★更新日2018/04/01★

目次

お見合いパーティーで異性に興味を持ってもらう為には?

パーティーにて乾杯お見合いパーティーや婚活パーティーで異性に興味を持ってもらうためにやらなければならないことは、短い時間で良い印象を与えることにあります。

多くのお見合いパーティーや婚活パーティーは多くの参加者がいる前提があるために、一人一人に関わることが出来る時間が短くなる傾向にあります。

そのために意識しておく事柄は、第一印象を最高の状態で多くの異性に与えることが重要となります。

最初の印象が良くない人のプロフィールを深く理解したいとは思いませんし、多くの人がいる婚活パーティーでは記憶に残りづらくなってしまいます。

だからこそ異性にしっかりと覚えてもらえるような最高の第一印象を目指しましょう。

解説をするまさよある程度人数がいるお見合いパーティーは記憶に残らないと意味が無いです。

だからと言ってインパクトがあればいいのか・・・とは違います。
いい意味で相手の記憶に残るように綺麗にし素敵な笑顔で第一印象を良くしてくださいね。

どうすれば良い印象を与えられるのか??

マグカップにsmileの文字それではどうすれば初めて会った異性に良い印象を与えることが出来るのかと言えば、まずは笑顔で異性と接してみることをオススメ致します。

多くの男性は婚活パーティーに緊張してしまいどうしてもぎこちなくなってしまう傾向にあるようです。

そのため笑顔でしっかりと話してみるだけで良い印象を与えることが出来るようになります。

相手の目を見て笑顔で話しかけるだけできっとその他の男性よりも良い印象を与えることができるでしょう。

そして、何より大事なのは笑顔で相手に一番の興味を持ってあげることとなります。

なんとなく挨拶をされてなんとなく質問をされただけでは、どうあっても相手の印象には残らないでしょうし、何より相手の記憶には残りません。

だからこそ笑顔で興味を持ってあげて、今後あなたと強く関わり合いたいんだという強い意思をしっかりと相手に伝えてあげることがとても重要となります。

笑顔で元気に相手に話しかけて、興味を持って相手に話しかける!そうするだけで気になる異性の印象に残りやすくなるでしょう。

そして相手の服装の良いポイントをメモしておいて後で伝えることができればさらに相手に良い印象を与えることが出来ます。

解説をするまさよ色んな人と話す機会がある為、話した会話が記憶に残りやすい可能性があります。

やはりそんな時相手と自分の共通点を見つけて会話すると「あっ〇〇の人だ」と覚えてもらいやすいでしょう。

お見合いパーティーでやってはいけないタブーなことは?

美容室の店内お見合いパーティーを通じて異性に対してやってはいけないタブーなことは、見た目や身なりを小綺麗にしないこととなります。

そもそも身なりが綺麗じゃない人にはあまり近づきたくはないですし、何より長い時間一緒に居たいとは思えません。

だからこそ、お見合いパーティに参加する一週間前くらいにはヘアサロンに行って小綺麗にしてから、清潔な印象を与えることが出来る服を購入しておくと良いでしょう。

そのほかにも靴を綺麗にしておくことも重要となりますし、爪のケアもしっかりとしておくと良いでしょう。

なので身近な異性の方にどうすれば小綺麗になれるのかについて気になるポイントを質問しておくと良いかもしれません。

どんなことに気がついて、気にしてしまうのかを思い切って質問しておきましょう。

解説をするまさよ美容院は前日ではなく1週間から3日前がベストですね。

案外髪形を変えたすぐは新しい長さに慣れておらずヘアセットが決まらないことがあるので、当日までに試行錯誤しておくと当日に納得がいくヘアスタイルになるでしょう。

どうすれば異性に清潔だなと感じてもらえるのか?

理容室でヘアカットではどうすればより清潔だな!と異性から感じてもらえるかをより詳しくお伝えをしていきます。

まず第三者に対して清潔感を与える為に考えておくべきポイントは次のようになっています。

1 髪型
雑誌にあるようなオシャレだと感じさせるような髪型よりかはショートカットだったり、全体的に野暮ったく感じさせないような髪型だと良い印象を与えやすいです。

2 肌
男性と言えども化粧水を使ったり、保湿液を使って肌のケアをしておくとより良いようです。顔の印象をより良くするためにも肌のケアを怠らないことをオススメ致します。

3 体系や服装
週末にランニングをしたり、スマートに見えるような服装を選べば良いようです。筋肉質な体系と言うよりかは、どれだけ健康的に見えるかどうかが重要となります。

4 口周り 爪 鼻 耳 首 眉毛
男性の場合はヒゲをしっかりとしていくことや、爪をしっかりと切っておくこと、そして眉毛をヘアサロン等で整えていくことが重要となります。

解説をするまさよ女性の場合は、メイクはナチュラルな感じがオススメです。

気合い入れ過ぎて濃いメイクになってしまうと、悪い意味での印象が残りがちです。
やはり初対面はさわやかなイメージの方が男性受けがよいです!!

良い印象を与えるだけ!?仲良くなれちゃいます!

香水をつけている男性婚活パーティーで良い印象を異性に対して与えるためには、相手に一番の興味をもってあげて、小綺麗にした格好でしっかりと話しかけてあげることだとお伝えをしてきました。

では、どうして小綺麗にしただけで印象を良くしていくことができるのかを簡単にお伝えをしていきます。

そもそも清潔感がある男性は、女性に対して良い印象を与えることが出来ることが大きな理由となります。

日本は世界やお隣の国である中国と比較しても綺麗好きですし、それは世界中から知られていることとなります。

日本の中ではなかなか理解しづらいことですが、日本人は本来綺麗好きな傾向にあったようです。

解説をするまさよ婚活パーティーに限らず、キレイにしていると相手からは印象がよいです。

出会いを求める場であれば、相手が思う印象はとても大切になります。

日本人は本来小綺麗だから、気づいたところから少しずつ綺麗にすればよい!

スーツを着こなす男性だからこそ、日常的に社会人として気をつけている衛生上のマナーを私生活でも意識してみることをオススメ致します。

ヨレヨレのスーツを着て営業に行くことはありえませんし、そもそもそれはビジネスマナーを守れていないことを意味します。

なので、真剣に相手に出会いたいという意識を気になる異性に伝えるためにもしっかりと小綺麗にしておくことに意味が生まれるのです。

最初から完璧である必要性はないため、少しずつ何かしらの気づきがあった点を綺麗にしていくだけで婚活パーティーの結果が良くなることでしょう。

解説をするまさよ真摯な男性は女性に好印象を与えるので、ビジネスマナーを守れる男性はモテます。

女性は褒められるのは好きなので、顔はもちろん、ヘアスタイルや洋服などについて「素敵ですね」などと褒めるのもいいですよ!

お見合いパーティーについてQ&A

初めてお見合いパーティーに参加しますが人見知りです。話しかけられるのを待っていてはだめですか!?

解説をするまさよダメではないけど・・自分から話しかけないことで、出会うチャンスは逃しているよね。

全員に話しかけなくてもいいので、自分の興味を持った人くらいは自分から話しかけた方がいいよ。

たぶん今まで彼氏や彼女が出来なかった人は、自分から話しかけるのが苦手な人が多いですね。

やはり社会人 出会いの場には会話は必須なので、話しないと記憶にも残らないしね。

最初は難しいかもしれないけど勇気をもって話しかけてみて!!


《参考》利用者が多い婚活・恋活サービス公式サイト一覧

  • ゼクシィ縁結び公式サイト

    結婚と言えばゼクシィというほどにゼクシィブランドは知名度・ブランド力・安心感があって定着してますよね。ゼクシィ縁結びは、恋人を探している人向けの婚活・恋活アプリのサービス。

  • ペアーズ公式サイト

    女性は無料で利用できる。フェイスブックマッチングアプリの中では知名度ナンバーワン。

  • Omiai公式サイト

    10代20代女性は無料で利用できる。ペアーズとOmiaiは婚活・恋活アプリの有名大手トップ2。ペアーズには登録していないけどOmiaiには登録してるって人も多いので要チェックです。

  • マッチドットコム公式サイト

    マッチングサービスのパイオニア的存在。世界25か国に利用者がおり、日本でも187万人以上が利用中。

引用元 社会人出会いの場ナビ|場所・きっかけ等をレクチャー

お見合いパーティー・婚活パーティーに関する口コミ・体験談

婚活パーティーで自分の理想の女性を見つける

最近では素敵な出会いを求める男女が大変多くなっているようです。多くの方にとって理想のパートナー選びは大変重要な問題となりますが、実は中々思うような相手と巡り合って素敵な人生を送る事は難しいのも現実です。相手を探すにもどのような場所を選べば良縁に繋がるかは中々判断に難しいのが現実かも知れません。

自分の好きな相手をいかにして効率よく見つけるかは大変重要な事となりますので、自分の理想に近いパートナーを探せるようなイベントを選らんで楽しんでいく事が大変重要な事となるのです。婚活パーティーは多くの方に大変身近なパートーナー選びの方法となります。

多くの良縁を探す方にはこのようなパーティーをいかにして活用するかは大変重要な事となります。婚活を楽しんでいける方の特徴は自分のニーズや目的に関してきちんと意識を持っている方なのです。素敵な相手を見つける事に関して臆していては素敵な出会いを見つける事は中々難しくなります。

私がよく利用する婚活パーティーは地元の飲食店や商店街等が定期的に開催するパーティーなので、大変素敵で楽しいパーティーとなります。定期的にこのような会に自分から足を運んでいく事でより素敵な楽しみを探す事が可能となります。合コンよりも少し背伸びした大人の付き合いというイメージで楽しんでいけるので気軽に多くの女性との交流を楽しんでいく事が可能となるのです。

素敵な自分らしい相手を気軽に見つけるにはあまりにもかしこまったパーティー等ではなくこのようなパーティーを有効に活用して気軽に異性とのコミュニケーションを図る事が大変重要な問題となるのです。いかにして素敵な思い出を自分で作っていけるかどうかはとても重要な事となるのです。

普段から自分のアンテナを上げて素敵な出会いを見つける事を考える事が大変重要な事となるのです。インターネットで検索すればこのような催しはよく開催されているので自分の目的やニーズにあったお店を選んでいきましょう。

出会い系パーティーに抵抗はあったけれど実際に行ってみたら意外と楽しむことが出来ました。

今回は私が始めて参加した出会い系パーティーの体験を報告します。私は33歳の独身男性で、大きくはありませんがそれなりに安定した会社で10年以上務めています。よくある話ですが仕事関係で出会いはほとんどなく、まだ早いと思いながら気づけば30歳も過ぎ、出会い系パーティーに参加しました。場所は池袋で、会費は男性で13000円。それなりの出費でしたが、これで女性と出会えるというのなら決して高くはない金額だと思います。

会場はちょっとお洒落なバーでした。あまり行きなれていないのと、パーティーが始まる前のお互いけん制しあうようなソワソワした雰囲気が嫌に感じましたね。時間になると司会者がパーティーの趣旨を簡単に説明し、まずは自己紹介タイムです。

参加者20人くらいが、一列に並んで座り、5分ずつの自己紹介をしていきます。これって10人に自己紹介するんですが、事前に話す内容を決めていった方が良かったですね。しどろもどろになって自己紹介する自分がとても恥ずかしかったです。

自己紹介が終わると、その後はしばらくフリータイムになりました。出会い系パーティーって、もっと主催者側が話しやすいようにする仕掛けがあるのかと思っていましたが、意外とないものなんですね。ブッフェ形式の会場で、いきなりフリーで話してくださいといわれても、それができれば出会い系パーティーに参加なんてしていません。

女性に話しかければよいのかどうすれば良いのか…。けど層考えているのは私だけではなかったようで、他の男性もソワソワしていたので、ちょっと安心できた気になりましたね。けっきょく一人の男性が女性に話しかけだしたのを見て、みんな同じように話しかけました。

当たり障りのない話から始まって、今日来た目的などを時間まで数人の女性と話せました。こういうパーティーってもっと緊張するもんだと思いましたが、意外とアットホームなんですね。何人かの女性たちのラインの番号を交換してその日は終わり。

連絡を取ったところ会ってもらえるようです。最初は抵抗がありましたが、出会い系パーティーってもっと積極的にやっておけばよかったと思います。

笑顔が素敵な人だと思っていたのに食事のマナーが酷かった

婚活パーティーというと厳かなイメージがありました。それは決して間違っていませんが、割とカジュアルなものもあったりします。

私はいくつか参加していますが、カジュアルなものだとより相手の素が見えて楽しかったりします。

厳かなものだって、必要だと思います。そういうものだと、その人のマナーがよく分かります。食べ方だったり、そういうことを知ることが出来ます。

あくまで個人の考えですが、その人のマナーがどんなかんじか知りたいなら厳かなもの、素を知りたいならカジュアルなものといったかんじでしょうか。

私は、とあるカジュアルな婚活パーティーで、この人いいなと思ったことがありました。ニコニコしているけど嫌らしいかんじがなくて、やはりと言いますか女性にも人気がありました。

物腰柔らかいとまではいきませんが乱暴な感じもなく、人気があるのも頷けます。人気があるのは仕方ないですが、なんとかこの人と話したいと思わされました。

実はなんとか1度話せたのですが、やはり素敵な人だと感じました。実はその人とその後、厳かなほうのパーティーで一緒になりました。

私は心の中でかなり喜びました。なんと、向い側に彼がいたのです。これがチャンスだと思って心の中でにやっとしたのも束の間、唖然としました。

食事のマナーがなっていなかったのです。一応言っておくと、私はマナーに特別厳しいわけではありません。その私でさえ、ちょっと酷いなと思ってしまいました。

ひじを軽くついているならまだしも、思い切りついていました。ここは家ではないのです。あと、噛むときは音を出していました。

音を出さざるをえないような食材もありますが、そんなのは出てきませんでした。あと、かちゃかちゃと音も結構うるさかったですね。

もちろん無音なんて無理な話なのですが、それにしてもうるさくて、隣の人もちらちら見ていました。私は食事のマナーにうるさいつもりはありませんでしたが、ここまで酷いと、いくら素敵な人だと思っていても興ざめでした。

甘い誘惑に誘われて出かけた先で思いがけず見つけた大きな幸せ

私が29歳のときに初めて婚活パーティーというものに参加しました。周りの友人達はまだ結婚をしている人が少なかったこともあり、29歳という年齢でも結婚に焦りを感じたことがありませんでした。

そんな私がある時友人と、飲食店などの情報誌を見ていたときのことでした。ケーキ食べ放題イベント開催、という大きな文字に惹かれたのです。

しかもそれは女性は無料と書かれていて、もう行くしかないよね、と一気にテンションが上がりました。

よく見てみると、それは婚活パーティーで女性は無料でケーキが食べ放題で、しかも異性と知り合えるというものでした。

主催していたのが、そこの情報誌を作成していた会社だったので不審な点がなかったことで、私と友人は参加を決めたのです。

正直、私は婚活よりもケーキに惹かれていました。無類のケーキ好きで毎週のようにケーキバイキングに行っていたので、この上ない企画だったのです。

そして参加をした人生で初めての婚活パーティーでしたが、置かれていたケーキを見て私はテンションが下がってしまいました。

いかにも冷凍のものを切って置いただけのようで、種類も少なかったからです。しかし無料なので文句は言えません。

ケーキ目当てだった私は男性のプロフィールなどほとんど見ていませんでした。

そんな私に終了間近で声をかけてきた男性がいました。ケーキの側から離れない私に興味があったようです。

出会いが目的ではなかったので、正直にケーキ目的で参加したことを話しました。

そしてその人は大笑いをして、そんな女性見たことないと言われ、少しカチンときたのですが、彼がその後くれた名刺を見て、私は驚きました。

なんと、彼は私が行きつけのケーキ屋さんのオーナーをしていたのです。

友人が主催のパーティーだったらしく、参加者ではなくただふらっと寄って友人に会いにきただけだったのです。男性ではなくケーキにだけ食いついていた私が面白かったようで、それから連絡を取り合うようになったのです。

今では私の彼氏となって、一緒にケーキを食べ歩いています。婚活パーティーとはいえ、出会いには興味がなかった私が、好きなケーキがご縁となり素敵な相手とめぐり合えました。

初めてお見合いパーティーに参加!いろいろな人と話すことで、刺激はあるがとても疲れた

私は、お見合いパーティーに何回か参加をしたことがあるのですが、初めて、参加した時には、とてもいろいろな刺激がありました。まず、私はそれまでお見合いパーティーというものに参加をしたことがなかったので、どんなものなのか、想像をすることができませんでした。しかし、実際に行ってみると、かなりの人数の人が参加をしているため、これほどまでに需要があるんだな、と思いました。

お見合いパーティーでは、主にたくさんの男性と順番に話すという感じでした。

その時参加をしていたのは、大体30名ぐらいだったので、その方たちみんなとプロフィールカードを交換し、そして自己紹介から話す必要がありました。最初の方は良かったのですが、本当にこれが大変で、最後の方になるととても疲れてしまいましたし、皆と話す必要はあるのかな、と思ってしまいました。

その後、フリータイムというものがあり、気になる異性とお話をするという形になるのですが、フリータイムに、自分から話をするというのが、疲れてしまっていて、こちらに来てくれる方とお話をする形になりました。

その後、カップリングタイムとなり、自分が良いと思った方の番号などを書いて、そしてカップリングとなり、終了となります。

カップルになった方は、二人きりで部屋を出て行った後にカップルで帰るという形になるのですが、その時は私はカップル成立となることはありませんでした。

お見合いパーティーは、いろいろな人と話すことができ、自分の印象を知ることができたりもしますし、またどんな人がいるのかな、と雰囲気を知ることができるので、出会い探しには良いと思います。しかし、たくさんの人と話をすることになりますし、とても疲れます。良い出会いがなければ、時間を無駄にしてしまうような感じもありますので、やっぱり条件などが設定されていて、好みの異性の方が集まっていそうなパーティーを中心に参加することが良い方法だと思いました。

婚活パーティだったら、とても気軽に出席する事ができました

今まで何度も失恋をしてきました。私は結婚願望はかなり高いです。それなのにこのままでは結婚できないかもしれないと思いました。だから婚活パーティに出席してみたのです。もしかしたら今流行の婚活パーティで、素敵な出会いがあるかもしれないと思ったのです。

私は婚活パーティというものを知って、友人からいろいろと聞いていたのです。友人は今までに三回も、婚活パーティに出席しているのです。だからある意味先輩と言えるでしょう。

感想は一言でとても楽しかったでした。その言葉を聞いて、早速私も応募してみたのです。そして出席する事になりました。いつもよりもおしゃれしました。いつもよりもメイクも薄くしました。そしていつもよりも、女性らしく振舞うようにしたのです。

きれいな女性がいっぱい来ています。かっこいい男性もいっぱいいました。目をつけたのは三歳年上の開業医でした。将来の事を考えて、この人とならと思ったのです。

思ったよりもかしこまったパーティでもありませんでした。思ったよりも気軽に出席する事ができたのです。いろんな話をしました。いろんな事も聞かれました。結婚の話しも出ました。もちろん私もいっぱい彼には聞いてしまったのです。失礼かなと思いましたが、今聞かないと後悔すると思ったのです。せっかくお金を出して出席しているのだから、聞きたい事は全部聞きました。

その結果やはり彼が一番だなと思ったのです。彼以上の人はいませんでした。

私はその日はカップルにはなれませんでした。彼は違う女性を選んだのです。でもとてもいい勉強になりました。婚活ってこういう事だとわかったのです。婚活パーティってこういうものだという事が、はっきりとわかったのです。

カップルにもなれなかったし、何の収穫もありませんでした。でもまた婚活パーティに出席する時の練習になったと思います。初めてのわりには、私は結構頑張ったほうだと思います。また今度を期待したいです。

婚活パーティーは別に緊張していたって悪くないと思います

婚活パーティーは緊張してしまうことが多いので、記憶が抜け落ちていることもたまにあります。最初のほうに参加したものなんかは特に、覚えていないこともあります。

ですが、印象深いことだってもちろんあります。私はその当時、異性の人と話すことが少し苦手になっていました。

以前はそんなことありませんでしたし、何か嫌な出来事があったわけではありませんでしたが、年をとるにつれて苦手になっている時期がありました。

今はそれほどでもありません。以前のときほどフランクにとまではいきませんが、1番苦手だったときよりは話せていると思います。

ですので、苦手だったときは、話しかけてくれるのをありがたいと思うと同時に、変に思われていないかというのも凄く気にしていました。

この人、私を変だと思っているなという視線を感じることもありました。ですが、少し年齢が上の人だと、温かく見守ってくれているような目の人もいました。

こういうのを包容力というのかは分かりませんが、ありがたいなと思いました。そういう経験をしたので逆に、緊張している男性がいたら、見守ってあげることを意識しています。

こういう場は最初は特に、緊張してしまうものです。それは仕方ないと思います。最初からこういう場で堂々と振舞える人なんて中々いません。

そうなれば楽なのかもしれませんが、緊張するから駄目ということでもないでしょう。緊張したらしたなりに頑張れば良いのです。

何故そんなふうに言えるのかというと、堂々としている人の中には問題ありな人もいるからです。

自分の何にそんなに自信があるのか分かりませんが、最初から上から目線で、この人と結婚する人は大変だなと思ってしまいました。

もちろんそれを言ったりはしませんが、苦労するなと思ってしまいました。こういう人を見ているので、堂々としていること=良いこととは思えませんでした。

ですので、少しずつ雰囲気に慣れればそれで良いと思います。

自分の趣味にマッチングした婚活パーティーに参加することは人生が充実する

私が参加してとても良かった婚活パーティーの話をしたいと思います。それは今年参加した美術館コンと、ウォーキングコンというものです。

普通の婚活パーティーは食事を囲みながらわいわいと自由に語り合い、自分と合う人を探っていくものですよね。私も何度か参加したことがありますが、そういったベーシックな婚活パーティーには男性も女性もガツガツした人が一定数以上いて正直疲れるんです。確かに自分から積極的にいかないと、年齢と職業くらいしかわからない参加者でいっぱいですから見極めることが出来ません。自分の好みの人にガツガツされるのは嫌な気分はしませんが、好みでない人にしつこく探られると本当に帰りたくなります…。現金なものです。

そんなベーシックな婚活パーティーに反していわゆる趣味コンは最初から自分と趣味が合う人たちばかりです。結婚を考える相手ならば互いの趣味に理解がないとうまくいかないでしょうから、趣味というフィルタリングの元選ばれた人たちなら結婚後もうまくいく可能性が高いはずです。

共通の趣味がきっかけで仲良くなるというのは男女の関係性においてきわめて自然だと思います。趣味に関連した話題でしたら自然と口をついて出ますからお互いにナチュラルな状態で接することが出来るので無理に自分を作る必要もありません。それに付き合う前から予めその趣味に対してどの程度の熱意を持って取り組んでいるのか知ることができるのも大きいです。同じ趣味を持っていようと程度差が大きいとどちらかが置いてけぼりで同じ土俵で会話することが出来ない場合があるからです。自分と同じくらいのはまり方をしている人を見つけることが出来るのはありがたいです。

更には同じ趣味仲間というものは、異性だけでなく同性も知り合えると楽しいものです。一人で美術館巡りをするよりも、同じ美術館巡りを趣味とした人と巡った方が違う視点での考えを知れたり、自分の知らない知識を補ってくれたりと面白さが倍増します。

自分の趣味にマッチングした婚活パーティーが開催されていれば、ぜひ参加することをおすすめいたします。

アラフォー向けの婚活パーティに参加してみての感想

アラフォーの女性です。以前は婚活パーティーに少し抵抗があったのですが、いつも職場と自宅の往復ばかりなのと、女性ばかりの職場で出会いが無いので一年ほど前から参加してみることにしたのです。一度参加すると抵抗感はほぐれて、過去10回以上アラフォー向けの婚活パーティーに参加しています。

女性はアラフォーでも気を配っていれば見た目など綺麗にしている人は多いと思いますが、この世代の男性陣はちょっと疲れた感じの人が多かったなと感じます。お仕事を頑張っていらっしゃるから仕方ないことだと思うのですが、少しは元気な感じが見えた方が嬉しいです。

婚活パーティーではざっくりと短時間しかお話できない場合もあるので、次に個人的に会うようにできると進展するのでしょうが、なかなか踏み込みたいと感じさせる男性と話すチャンスが得にくく(やはりオーラのようなものが違って女性が引き寄せられるんでしょうね)

何度も参加していると結局同じようなメンバーと再会するパターンがあり、気恥ずかしいものがありました。

また、職業に弁護士や医者とおっしゃる方も結構いるのですが、ハッキリ言って信憑性は定かではありません。

医師免許を持っていない人が医師だと名乗ることは医師法違反になるので、きっと本当なんだろうなとは思ったのですが、結局なんとなく次に繋げたくなる雰囲気ではなかったので、連絡先の交換などはしませんでした。

正直、職業としては大変魅力的だったのですが・・・

せっかく参加しているのに、あまりにも引っ込み思案な感じではいけないと思い、自分なりに積極的にコミュニケーションをとってみようと決めて参加してみると、見た目にも清潔感があり波長が合いそうな好感の持てる男性何人かと連絡先を交換して、連絡を取るようになりました。

結婚をしたいと考えている人たちが集まるものなので、質問などもしやすく助かります。

あとは価値観などが合うかどうかを確認して、お互いへの興味が深まれば、どんどん進展していくのではないかと感じています。

「この人だ!」と決まるまでは、一人だけに絞るよりも、同時進行で何人かと交流する方が良いのではと個人的には考えています。

「この人だ!」と決まれば、他の人はかすんで見えますから。

お見合いパーティーに何回も参加をしたけれど、良い方も見つからなくて、とても疲れてしまった

私は、独身時代に、お見合いパーティーに参加したことがあります。なぜ、お見合いパーティーに参加をしたのかというと、まず私は当時、付き合っていた彼氏と別れてしまい、良い出会いがなかったからです。そのころは、結婚ラッシュであり、回りにも結婚をする人がぼちぼちでてくる時で、大変焦りがありました。このため、お見合いパーティーに参加することで、良い出会いがあるのではないかとおもい登録をしてみることにしました。

お見合いパーティーに参加といっても、たくさんのお見合いパーティーがあちこちで開催されているので、いける時には参加するようにしていました。また、同時に私の友達も、出会いを探していましたので、一人ではなく、友達と常に参加をすることができたので、心強かったです。

お見合いパーティーによって、立食パーティー形式のものがあったり、また椅子に座り、ローテーションをして順番にお話をする形式のものがあったりと、さまざまな形式がありました。しかし、私は、立食パーティー形式のものは、立ち歩いて、好きな人と話すことができましたし、こちらの形式の方が好きでした。

しかし、お見合いパーティーは、たくさんの人と話さなければいけませんし、同じプロフィールや自己紹介などをたくさんの人としなければいけないので、本当に大変でしたし、疲れてしまいました。ピンとくる相手がいないことの方がほとんどでしたし、カップルになりたいな、と思えるような人がほとんどいませんでしたので、私はお見合いパーティーに参加したら、どっと疲れてしまって、落ち込んでしまったり、自信を無くしてしまうことのほうが、多かったと思います。

ある程度パーティーに参加して、何回かその後会う方を見つけたりもしましたが、友達以上にはなることができませんでした。このため、参加をすることをしなくなってしまいました。しかし、出会い探しには刺激になりましたし、良い経験にはなったと思います。

昭和っぽくて面白い、ねるとんパーティー初体験

彼氏いない暦8年、30歳女です。その日もいつものように仕事が終わり、いつものように自宅へ帰り、いつものようにパソコンでメールチェックをしていました。

私は知り合いに生命保険会社の女性がいるのですが、メールはその方からでした。”今度うちの会社主催のお見合いパーティーがあるから参加しない?”というものでした。

興味があった私は、内容と日付、金額などを詳しくお願いと連絡し教えてもらいました。

内容はその人も参加したわけじゃないから詳しくは知らないけど、参加費は3000円で、飲み食いも用意してくれているのでできるということでした。

崖っぷちだった私は、とりあえず参加することにしました。

当日、あまり気合入れすぎても引かれそうだしと地味なベージュのワンピースを選択し開場の30分前に乗り込む私。

また会場に入ることができないので、男女別の控え室で時間をつぶすことになりました。

私が女性ばかりの控え室に入ると、そこには大体私と同じ年?もしくはもう少し上かな?という女性の方達が沢山いらっしゃいました。

手持ち無沙汰に自分のネームカードを弄っていると、目の前にいた女性が声をかけてくださいました。

「初めてですか?」

はいそうですと答えると、その方は3回来ているという常連さんでした。パーティーの内容を聞くと、要するにねるとんパーティーだと教えてくれました。

会場が開くと皆一斉に入っていきました。結構大きな規模のパーティーで、50人×50人ほどの男女が入り乱れていました。

司会の方が一応進行してくださってはいるものの、ほとんどがフリートークで、声をかけたりかけられたりしていました。

私も何も出来ずに突っ立っていた所、数人の男性に声をかけていただくことができました。

あまり男性と普段話す機会が無かった私にとって、この時間は普通に面白い時間でした。

色々な方とご飯を食べたりお話しをしていると、時間が来ました!とアナウンスが入り、これからねるとんに移りますと急にあわただしくなりました。

男女別に番号順に一列に整列させられお互いの方を向き合いました。私は番号が若かったため、司会の方から近い場所(3,4人目)にいました。

女性の方を向く司会者。静まり返った会場で大きな声で進めていきます。

「こちらの1番の女性が気になっている方!挙手をお願いいたします。待ったをかけてもかまいません。どうぞ!」という具合でした。

私は心の中で”マジか…超恥ずかしいじゃないこんなの”と思っていました。1番の女性には誰も手が挙がりませんでした。

正直もう帰りたいところでしたが帰れるような雰囲気ではありません。

2人目と3人目の女性には一人ずつ手が挙がりました。その方達は、どこかのカフェの券をもらって、二人で退場していきました。

あぁもう嫌だと思っていましたが私の番です。

びっくり&本当にありがたいことなのですが、2人の方が手を挙げてくださいました。パーティーの最中、特によくおしゃべりをしていた方を選ばせていただき二人で退場しました。

挙げてくださったのはとても嬉しかったのですがとにかくめちゃくちゃ恥ずかしかったです。しかもその後主催者から写真を撮られました。

このパーティーの良い所は、職業や年収などを詳しく紙に書かなくてもよかったので気さくに皆さんとお話ができるところでした。加入している生命保険会社に、そうゆいうパーティーは主催していないか聞いてみるといいかもしれません。逆に、男性のスペックが気になる方は、年収○○以上とか職業限定とか言われるパーティーに参加した方がいいかもしれません。

今回カップリングが成立した方は普通の会社員でとても良い方で、今後どうなるのかがとても楽しみです。

お見合いパーティーに参加して相性の良い男性に巡り合うために重要だと思ったこと

私は婚活をするためにこれまでお見合いパーティーに参加してきました。そして、今はそのお見合いパーティーで巡り合った男性と結婚して幸せに暮らしています。このように言うと、お見合いパーティーに行けば簡単に出会えるんだと勘違いする方もいるかもしれません。でも、そんなことは全くありません。婚活パーティーではむしろカップルになれることはほとんどありません。テレビのお見合い番組などでは簡単にカップルが成立していてすぐに相手が見つかる感じもあるのですが、まったくそんなことはなかったです。お見合いパーティーに参加するたびに理想的な男性に巡り合えずにへこんでいました。

なぜお見合いパーティーに参加しているのになかなか相性の良い男性と巡り合えないのか?その理由としては、恋愛下手な男性や女性が多いからだと思います。男女でなかなか会話が盛り上がらないのです。また、結婚を考えられないような相手が多いことも理由です。正直、あまりモテない男性だろうなという方も多いです。参加するたびに時間の無駄だったと思うことが多いのです。

でも、この考えは間違いだと気づきました。なぜなら、お見合いパーティーに参加しなければ出会いの可能性を狭めてしまいますし、中には素敵で相性の良い男性に出会う可能性があるからです。私はあきらめずにお見合いパーティーに参加していたら、会話も弾んで自然体でいることができる笑顔の素敵な男性と巡り合うことができたからです。この男性は今の旦那なのですが、実に13回もお見合いパーティーに参加して出会うことができました。

このことから私はこれからお見合いパーティーに参加する人に言っていきたいのは、あきらめずに参加してほしいということです。運命の人は1人のはずです。その運命の人がたくさんいるわけがありません。お見合いパーティーでなかなか素敵な男性がいなくても当たり前のことなのです。でも、自分に相性の良い男性に何度も参加しているうちに巡り会える可能性もありますから、あきらめないことが重要だと思いました。

初めてのお見合いパーティー参加でなかなかの充実感があり結婚意欲が上がった

妹が先に結婚したことをきっかけに本格的に婚活しないといけないなと思って、参加してみたのがお見合いパーティーでした。

私は昔からあまり異性関係が活発ではなく仕事柄研究職をしているので、プライベートの時間というものが他の人にくらべて少ないように思います。

だから意識しなくて恋人や結婚相手を見つけることはまず不可能だと思って、お見合いパーティーに参加してみたいと決意しました。

という動機があるので、同じように参加する人たちも婚期を逃した私みたいな人が多いのかなと勝手ながら印象をいだいていましたが、実際に参加してみてその印象はあっさり覆されたよえに思います。

なぜかというとお見合いパーティーに参加している人たちは意外にも若い人たちが多くて、私はどちらかといえば年上のほうになるのかもしれません。

だから最初のうちはどぎまぎしていましたが、参加してすぐに一人の男性の方に声をかけていただいて、少しずつ緊張がほぐれていったように思います。

お見合いパーティーということで軽い食事もあり、何も用意されたすべての時間しゃべりっぱなしではありません。

参加するまでずっと何か話していないといけないのかにと勝手に妄想していましたがそんなことはありませんでした。だから、話す相手がいないときでも手持ち無沙汰になることもなく、かっこがつかないということもありません。

私としてはあまり話すことは得意ではなかったため、こういうのがあるととても助かりました。

もちろんお見合いパーティーなので、何人かの方と連絡先を交換できたりととても収穫が大きかったです。

それに充実感もあり、久しぶりに学生時代に戻ったような気がしました。いただいた連絡先に後日メッセージを送らせてもらい、会う約束を取り付けた方もいましたし、お見合いパーティー初めてにしては私としてもなかなか頑張っていたなという気分です。

だけどもっと多くの人と結婚の縁があるかもしれませんからまたお見合いパーティーには参加したいと思っています。

婚活パーティーに参加してみて参加者たちはどんな人が多いのかをお話しします

結婚したい30代の私は、これまでいろいろな婚活をしてきました。その中で婚活パーティーにも何回か参加したことがあります。これから婚活パーティーに参加してみようかなという女性の方もいると思いますので、気になるであろう参加者たちはどんな人が多いのかをお話ししたいと思います。

婚活パーティーに参加するまで、私もどんな人が参加者でいるのか気になりました。おそらく期待よりも不安のほうが大きかったと記憶しています。その理由は、やはり婚活パーティーに参加するのはモテない男性だと思い込んでいたからです。来るのは正直なところ不細工であったり性格に問題があったりお金がない男性であったりとあまり印象の良くない男性ばかりが来るのではと思ったのです。ところがです。

実際に利用してみてそれは大きな間違いだと気づきました。婚活パーティーに参加する男性の多くはかなりまともな感じの男性が多く、イケメンの男性や会社経営者、誠実でまじめな男性など優良物件と呼ばれるような男性が結構いたからです。

男性たちとお話をすると、これまで仕事で頑張ってきて出会いがなかった方だったり、シャイな性格が災いしてなかなか彼女ができなかったりといった理由で婚活パーティーに参加しているということだったのです。婚活パーティーに参加してみて男性陣のレベルは高いなと感じました。

ただ、もちろん想像していた通りのイマイチな男性も参加していますから、素敵な男性に女性が集中してしまう感じです。そのせいで、私は参加するたびに良いなと思った男性を逃してしまっています。ここで思ったのは、婚活パーティーで素敵な男性をゲットするには自分も素敵な女性にならなければ難しいということです。そうでなければライバルがいる状況ですからなかなか選んでもらえないという問題があります。

婚活パーティーに参加している男性は素敵な男性もたくさんいます。大事なのはその素敵な男性に選ばれるようになることだと実感しました。

私が婚活パーティに参加した得たこととは

婚活パーティーの体験談を紹介します。私は元々婚活パーティに興味があまりなかったのですが、友達についてきてといわれたのでしぶしぶついて婚活パーティに行きました。婚活パーティに興味がなかったのは、私の中でどうせ良い人がいないという気持ちが強かったからです。

だったら、友達に紹介してもらったり趣味をやっているのでその関係で見つければいいなと思っていました。婚活パーティはどこかコンパのようなイメージが強かったのです。ですが、実際に婚活パーティに参加して人が多くてまず圧倒されました。そして、一人ひとり個別でお話して制限時間内に自分のアピールをしていくのですが、なんとその中に自分の好みの人を発見しました。性格が特に好きで顔も結構好みでした。最初の個別のお話の時間にいいなと思ったのですが、その時はあまり時間がないのでそこまでアピール出来ませんでした。

そこで、その後のフリータイムでお話をしたかったのですが、彼はやはり、婚活パーティの中で人気でたくさんの女子に囲まれていました。私は元々コミュニケーションが高い方ではないので、その雰囲気に圧倒されてしまい、気に入った男性に近づく事が出来ませんでした。

結局その男性とまともにお話をする事が出来ませんでした。もちろん私に話しかけてくれる男性はいましたが、その中でいいなと思った人は残念ながらいませんでした。元々やる気のなかった婚活パーティーなので着飾ることしかせず、対策を考えていませんでした。

まさか、良い人に出会えるなんて思っていないので、何も考えずにきた事を後悔しました。もう少し、話す内容とかを考えていけばよかったと思いました。前もって自分のアピールポイントや趣味など話す内容を考えていけば上手く話せたのかなと思います。

今の時代は女性もグイグイいく時代なので負けていてはいけません。良い人がいたら、待っているのではなく、自分から行く事を考えてみると良いです。これから婚活パーティに行く人は話に困らないようにあらかじめ考えていく事をオススメします。

人見知りの私でも何度か婚活パーティーに参加して慣れてカップルになれました

30歳を超えてからは、普通の生活をしていても出会いはないと思い、婚活をすることにしました。20代の時にもっと必死になって相手を探していれば良かったと思いましたが、今更考えても仕方ないので、積極的に婚活をすることにしました。

休みの日はとにかく婚活パーティーに参加をするようにしました。平日はエステに行ったり、友人と楽しく遊んだり、婚活について考えないようにしました。毎日婚活について考えてしまうと、結婚できなかったらどうしようとか、不安なことばかり考えてしまうので、婚活パーティーに関係ない平日は自分磨きに励みました。

色々なところで婚活パーティーに参加をしたのですが、フリータイムがない婚活パーティーがあったんですよね。私としてはそこが気に入りました。私は人見知りであまり異性に積極的に話しかけるタイプではないので、フリータムの時間って苦痛だったんです。けっこう周りの女性は男性に積極的に話かけているのに、私はすみのほうでオロオロしているだけでした。自分に自信がないんです。でも何度か参加をするうちに、婚活パーティーに慣れてきました。

プロフィールですが最初は見栄を張って書いていたのですが、それだとあとでバレてしまって、「プロフィールカードに書かれていることと違うますよね」と言われるかもしれないので嫌だと思い、正直にありのままの自分を書きました。またすごく丁寧に書くようにしました。本当の私を好きになってくれる人じゃないと付き合っても、結婚してもうまくいかないと思ったんです。少しずつ自己アピールできるようになり、カップルになることができるようになりました。

私のようにおとなしい人でも、何度も婚活パーティーに参加をしていれば慣れてきますし、これから婚活しようと思っている人はどんどん婚活パーティーに参加をすることをオススメしたいですね。婚活パーティーでは積極的な人が有利だと思います。できるだけ頑張って話すようにしたらたくさんの良い出会いがあると思います。

婚活パーティー参加はパワーが必要

職場の彼氏がいない同僚3人で婚活パーティーに行ったことがあります。

あまり重すぎる、「パーティー参加後すぐに結婚へ向けてのお付き合い」というのも、初めてのパーティーでどこまで信用していいのわからないし、かといって、ただの軽いその場だけの出会いというのも怖いよねぇって事で、参加するまでに結構悩んだりしました。

色んな婚活パーティーの募集がある中、年齢的にもこれが一番いいかなと思い、申込しました。

決め手は男女とも年齢が30歳以上であったこと。

20歳代だと、男性はやっぱり若い女性の方が魅力的にうつると思うし、こちらにしても、年下すぎる男性と話が合わなかったり、色々気をつかったりするし…という理由からでした。

一応、きれいめな恰好で参加。今回の男女比は男性の方が2人少ないという状況でした。ちょっと残念。だって、それだけ出会いが減ってしまったということだから。

男性15人、女性17人ということで、テーブルを挟んで、目の前に男性座っているという状況で、プロフィールカードを書いていきます。

「休日の過ごし方」や「デートで行ってみたい場所」「仕事が休みの曜日」「好みのタイプ」「自己アピール」等々、結構盛沢山な内容でした。

それを5分以内に書いて、男女共のアピールタイムスタート。1人につき3分ずつ、目の前の男性とプロフィールカードを交換して、その内容について話していきます。

そして、3分がたった後、目の前にいる男性が隣に移動して、さらに違う男性が目の前に座るのでまたプロフィールカードを交換して会話…というのを15人繰り返していきます。

もう、見知らぬ人と話す、しかも話題はそのカードの中身を見て広げていくという、本当に会話力とか、そういうものが必要になってきます。

次から次へと話していくので、どの人が良かったかも覚えながら…です。

そのあと、フリータイムコーナーがあって、気になる人のところへ行き、自由に話していい時間が10分。

そのあとに、フィーリングカードというものが配られ、「お付き合いしてみたい人」を1人、「連絡先を交換してもいい人」を3人選び、書いていきます。

そして、カップリング発表という感じでした。カップルは3名誕生していました。

残念ながら、私たち同僚3人は誰一人としてカップル成立にはなりませんでしたが、連絡先が書かれたカードを3名分頂きました。

もう、終わった後、ヘロヘロですごく疲れました。知らない人と話していく、自分をアピールしつつ、相手の事もしっかり確認する。

約2時間の婚活パーティーでしたが、集中していたので、本当に疲れました。

婚活パーティーはパワーが必要です。

ずっと行き続けるとしんどいなぁって思うので、心がしんどくない程度の参加するならいいなと思いました。