★更新日2018/07/05★

目次

本当の結婚適齢期や結婚時期とは?

人生の道しるべ周囲の友達が結婚してしまっていたり家族からいつ結婚をするのかと質問されてしまっていたりなど、結婚時期や結婚適齢期がそもそもいつなのかを疑問に感じている人は多いでしょう。

そんなあなたにまずお伝えをしたいことは結婚したいと感じた時が結婚適齢期と考えて良いということとなります。

誰かが結婚をしたからといってもあなたが結婚を急ぐ必要は全くありませんし、重要視すべきことは誰と共に人生を歩んでいきながら幸せになりたいのかとなります。

結婚とは大学や会社のように決まった時期に行わなければならない行事などではなく、真剣に人生を歩んでいきたいと感じる相手が見つかった時に考え出す出来事となります。

まずはどんな相手と結婚をしたいのかをしっかりと考えてから結婚適齢期を見極めていくと良いでしょう。

解説をするまさよ女性は特に友人が結婚すると周りから「あなたはまだなの?」と言われますね。

でも結婚適齢期は個人によって違いますので、周りに言われることは気にしない方がいいでしょう。

でも結婚適齢期っていつなんだろう、、、な疑問を解消するには?

大吉のおみくじ結婚をしたいと感じた時が結婚適齢期であることは確かなのですが、そんな適齢期がいつ頃なのかがなんとなくわかると嬉しいものです。

そんな疑問を持ってしまう時はインターネットにある結婚適齢期に関する占いを試してみると良いかもしれません。

占いなので確実な未来に関して答えてくれるというわけではありませんが、何かしらの判断材料になることは確かでしょう。

そして占いを通じてこんな内容になったとブログに書いてみたり、Twitterでつぶやいてみると何かしらのコメントが付く可能性もあります。

なので結婚適齢期っていつなのかな?と疑問を感じたらまずは占いをしてみると良いでしょう。

ただ、一つお伝えをしておきたいのが占いはどこまでいっても占いでしかないので、そこまで重く受け止めずに気楽な気持ちで占ってみると良い結果となりやすいでしょう。

解説をするまさよ占いは占いにすぎないけど、行き詰ってしまった時にはいいかもしれません。

ただし占いに振り回されないようにしてくださいね。

一般的な結婚適齢期はいつなのかをしっかりと理解しておく!

教会一般的な結婚適齢期がいつなのかを理解しておくことは、周りから結婚がいつなのかを聞かれた時に自分との違いを説明する上で重要となります。

日本の男女の間の結婚適齢期の平均的な時期はおおよそ25歳から33歳までの間となっています。

男女ともに経済的に自由度が増え始めるころですし、女性の側から考えれば出産を含めた人生設計を考えるとこれぐらいの年齢になるようです。

結婚を意識し始めたのなら、すぐに婚活を始めた方が良いですし、何より多くの男性と出会っていた方がより共に幸せになれる相手を見つけることが出来るでしょう。

解説をするまさよ結婚適齢期は個人差はありますが、一般的な結婚適齢期(25歳から33歳)の人が一番多いと思います。

婚活したらすぐに結婚できるというわけではないので、自分が結婚適齢期だと感じたらすぐに婚活しましょう。

結婚適齢期がわかりだしたからこそ、真剣な婚活を始めよう!!

ハートと空結婚適齢期とはどこまでもいっても平均的な年齢層に過ぎないですし、30代が結婚適齢期の人もいれば、40代が結婚適齢期の人ももちろん存在しています。

だからこそ、ある程度平均的な結婚適齢期のことがわかったなら、気楽な気持ちでネット婚活サービスに登録をしてみると良いでしょう。

なぜなら、同年代から少し上の年代の人たちがどの程度結婚に対して前向きに行動しているのかを実際に体感することが重要だからです。

趣味が会うような人と結婚生活をしたいのか、地方に移住をして結婚生活を送りたいかなど実は結婚をする時に多くの選択肢があることがわかるでしょうし、そして、こういった婚活の場で社会人 出会い きっかけを求める時に意識をしておきたいのは、結婚適齢期にあえてとらわれないようにすることとなります。

結婚した方が良いのかもしれない、、、と意識を持ってしまったためにそこまで乗り気ではない人とおつきあいを始めてしまっても意味がありません。

重要なのは結婚をしたいと考え始めているあなたの気持ちとなります。

そんなあなたの気持ちに対して素直になってあげることが出来れば、もしかしたらすぐに良い人が見つかるかもしれませんし、今は結婚をする時期ではなく仕事を真剣に頑張ろう!と考え直すことが出来るかもしれません。

こういった行動の結果の気づきは、真剣に婚活と向き合うからこそ得られる大事なものですし、どうしたら良いのかと迷っていてはなかなか手に入るものではありません。

結婚適齢期を気にし始めたあなたの素直な気持ちを大事にすることをオススメ致します。

解説をするまさよまずは自分の理想の結婚を考えましょう。

理想の結婚をするにはいつごろ結婚するのがいいのか自ずとわかってきます。

結婚適齢期を知りたいなら、まずは行動あるのみ!

プロポーズの言葉結婚適齢期はひとりひとりが考えなければならない人生の出来事と言えますし、そんな時に必要となってくるのは真剣に行動でしかありません。

行動しなければ具体的な結婚をしたいと考えている時期は見えてこないでしょうし、見えてこないものを悩んでいても正しい結論には結びつかないでしょう。

だからこそ結婚適齢期が気になりだしたなら、まずは婚活を通じて行動をし続けることで本来あなたがどんなかたちで結婚をしたいのかを知る努力をしなければならないということとなります。

そんな時には婚活アプリや恋活アプリを使えばより簡単に婚活をすることが出来るのでオススメとなります。

重要なのはあなたの気持ちに気づいてあげることと、真剣に自分と向き合ってあげることとなります。

解説をするまさよ行動をしなければ何も始まりません。

まずは自分の人生設計に見合った人と出会う事が重要です。
婚活アプリや恋活アプリをつかってより理想の相手と出会ってください。

結婚適齢期や結婚時期についてのQ&A

28歳なので親から「早く結婚しろ」と言われています。私は35歳くらいで結婚を考えているのですが・・・今が結婚適齢期なんでしょうか?

解説をするまさよ結婚適齢期は個人によって違います。

だから今、あなたが結婚する気が無いのであれば気にしないでいいと思いますよ。

でも親ですよね・・・親ってのは自分と照らし合わせてしまう事がよくあるので、あなたの歳にはすでに結婚していたらとついつい「早く結婚しなさい」なんて言ってしまうものです。

ただ、35歳で結婚と考えるのも良いですがいざその年齢になってから相手を探すと結婚自体を逃してしまう事がよくあります。

私の友人で45歳の女性がいますが、若い頃にプロポーズを2回されましたが、結婚はまだ早いかな?と思って断ったら、本当に結婚したい時には相手がいなく気づけば45歳になっていたととても後悔していました。

もし今お付き合いしている人がいるならば、「絶対に今は結婚しない」と思うのではなく「このまま縁が続けば結婚もいいかも!?」と思えるようになると気が楽に結婚を少ずつ意識できるんじゃないかな?と思います。

33歳の私はまさに結婚適齢期だと思っています。でも相手がいませんどうしたらよいですか?

解説をするまさよ相手がいないという事は、今は付き合っている相手がいないという事ですよね。

結婚って気持ちのドキドキも必要ですが、心の安らぎの方が重要だと思っています。

だから案外昔から知っている友人の中に未来の旦那さんがいることもよくあるんですよ!!

昔から知っている友人の場合、いいところも悪いところも知っているので、空気のような存在になり長続きするんですよ!

でもそんな相手が周りにいない人は、やっぱり出会いを求めて行動するしかないと思います。

かといって今まで出会いが無いのであれば、今までの様に過ごしていたら出会うチャンスは格段に少ないでしょう。

やはり、出会いは待っててもこないので、自分から行動をしましょう。

気軽に始められる婚活アプリや恋活アプリがオススメですよ。


《参考》利用者が多いマッチングアプリ一覧

  • ゼクシィ縁結び公式サイト

    結婚と言えばゼクシィというほどにリクルートのグループのサービスであるゼクシィブランドは知名度・ブランド力・安心感があって定着してますよね。ゼクシィ縁結びは、恋人を探している人向けの婚活・恋活アプリのサービス。

  • ペアーズ公式サイト

    女性は無料で利用できる。フェイスブックマッチングアプリの中では知名度ナンバーワン。

  • Omiai公式サイト

    10代20代女性は無料で利用できる。ペアーズとOmiaiは婚活・恋活アプリの有名大手トップ2。ペアーズには登録していないけどOmiaiには登録してるって人も多いので要チェックです。

  • マッチドットコム公式サイト

    マッチングサービスのパイオニア的存在。世界25か国に利用者がおり、日本でも187万人以上が利用中。

引用元 社会人出会いの場ナビ|場所・きっかけ等をレクチャー

結婚適齢期に関する口コミ・体験談

結婚適齢期なんて関係なし!結婚するのは何歳からでも遅くはありません

よく結婚適齢期なんていう言葉も聞きますが、これって正直全く関係ないですね。確かに、若いときに結婚するのも良いと思いますし、子供にとっても若いお父さんお母さんだと嬉しいでしょう。

それでも、若くして結婚するのが必ずしも良いとは言えないですし、結婚適齢期に結婚しなければいけないということもありません。

男性で言えば、だいたい20代中盤から30歳前後が結婚適齢期かもしれません。しかし、世の中にはもっと若くして結婚する人もいますし、もっと遅く結婚する人もたくさんいます。結婚適齢期に結婚しなければダメというのは間違いなので、結婚適齢期を過ぎてしまっている人も心配することはないのです。いつ運命の人とめぐり合えるかわからないので、焦らずにご自身のペースで婚活をしていくのも良いのではないでしょうか。

結婚は人性のゴールですが、それが最終的な目標ではないですよね。そこからも仕事を続け、お子さんをつくったり、家を購入したり必要な物を手に入れる必要もあります。結婚するまでに貯蓄をしている人も少なくないですし、経済的な事情が苦しい中で結婚するのは厳しい現実が待っているかもしれません。結婚適齢期は人によって違うと言っても過言ではないので、その人に合った時期に結婚するのがベストだと思います。

40歳を超えてから初めて結婚をした人もかなりいますし、私は独身ですが、まだまだ結婚は諦めていません。30代前半な私は結婚適齢期は過ぎていても焦っていないので、まだまだこれからだと考えていますね。適齢期は目安なので、何歳になっても結婚はできますし、適齢期に結婚したからといって幸せになれるとも限りません。

そのこともあり、結婚適齢期に結婚したい!それまでに結婚をしたい!という気持ちが強い人も、そこまで意識しなくても良いかもしれないですね。

そのうち結婚できればいいか!くらいの気持ちで、将来ステキなパートナーが現れると信じて、それをじっくりと待ってみるのも良いでしょう。結婚適齢期は関係ないですね。

運命の人と出会った時が結婚適齢期、と思っていました。出産するまでは。

結婚適齢期は人それぞれです。結婚適齢期が20歳の時の人もいれば50歳の時の人もいます。何歳で結婚したから幸せになれる、ということはありません。運命の人に会った時が結婚適齢期なのです。もう30歳だから結婚しなくては!と焦らなくても、必ずパートナーに出会える日が来ます。

結婚適齢期という言葉に惑わされずに自分に合ったパートナーを探すことが大切です。結婚=幸せとは限らないから、誰かが決めた結婚適齢期という尺度に囚われることなく、自分の価値観で人生を決めていく方が良いです。

34歳で出産するまで、私はそんな風に思っていました。しかし、出産、育児をしてみて痛感するのが子供を産むなら絶対若い方が良い、ということです。育児は本当に体力勝負です。35歳を過ぎると1年1年、自分が老化していくのを感じます。

それに対して子供はどんどん行動範囲が広がり、親の体力も必要になっていくのです。ママ友たちはみんな年下。若いノリに全くついていけない疎外感を感じます。また、子供が大きくなったら再就職を…と考えると40歳過ぎてしまいます。

40歳過ぎると求人も減ってしまうのです。出産が遅かったことで、精神的・経済的に少し余裕はありますが、やはり体力的に辛く、2人目は考えられませんでした。夫は年上なので、60歳の退職の時に子供は大学生。いまは経済的に余裕がありますが、将来の教育費や老後の資金はあまり余裕がありません。20代のころに仕事ばかりしていて恋愛をおろそかにしてしまい、結婚が遅くなってしまったことを少しだけ後悔しています。

そんな自分自身の経験から、結婚適齢期という言葉に囚われて好きでもない人と結婚する必要はありませんが、子供を持つことを考えているなら、早い時期から運命の人を真剣に探した方が良いと思います。今の私が考える結婚適齢期は20代です。ただ、子供を持つことを考えていないのなら、何歳でも運命の人に出会った時が結婚適齢期、だと思います。

絶対に必要性のない結婚適齢期

私は結婚適齢期は必要ないとおもっています。私は現在20代後半なのですが、周りの友達は結婚していたり、していなかったりとばらばらです。

しかし、結婚適齢期であるこの時期に結婚しなければと思っている人がほとんどですごく焦っています。焦って失敗して、つらい思いをしている子もたくさんいてます。

世間が勝手に結婚適齢期をつくってしまって、この時期に結婚できない人は負け組などといった思考が、結婚できない人たちの心を痛めつけていると思います。

それに、結婚したくてできないのではなく、元々結婚しようとなんて思っていない人もいます。私の先輩で現在31歳の女の人がいてるのですが、彼女の周りの友人はみんな結婚しています。しかし、彼女は結婚する気はありません。誰かと付き合う気もなく、1人ですが、旅行に行ったりとすごく楽しんでいます。

でも、同窓会に参加したりすると、かならず結婚のことについて聞かれ、結婚しろとばかり言われるそう。結婚適齢期が過ぎるということをよく言われていて、それが本当に苦痛で、そういう集まりにも行かなくなったのです。

そうやって、集まりの場にも行けなくなるような環境を作ってしまうのは、結婚適齢期があるせいだと思っています。私は、結婚適齢期なんて必要がないとおもいます。だって、誰がいつ結婚しようがその人の勝手だと思うからです。

それに、もし結婚適齢期を意識しすぎて、勢いで結婚してしまい、そしてうまくいかず離婚してしまった時、それが一番の悲劇だと思います。そんなことにならないために、結婚適齢期を意識せずに、時間をかけて自分の好きになった人と自分たちのタイミングで結婚できたら良いと思うからです。

結婚適齢期なんて周りが急かすためだけの言葉にしかすぎないと思っているので、今結婚に焦っている人には、焦らなくて大丈夫と言ってあげたいです。結婚適齢期なんてこの世からなくなれば、みんな平和に暮らせるのになぁと思っています。

結婚適齢期や周囲の結婚ラッシュに踊らされた私の婚活事情

結婚する人が多くなる年齢を、データをもとに集計した結果を結婚適齢期といっているだけで、事実結婚に適齢期などはないのではないかというのが私の意見です。仮に結婚の適齢期があったとしても、それは一人一人によって違うのだろうと思います。

出世や出産のために良いタイミングを、うまく自分の人生の上に乗せるためのスタートが、結婚の適齢期にはあるともいわれますが、それならば尚更すべての人が同じ流れを辿るはずがありません。人生のイベントから逆算して結婚の年齢を決めるのなら、誰かの意見ではなく自分で計画表を作って、望むのが正しいはずです。

私がそのように結婚適齢期という考え方に疑問を持つようになったのは、二十代の半ばころ、その定義によって婚活を行ってうまくいかなかったことがきっかけです。結婚適齢期とされている年齢の時、ちょうど同級生の友人の間でも結婚ラッシュが巻き起こっていたため、一人取り残されるのではないかと焦った私は行動を開始しました。

それまで結婚を強く意識しながら、女性との交際をスタートさせることはなかったのですが、結婚の適齢期であるという事実が、否応なく私に結婚の二文字を突き付けます。結婚するなら故郷が同じ人の方が良いのではないか、趣味があった方が楽しいのではないか、子供好きな人がいいのではないかと頭の中は瞬く間に現実的な思考へとすり替わってしまい、そうなればもう恋愛どころではありません。

交際をお願いした時には好感触だった彼女に呆れられ、そんな中身のない結婚はしたくないと別れを切り出されたことで、私は自分が曖昧な結婚適齢期という概念に踊らされていたことに気付きました。結婚のために交際を始めた、責められても仕方のない愚かさにも気付き、彼女が言うままに別れを受け入れるしかありませんでした。

それからは結婚は、交際の果ての結果でなければならないと肝に銘じるようにしています。本当の結婚は、しようと思って行うことではなく、自然な流れで辿り着く場所なのだろうと、適齢期の矛盾を通して知ったのです。

女性のタイムリミットがある限り結婚適齢期は無くならないものです。

「結婚適齢期」と大まかにくくられて、30歳前後の女性あたりをターゲットにされる事が多いのですが、結婚適齢期というものは、自分が結婚したくて相手が見つかったり、見つけようとした時が結婚適齢期だとして個人差があって良いと思います。

でも世間では、結婚適齢期という言葉が普通に存在しています。その時期から外れると何だか恥ずかしいと感じる女性は少なくないのも現状です。

ここには女性の妊娠・出産があると思います。現在の医学の進歩で確かに高齢出産も可能になりました。しかし限界もありますし、様々なリスクも上がってしまいます。

私は29歳で結婚、33歳で出産を経験しましたが、30歳でも妊娠には少し時間がかかり、医療の力で赤ちゃんを授かりました。

子供は苦手と思っている女性や、子供はしばらく考えていないと思っている女性もいると思いますが、妊娠したいと思った時直ぐに赤ちゃんが出来るとは限らないので、この時期が若い年代にこした事はないとも思います。また、出産すれば育児が始まります。私の経験も含めやはり若いママさんが有利かと感じる事も多いです。

私が思う結婚適齢期とは、結婚はその女性自身が結婚を望む年齢で全然かまわないと思います。仕事や数人の方とも恋愛をして、様々な経験してからでも問題はないと思いますが、その先の妊娠・出産を考えると、あまり先延ばしにしては結果が伴わないなどの弊害が生じてしまうと考えます。

この、女性のタイムリミットがある限り、結婚適齢期の年齢は以前比べ多少は上がったとしても、30歳を少し超えたところには存在し続けると思います。

私の知人が37歳になり、40歳を前にしてこのまま仕事をバリバリ続けて行ってもいいものか?と悩んでいました。彼女は高収入の仕事に就いているので、生活力はあります。しかし周りや両親の事を考えると、結婚適齢期を過ぎちゃったとも話していました。

私が大きな事をとても言えませんが、現在まで沢山の人を支え夢中で過ごしてきた彼女に、何もかもは手に入れられないけど、仕事をちょっと離れて自分に時間を使ってもいいんじゃないかな?と伝えました。

暫くして、彼女から素敵な彼氏との写メが送られてきました。彼女にも結婚適齢期が訪れたようです。

結婚適齢期は人によって違うはず。

独身の人であれば両親や親戚から「もう結婚適齢期なのだから結婚を考えなさい」と言われた事があるかもしれません。でははたして結婚適齢期とはいつごろなのでしょうか?我が国日本では男性が18歳、女性が16歳で結婚できる事になっています。

そして、結婚できなくなる年齢と言うのは存在しませんので、命ある限り結婚をすることが出来ます。今の社会は画一化されていなく多様性が認められています。確かに一昔前の日本の江戸時代では10代後半で結婚していた人が大半だったようですが、今ではそのときと事情が異なってきます。今でも10代で結婚する人もいるでしょうし、50代や60代になってから結婚する人もいることでしょう。

以前は結婚して子供をもうけることが普通のこととして考えられていましたので、やはり20台が結婚適齢期だと考えていた人も多いでしょう。しかし今は子供をもうけることに関しても様々な考え方があります。早く結婚しても子供をもうけない事にして人もいますし、子供が欲しいから結婚するという考えでなくて、結婚と言う制度の元でなく子供をもうけて育てていく人もいることでしょう。

このように考えますと、現代社会において結婚適齢期というのはもう意味をなさなくなってきていると言えるでしょう。いうならば、法律上結婚を許されているすべての人が結婚適齢期なのです。もちろん結婚するのには、結婚相手が必要です。ある程度の経済的安定が必要だと考える人もいるでしょう。また人格的に円熟していて結婚するなら結婚を成功させる事ができると考える人もいます。

いつ結婚相手にしたいと思う魅力的な異性に出会うのか?いつ経済的安定を手に入れることが出来るのか?そしていつ結婚する事ができる特質を満たす事ができるのかはそれぞれによって異なってきます。それで、結婚したいと思うときこそが結婚適齢期であり、世の中の人が考えている、何歳になったから結婚適齢期で、結婚を考えなくてはいけないという風潮には流されないようにしましょう。

精神的に自立してからが結婚適齢期

結婚適齢期というのは、その人によって違うと思います。結婚はしなければいけない義務ではないですし、すれば必ず幸せになるとも限りません。

幸せな人生、楽しい日々を送りたいというのはみんなが望んでいると思いますが、人生で何をして、どのように過ごすことが、自分の幸せなのかというのは、その人によって違います。

愛し愛されるパートナーと出会い、家庭を持ち、何気ない日常やあるいは特別なイベントをともに経験しながら人生を重ねていくというのは素晴らしいことですが、それは必ずしも結婚の形をとらなくてもできますし、何歳だったら遅すぎるということもありません。

逆に、世間やメディアの「適齢期」に惑わされて、社会慣習的に結婚を急いだ場合、興味のある活動や勉強、とことん打ち込みたい仕事を通じての人生の喜びを味わうという可能性は狭まれてしまいます。

あえて適齢期を定めるというのであれば、結婚というのは法的な手続きを経て、他人が家族になるという契約ですので、精神的に安定、自立し、パートナーを大切にする余裕と覚悟がある状態が望ましいと思います。

自分にとって結婚することが幸せな人生の選択であるという確信が持てるのであれば、いくら若くてもよいですが、自分についての理解や人格形成は多くの経験を得て培われる面も大きいものですので、社会を経験して自分なりの生き方について考えてからのほうが正しい判断ができると思います。二十代で決意する人もいるでしょうが、もっと遅く、何歳になっても遅すぎるということはないと思います。

結婚適齢期は年々増加しているのでそこまで狭いとは感じていない

元々結婚適齢期というのは、時代によって変わっているように思いますから、基本的にあるとは思っているものの、無いように感じられる数字だと思います。もちろん30代くらいでは結婚できていればいいので、もし結婚適齢期を付けるとすれば、私は30代くらいだと思います。20代は早すぎますし、結婚しても長期間続かなかった場合は、大変な思いをすることだってあります。30代くらいになり、落ち着きがしっかり出てくるようになっていれば、それだけ安心して結婚に踏み切れるように感じます。

40代になると遅いとされていて、そろそろ諦めようかなと感じている人も増えてくることになります。ただ、晩婚化が進んでいる現代を考えると、こうした結婚適齢期が遅くなってくることもありえるので、人によっては40代くらいで適齢期と感じている人がいるかもしれません。ただ、30代じゃないと、いい人を見つけられるのは難しいと思っていますし、なるべく安心して行いたいと思っているなら、30代から準備をした方がいいです。

90年台なら、結婚適齢期は20代に設定されていて、しかもかなり若い年齢で結婚しないと、色々言われることが多くなります。晩婚化や独身志向、それから色々な精神的なトラブルによって、結婚適齢期は徐々に遅れてきました。30代で結婚しても問題はない年齢となり、何か言われるようなことが少なくなってきたことも事実です。そうした時代の変化に応じて、結婚適齢期は30代ならいつまででもいいような感じだと思っています。

入りの部分は結構早いのかもしれませんが、終わりと言われている適齢期の最後は結構広くなっているように思っています。結婚適齢期は、30代の前くらいから、40代の中盤くらいまでと考えてもいいかもしれませんが、一応人が見ている時の限界は、39歳までのような気がします。そのため結婚適齢期を考えていくと、39歳までにできればいいかなという気持ちがあるので、そんなに狭いと感じないほうがいいです。

結婚適齢期は個人の人生で変わるもの。

「結婚適齢期」というものは、子育てを終え、今度は孫の顔を早く見たい親世代の人たちが、子供に結婚を早くさせるように考えた「都合の良い言葉」であって、結婚したいもしくは結婚する時が、結婚適齢期だと思っています。なので、年齢設定をする必要はなく、個人で設定すればよいもの。

自分でその年齢が結婚適齢期だと設定すればいいのです。私は28歳で結婚し、30歳と34歳で2人の子供を授かりました。友達の中では結婚は一番で、自分でも早い方と思っていました。しかし、子供が幼稚園に通い出すと、他のママさんより明らかに年上なのです。

大体が20代から30代前半。そうなるとママさん達との距離感も難しいです。私は大学を卒業しているので、社会に出たのは23歳の時。28歳で寿退社したので、たった5年しか働いていません。また大学の友達で、いまだに結婚していない人は、男女ともに結婚している人よりも多いです。

周りの友達が結婚していないので、焦る事なく、独身を謳歌しています。私は結婚している立場ですが、それで何の問題もないと思います。私こそ大学を出たのに、たった5年しか働いておらず、もっと働いて実績を残したかったし、結婚はもっと遅くても良かったのではと思うくらいです。

しかし、子供が幼稚園に入り、経験のない社会に飛び込むと、自分の知らなかった世界がありました。多くの女性は20代で結婚し、子供を産み、子育てをしているのです。私の中では、20代前半はまだ学生であり、遊びまくっていた頃。その頃に子供を産み、子育てをしている女性もいるのです。なので今の時代、一律に結婚適齢期は「この年齢だ!」なんて言えることはできません。

大学もしくは大学院まで行くと20代前半は学生の状態です。留年、浪人をすると社会に出るのは20代後半になることもあります。女性は、残念ながら男性とは違って、子供を産める年齢が決まっています。

しかし、結婚適齢期というものは、個人の人生で変わってくるものです。子供を考えていなければ、どの年齢でも結婚はできます。出産、子育てを踏まえて年齢を決めるのであれば、「子育て適齢期」とすることで、平等性が出てくると思います。

結婚適齢期は環境や考え方によって人それぞれだと思います。

結婚適齢期は、その人の環境や考え方によってそれぞれであり、変わってくると思います。

例えば、私自身は20代前半で結婚したために、周りの人たちからは、そんなに早く結婚して、独身時代の自由に遊べる時間が少なくなってもったいないと言われたり、子供を産むには早いほうがいいから早く結婚して良かったのではないかなどと色々なことを言われます。

私自身はもう少し独身の生活を満喫しても良かったかなという思いも少しありましたが、結果的に高齢だった祖母に結婚式やひ孫の顔を見せてあげられましたし、両親にも孫の元気な姿を早くから見せられたので、今は特に後悔はしていません。

子供が独立した後、独身の頃のようには自由ではないかもしれませんが、少しは自由な時間もできると思うので、それから旅行や趣味をゆっくりと楽しんでもいいかなと思っています。

そのようなわけで、私の結婚適齢期は20代前半だったということです。逆に、私の友人で30代後半に結婚した人がいますが、その方は独身時代を満喫してきたので全く後悔はしていないと言っています。

彼女は独身時代が長かったので、仕事もバリバリ頑張り、お金もためて、旅行などの趣味も心おきなく楽しめて本当に良かったと言っています。

途中、このままずっと結婚できないかもしれないという不安も多少あったといいますが、結果的に30代後半で今の旦那さんと知り合って結婚して、今では2人のお子さんにも恵まれています。友人は2人目のお子さんを40代前半で産んでいて、体力的には大変なこともあると言っていますが、家族で旅行を楽しんだりととても幸せそうです。

その友人の結婚適齢期は30代後半だったんだと思います。

妊娠を考えると、特に女性は20代から30代前半くらいに結婚したいと思う方も多いかと思いますが、中には子供を望まない方もいます。妊娠などを考えなければ、結婚適齢期は40代でも50代でももっと後でもいいでしょう。

結婚適齢期は本当に人それぞれだと思います。

結婚適齢期は見据えている目的によって変化するかもしれない

結婚したいと考える年齢は、男女によって多少の差はありますがおよそ30歳前後です。多くの人が結婚を望む事から、一般的な結婚適齢期は30歳前後だと言えます。ですが一般論とあなたの結婚適齢期が重なるとは限りません。30歳前後で結婚を望む人が多いのは、それ以上の年齢になるとパートナーが見つかり難いと考えるからです。

若い頃から結婚願望を抱いている人は、子供を授かり幸せな家庭を築き上げる事を目的にしています。ですが出産は女性の体力が不可欠であり男性の優良な精子も重要です。年齢を重ねると両方の要素を満たせなくなる恐れがあります。だから出産に伴う不安要素が少ない30歳前後に、結婚したいという気持ちが強くなるのです。

結婚の目的が少しでも変化すれば、30歳前後が結婚適齢期だとは言い切れなくなります。例えば現代の日本は独り身の生活に抵抗を感じるケースが少なくなっています。幸せな家庭を築き上げる事よりも、自由を満喫する事を重要視しているためです。

しかし一人で生活を送っている間に、仕事を辞めてから人との繋がりを失う事を恐れるタイプが存在しています。彼らは幸せな家庭を築き上げるためではなく、寂しい気持ちを紛らわせるために結婚相手を探すのです。それは気の合う性格の相手さえ見つかれば、簡単に達成する事が出来ます。先に書いた出産に必要とされる十分な体力や優良な精子を必要としません。

結婚適齢期が目的を達成するのに理想的な年齢だと考えるなら、何歳であっても問題ないという事です。現に私も50歳間際になってからハワイで挙式しました。仕事一筋で生きてきた私ですが、会社で望んだポストを掴んでから急に将来が不安になったのです。

いつかは必ず会社を離れなければならなくなります。その時に誰も居ない家で暮らしていく事など耐えられません。だから私は友達に近い年齢の女性を紹介して貰いました。周りからは遅過ぎる結婚に見えるでしょうが、老後を不安に感じなくなっただけでも私は満足です。この様に結婚する目的さえ達成出来るのであれば、結婚適齢期はあまり重要ではないと考えています。

結婚適齢期や結婚時期は自分で決めることだと思ってます。

結婚というものはいずれしたいな、と思っていてもお付き合いしている人がいない限りずっとできることがありません。そしてたいていの場合年齢を重ねていくだけて周囲の人からあいさつのように、結婚しないの?と聞かれることとなります。これは単なる挨拶ですので、そこまで気にする必要はないのですが、聞かれる本人の心境によっては大変傷ついていることもあります。失恋した直後や婚活がうまくいっていないなど、結婚したくてもうまくいかない人だっているのです。

これらの挨拶の言葉の内容に相手は責任を持っているわけではありません。そして自分の普段の居場所、つまり会社などでもなんとなく話を振られることもあります。気になるということは自分も気にしているという答えかもしれませんが、自分で納得していないときに結婚してもうまくはいきません。

結婚は自由な時間とお金を失います。今まで100%自分のために使ってきたのに、それを家族のために使うことになります。動くお金も独身の時とは違うのです。家賃車、家族で稼いだお金は家族で使うことになります。時間だって遊ぶ時間に使うことができたのが、家族のために使うことになります。身の回りのこと家事全般なども誰かがしないと回っていきません。また恋愛していることが楽しくて仕方ない人も、結婚は一人の人を愛し続けることですから、やめておいたほうが良いです。

これらのことをを踏まえて、それでも結婚したいかと踏み切れることが大切です。さまざまな失うものをあきらめて、それでも家庭を持ちたいかと自問自答することで自分で決めることが大切なのが結婚適齢期です。決して判断を他人にゆだねてはいけません。

ただ、恋愛も妊娠も、男性が若い人が好きという習性、女性は35歳までが妊娠しやすいという事実はあまり変わっていきません。ですから、そのことを念頭において自分の結婚適齢期はいつかということを考えていくと、見つかっていきます。

結婚適齢期って、誰が決めるものでもなく、自分のライフスタイルに合わせて決めればいいのでは?

よく、テレビや雑誌などで、結婚適齢期と言った内容を目にしますが、その結婚適齢期って、言った、誰が決めるんですか?日本人として生まれ、育った私は、決まった年齢になったら、小学校に入学し、そのまま、中学、高校と進学。そして、大学に行った方が良いという日本の習慣に基づき、大学に進学。その間、20になれば、成人。といった生活を送り、社会人になり、少しは、自由になれたかと思えば、今度は、結婚適齢期と言う言葉に振り回される事になるのです。

この場合、小学校入学などとは違い、はっきり、何歳に結婚しなさい!と言うような決まりはありません。なので、適齢期といった言葉が使われているのだと思いますが、では、その適齢期とは一体、何なんでしょうか。ある調査では、男性の場合30歳。女性の場合、27歳が結婚適齢期となっています。その理由は、男女ともに仕事も落ち着き、将来の事を考えるには、良い年齢と言う事。また、男性の場合は、これから、子供を育て、定年までに育て終る為には、このぐらいが良いという事。女性の場合は、子供を産む年齢を考えるとこのぐらいが良いという事のようでした。

確かに、その理由はわかります。男性の場合、何歳でも子供を持つ事ができるとは言え、経済的な事を考えると、定年までに子供は、社会人にしておきたいもの。そうなると、何歳でも子供を持つ事ができると言う事は、少し、非現実的かも知れません。また、女性の場合は、実際、子供を産む年齢を考えるともっとシビアに考える必要があり、そう言った面で、結婚適齢期があると言っても仕方がない事かも知れません。

しかし、これはあくまでも、結婚後、子供を持つ事を前提とした話だと思います。もし、初めから、子供など作らず、夫婦2人で仲良く暮らしていきたいと思う人の場合、この結婚適齢期など一切、考える必要などなく、自分が結婚したいと思った時に何も気にせず、結婚すれば良いかと思います。それが、例え、50歳でも、60歳でも。

結婚したい人にとって結婚適齢期というのは重要な目安である

最近は男女という区別や格差を付けすぎるのが良くはない風潮にもありますし、一生結婚をせずに生活をする人も多く居ます。自分の仕事やプライベートが充実しており、さらに将来設計もきちんと出来ているのであれば、結婚に関して捉われる必要はないのかもしれません。ですが、将来パートナーと一緒に過ごしたいと思うのであれば、結婚適齢期というのも重要視すべきものだと思います。現代では婚姻するのにタイミングの良い時期として、結婚する時期というのが法律によっても定められています。

日本では男性は18歳以上、女性は16歳以上から婚姻する事が可能です。これは日本特有の法律であって、他の国ではもっと早い年齢で結婚できる場合もありますし、逆に遅い設定になっている場合もあるのです。婚姻できる年齢の設定というのは、どうしてこのように国によって定める婚姻年齢が違うのかと言えば社会的に自立できそうな年齢を想定しているからなのだと思います。

日本の場合には義務教育が終われば、普通にお勤めをする事が可能となりますし、男女の婚姻年齢が違う理由は、男性の方が精神年齢が若い事も関係している思います。また、女性の婚姻年齢の設定は体の成熟が完了した時期を想定しているのでしょう。ですから、婚姻年齢に達すれば、結婚適齢期には到達したことになります。ですが、個々の問題もあり結婚適齢期というのは全く変わってしまいます。

例えば作業系のお仕事の場合には、中・高卒業でも従事することができますが、日本は学歴社会なので少なくとも高卒以上、大学までは進学する場合も多いです。こうなれば自分で稼ぐ事はまだ出来ずに、親のサポートなりを受け続ける事になります。社会的にも自立する年齢は25歳以降となりますから、男女共に自活が出来て余裕が出てくる年齢は少なくともこれ以降の時期になります。

大まかな年齢適齢期の基準などのアンケートでは、男性は30歳、女性は27歳が結婚適齢期だと答える人が多いです。子供を産み育てる能力も重要になりますから、女性は35歳よりも前の世代の方が体力的にも充実していますし、男性も子供が成人する事を考えれば40代までには結婚した方が良いと思います。個人によっても事情がありますから一概には言えませんが、結婚適齢期というのは結婚したい人には重要な目安だと思います。

子作り・子育てをすることを前提とした場合の結婚適齢期を考える

まずは『結婚』という言葉の定義の仕方で、回答が変わってくると思いますが…。多くの人が思うであろう、『伴侶を見つけ婚姻届を出し、子を生し育てる』ということとして答えると、20代前半が適齢期ではないかと考えます。

自分は20代半ばに結婚はしたものの、子供を産んだのは30代半ばでした。

そして今40代半ばにして思いますが、まず体力的に子供の相手がきつい!まだ見守りが必要なのに元気いっぱいでアスレチックに登って行ってしまう子供を追いかけるのが大変でした。

それから自分が体調を崩した時などに親を頼りたくても、親が高齢で頼みづらい。自分は専業主婦ですが、仕事を続けようと思っている人ならことさら親が若い方が頼れるのではないでしょうか。

さらに、何とか子供に手が掛からなくなり自分が仕事に出たいと思った時に、年齢的に選べる仕事が少ない。

それからこれは妊娠して母親学級に行くようになって初めて知ったことなのですが、35歳を過ぎると卵子が老化して妊娠しづらい・障害児が生まれる確率が高くなる…。こういう情報って、本当は義務教育内で教えるべきではないでしょうか?

多くの人は妊娠して初めて妊娠情報誌などに手を出すのだと思うのですが。それとも情報収集を怠ったということで知らない方が悪い??自分の場合は2人の生活を楽しみたいからと敢えて子供を作るのを先延ばしにしたのですが、これを知っていたらもっと早く子供を作っていました。幸い、望んですぐ妊娠できたし、生まれた子に障害はありませんでしたが。

若いうちは給料が低くて子供なんて考えられない、とか、あまり若いうちだと今度は自分の親を頼りたくても親がまだ現役で頼れない、ということもあるかもしれませんが、これらの自分自身の経験から、子供ができた後々の生活を考えるとなるべく早く20代前半に結婚して子供を産んだ方がいいと思います。

子作り・子育ての観点から自分はこのように考えますが、別に子供を作る気はないよ!というのであれば、結婚したいと思ったその時が適齢期だと思います。

あの時に結婚していればと後悔!あっという間に過ぎてしまった結婚適齢期

25歳ぐらいで彼氏と別れてからずっと彼氏がいない状態が続いていました。29歳になった時に、田舎の両親から頻繁に電話がくるようになり、「誰か良い人はいないのか?」と言われることが多くなりました。「結婚適齢期に結婚しないと結婚できないよ」とも言われました。とても嫌な気持ちになりました。

でも両親が心配するので婚活パーティーに参加をすることにしたんです。初めての婚活パーティーですぐにカップルになれたので、婚活って簡単じゃないかと思ったんですよね。その後何度かデートしたのですが、なんとなく価値観が違うなと思い会うことをやめました。その後婚活パーティーで数人の男性とカップルになることができたのですが、外見や年収、性格などをすごく気にして、まだまだ自分に良い相手がいるんじゃないかなと思って別れを繰り返し、結婚につながる相手を選び続けました。

そして33歳になってしまったんですよね。その頃からなかなか婚活パーティーでカップルになれなくなってきました。私のことを良いと思ってくれる男性がいても、40代の方ばかりです。29歳と30代には大きな差があることにやっと気づきました。あの時、誰かと結婚することを決めていればって焦りましたがもう遅いですよね。時間を戻すことはできません。

女性の結婚適齢期ってあっという間に過ぎてしまうんだなって思いました。20代だとけっこう男性を選ぶことができたのに、30歳を超えるとこちらが選ばれる番になってしまったと思ったんです。両親から結婚適齢期に結婚しないと結婚できなくなると言われたことをハっと思い出し、とても後悔をしました。その後の婚活パーティーでは年収や外見などは気にしないようにして、一緒にいて楽しいと思える男性を探すことにしました。

結婚している友達はみんな23歳から29歳までの間に結婚しています。30歳を過ぎて結婚した友達はあまりいません。焦っても仕方ないので前向きに婚活をすることにしました。結婚適齢期って大切だと今は実感しています。