★更新日2018/07/05★

目次

恋愛したいけどできない!そんな時に必要となる意識とは?

舞うハート恋愛をしたいと考えていたり、彼氏にしてみたいと考えているあの人との恋愛成就をしたいと考えている時に必要となる意識とはどんなものがあるのでしょうか?

恋愛をする上で必要になってくるのは、真剣に恋愛をしたい!と考えながら生きることです。

寝ても冷めても気になるあの人のことを考えてしまうような状態になることがまずは重要となります。

友達や知り合いから恋愛に対してのめり込んでいしまっているのでは?と感じさせるほどに相手のことを考えてみると良いでしょう。

恋愛とは考えてから行動するものではなく、気づいたら行動してしまっているものです。

もしかしたらあの人のことに対して好意を持っているのかもしれないと感じたなら、まずは気軽に話しかけてみると良いでしょう。

その時に声を掛けづらいなと感じていたり、気軽に関わること躊躇しているならもしかしたらすでに恋に落ちているのかもしれません。

とはいえ、単に声を掛けづらい異性なのかもしれませんが、、、。

解説をするまさよ恋愛は、あの人を好きになろうなんて思うのではなく、気づいたらその人の事ばかり考えていたって感じに気持ちが止まりません。

好きだから積極的に話しかけられる人と、意識しすぎて何も言えなくなるタイプとありますよね。
どちらにしてももう恋は始まっていますね。

必要なのは人を好きになる努力?

出雲大社のしめ縄恋愛をする上でもしかしたらあの人のことが好きかもしれない!と思える相手に出会えたとします。

そんな時に多くの雑誌や占いで進められていることは、まずは行動してみることや友達伝いで恋人がいるのかを確認したり、それが難しいようだったらfacebookで友達申請をしてみることでしょう。

気になる人が出来たなら、まずは関わる努力をするしかありません。

あの人は仕事が忙しいからとか、もしかしたらもう恋人がいるのかもしれないなどの疑問を持つあまり行動が消極的になるくらいなら、まずは度胸でもって行動することをオススメ致します。

でもそんなこと言っても気恥ずかしいものは恥ずかしいものですから、まずは友達や知り合いと恋愛成就のパワースポットに出向いてみたり、当たると評判の恋愛占いで相性を診断してもらっても良いでしょう。

こういったひとつひとつの行動が結果的にあなたにとって望ましい結果を引き寄せるでしょうし、恋愛に対して前向きになることでより元気に気になるあの人に対してアプローチをすることができるようになるかもしれません。

解説をするまさよ恋したらまず初めに相手に自分の存在を気づいてもらうことが大事です。

すでに友人の場合は、友達で終わらせないように自分の気持ちに気づいてもらえるようにした方がいいですよ。

まずは体感すること!!本に小説にと恋愛をリアルに感じよう

小説を読む少しずつ気になるあの人に近づく勇気が出てきたなら、恋愛を題材にした本や小説を読んでより恋愛を身近に感じてみることも良いでしょう。

人は本来行動してきたことや認識してきたことを無意識に行動に表してしまうものなので、恋愛体質により近づくことで意中のあの人と仲良くなるための準備をすると良いでしょう。

とはいえ、恋愛小説のような展開は突然訪れてはくれません。

だからこそ、今こんな恋愛小説を読むことが趣味なんだと周りの人に宣伝すると良いでしょう。

恋愛小説の内容によって気になるあの人から何かしらのアプローチがあるかもしれません。

あの手この手を利用することで、自然とあの人へと近づく方法を考えてみましょう。

少しでも関わりを持てて嬉しかったり楽しかったりしならば、そろそろ真剣に相手のことを好きなんだと認識しても良いでしょう。

解説をするまさよ恋愛ドラマのような展開なんて中々出会えないと思っているけど、男性が恋愛ドラマとか見て影響されるのであればあり得るかも!?
だいたいドラマのような恋愛って男次第な気がするんだよね。
女性はドラマのような恋愛が好きなので、男性が素敵な恋愛ドラマ風に近づけば相手はコロッといっちゃうかも!?

恋愛は感情だからこそ、素直に行動することが重要?

二人でパズルを合わせる色々な方法で気になるあの人に近づく方法はあると思いますが、恋愛とは本来行動した時に初めて何かしらのフィードバックを得られます。

占いに行ってみたりすることも、恋愛小説を読んでみたりすること、そして恋愛成就の神社に行ってみたりすることも、全ては恋愛に対して前向きになるための準備にすぎません。

だからこそ、一歩踏み出す勇気が恋愛では必要となってきます。

あなたが好きかもしれないと感じているあの人は、そもそもあなたが好意を抱いてくれていることにも気付けてはいないでしょう。

そんな関係の時に必要となるのが、気持ちを素直に相手に伝えてあげる行動を増やすことです。

少しずつで良いので相手と関わることができる瞬間を増やしてみると良いでしょう。

もしかしたら恋愛に興味を持っていて恋人を探しているかもしれませんし、もしかしたら仕事を成功させるためにパワースポットに行くことに興味をもっているかもしれません。

重要なのは素直に相手に好意を寄せていることを自然に伝えてあげることです。

好意を向けられて嫌がる人はいないでしょうし、もしもそんなことで嫌がるようならそんな相手のことはキッパリ忘れてしまうと良いでしょう。

素直に一歩を踏み出すことができる人はどんな時でも強いものです。

そしてそんな勇気のある一歩を踏み出すために少しでも手助けが必要だと感じるようなら、pairsという恋活アプリを利用してみると良いでしょう。

恋愛は一人で戦い抜くものではなく、チーム戦で効率的に気になるあの人を攻略してしまいましょう。

味方は多ければ多いほど結果に繋がりやすくなるので、とてもオススメです。

解説をするまさよ押され続けるとちょっと嫌になる場合もあるけど、急に引かれると「あれ?なんで今日は連絡ないんだろう?」となり段々気になりはじめます。
要は、これが恋愛の駆け引きなんです。これが上手じゃないと押し続けてしまい相手に逃げられたりしちゃうので、怖いかもしれないが引くことも重要です。

恋愛したいという人へのQ&A

恋愛したいのに・・・好きな人が出来ないんだけど・・・

解説をするまさよ何かに(スポーツやアイドルなど)夢中になっている時は、好きな人が出来ないことはよくあります。

好きな人って作るものではなく、気づいたら気になっていて「これが好きと言う気持ちなのかな?」と言う感じです。

だから自然と好きな人が出来るまで待っていいと思います。

たぶん「恋愛したいのに・・・」と言うのは、本当は恋愛がしたい訳ではなく、友達に彼氏が出来たり周りから〇〇ちゃんは好きな人いないの?と言われて「あれ!?みんな好きな人や彼氏がいるんだ・・・じゃぁ私もそろそろ」ってなってませんか?

案外周りに流されて恋人を作らないといけないと思い込んでいる人も多いです。

30歳後半とかで親から「そろそろ結婚は!?」などと言われて焦ってしまう人もいるでしょう。

そんな人は、まずは出会い きっかけを見つけるために婚活アプリ・恋活アプリを使ってみるのもいいと思います。

好の男性に出会えたら自然と好きになれるはずです。

男性からの好きサインってあるんですか??

解説をするまさよ自分が鈍感すぎると相手のサインを見逃してしまうかもしれませんね。

好きな人が出来たら出来るだけアンテナを立てて、いろんなことを察するようにしましょう。

以前よりも目線が合うようにあれば、相手があなたに恋している可能性がありますね。

性別に関係なく、気になる相手を見てしまうというのはみんなあることなので、「この人と最近目が合うなぁ」と感じたら相手はあなたを意識している可能性があります。

男は案外幼稚な人が多いので、好きな人をからかう傾向にあります。

だから好きな人にからかわれた・・・と落ち込まなくても大丈夫ですよ。

好きだから素直になれなくて、でも近づきたいのでからかってしまうという男性は非常に多いです。

よくあることを掲げましたが、サインには個人差があります。

性別でも変わることもあるし、恋愛経験でも変化します。

大切なのは、好きになった相手を観察することですね。

よく観察することで相手の事が徐々にわかってくるでしょう。


《参考》利用者が多い婚活・恋活サービス公式サイト一覧

  • ゼクシィ縁結び公式サイト

    結婚と言えばゼクシィというほどにゼクシィブランドは知名度・ブランド力・安心感があって定着してますよね。ゼクシィ縁結びは、恋人を探している人向けの婚活・恋活アプリのサービス。

  • ペアーズ公式サイト

    女性は無料で利用できる。フェイスブックマッチングアプリの中では知名度ナンバーワン。

  • Omiai公式サイト

    10代20代女性は無料で利用できる。ペアーズとOmiaiは婚活・恋活アプリの有名大手トップ2。ペアーズには登録していないけどOmiaiには登録してるって人も多いので要チェックです。

  • マッチドットコム公式サイト

    マッチングサービスのパイオニア的存在。世界25か国に利用者がおり、日本でも187万人以上が利用中。

引用元 社会人出会いの場ナビ|場所・きっかけ等をレクチャー

恋愛したいけどできない事に関する口コミ・体験談

恋愛は自分が満足してそれで終わりではいけないと学ぶ

私は今まで恋愛はしてきましたが、壮絶なものというのはなく、割とゆるやかだったのではと思います。

なんとなく一緒にいて心地よかったり、それだけでもう十分幸せでした。友人には、熟年夫婦みたいと言われたこともあります。

私はまだ一応若いわけですから心外なのですが、確かに情熱的というかんじはあまりないかもしれません。

そこまで熱くなれるというのは、少し羨ましくもあります。以前付き合った人とは、それこそ恋人らしいことというのはあまりしなかった気がします。

そのときは十分ラブラブだと思っていたのですが、今思えば友人以上恋人未満のような関係だったような気がします。

手を繋いだりはしましたし、スキンシップもありました。ですが、それ以上というと中々なかったような気がします。

もちろん、だからといって仲が悪い訳ではありません。恥ずかしさはあったと思います。ですが、私にとってはそれで結構十分だったのです。

ただ、自分が十分だったから、相手がどう思っているかというのはあまり考えてあげられませんでした。

自分と同じ想いだったら嬉しいのですが、そうとも限りません。もっと考えてあげればよかったと、今更ながらに後悔しています。

私としては、そこまでイチャイチャするのはどうしてもあまり好きになれないみたいなのです。それを分かってくれているとは思っていたのですが、もしかしたら分かっていなかった人もいたかもしれません。

これは次に生かしていかないといけないと思いますし、そうしないと自分は成長していけない気がします。

どういう人と付き合うかというのでも話は変わってくると思いますが、ちゃんと相手のことを考えてあげられるようにしないといけないと思います。

ですが、こういうことを考えられるようになったということは、今までの経験は無駄ではなかったということなのかもしれません。

自分が満足してそれで終わりというのではなく、相手がどう思っているか、どうしたいのか、もっと分かってあげられる女性になりたいです。

恋愛は一途過ぎても相手が逃げる。分散することで恋人は喜ぶ

私の今までの恋愛はあまりいい恋愛はしてきませんでした。相手はいい人ではあるけれど、私が尽くし過ぎるせいで相手は何もしない状態になります。なので浮気されたり、そっけなくされたりもしました。

私も好きだと一途になり過ぎるので、どうしても相手には重いと思われるようです。短い恋愛が多かったです。長い恋愛もしましたが、私が我慢していただけで、特に楽しかったわけでもありません。

そこでどうしたらいい恋愛が出来るんだろう?と思いました。ひっきりなしに付き合ってきたので、恋愛を休むことにしました。

恋人がいない状態に慣れるんだろうか?と思いましたが、結構楽だなと気付きました。自分の好きなように出来るし、恋人のことを考えている時間がなくなるので、自分の好きなことがいくらでも出来ます。

いつも一緒にいたいと言う気持ちが恋人には窮屈だったんだろうなと思いました。あとはそこまで愛してなかった、愛されてなかったのも現実だろうと思いました。

そんな中、また新たに彼氏が出来ました。その彼とはあまり一緒にいたい!感じではなく、ちゃんと自分の時間も大切にしようと思えました。なので、私からいかないとあっちから来てくれるので、とても大事にされました。

でも結局は私がまた好きとハマりだすと、相手は逃げてしまいました。元々そうゆう傾向があるので、確実に治すと言うのは難しいんだろうなと感じました。この彼とはすぐに会える距離ではなかったので、遠距離は私には向いていないんだなと感じました。

今はもっと仕事も忙しくなってきたので、また新たな彼とはいい距離感で付き合えるようになりました。彼だけと言うよりは、あれもこれも大事なものがある方がいいんだなと思いました。

特に男性は恋人だけにはなりにくいので、女の人が積極的に趣味などを楽しんでいる方が恋人は嬉しいようです。

彼とはゆっくり恋愛出来たらいいなと思います。好きだと全部知りたいと思ってしまいますが、長年一緒にいることになればゆっくりでもわかるようになっていきます。

大学生の時に初めてできた彼氏との理想的な恋愛

私は奥手の方で高校は女子高ということで、初めて彼氏ができたのは大学1年生の頃でした。

大学1年生で入った部活で一緒に活動をしている中で、気になる存在になっていったのが彼で、最初は場の盛り上げ役のような彼をお調子者だなという印象で見ていました。ただそういったお調子者の彼は周りを楽しませるために色々と気配りをしている優しさがあるんだななど気づくようになり、私の方から告白をしました。

相手から好意が向けられているという手ごたえはありませんでしたし、嫌われてはなさそうでしたが、告白して成功するかは一か八かという感じでした。

電話で告白をして「付き合ってほしい」と言うと、「いいよ」と言ってくれた時には、舞い上がりそうな気持ちでした。

彼は最初は私のことをそれほど好きというわけではなかったけれども、その時にフリーだったからOKしてくれたかなとは思います。最初は私の方が追いかけるような恋愛をしていて、カップルだけれど自分から連絡をしたり、押して押して押してという感じでした。

ただお付き合いをするうちに逆転していき、彼の方が私のことを好きになり大事な存在だと思ってくれるようになりました。

彼は二人でいるとみんなでいる時とは違い無口なのですが、やはり優しさというものはすごくある人で、一緒にいていつも安らぎを感じていました。彼と私は4年間お付き合いをして大学時代はずっと、それから社会人になっても1年弱はお付き合いをしました。

彼との恋愛を思い出すと傷ついたり、ここが嫌だったなということは全くなく、大事にお付き合いしてきた記憶だけが残っています。

別れたのはマンネリ化で私が振ってしまったのですが、それから色々な恋愛の失敗もして、その時に思うことは彼のことでした。最初にお付き合いをしたのが彼で良かったなという風に思いますし、あの時から15年が経って私もおばさんになりましたが、彼とのことは甘い青春時代の大事な思い出です。

大学4年生の時に付き合っていた2歳年上の彼氏とのこと

私は友人の紹介で大学4年生の時に初めて彼氏ができました。その人は2歳年上の大学院生でした。

最初に会った時から落ち着いていて明るく、そして優しそうで、とてもいいなと思っていました。私は年上の人が好きだったので、年齢も上でぴったりだと思っていました。

付き合い始めると、二人で色々なところにドライブに行ったり、旅行にも行ったりと楽しい思い出をたくさん作ることができました。

私は大学4年生で彼氏は大学院の2年生で、お互いにあまり大学の授業などもなかったので、平日の昼間から会って夜遅くまで一緒にいることも多かったです。

彼氏の家が東京の西の方だったので、ほとんど新宿で会っていました。私はそれまで新宿に行くことはほとんどなかったのですが、彼氏と新宿でデートしているうちに新宿がとても好きになり、二人で色々なお店でランチしたり、カラオケに行ったり、ショッピングしたりしました。

彼はドライブも好きだったので、よく横浜の方や羽田空港にも連れて行ってもらったことがあり、今でも車窓からの風景をよく覚えています。都内にも車で行くこともあり、とても新鮮でした。

彼は京都も好きだったので、二人で二泊三日で京都に旅行したこともあります。

ちょうど紅葉の季節だったので、バスで大原三千院に行ったり、鈴虫寺に行ったり、高台寺の夜間参拝をしたり、嵯峨野にも行ったりと紅葉の京都を満喫しました。京都名物のおばんざいもとても美味しかったのを覚えています。

しかし、付き合っていくうちに徐々に価値観や考え方の違いも明らかになってきて、ぶつかることも増えてきました。今振り返ってみると、お互いに似たような性格だったので、どうしてもぶつかってしまい合わなかったんだなと思います。

一緒にいたい気持ちもまだありましたが、会うたびに喧嘩になってしまうことも増えてきて、お互いに少しずつ気持ちが冷めていってしまいました。

結局4年生の終わりに別れることになりましたが、それでも彼と良い思い出を作れたのはよかったと思い、後悔はしていません。

恋愛は時に求められることが大きすぎて対応できないことがわかった

ようやく恋愛を実現できて、20年以上生きてきた中で最初の彼女と付き合うことが出来ました。非常にいい関係が続いていて、話をするときも上手く噛み合いますし、行動する部分も似ているような感じがあったので、付き合いやすいことは良かったです。しかし、日に日に増えてくるのが、相手の要求が高くなっていたことです。最初はちょっとしたことだけを求められていて、それはすぐに実行できたものの、外でキスをしたいとか、高いレストランで食べたいなどと言われて、対応することが難しくなってきました。

できることはやってみたものの、出来ないことは厳しいなと話をしていると、明らかに不機嫌になってしまうところが気になってしまったのです。こんなにわがままじゃなかったのにと感じてしまう反面、求められていることが大きいが恋愛かなと思ってしまうことが増えました。あまり収入的にも余裕がなくて、仕事の時間も増やして対応している部分はありましたが、それでも使うお金が増えてしまっていたことは気になり続けていました。

それでも、良好な関係を取るために、彼女の求めていることは基本的に行ってみて、あまりにも高いようなら無理だという話をして対応してもらっていました。一応関係としては続いていたように感じますが、どこか相手にされていないような時間が増えてしまい、最終的には連絡を取ることが困難になっていました。恋愛は相手を無視してしまうと、一気に変わってしまうのかなと感じた瞬間です。

一応最後には、スーパーで会った時に別れたいことを告げられて、まあいいという話をして恋愛は終わってしまいました。本当に最後まで行くためには、程々の関係を作っていることがいいのかなと感じていますし、甘やかしすぎるとどんどん要求ラインが高くなるのかなと、変な思いも持ってしまいました。次の恋愛は、もう少しメリハリを付けるとか、自分ができる範囲で満足させられる状況を作りたいです。

付き合い始めて分かった彼のマザコンっぷり

その彼氏とは学生時代に同じゼミだったことがきっかけで、意気投合して付き合うようになりました。

ファッションセンスのある人で、ちょっと高いブランドの服もオシャレに着こなしていて、おしゃべりも上手で常にみんなの真ん中にいるような人です。そんな彼と付き合うことができ、私はとても幸せを感じていました。

デートも最初は一緒に買い物に行って服を選んでもらったり、映画を見に行ったりと普通のカップルと同じような感じでした。

しかしそれまでも彼氏がいたことはありましたが、この人ほど友達でいた時と彼氏になった後で印象の変わった人は初めてでした。

なんといっても気になったのが、何かにつけて母親が出てくることです。デートでショッピングに行くと、必ずどこかで母親も待っているようになりました。彼の母自身はとても感じの良い人で、私にもフレンドリーに接してくれたので全く嫌ではありませんでした。でも彼はそこに母親がいることは全く自然なことと思っていて、デートの途中からは3人行動です。

初めて行った花火大会も2人きりと思い張り切って浴衣を着て行ったら、当然のように現地で彼の母も合流です。これにはさすがに怒ったのですが、彼は何で私が怒っているのか分からずケンカになってしまいました。

そんなこともあったけど、好きな部分も多いし彼の母も良い人なので、社会人になってからも付き合いは続きました。しかし社会人になるとさらにマザコンっぷりが目に付くようになってしまいました。

金銭的に余裕が出てきたので、泊りがけの旅行に行く話になっても「この日はお母さんが…」が開口一番に出てきます。さらに、高い服を買う時もお母さんに確認してから買います。

マザコンも言い方を変えれば親と仲が良く、大切にしているということです。しかし度が過ぎると彼女としては幻滅しかありません。

社会人になって拍車がかかったように見えたマザコン具合に、これは結婚して子供ができたら大変だと危機感が湧いてくるようになり、他にも事情があり結局別れることとなりました。

彼との恋愛の思い出は、彼の母もセットになっています。特に恨みもないし、今でも親子仲良くしていてくれれば良いなと思っています。

大学時代に今の夫と出会い付き合って結婚することになったこと

私は今の夫と大学4年生の夏に静岡県で出会いました。当時は私はまだ誰とも付き合ったことがなく、大学の授業で静岡に一泊二日で合宿に行った時には勉強半分、良い出会いがあったらいいなという期待も半分で行きました。

泊まった日の夜に懇親会があり、そこで今の夫と出会いました。

夫と会って話しているうちに、とても面白い人だなと感じ、直感で仲良くなりたいと思いました。夫もそう思ってくれたようで、懇親会の後に2人で2時間くらい話しました。その時の会話もとても楽しかったのを覚えています。もちろん連絡先も交換して、合宿後も何度か会ったりしていました。

付き合う前にはお互い別の相手と付き合っていました。私は当時付き合っていた2歳年上の彼氏とうまくいっていなかった時によく夫に相談をしていました。

夫も当時付き合っていた彼女とうまくいかなくなり、別れてしまいました。2人で何度か会っているうちに、彼氏よりも夫といるほうが自分が自然体でいられるなと感じてきました。

彼氏と別れてからほどなくして夫から告白され、付き合うことになりました。

私は当時実家のある東京に住んでいて、夫は北陸の地元で就職が決まっていたので、遠距離になることは決まっていました。それでも付き合うことを決めました。

その後2年半ほど遠距離恋愛をしていましたが、お互いの実家以外にも沖縄や屋久島、京都や広島なで色々なところで旅行がてらに会っていました。なかなか会えないのが寂しかったですが、スカイプで毎日のように話したり、メールをしたりしていつも一緒にいるような感じでした。

私が就職3年目の時に結婚することになり、私は夫の実家の北陸地方に行くことになりました。付き合った当初から覚悟はしていましたが、それでも慣れない土地に行くのは不安でもあり、行ってからしばらくは結構大変でしたが、今ではすっかり慣れて子供たち二人とマイペースに過ごしています。

夫とは今でも一番仲良しで、気を遣わずに話せるので、遠距離恋愛を乗り越えて結婚して本当に良かったなと思っています。

大好きな大学の先輩。その先輩を彼女から奪い取る事に成功した秘訣

私には、大学に入学したころから気になる一つ上の先輩がいました。なんとか、近づきたいと思いながら、半年ほど過ごした頃、講義のノートを貸すといった絶好のチャンスが訪れ、それをチャンスにアドレスの交換に成功したのでした。

その後、何度か数人のグループでご飯を食べに行くようになった頃、その先輩に彼女がいると言う事を知ったのです。先輩の彼女は、他の大学と言う事で、どんな人かは、全くわかりません。ただ、予備校時代から付き合っていると言う事で、もう、2年ほど、付き合っているという事でした。それを聞いた私は、あきらめようかと思ったのですが、どうしても、あきらめきる事ができず、先輩には、私の気持ちを悟られないよう注意しながら、それでも、他の友達より、親密な中になれるよう、少しずつ近づく事にしました。

具体的な方法としては、わからない事を電話で聞くといった初歩的な方法から、大学で見かけると積極的に声をかけ、一緒にランチをするといった感じで接近していったのです。それでも、その先輩からしたら、可愛い後輩のようにしか思っていない様子。それでも、めげずに距離を縮めて行く努力を続けて行きました。ただ、ひとつ注意してきた事は、彼女がいると言う事を忘れないという事。そして、あくまでも、可愛い後輩を演じると言う事でした。

そんな、日々を送っている時、急な先輩からの電話。話を聞くと、どうやら、彼女と別れ話になったという事でした。「そんな時、一番に思い出したのが、お前だったから。」と言う言葉を言われ、私は、内心「きたー」と思ったのでした。今までの努力の結果、先輩の頭に入り込む事ができた私。その為、そんな、先輩が一番落ち込んでいる時に思い出してもらえるまでになる事ができたのです。

先輩を彼女から奪おうという気持ちを前面に出すのではなく、あくまでも、可愛い後輩を演じ続けた私。その結果、彼女と別れが訪れ、心に隙間が空いた時、その隙間にすぐに入り込む事ができた私は、そのまま、先輩と付き合う事ができたのでした。

2歳年上の男性の恋愛は、まるでドラマの主人公になったような気持ちにさせてくれた。

職場内での恋愛経験があります。相手は、同じ部署の2歳年上の男性でした。

私の2年先輩ということで、何かと仕事面で頼りになる存在でした。特にカッコイイ容姿というわけではありませんでしたが、いつもニコニコして明るい性格だったので、とても人当りの良い感じの人でした。私はどちらかと言えば、人見知りの性格ですが、話しやすい先輩がいたことで、すぐに職場にも馴染むことができました。

お付き合いが始まったきっかけは、あるバンドがお互い好きだということわかり、一緒にライブに行こうと誘われたことです。そして、このライブに行った時に告白されました。ライブに誘われた時点で、少し先輩のことが気になるようになっていたので、お付き合いしてみることにしました。

これまであまり恋愛経験がない私にとって、先輩とのお付き合いはとても新鮮でした。先輩は恋愛経験が豊富らしく、とにかく女性の扱いに慣れた感じでした。女性が好きそうな場所へ連れて行ってくれたり、素敵なプレゼントもよくしてくれました。毎日のように「キレイだよ」「可愛いね」「素敵な声」といった褒め言葉を言ってくれるので、すっかり先輩の話術にはまり、舞い上がっていました。こんなにも、女性に対してスマートな対応をする男性に会ったことがなかったので、すっかりそのドラマのような恋人関係に浸っていました。

どんどん自分がキレイな素敵な女性になっているのを実感しました。よく、恋をすると女性はキレイになると言いますが、これは本当だと思いました。毎日褒められることで嬉しい気持ちになり、さらに彼にもっとキレイに見られたいと思い、ボディケアを欠かさないようになりました。おかげで、どんどん自分を磨くことに繋がったのです。この時期、先輩を付き合っていることは知られているのに、他の男性職員の方からも告白されたこともありました。モテ期が到来したのも、先輩のおかげだと思います。

ただ残念ながら、2年程お付き合いは続きましたが、彼が他の女性を好きになったことで別れることになりました。ですが、先輩と素敵な恋人関係を築けたことはとても貴重な経験となり、いい思い出として残っています。

小さな嫉妬をしたりされたりで幸せを感じていたあの日々

好きな人と付き合えることになったときは、今までにない喜びを覚えました。話しているだけでとても楽しかったし、凄く幸せだなと心の底から実感していました。

そのせいか、誰か別の女性と仲良さそうに話しているときは嫉妬したものです。仲良さそうでなければ特に気にならなかったのですが、仲良さそうだと色々思ってしまうのです。

こんな自分が嫌だなと思いつつ、それを彼に話すと喜んでくれて嬉しかったです。嫉妬されるのが嬉しいなんて変だなと思ったのですが、いざ自分が体感すると確かに嬉しかったです。

私もとある男性と話していて、面白かったからついつい笑っていたのですが、その後の彼がいじけていて、どうしたのかと聞いたら、楽しそうで嫉妬したと抱きついてきたのです。

確かに、凄く嬉しかったです。こういうことかと思いました。

嫉妬したときの気持ちというのはモヤモヤしたものですが、それを彼に話して、嫉妬されるのは嬉しいと言ってもらえると、凄く幸せな気持ちになったものです。

過度な嫉妬だと面倒ですが、このくらいの嫉妬だと幸せさえ感じます。嫉妬というものは、今まで嫌なものだと感じていました。

ですが、実際に経験してみると、素敵な要素もあることを知りました。モヤモヤはするけど、その分幸せも味わえるという何とも素敵なものでした。

過度な嫉妬だとそんなことも知らなかったかもしれません。もちろん、嫉妬させようと思ったことはありません。

男性と話すこともありますし、つい笑ってしまうこともあります。それで彼に怒られたらたまったもおんではありませんが、彼の場合寂しそうに抱きついてくるから、それはそれは可愛くて仕方なかったのです。

可愛いと言うと恥ずかしがるのですが、それもまた可愛いということを彼は知らなかったかもしれません。

その顔が見たくて意地悪するという人もいるかもしれませんが、私はさすがにそこまでは考えていませんでした。そこまですると、さすがに可哀想になってしまうでしょう。

バイト先の病院で知り合った女の子と10代最後の良い恋愛

同じ職場で出会った女の子を好きになって付き合う、そんなありきたりだけど憧れる恋愛体験をまさか私がするとは思っていませんでした。私がまだ20歳にも満たない高校卒業から1年ほど経ったとき、アルバイト先だったとある病院で運命的な出会いをしました。私は1度就職に失敗しており、その結果フリーター生活を送っていました。やりたい仕事もみつからず、とりあえず安定した病院のアルバイトで働くことを決めたのです。仕事は思いのほか楽しくて、時給はあまり高くなかったですが満足していました。そんなとき、同じ病院で働いていた女の子を好きになりました。

その女の子は私と同じく、同年代のフリーターでした。彼女は地方から上京しており、やりたいことを探している途中でした。私と同じような境遇だったからか自然と会話がはずみ、いつの間にか彼女と会うのがとても楽しみになりました。そのときは、もうすでに恋に落ちていたのだと思います。女の子らしい大きな瞳、綺麗で白い肌、笑うとエクボができる顔など、彼女のすべてに魅了されていました。

私が彼女のことを好きだと思い切って告白したのは、出会ってから1か月後くらいでした。その告白を受け入れてくれた彼女とは、毎日のようにデートを繰り返しました。会話の話題はとるに足らない雑談がほとんどでしたが、とにかく彼女と一緒にいることが私は幸せでした。高校時代に付き合っていた彼女から数えて人生で2人目の彼女でしたので、彼女をきちんとリードできていたのかはわかりません。もしかしたら、経験不足で未熟なところが出ていたかもしれないです。ですが、彼女はそんな私の至らないところも真正面から受け止めてくれ、そういう懐の深さが尊敬できました。

仕事も楽しくて恋愛も順調で「このまま結婚とかもあるのかな」と思っていました。ですが、1年ほど付き合ったころにお互いがその病院を辞めることになり、それがきっかけであっけなく別れてしまいました。ですが、10代最後の良い恋愛ができたことだけは確かだと思っています。

出会い系サイトで気の合う恋人と知り合う事が出来ました

私が初めてお付き合いをしたのは高校生の時で、その時はお互い好きというよりも恋人が欲しい気持ちが強かったと思います。

だんだんと合わないと思う部分が増えていって、結局私から別れを切り出しました。その時は多感な時期という事もあって、二度と恋愛なんてしたくないと思っていました。

その後社会人になり、合コンや友人の知り合いで恋人が出来ましたが、気が合う人に巡り合うのは難しいのかなかなか長続きせず、このまだと結婚できないかもと焦っていました。

そんな時にインターネットの出会い系サイトの広告が目に留まり、登録をしてみました。登録後すぐにたくさんのメッセージが届いて、とても真剣なメッセージもあれば、体目的と分かるメッセージもありました。

その中でとても真面目なメッセージをくれた方に返信をしてみました。サイト内でメッセージをやりとりするうちに、趣味や考え方がとても似ている事がわかり、アドレスを交換しました。

メールだけの関係だからかもしれませんが、必ず一日2回はメールをくれてまめな人だなと思ったのを覚えています。

メールを始めて2か月後に一度会う事になり、仮に会話が盛り上がらなくても楽しめるだろうと初めて会う場所はディズニーシーになりました。

自宅からディズニーシーまでは電車で1時間半かかるので、ドタキャンされたらどうしようという不安はありましたが、楽しみでもありました。

舞浜駅に着いたらすぐに電話がかかってきて、服装の特徴を教えてくれ、とても真面目そうな方が立っていたので安心しました。会話が弾まないと困るからという理由でディズニーシーにしたのですが、長い待ち時間の間でも会話が途切れる事はありませんでした。

その後も何度もデートを重ね、洋服の趣味や経済的な価値観等がとても似ているということがわかりました。彼と付き合いだしてから、価値観が似ているという事がどれだけ大切かという事を思い知らされました。

今までお付き合いをしてきた人達は金銭的にだらしない人が多かったので、金銭感覚が似ているというのが特に嬉しかったです。

今は結婚しましたが、価値観が似ている主人と出会えて結婚出来て良かったと思っています。

好きだと思っていた気持ちが一気に冷めたこと

私は20代半ばの頃に仕事関係で知り合った人に恋をしていました。同じ職場ではなかったですが仕事でお付き合いをするうちに好意を持つようになり、周りからもお似合いだよねなど言われていました。

連絡先は知っていたのですが、相手に彼女がいるかどうかがわからずに、私は相手が彼女もちかどうかを探ろうと思ってメールをしました。

すると「彼女いますよ」という返事だったので、彼女もちの人はちょっと無理だなと思いましたし、脈なしだったのであきらめようと思いました。

私の中ではそれで終わらせようと思っていましたが、失恋をしたショックのようなものは感じながら過ごしていました。

するとその1ヶ月後ぐらいに彼の方からメールがきたのです。「○日空いている?〇〇に来れる?」ということだったので、これはもしかしてデートなのかな、彼は彼女と別れたのかななど期待して待ち合わせ場所に行きました。

すると彼は自分の車で来ていて、ドライブに出かけることになりました。仕事の話などたわいもない話をしていて、いったい彼はどういうつもりなんだろうと思いながらも聞けませんでした。

そして晩御飯になったのですが、彼がフレンチを予約してくれていて、デートという感じのお店に行きました。会計も彼が払ってくれて、やっぱり彼の中でもデートの位置づけなのかなと思いました。

しかし彼に対して期待をしたのもつかの間に、その後一瞬にして冷めるような出来事が起こったのです。彼は帰りの車内で、「彼女とは婚約をしていて半年後に結婚をする」と言い出したのです。

私の中にはえっ?じゃあ何で私とデートしているん?と思って、疑問でいっぱいになりました。

その後に続いた言葉は「恋愛と結婚は別だと思っていて、僕は君も魅力的だと思っているからお付き合いできたらと思っている。

もっと早くに出会えたら良かったと思うことがある」でした。自分の気持ちがすーっと冷めていくことに気づきました。婚約者を裏切ることができるような男と付き合って幸せになれるわけがないと思いましたし、

浮気相手になるのもごめんだと思いました。真面目そうな人だったので、自分の見る目に自信がなくなる出来事になりました。

諦められない!友達の彼氏を好きになった結果・・想像と違う結末に

友達の彼氏を好きになってしまったことがあります。社会人になってすぐの事なのですが、大学からの親しい友達から「彼氏ができた!」と報告されたんです。私も嬉しくなりました。友達が今度三人で一緒にご飯を食べよう、彼氏を紹介したいと言うので、私はOKしました。

久しぶりに会った友達ですが、とてもキレイになっていました。社会人になるとお互いに別の会社で忙しいですし、なかなか会う機会がありません。友達の彼氏を見た時、すごく爽やかな人だなと思いました。高身長でイケメンだったので、正直ちょっと友達に嫉妬してしまいました。

友達の彼氏の趣味がテニスということで、私と一緒だったので話が盛り上がりました。友達はテニスはしません。私と友達の彼氏が楽しそうに話をするので、友達はちょっと面白くなさそうでした。でもすごく楽しい時間を過ごせました。

その後、何度か友達と彼氏と会うようになったんです。私はだんだんその彼に惹かれている自分に気づきましたが、友達の彼氏とどうにかなれるわけでもなく必死に恋心を抑えるようにしました。でもある日友達が席を外した時に、彼から連絡先をこっそりを渡されたんです。すごく驚きましたが嬉しくなりました。友達に悪いなという罪悪感はありましたが、私は友達に内緒で彼と連絡を取り合うようになりました。

彼からテニスに誘われてデートをしました。もしかして彼も私に気があるのではないかと思ったので、ドキドキしました。彼が友達と別れて私と付き合ってくれるのではないかと思っていたんです。友達には悪いけれど、やはり好きな人は諦められないと思いました。デートが終わって帰り際に彼から告白されました。でも私の想像とは違ったんです。

友達には内緒でこっそり付き合おうと言われました。ようするに浮気相手ですよね。二股ですよね。一気に気持ちがサーっと冷めてしまいました。二度と彼には会わないようにしました。友達も付き合って半年で浮気されて別れました。もう友達の彼氏を好きにならないと心に決めました。

別れてホっとしました!モテる自己中彼氏と付き合ったせいで嫉妬と辛い日々

会社ですごくイケメンの上司に告白されて付き合い始めました。とても嬉しくて舞い上がっていたのですが、彼氏は女友達がとても多く、そのことだけが気になっていました。私とデートをしている最中にも、女性から電話がきて私の目の前で楽しく話をしたり、メールをしたりするんです。彼女に対して悪いなという雰囲気はありません。

私が一度そういうことはやめてほしいとお願いをしたのですが、「何が悪いの?友達だよ」とあっさりと言われてしまいました。友達だと言うなら信じようと思ったのですが、女友達と二人きりで会ったりしていることもわかってしまい、どうしても嫉妬してしまいますし、会わないでほしいと言ってみたんです。すると今度は不機嫌になってしまいました。

こんなイケメン彼氏と付き合えることなんてないですし、モテるんだから仕方ない、彼女になったんだから堂々としていようと思ったのです。無理やり自分の気持ちを抑えるようになりました。ある日友人から「最近すごく元気ないね」と言われたんです。確かにあんなに素敵な彼氏がいるのに笑顔になっていない、彼と会っても嫉妬して楽しくないと思いました。

友人が「別れたら?」と言った時、すごくホっとしたんです。別れたらこの苦しみから逃げることができると思ったんです。好き勝手にする彼氏に対して愛情が消えていたんですよね。友人に言われるまで気づきませんでした。彼は私のことを大切にしてくれていないってはっきりとわかったんです。私はただイケメンの彼氏を手放したくなかったんだ、執着していただけなんだとわかりました。

彼氏に別れ話をするとあっさりとわかったと言われました。きっとすぐに彼女ができると思いました。彼にとって私はそんなものだとわかったんです。見ないふりをしていましたが、現実をしっかり見ることで、新しく一歩を踏み出せました。モテる人と付き合うと大変なんだなって、初めてわかりました。モテなくても私だけを見てくれる彼氏を探そうと思いました!

出会い系サイトで起きたラッキーな恋愛体験談に関して

私はよくインターネットを使った出会いを探しています。その理由としては、正直リアルの世界でなかなか良い出会いがないのと、私自身女性に対して消極的なのもあって、ネットなら違う自分を演じられるのではないかという思いから、ネットで出会いを探しています。

中でもおすすめなのが大手出会い系サイトになります。大手がおすすめな理由としては、やはり、その登録している女性の数が多いという部分ですね。

当然ですが、利用者がたくさんいてにぎわっているほうが探しやすいですし、いろんな女性と交流することができます。私は今から2年ほど前に某大手出会い系サイトに登録し、早速良い出会いを見つけるためにサイト内で出会いを探していました。最初はどのようなプロフィールを書けばいいのかもあまりわからず、それだけでも四苦八苦していたのですが、一週間ほどサイトを利用していると、だいたいどのように書けば食いつきがいいかのかも少しずつわかってきました。

ネット検索で出会い系サイトのプロフィール例などを参考にし、私は多少盛ったプロフィールを書くようにしたのです。もちろん、ほとんどをオーバーに書くのはいけないので、年収や趣味などを多少細工してみました。写真も奇跡の一枚とまではいかないですが、少し盛った感じのものにしたのです。

そうすると、女性からの反応もちょっと違いましたし、メールを送信して返信してもらえる確立もわずかに上がりましたね。最初はメールを送ってもほとんど返信がありませんでしたが、プロフィールを見直してからは返信率も上がり、20代のある女性と親しくなって交流を深めていると、3日ほどでLINEのIDを交換できたのです。

それからはLINEでやり取りを交わし、通話やメッセージで楽しみ、仲良くなって会うことができましたね。性格も良くて私にはもったいない女性でしたし、出会い系にもこんな子がいるんだ!という気持ちでした。大手出会い系ならば出会いもたくさんあるので、日頃出会いが少ない人にはおすすめではないでしょうか。