイチだったので、同じバツイチ同士で気持ちがわかりあえるというのも大きな点でした。ただお互い結婚を失敗している身なので、付き合いについても慎重に慎重を期す形で、交際しだしたのは元嫁と別れて1年経ってからで、籍を入れたのは付き合ってから3年後です。

ただ、その3年間にいろんなことを乗り越えて結婚したからこそ、今の幸せな日々があると思っています。相手をよく見極めることが、これだけ自分の幸せに直結するものなだ2回の結婚生活で本当に体感しています。

バツイチでも通称「お見合いバー」で知り合った男性と結婚できた体験談

私は25歳の時に結婚して半年も経たないうちに離婚をした経験があります。しばらくは結婚する気はおきずに再就職をして独身の自由を楽しんでいました。

しかし5年経って30歳になると、将来のことを考えて寂しく思い、できればもう一度パートナーと一緒に過ごしたいと思う様になったのです。

しかしマッチング型の婚活サイトに登録してみたものの、最初からバツイチだとプロフィールに記載すると全く誰もアプローチしてくれなかったり、たまにメールが来ても人生相談の様な内容で終わってしまうばかりでした。

バツイチなので仕方ないと思っていたところ、会社の先輩からとあるバーを紹介されました。通称「お見合いバー」と言われて、マスターが人の世話が好きで行きつけになると上手に相手を紹介してくれるそうです。

早速先輩にお願いしてそのバーに連れて行って貰いました。マスターはメガネにヒゲがあり、ちょっと強面でしたが笑顔が素敵な人でした。

私の話を聞きながら「それじゃあ、次に来た時までに誰かみつけておくからね、2週間後においで」と言われました。半信半疑で2週間後にそのバーに行くとマスターが「医薬品のメーカー、35歳、独身どう?」と訊いてきたのです。

私がバツイチであることも既に話していて、是非会ってみたいと言ってくれているということでした。私がお願いすると、マスターはその場でその人の携帯に連絡をしてくれて、なんと30分後に来てくれることになったのです。

信じられない位早いお見合いのセッティングでした。私は本当に30分後にやってきた男性と話をして、お付き合いをしてみることにしたのです。

その男性はバツイチということは気にせず、常に前向きに精神面で自分を支えてくれる女性が理想だと話していました。

その男性とは1年ほどお付き合いをした後に無事にゴールインすることができました。

お見合いバーは事情により店を閉めてしまいましたが、バツイチでも婚活のチャンスはあるものだと思い、自信がつきました。

恋愛なんて恥ずかしくて無理だと思ってた

アラフィフで訪問看護婦をしています。1年程前から婚活を始めて彼に出会い、今は遠距離ですが来年には入籍予定です。

前夫とは恋愛結婚でしたがDV、借金、賭け事、酒乱だったのです。子供はもう成人しひとりは結婚しているので孫もいます。

今、やっと自由な私だけの人生を送ろう、愛だの結婚だのもうこりごりって思っていました。

そんな私が結婚したい!と思ったのは同じ年代のバツイチの友人が外国人と再婚して幸せに暮らしているからなんです。

ひとりは年下、ふたりは年上で出会いの形は様々だけど恋愛結婚です。

隣りの国なので2、3月に1回の割合で観光がてら遊びに行くのですが会う度にきれいに、若くなっていく彼女たちがうらやましくてしょうがなかったです、

恋愛なんてもういいや、面倒くさい。と思っていたのに、私も婚活してみよう!と思ったのです。

若い人だとペンパルサイトで出会うのが主流らしいですが最近物騒な事もあるし、若くもないので範囲が狭いかな、と私は確実性が欲しかったので、まずは友人の旦那さんの知り合い、ツテを頼ってみました。

その国では理由があって結婚できない中年、高齢の男性が多くて色々な人を紹介してもらいました。

相手が日本人女性だとわかると断られる確率はほぼ0%です。

その中で心惹かれお付き合いしてみたいと思った彼は、同じ歳の初婚、身長も180cm以上あり少しぽっちゃりだけど太ってない。普通のイケメンでした。

彼がいいなと思った一番の決め手は、大学で日本語を専攻していたので日常会話が出来るという事です。意思疎通は大事ですから。

あとは何回か会って話をしても嫌味がないし、気を使ってくれる。守ってもくれるけど守ってあげたくなるんです。

どうして今までひとりだったのか聞いてみると「兄弟は4人いて私が末っ子です、兄も姉もいます」「両親が病気になり介護をするのは私しかいなくて好きな人も、付き合ってる人もいたけど介護はさせられないから別れた」と言ってました。

その両親も今は亡くなり気がついたら自分は48歳になっていた。ということです。

そんな時に友人の紹介で私に会い、傷つけられた人は決して他人をむやみに傷つけない。彼女とお互い残りの人生一緒に過ごしていきたいと思ったそうです。

お付き合いして半年後にプロポーズされました。

私も今すぐ外国で生活する事はできないけど、あなたを支えながら生きていきたいです。とお受けしました。

もう50歳に近い私達です。世間体を考えたら恋愛なんて結婚なんてみっともなく恥ずかしくみえると思います。でも若い頃苦労した分、残りの人生お互いに恋しながら生きていきたいのです。

世の中のアラフィフのみなさん、恋愛結婚諦めてはだめですよ!

結婚相談所の専任アドバイザーのおかげでバツイチの私ですが再婚!現在とても幸せです

婚活パーティーに参加をしました。当時私は30代前半、バツイチです。見た目は若々しいので男性から声をかけられることが多かったのですが、離婚経験があると言うと、「どうして離婚したんですか?」とか「子供は?」なんて言われて、とても嫌な思いをしました。そういうことは、付き合ってから話したかったのですが・・。でも相手からしたら離婚するなんてどうしてかと心配になりますよね。

婚活パーティーに何度か参加をしてからは、やっぱり男性は初婚の女性を好むんだなってわかりました。婚活パーティーに参加をしても不利だと感じたので、参加をすることをやめました。次に結婚相談所に登録してみたんです。入会時に証明書を提出するので安心だなと思いました。バツイチ30代なので現実は厳しいと感じていますし、遊びで登録している人がいないことは本当に嬉しいです。

専任のアドバイザーの方から、イメージアップやコミュニケーションをサポートしてもらえますし、相談しやすくて助かりました。バツイチで再婚なんてできるだろうかとかなり不安でしたが、バツイチでも結婚されている人はたくさんいますよと言われて、すごく安心しました。前夫に浮気されて別れているので誠実で真面目そうな人が良いということを伝えました。あとは共働きOKの人、子供が欲しいと思っている人など、次々と理想の条件を専任アドバイザーに伝えました。

専任アドバイザーの方から良いお相手を紹介してもらいました。彼は結婚経験はありません。10代年上ですが見た目は若々しい感じでした。スポーツをしているとのことです。私もスポーツは好きだったので、一緒の楽しめたら良いなと思いました。会うまではとてもドキドキして逃げ出したい気持ちだったのですが、実際に会ってみると彼の人柄に惹かれてすぐに好きになりました。何度かデートをしてお付き合いすることになり、付き合って一年で再婚しました。バツイチになった時お先真っ暗だと思ったのですが、現在とても幸せです。

結婚に夢を失ったバツイチの私が最高のパートナーと出会えた事

最初の結婚は26歳でした。私の周りの友達はどちらかというと早婚でしたし、子供を産んだ人も中にはいました。私の世代では当時結婚するのは当たり前な感じでしたし、少し焦っていた面もあったと思います。初婚の相手は私よりも15歳年上でバツイチでしたが子供も居ました。歳の事は親にも言われたのですが、父親のように頼れる部分もあるのではないかと思いました。

ですが、相手の性格は全く逆だったのです。子供のように我儘で、お金にも汚く計画性がありませんでした。わずか3年で離婚しました。離婚が肉体的・精神的にもこれほど負担のかかる事だったことも、その時になって知りました。実家に帰った季節は冬で、クリスマスシーズンでしたから、周りの賑やかさで余計にも自分の立場が悲しく感じられました。

しばらく恋愛など全く出来ないと考えていましたし、半分人間不信のような状態でした。全く男性と付き合うつもりなどなかったのですが、知り合いから男性と合ってみて欲しいという連絡を受けて断れなくなりました。その知り合いの方は母も仲の良い恩師のような人で、母にも同時に頼まれました。最初にその男性に合った時には、全く会話も続かずおとなしい雰囲気の人だと思いました。

話もあまりしない状況でしたから、次に誘われる事は絶対に無いだろうと思っていたのですが、休みになると出かけないかと連絡を受けるようになりました。母の手前もあり断る事ができずに困っている部分もありましたが、最初は口数の少なかった彼とも、一緒に過ごす事が多くなるとこちらから振る話題が増えてきました。話してみると思った以上に聞き上手ですし、頭の回転も良い上にお人よしで朗らかな性格である事もわかりました。

最初は嫌々出かける事が多かったのですが、彼の内面を知ると合うのが楽しみになったのです。彼は私より4つ下で、見た目も悪くないのでもっと他に良い人がいるのではないかと時々思いましたが、すぐに付き合いを申し込まれ2年後に結婚しました。結婚した事自体が私にとっては奇跡的な事にしか思えません。それ程前の結婚で打ちのめされました。人の人生というのはわからないものですし、一見だけの判断では人間の魅力はわからないものだと、幸せになった今でも思います。

前の旦那とよい部分で比べてしまう

二十代の頃勢いで結婚してしまい、性格の不一致から離婚しました。性格があわなくても生活していくうちに何とかなるだろ、と思っていたのですがまったくうまくいかず、私が仕事から帰ってきても掃除がしていないこっちが疲れているのに仕事の話をしてきて同意や意見を求める、若いので休日は出かけたがるけど私は疲れていて眠たいもしくは家の掃除をしたい、などあわない点が多く、このまま一生一緒にいてもイライラするだけだしと思い離婚しました。

三十代になり、出会いはあるものの前との旦那のことを考えると再婚するのも面倒だし今自分だけで暮らしていけてるしなぁと思っていたのですが、私がバツイチだと知っていて、上記のような理由で離婚したと分かっていても結婚してほしい、といってくる男性がおり、死ぬまで一人っていうのはやはり寂しいものかも、と思い再婚しました。

最初の結婚と同じようにうまくいかないかも、と思っていたのですが、互いに三十代ということもあり、再婚相手は一人暮らしが長かったので掃除洗濯も自分ででき、ここも掃除しておいたほうがいいかな、という小さな部分も掃除してくれる人です。

休日も一緒にいることができたら家でもいいよね、DVDでも観ようかと家でのんびりすることができるのです。

再婚すると、前の旦那と比べてしまうかも、と思っていたのですが比べる点は前の旦那よりも優れている部分だけなのです。

若さでは前の旦那に劣りますが、それ以上によい部分が多いのです。私も大人になりアラを探さなくなったのかもしれませんが、生活をしていくにおいてとても楽なのです。しかし楽に胡坐をかいていては離婚されてしまったり愛想を尽かされてしまうかも、と思い、前の旦那以上に今の旦那にきちんと尽くすようにし、旦那のちょっとした変化や具合悪そうなときは声をかけ、ご飯の調整をしてみたり栄養も偏らないようなレシピを試してみたりなどして、今の旦那と一緒に長く生きて生きたいと思うような生活を心がけることができるようになりました。

バツイチになり結婚はしないと思っていた私!お見合いで素敵な出会いがあり再婚

結婚一年目で夫に浮気されたので、子供がいませんでしたし離婚しました。まさか自分が離婚するなんて想像していなかったので、離婚した後はけっこう落ち込みました。周りの目が気になりましたし、両親を悲しませてしまいました。30代後半だったので、もう結婚はいいやと思ったのですが、一年ぐらい経った時に母から「お見合いをしてみない?」と言われたんです。

相手の男性は親戚の人の紹介らしいと知り、最初は断ったのですが、母が一生独身でいるなんて寂しいよと心配するので会ってみることにしたんです。もう男性は信じることができないと思っていたのですが、お見合いで出会った男性はとても良い感じの人だったので、次も会ってみたいなと思いました。外見は正直あまり好みではなく、ぽっちゃり体型でしたし年もかなり上だったのですが、話していると楽しい気持ちになったんです。

面白いことを言うのでお見合いの日はずっと笑顔でした。きっとお見合いをしても嫌な気持ちで帰ってくるだろうなと思ったんですよね。でも想像と違ってすごく良い人だったので、母がすすめるお見合いをして良かったと思いました。結婚はまだしたいなとは思わなかったのですが、彼とデートを何度もするうちに、この人と結婚したらどんな家庭になるかなと想像するようになり、そんな風に思う自分に驚きました。

バツイチになってからはもう結婚はしないと思っていたのに、彼と出会ったことで結婚に対してまた良いイメージを持てるようになったのです。穏かな人なので、きっと幸せになれそうだと思ったんです。彼から結婚を前提に付き合ってほしいと言われた時、すごく嬉しかったです。すぐにはいと返事をしていました。バツイチになってから再婚することに怯えていましたが、また結婚して幸せになりたいという気持ちが大きくなりました。半年ぐらい付き合って彼と再婚しました。現在とても幸せです。一度離婚を経験しても、再婚して幸せになることってあるんだなと思います!

再婚はバツイチなぶん相手を思いやることができるということ

『バツイチ』というと 一般的には『結婚に失敗した人』と とらえられてしまい どちらかというと悪い印象を与えがちに思われますが「この相手とは将来的に うまくやっていけない」と判断した時『別れ』を選択することは けっして悪いことではないと思います。

昭和の時代を生きてきた年配の人たちの『出戻りは恥』などという考え方が少なくないことも事実です。

なんらかの事情があって一緒には生活できない状況の中で 自分の気持ちに嘘をついてまで 結婚生活をおくり続ける意味が本当にあるのかとも考えさせられます。

確かに『バツイチの再婚』となると 初婚同士と比較しても 多くの問題をクリアしなければならず 困難なことには間違いありません。双方が『バツイチ』なら なおのことです。ですが そこは『一度 結婚に失敗した者』だったり『 同じような苦しみや悲しみを味合ってきたバツイチ同士』だったり そのぶん痛みをわかっていることも間違いないはずです。

『一度 結婚に失敗した』といっても たまたま一度目のパートナーとは うまくいかなかっただけで 次に出逢う人とは うまくいくかもしれないということです。

「この人とは やっていけない」と思いながらも ズルズル 結婚生活を続け 年老いていくことに意味はあるのかと思いながらも その一歩が踏み出せない自分は やはり『離婚をする』という現実の難しさや大変さに立ち向かう勇気をもつことができません。

『結婚や再婚』つまり『一緒になること』よりも『離婚という別れること』の方が パワーがいることだ とよく聞きます。心の中で整理をし けりをつけ 決意するのに とんでもない労力を要すること そして その労力を うまく使いこなし 実行することができた人を 大げさかもしれませんが 尊敬します。

私の周りには『バツイチ』の人は何人かいますが『バツイチで再婚』した人は 今のところ いません。一度目の結婚で力を使い果たし 残りの人生 子供と二人 生きていくことを選択したのか それとも一緒に人生を歩んでいこうと思える人に出逢えていないのか それは 本人にしか わかり得ないことです。

私の離婚から再婚の体験談

私は現在41歳男、バツイチで子供2人、昨年再婚しました。私の過去の体験談をお話しします。

私は27歳で結婚しました。出来ちゃった結婚でしたし結婚式は挙げていません。当時を振り返ると、本当にラブラブでまさか愛情がなくなるとは、思いもしませんでした。初めての子供を授かり幸せでした。

子供が生まれてから今までやって来た、金融業を辞めることにしました、何故ならば誰かの役に立つ仕事がしたいと思うようになりました。そして、アルバイトをしながら介護士の資格を取りに行きました。1カ月ぐらいで、ホームヘルパー2級の資格を取得しました。

給料は、金融業のときの5分の1減りました。それでもはじめは貯蓄も有り、なんとか生活出来ていました。しかし段々と貯蓄も無くなり生活もいっぱいいっぱいになってきました。その辺りから妻の言動などが厳しくなってきました。給料日には全額妻に渡していました。こずかいは0円です。それでも毎日頑張って働いていました。ある時ささいな夫婦喧嘩で、(あんた何様)と言われました。生まれてから初めてこんな汚い言葉を浴びせられました。今でも忘れることは出来ません。

言葉とは本当に大切だと言うことを学びました。その時に結婚して初めての離婚が頭をよぎりました。それでも何日かしたらまた、普通の生活にもどり、給料日になれば喧嘩しての繰り返しでした。そして3年がたった時、2人目の子供が妻のお腹に出来ました。正直お互いに喜べませんでした。僕は別の仕事をすることを決めました。

妻はしぶしぶでしたがokしました。そこから僕はがむしゃらに働いて、3年後には月収100万円稼げるネットワーカーになりました。僕は家を開けることが多くなり、妻は僕を尊敬してくれるようになりました。しかし、時すでに遅し、僕の妻への愛情は、あの時の(あんた何様のつもり)から、段々なくなっていた気がします。

僕の妻との結婚生活は14年で終わりました。なんで一緒にいたのか考えると、子供のためだった気がします。そして昨年新しい妻が出来ました。毎日が楽しくて仕方ありません。

よく世間では、結婚は我慢と言いますが、我慢してまで一緒にいる必要はないと、今は感じることが出来ます。今、我慢して結婚生活をされてる方は、勇気を持って本当の幸せは何かを、考えて見てはいかがでしょうか、人生は1度きりです。