★更新日2018/07/05★

目次

彼氏が欲しいときはどうしたら良いの?

運命の赤い糸の相手彼氏が欲しいと感じたときにまず行わなけれなばならないことはあるんでしょうか?

そんな彼氏が欲しいと感じたときは、強く彼氏が出来るんだ!と考える必要があるでしょう。

出来るかもしれない、、、出来ないかもしれない、、、と迷っていてはいつのまにか気になる意中の相手は逃げてしまいます。

だからこそ積極的に行動し続ける前に、明確な目的や意思をしっかりと自分の中に作ると良いでしょう。

目的や意思をある程度持っているときは、どんな行動を取ればより彼氏を作ることが出来るのかを具体的に考えることができます。

その反対に目的なく行動していては必要以上に疲れてしまうために途中で彼氏ができないのでは、、、と弱気になってしまうかもしれません。

そう言った状況にならないためにも強い意思を持って彼氏を作るようにすることをお勧めします。

解説をするまさよ「彼氏が欲しい」と思っているだけでは彼氏はできません。行動を伴うようにしましょう。

ただ、彼氏が欲しすぎてがっつぎ過ぎると・・・・周りが見えなくなっちゃうから気を付けてね。

また見方を少し変えていろいろな出会いの仕方があるんだと考えてみても良いでしょう。

周囲の人に焦点をあてるだけでなく、友人の友人や、知人の知人のように彼氏をさがすことが出来る範囲を広めてみましょう。

突然な嬉しい出会いがあるかもしれません。

行動をするだけでどうにかなるかも!?

ラブの文字彼氏を募集してみたり、探していたりしている人が最終的に彼氏をゲット出来るのは焦らずに最後まで良い人と出会う努力をしたからでしょう。

途中で諦めてしまっては、何も手に入れることはできないのです。

が、そうそう強い意思を持ち続けることは簡単なことではないですし、いつまでも彼氏を探し続けることは難しいことでもあるのも事実です。

だからこそ少しずつで良いから行動するように心がけ見てはどうでしょうか?

映画を見にいく時に意識的に恋愛を題材にしている内容を選ぶことも良いでしょうし、恋愛に関する小説を読みふけることも良いでしょう。

恋愛に関してどれだけ考えることができるのかどうかをまずは最初の行動にしてしまえば思った以上に簡単に出来るはずです。

甘やかにほんのちょびっとで良いので、良い人に出会えるように恋愛をあなたに近づけてみましょう。

解説をするまさよ恋愛体質になるというのはいいことだと思う。

誰だって最初はどうやって恋愛していいのかわからないので、本や映画で勉強するのも一つの手ですね。

彼氏を作りたいと思うことこそ大事かも?

浜辺のハートでは、あなたはどんな彼氏が欲しいんですか?と誰かに聞かれたならあなたはどんな答えを返してくるのでしょうか?

かっこいい彼氏、頭が良い彼氏などいろいろな理想の彼氏像があるかもしれませんが、そういった彼氏像をもっと具体的に自分でイメージすることが出来るようになる必要があります。

どんな人と出会いたいのかが明確でなければ、そもそも出会った相手が彼氏にしたい人なのかもわからなくなってしまうでしょう。

だからこそこんな人が好きだ!こういう趣味が好きだと良いな!という具体像のようなものを事前に考えておくと良いでしょう。

具体的と言われても、実際どんな人が好きなのかわからない、、、ということも多いかと思いますが、例えば笑顔が素敵な人だと仲良くなれるな。

ですとか、いつもみんなの輪の中心にいるような元気な人が気になりやすいかも。

など以外と好きな人の傾向のようなものがあると思われますので、そんな傾向やタイプを少しずつ知っていくことで、自分が本当に好きだと思えるような人に出会える可能性を高めると良いでしょう。

結局最後は好きになった相手が好きな人となるわけですが、そんな突然の訪れを少しでも考えながら好きになれる人のことを考えてあげるとより効果的です。

解説をするまさよ自分の好みを把握しておくことで出会いのチャンスは膨らみます。

例えば友達に好みを伝えておけば、紹介してくれるかもしれません。

彼氏を募集していたり、募集中であることを周囲に伝える?

手にしたハート一番効果的な彼氏の探し方があるとすれば、いま私は彼氏が欲しいんだ!という強い意思を誰かに伝えることでしょう。

自分の中で悶々と考えていても何も始まりません。

そんな時にお勧めしたいのが、もう彼氏がいま欲しくてしょうがないということを友達や知人に伝えてしまいましょう。

そうするだけで人伝いであなたが真剣に恋愛をしたいと考えていることが周囲に知らせることが出来るので、もしかしたらすぐさま彼氏ができてしまうかもしれません。

とはいえ、彼氏や好きな人というのは作りたい、いて欲しいと思っている時はなぜか出来ずらかったりもしますから、そんな時はもう気長に新たな出会いを待つしか無いでしょう。

ただ、そんな待ち続けるだけでは焦ってしまうこともあるでしょうから、事前に周囲に彼氏が欲しいということを伝えておくのです。

そして、まずは自分の意識を変化させつつ、周囲の意識も恋愛模様に変えてしまうことでより以前よりも出会い きっかけが多くなるでしょうし、ふとした出会いにも積極的になれるでしょうし、出会いに対してもポジティブに行動することが出来るはずです。

解説をするまさよ友達の友達繋がりってのは、かなり広がっていくので「彼氏がほしい」と伝えておくと紹介してくれたりコンパに誘ってくれたり・・・とチャンスは広がります。

待つことも良いことだけど、出来るだけ積極的にチャンスを手に入れよう!!

恋愛に対して少しでも積極的に関わることが出来そうだなと感じたら、婚活アプリ・恋活アプリというサービスを使ってみると良いかもしれません。

日本の中でも多くのユーザーを抱えているので、より多くの気になる異性に出会えることでしょう。

彼氏が欲しいという人へQ&A

彼氏が欲しいけど人に合わせるのが苦手です。

解説をするまさよ人に合わせるのが苦手な人も多いと思いますよ!

私もそんなに得意な方ではありません。

恋い焦がれる相手よりも、自然体でいれる自分を出せる相手を彼氏にする事をお勧めします。

一緒にいると疲れちゃうような人では最初は良くても段々自分が疲れちゃって続かなくなるよ!!

最初はついついドキドキしてしまう相手を選びがちですが、長い目で見ると自分が自然体でいられて心地がいい相手と付き合うのがいいですよ。

彼氏が欲しくて占いやおまじないばかりしています・・・ダメですか?

解説をするまさよ占い自体は否定しません。

占いでいいことを言われてれば、自分も前向きになり今よりももっと彼氏探しに頑張る事でしょう。

自分じゃ中々前に進めないけど、占いに押されるとなんとなくうまくいく気がするのもありますよね。

ただ・・・ダメな事を言われた時に凹んでしまい恋愛から遠のいてしまう傾向にあります。

あまり占いに左右され過ぎないようにいいことだけを吸収して前に進めるなら占いもありだと思います。

あと女子はおまじないも好きですよね。

効くかどうかは私にもわからないけど・・・おまじないをすることによって気持ちが前向きになれるのでその点ではいいと思います。

とにかく彼氏が欲しい時は前を向いて多くのチャンスをゲットすることです!


《参考》利用者が多い婚活・恋活サービス公式サイト一覧

  • ゼクシィ縁結び公式サイト

    結婚と言えばゼクシィというほどにゼクシィブランドは知名度・ブランド力・安心感があって定着してますよね。ゼクシィ縁結びは、恋人を探している人向けの婚活・恋活アプリのサービス。

  • ペアーズ公式サイト

    女性は無料で利用できる。フェイスブックマッチングアプリの中では知名度ナンバーワン。

  • Omiai公式サイト

    10代20代女性は無料で利用できる。ペアーズとOmiaiは婚活・恋活アプリの有名大手トップ2。ペアーズには登録していないけどOmiaiには登録してるって人も多いので要チェックです。

  • マッチドットコム公式サイト

    マッチングサービスのパイオニア的存在。世界25か国に利用者がおり、日本でも187万人以上が利用中。

引用元 社会人出会いの場ナビ|場所・きっかけ等をレクチャー

彼氏が欲しい社会人に関する口コミ・体験談

自分の好きなことをどんどんやれば彼氏はできます!

私自身も彼氏ができなくて悩んでいた時期がありました。基本受け身で自分からは告白できなくて、いいなと思う人がいてもこんな自分じゃ、とうまくアプローチできませんでした。

そんなときは「自分には魅力がないんだろうな」とか「このまま彼氏もできなくて一生独身かも」と思い焦っていました。

そんな自分に転機があったのは仕事のことで悩んでいたときでした。

サービス残業が多く、トラブルなどがあるとすぐ呼ばれる職場だったため常に気を張って疲れ切っていました。たまに気のあるそぶりを見せてくれる異性の人がいても、仕事モードの自分は本当の自分という気がせず、疲れてしまい自分から離れてしまいました。

そんな期間が長く続き、一生このままでいたらこの先どんな自分になってしまうんだろう、やりたくないことばかりで、本当の自分も出せず人生が終わるのは嫌だ!と思い仕事を辞めました。

先の不安はありましたが、仕事を辞めると決めれたことが自分の人生は自分で決めることができるんだと大きな自信になりました。

かといってやりたいことがわからなかった私はとりあえず自分がそのとき興味のあったことにチャレンジしました。好きな本の作者の講演会、好きな友人がやってるイベントのお手伝い、一回登ってみたかった富士山に登ってみること。

目的は好きなことからやりたいことを探すためだったのですが行く先々で出会いがあり、行動し始めてすぐに彼氏ができました。それ以外にも、恋愛ではなくても素敵な人との出会いがたくさんあり、長年出会いがないと思っていたのが嘘のようでした。

なにより自分自身もプライベートという枠で、自分自身がだせていたことが伸び伸びとその人自身と向き合えていたんだと思います。

好きなことをやり始めてから出会った人に人生はじめての告白もしました笑

なので私が言えるのは、もし今、出会いがなくて悩んでいる人がいるのなら、周りの人から探すのではなくて自分から好きなところへ飛びこんでいくことだと思います。

少なからず、興味や好きなことのところへ行くと共通の関心を持っている人へ会えます。本心で好きなことをやれると自分の心にも素直に、人にも素直になれて昔よりもずっと生き生きと毎日を過ごせています。参考になれば幸いです。

彼氏が欲しければまずは求める事を止めてみましょう

現在、日本人女性の中で30代や40代、50代といった中年世代の年齢になっても彼氏が出来ない女性が増えてきています。

中には50代になっても彼氏が出来ないという女性も多く、女性が異性である男性とお付き合いをした経験が無い、という光景を目にする機会が増えてきているのです。

なぜ、こんなにも日本人女性は彼氏が出来ない女性が多いのでしょうか。

その答えは、日本人女性の多くが漫画やアニメ、小説や映画などの2次元のメディア作品を見すぎているキライがあり、このような2次元作品の中の主人公の男性キャラクターを溺愛するあまり、現実社会の男性を恋愛対象として見る事が出来なくなっている事が、女性がいつまで経っても彼氏が出来ないという現象につながっています。

また、昨今では日本国内の男性俳優や男性アイドル、そして韓国国内のいわゆるK-POPと呼ばれるジャンルの男性アイドルを好んでおっかけなどの行為をしている女性にも彼氏が少ない、という統計結果が出ています。

これは、一般人男性という自分の一番身近にいる存在の男性を恋愛対象として見る事が出来ない女性が、日常生活で満足出来ずに一種の夢の世界である男性アイドルの世界にどっぷりとはまってしまい、結果として日本人の男性アイドルや韓国人の男性アイドルしか目に入らなくなってしまい、一般人男性との出会いがさらに遠のいてしまう、という悪循環に陥っている事が影響しています。

このような2次元や男性アイドルのおっかけなどにうつつを抜かしている、という自覚がある場合には、自分から自分自身を変える事で彼氏が出来る確率を上げる事が出来ます。

具体的には、まず一般人男性は2次元や男性アイドルとは違う現実社会で自分が出会う事が出来る男性なんだ、という事を頭の中でしっかりと認識し、一般人男性に理想像を求めすぎるのを止める事が大切です。

一般人男性は2次元のアニメキャラでもなければ、理想の男性アイドルでもない、この事を認識出来るようになる事が彼氏を作る為の第一歩となります。

彼氏がほしいなら同性の女友達とは距離を置き、男友達を増やすこと

一見リア充そうなのに彼氏が出来ない女性がいますが、そうした人はいつもつるんでいる女友達とは距離を置いた方がいいです。なぜかというと、メイクでも服でも無意識のうちに同性ウケばかりを狙うスタイルになっているからです。

例えば顔の中でも一点だけ浮いてるどぎつい口紅だの、奇抜過ぎる流行ファッションだの、本当に女性は流行を追うのが大好きです。男性から見れば女性の外見の流行は珍妙なもののように捉えられています。

どの女性も同じような服を着てるし、量産型と思われても仕方がありません。同性間ですと共感することが美徳のようなルールがありますから、自分が男ウケしないということにもなかなか気づけません。

女同士で可愛いと言われているからといって、それが男性に通用すると考えるのは危険です。男性ウケのする見た目を作りたいなら、一番手っ取り早いのは男友達をたくさん作ることです。

男性心理は男性が一番良くわかっているし、外見だけなら付き合いが浅くてもすぐに見てわかるので、可愛いか否かの判断もしてもらいやすいでしょう。

男友達を作ることのメリットは、男性への効果的な接し方も自然に身に付いていくということです。男性とずっと接していると、どう発言すれば喜んで、可愛がってもらえるかというのが段々わかってきます。

これだけは実践あるのみで、女同士たむろして「かわいいーw」と言い合っていては身につかないことです。気の置けない男友達がいるなら、モテない悩みを相談してみてもいいですね。

真剣な恋愛の悩みこそ、男性に聞いてもらうのがオススメです。女性は共感と同性にだけ甘いアドバイスばかりしますが、男性なら冷静に適切な助言をくれる確率が高いです。

運が良ければ相談相手から恋人に発展する可能性もありますし、困った時は男性に頼って損はありません。彼氏がほしいなら、柔軟な姿勢で男性に媚びたり甘えたりするのが一番いいですよ。

そういった姿勢は同性受けはしないでしょうが、真面目に恋愛をしたいと思うなら同性からの評価なんて気にしないでいいと思います。

脱非モテへ!女性ならば少しの努力で無限の出会いがあります

最近ではアラサーやアラフィフなどという言葉を聞く機会も多々ありますが、女性は30歳を超えても全く心配いりません。もちろん、20代の今から努力をしていることが重要で、自分を常に磨くということを怠ってはいけません。40代になっても男性から注目されるように、今のうちからモテ女性へと変われるようにしてください。

彼氏がほしい!そう思っている女性は多いでしょう。しかしながら、外見に自信がない女性であれば、そのことをコンプレックスに思い、卑屈になっている場合もあるかもしれません。外見は内面からも出るので、心と体を美しくできるように、まずはボディーケアをし、美容エステなどに通ってお肌の手入れなどをすることから始めるのも大事でしょう。

彼氏がほしいと言っても、全く努力をしない女性は見魅力的ではないですし、常に怒ったような表情をしていれば、いくら美人でも男性たちが遠のいていく可能性があります。

そこで、できるだけ愛想を良くし、笑顔の回数を増やすのも大切ではないでしょうか。髪の毛をサラサラにしたり、スキンケアに力を入れたりと、ちょっとずつ変われるようにするのも大事なことです。それでも出会いがないという場合、SNSサイトや出会い系などを利用するのも良いと思います。出会い系やSNSサイトなら出会いがほしい男性が数多く利用しているので、女性には非常に有利に働きます。

なるべく写真写りを良くし、男性たちに興味を持ってもらえうような投稿をするのも良いのではないでしょうか。彼氏がほしいと思っている20代から40代女性であれば、ネットを活用するのも一つの方法になります。圧倒的に男性が多いので、ネットでの出会いなら女性が有利になるのです。モテ女性に変身できるように、できるだけ女子力を上げていきましょう。30代を超えても女性は需要が大きいので、全く心配することはないのです。

20代のときから努力していれば有利なので、20代の女性は努力を続け、40代女性は出会い系などで男性を探すのも手でしょう。少しぐらいは写真を加工してもいいので、出会い系やSNSでも彼氏をゲットできるように頑張ってみませんか?

素敵な彼氏に巡り合うための心構えできてますか?

彼氏がほしい人はとにかく友達の誘いやイベントなどの場に積極的に参加してみることです。今日こそは彼氏を探す!という心持ちではなくて、その場を楽しむ、友達を増やすといった軽い気持ちで参加することをおすすめします。そのような場で男性を意識しすぎていつもの自分じゃなかったり、気を使いすぎたりするとなかなか男性に良い印象を与えづらいものです。

男性に「なんか気が合うかもしれない」「もう少し話してみたい」と思わせるためにもできるだけ自分のことを話してみたり、話しかけたりすることが大切です。いろんな場に顔を出してみると書きましたが、そんなに親しくない友人や苦手なタイプの人に誘われた飲み会などは参加するかどうか考えたほうがいいかもしれません。

顔を出せばまた人脈は広がるかもしれませんが、自分に合う人や周りからのサポートが得られない可能性があるからです。私の経験からですが、そのような場で良い人に巡り合える確率は低く、その後友人関係は長くは続きません。やはりまずは自分の性格に合う人、自分が無理せずに話せる友人を作ることが先決です。その友人からの紹介であれば、友人からみたその人の評価はまずまずなわけで、極端に自分に合わない人ではないはずです。あとは自分がその人をどう思うか次第です。

ゼロから男性を見極めるよりも友人に先に見極めてもらったほうがスムーズに良い相手に巡り合う可能性が高くなります。やはり気の合う友人は大切です。そして相手に100%を求めないことです。相手のここが嫌だな、気になるなという点を考えたときに、これからどうにか改善できるかもしれないという可能性を感じたら一歩進んでみて良い思います。

どうしても受け入れられないことであれば、それは付き合っていくことは難しいかもしれません。しかし自分の言動で相手が変わる、または自分の考え方が変わっていく可能性があれば、今後いいお付き合いができるかもしれません。自分も100%の人間ではないと思って、相手をみてみると実は運命的な相手と巡り合うチャンスが訪れるかもしれません!

恋人を作るには待っていないで迎えに行くこと見直してみることが大切

年齢を重ねるとともに、出会いの場が減り、だんだんと焦ってきてしまいますよね。20代の時は、友達がから「紹介するよ」とか言われたり、コンパのお誘いもたくさんあると思います。

先に相手の年齢や職業、カッコいいかとか聞いて、その答え次第で紹介してもらったり、コンパに参加したりを決めていたなんて、横柄な態度をとったこともありましたが、はっきり言って30代になると、それらはグッと減ります。

今まで企画してくれていたお友達も結婚したり、周りに独身が残ってなかったりすると、だんだん焦ります。ここまで来ると、もう「受け身」では厳しいと思います。

誰かが企画してくれるのを待つ、紹介してくれるのを待つ、素敵な男性が言い寄って来てくれるのを待つ…。そもそも、新しい「出逢い」とは外に出ないとないものです。ずっとずっと受け身だった私は最初にmixiやtwitterで趣味関連のサークルや、集まるところを見つけ、そこが企画するイベントに片っ端から参加しました。

企画してもらったイベントに参加する。これも「受け身」ですが、今までと違うのは知らない誰かが企画したものという事。今までみたいな友達や知り合いが企画してくれたものに参加するのとはちょっと違い、ハードルが上がると思います。

そこで彼氏が出来たらよかったんですが、それもなかったので、今度は自分から発信することにしました。その趣味関連のサークルで出会った女性数名に声をかけ、持ちかけました。

そして、手伝ってもらって飲み会を開催しました。正直、手一杯で自分の出会いなんて全くなかったんですけど、会を数回していくうちに、何回も参加してくれている人も出てきたりして、仲良くなったりで、次の輪が広がりました。

大勢の飲み会は結構、お酒が入って無茶する人も出てきたり、お店に迷惑がかかるなど、大変なことも多くなってきたので、少人数での、常連の人や、その人が連れてくる人等で開催したりしました。「自分が動く」なんて今までなかったし、本当に大変だったけど、それなりの成果はあるのかなと思いました。

だって、職場の往復生活をしていると、出会いなんてほとんどありません。紹介もコンパもなければ出会いの場は広がりません。だから私は動きました。

そして、その出会いの場から、なんとも思ってなかった常連さんを改めて恋人候補という目で見てみると、いい人だし、面白いし、顔はタイプじゃないけど、もう慣れたし(笑)、そんなに気にならないかな?とか思い、前向きに検討することが出来ました。

職場でもそうです。眼中にないわとか、タイプじゃないからいう理由で除外されている人も、一度、見直してみることも大切。

出逢いは作るもの。そして、周りにいる人にも目を向けてみること。これが彼氏を作るうえで、重要なキーワードだと思います。

見てる人は必ずいますよ!彼氏候補かもしれません。良い事も悪い事も気を配ってみましょう。

私は20代の10年間を同じ企業の事務職として働いていたのですが、従業員の約9割以上男性が勤務している企業に勤めていました。

当時入社後はコンパや飲み会など月に2~3回ほどありましたが、彼氏もいたので親睦会みたいな感じで参加していました。

その後彼氏と破局して、心にぽっかり穴が。さみしさもあり社内の飲み会などにも参加しましたが、中々良い感じにならず少し焦ったりする自分もいました。

1年程そんな生活をしていたのですが、その頃には仕事も少し慣れていたのもあったので、時間を見て社内の掃除をしようとちょこちょこと掃除を始めました。トイレ掃除や給湯室や更衣室など、あまり男性が普段入ってこない所を中心に清掃をしていきました。

また雑誌やカタログが溜まっていたのを、紐でくくり処分する準備をしていると、重たいから持ってあげるよと優しく声をかけてくれる人も多くなりました。

元々掃除が嫌いではなかったので無理をすることなくしていたのですが、評判が良かったようで、私がいた本社だけではなく支店にも良いうわさが流れていって、そのあたりから急に男性からのお誘いの声が沢山かかるようになりました。自分自身の身なりを気をつける事はもちろんですし、皆さんお化粧やネイルなどには気を使っていると思います。それだけではない、ちょっとした気配りなども男性は見ていると思います。例えば、お茶を入れる際に湯呑の糸底を拭いて私は出していたのですが、そんな事も他の人がしていなければ、気が付いてくれるのです。小さなことですが、案外心配りが男性は嬉しい様です。

逆に女子トイレでタバコを吸う社員さんがいたのですが、本人はバレていないと思っていても、男性社員には知られていました。別に未成年ではないので、喫煙所で吸えばいいのにと隠している事が、マイナスになっているようでした。

10年間勤めていて、男性に対しての感覚がつかめていったような気がします。媚びるような心づかいや見え見えの対応は嫌がられますが、ナチュラルな優しさは大変喜ばれます。社内では、見てないようで見られているを意識して気を配ってみてはいかかでしょうか?未来の彼氏候補が現われるかもしれません。

シャイな日本男子を振り向かせるための彼氏を作るコツ

日本人はシャイな人が多いですが、これは美徳ではある反面中々出会いに発展しないという欠点でもあります。中々女性から男性に声を掛けることは難しいですが、男性も女性に声を掛けることに躊躇ってしまうので、中々出会いが恋愛に発展しない、もしくは出会いさえ生まれないということになってしまいます。しかし、その半面ナンパなどを積極的にするチャラい男は嫌だという方も多いでしょう。渋谷など繁華街に行き手持ち無沙汰にしていると、ナンパ目的の男性が声を掛けてくることもありますが、誰にでも声を掛けてくるそうした男性に嫌悪感を抱く女性も多くいらっしゃいます。

声を掛けてくれないと恋愛に発展しない、でもナンパをするチャラい男は嫌というジレンマが生じてしまうのですが、声を掛けてくれないシャイで消極的な男性にも魅力的な男性はたくさんいるので、そうした男性を上手く振り向かせる方法を見ていきましょう。まず学生時代を思い返して頂きたいのですが、学校やクラブなどでは異性が気軽に話をして、恋愛も生まれやすい環境にありました。皆恋愛に積極的で憧れているという点も大きいでしょうが、同じコミュニティに属しているというだけで、仲間意識が生まれ声を掛けることが自然な環境にあったからだと言えます。

社会人になってからのこうしたコミュニティは主に会社ということになるので、社内恋愛や社内結婚が多くなるのですが、職場によってはこうした出会いも期待出来ないということもあります。そこでおすすめなのは、再び何か共通項を持てるコミュニティに参加するということです。趣味や遊びでも良いですし、英会話や勉強会など習い事でも良いですが、同じベクトルに向かって努力をするという環境ならば、より所属意識が高まるので男性も女性も互いに声を掛けやすい環境になります。まずは気軽に挨拶や雑談が出来る環境になれば、シャイな男性も積極的にアタックしやすい状態になるので、貴方自身も好きな人が出来たら積極的に行動して下さい。

プライドを持ちつつ、ちょっとだけプライドをさげると彼氏が出来る気がします。

私の周りの常に彼氏がいたり、持てる友人がいます。彼女たちを見ていて感じた事があります。

それは彼女たちの様なモテ女の特徴は、積極的だけれど、どこかミステリアスな部分があり、プライドを持っているけれど、男性の前では少しそのプライドを下げる事が出来る女性だということです。

それがモテ女の共通点だなと感じるのです。ならば私もその事を真似できる範囲で真似してみようと思った事がきっかけとなり、いつからか、気が付けば常に彼氏だけはいると言う感じになりました。

☆具体的な方法と説明しますと、やはり彼氏を作りたい、男性からもてたいと思うからにはある程度、積極的に行動をする事は必須です。

今は絶世の美女と言われる人だって、草食系男子が多くなってしまった事から、自分の方から積極的にならないといけない時代です。

なので、女性からもどんどんアプローチをしないと、より良い男性にはなかなか巡り会いずらくなっているのです。

しかし、積極的にアプローチしてもぐいぐい押しっぱなしでは男性は逃げてしまうのです。

なので、最初だけちょっと押してみて、その後はす~っと引く事が最大のテクです。

いくら相手のことを逃したくない程、自分の好みだったり、大好きな相手でも最初から全ての手の内を見せず、どこかミステリアスな部分がある女性に男性は惹かれます。

☆デート段階まで進むことが出来たら、ここからが重要です。男性から見てプライドのない女性は魅力的に感じないそうなのですが、また逆にプライドが高過ぎても男性は敬遠するそうです。

なので、その変のさじ具合が難しいのですが、自分の意見も持ちつつ、男性にこちらか歩みより男性に合わせる部分がとても大事だと思います。

☆自分はここだけは譲れないポイント決めてプライドを持ち、男性からのお誘いなどには少し柔軟になり相手に合わせる。

その様な使い分けと、プライドの高さ調整を出来る女性は絶対に男性からもてるようになるのです。

☆積極的になり、最初の一言。最初の一歩を女性側から踏み出す。しかしその後はちょっと引いてみる。全部を見せずミステリアスな部分も必ず残す。プライドの高さを調節しながら男性に接する。このテクニックを覚えれば絶対に彼氏ゲット出来て、いつの間にはモテ女になっていると思いますよ。

女性を守ってあげたいという男性の本能をくすぐってみよう

男性には、本能的に「女性を守ってあげたい」という欲求があります。ですから、彼氏が欲しいと心から願っているのであれば、そんな特徴を上手に利用したいところです。

そしてその最も簡単な具体的方法として、相談を持ちかけてみるというものがあります。男性に何か相談をもちかけると、多くの場合は真摯に対応してくれるはずです。

最初はただうなずきながら聞いているだけかもしれませんが、相談の回数を重ねるごとに、だんだんと自分の意見も言ってくれるようになります。

それは「どうにか悩みを解決してあげたい」という思いからです。ですから、男性からのアドバイスは真剣に聞く必要がありますし、もし何らかの行動をうながされたのであれば、失敗を恐れずに行動してみるという姿勢も大切になります。

むしろ、結果としては失敗に終わってもいいのです。自分のアドバイスを素直に受け入れ、実際に行動した女性が失敗したとき、男性は強い責任感を覚えます。

すると同時に「この女性を守ってあげたい」という思いも強くなり、いつの間にか異性として意識するようになるのです。そんな気持ちが単なる責任感からきているのか、それとも恋愛感情なのかは、実は男性にはよくわかりません。

つまり一種の錯覚なのですが、男性にそういった迷いを抱かせた時点で、彼氏にできる可能性はかなり上昇しているのです。そんな駆け引きのようなやり方はずるいと思ってしまうかもしれませんが、本気で彼氏が欲しいと考えているのなら、背に腹は代えられません。

男性の錯覚や、女性を守ってあげたいと感じる本能的な面を存分に利用し、自分のことを好きにさせていくしかないのです。男性に相談を持ちかけてみたいけど、何を相談すればよいのかわからないという人は、とりあえず人間関係で悩んでいると伝えてみましょう。

上司との関係でも友人との関係でも構いませんし、もちろん本当に些細な悩みでも問題はありません。まずはきっかけを作って、女性を守ってあげたいという男性の本能をくすぐってみましょう。

世代によっても変わる彼氏が欲しい人への注意とアドバイス

彼氏が欲しいけれどできないという女性の悩みも、世代別によって全くアドバイスの内容も変わってきます。 20代くらいの若い世代では、よほど自分の中の人生観が達成してないと、男性に求めている好みの面も上辺だけになりがちです。上辺の好みで相手を求めると、理想が高いので相手にされない場合もありがちですし、実際に良いところまで漕ぎつけても、付き合いが上辺のみになってしまったり、ちゃんとした恋愛にならない事もあるのです。

男性との付き合いに関しても未成熟で、さらに人間関係などの構築もされていない場合には、まず色々な世代の人と付き合いを広げるなど、身近にできる事から変えていく事が必要かもしれません。他者とのコミニュケーションを深めれば、冷静に自分を見直す事もできますし、男性に関する価値観も少しずつ変わってきます。見る部分が変われば、男性と新たに付き合うまでの自分の中身の素地が出来上がっていくものなのです。

逆に何回かの恋愛経験もあり、しばらく恋愛から遠のいている場合や、将来のパートナーとなる相手を見つけたい時は慎重になりがちです。また、20代後半以降まで恋愛経験が無い場合などは、彼氏が欲しいと思っても何をしてよいのか分からないという事もあります。こういった場合には、まず周囲の異性をよく見る事から始める事が大切です。自分の置かれている環境に居る周囲の人というのは、自分とのレベルが同じ場合があります。

その人間関係の中にも当然良い出会いが落ちているものです。恋ができないと焦る程、周りに居る人の良さを忘れる場合があります。また、同世代の男性に触れ合う機会自体がないという場合には、その機会を自分で作る事も大切です。同世代の異性などが集まるイベントに参加したり、趣味を新たに始めてみるというのも非常に良い方法です。男性というのはちょっとした事でも女性に興味を持つ場合が多く、少し努力するだけでも彼氏は見つかるものです。もちろん、男性の好みの服装や髪形、清潔感や心からの思いやり、優しさに重点を置く事も大切です。さらに、自分を見つめ直し「きっかけ」を作ることで、良い出会いというのはいくらでも見つかるものなのです。

むやみに焦って彼氏を作るのは禁物!もっと自分を見つめてからにしよう

どこかへ出かけたいと思った時、綺麗なイルミネーションの季節がやってきた時、彼氏がいたらなぁと思うことはありませんか?私もそうでした。クリスマスイブにバイトのシフトに入っている時にはみじめな気持ちになりましたし、そのバイト中に恋人たちが歩いているのを見るのはちょっぴり羨ましかったです。最近ではそういうイベントごとがある時ではなく、ちょっとした時、例えばふらっと散歩したいなと思う時でさえ、気の知れた彼氏がいればなと思うようになりました。そこで私は彼氏を作ろうとスマホのアプリ、マッチングができるものに頼ったのですが、ここで失敗をしたので、あえて皆さんの反面教師になるようその失敗談をアドバイスに変えてご紹介しようと思います。

行動を起こすのは良いことだと思います。職場など、身近に出会いがなければ自分から動くことは大事ですよね。ただ待っているだけよりよっぽど生産的です。しかし、私が犯した失敗というのは焦っていたというところにあります。友達が結婚していく、子どもを産んだという報告が届く、写真がSNSに並ぶ・・・そんな時、私は彼氏がいるという安心感を得たかったのです。このためにアプリからのメッセージで複数の男性からデートのお誘いを受けたのですが、いざその日取りを決めてその日が近づいてきた時、ふと自分の過ちに気付きました。

私はあまり外に出るのが得意ではなく、時には相手に迷惑をかけてしまうこともあります。それを半ば隠してデートの日取りを決めたのですが、それがプレッシャーとなり、最終的にはデートをキャンセルしてくださいと電話をかける羽目になりました。私はただただ彼氏が欲しいというその目的を達成するためだけに自分を覆い隠してしまっていました。友達にならちゃんと私にはこれができないからねと伝えるのですが、気にいられようと必死だったから弱点を見せようとしなかったのです。もし、今彼氏がいなくて焦っているという方がいれば、私のようにならないために視野を広げてみてください。

彼氏が出来ない人の特徴、出来るためにはどうしたら良いか

彼氏が欲しいけどできないという人はたくさんいると思います。また、彼氏が出来ないと言っている人はだいたい社会人になってからだと思います。学生の頃は出会いも多いですので、そこまで彼氏が出来ないと困らないという人は多いです。

しかし、学生の頃にモテていた女性も社会人になると出会いがさっぱりなくなり、彼氏1年いないという人も多いです。もちろんできる人は出来ます。ですが、私が彼氏が出来ない人の特徴を考えてみたところある共通点がありました。それは、高望みをしている女性ということです。例えば、身長175センチ、顔よし、年収800万以上と、かなりの好条件しか恋愛対象としてみません。それも30代の男性を選びます。30代の男性で年収800万円以上ある人は数パーセントしかいませんし、そこでさらに、身長175センチ以上で顔が良いとなるとどれくらいのパーセントになるのでしょうか。まず、出会わないと思いますし、そういう人はモテるので相手が必ずいます。

そして、高望みの女性に限って家事が出来ない、したくないという人が多いです。そういうモテる男性がそのような女性を選ぶのでしょうか。好条件の男性しか選ばない女性が男性に選ばれるために、料理を勉強したり、作法を習ったり自分磨きをして努力しているなら可能性があります。

しかし、そういう女性に限って見た目を着飾ることしかせず、中身を良くする努力をしません。正直、モテる男性は女の子がたくさんいるので選びたい放題です。その中に顔がかわいい女性はたくさんいるでしょう。ですので、好条件の男性に選ばれるためには見ためはもちろん中身も美しくならなければいけません。

つまり、自分の事は顧みないで男性にばかり条件を求める女性はいつになっても彼氏はできませんし、結婚できずに年齢だけ上がっていきます。やはり、年齢が上がるにつれ結婚に不利になるので、彼氏が欲しければ高望みせず条件を下げた方が良いと思います。彼氏が欲しいと思っている人は一度自分の事を考え直すのが良いと思います。その上でもう一度良い人がいないか考えてみると良いでしょう。

まずは好きな人を作ることに積極的になろうとすることが大切です

彼氏いない暦が長くなってしまうとどんどん強くなってきてしまうのが彼氏がほしい願望ですが、羨んでばかりではできるものもできません。ドラマや漫画を見てこんな恋がしたいという気持ちが高まってきたら、今度は素敵な出会いが自分の身に降りかかるようにきっかけを作っていく必要があります。

そうは思っても好きな人もできないし……と思い悩んでいるかたは、ひょっとしたら恋をするための意気込みが足りないのかもしれません。そんなときには、まず彼氏ゲットのために恋をする状況作りをしてみてください。

社会人であれば、仕事を恋愛ができない言い訳にしているかたも多いものです。とくにキャリア志向の女性の場合には、仕事に必死になるあまりになかなか恋愛モードに切り替えられないという可能性もあります。何よりも仕事にやりがいを感じており、恋よりも仕事が楽しくて仕方がないというタイプも少なくないでしょう。

しかし、疲れたときに癒してくれる彼氏は振って沸いてくるものではありません。そんな時には仕事から離れられる時間を見つけて、異性と触れ合う時間を意識して作ってみてください。社外活動に当てる時間を増やし、趣味やサークル活動などに費やしてプライベートを充実させてみるのです。メリハリができて仕事の集中力も増しますし、異性と接触できればときめいて恋愛モードの切り替えるきっかけを作りやすくなります。

また、派遣やアルバイトなどで収入が安定しないことで恋愛する余裕がないという場合にも、やはり支えてくれる存在が身近にいれば前向きになれます。彼氏が欲しいという気持ちを押し殺す必要はないのです。好きな人を作ろうという気持ちは振り向いてもらうためにもっと自分を高めようという気持ちにも繋がりますから、遠慮せずに出会いの場に赴いてください。

彼氏ゲットのために大切なのは、積極的に恋愛感情を生もうと努力をすることです。仕事や環境をを言い訳にせずにいろいろな出会いのきっかけを掴むようにしてください。自分の置かれている現状を整理し、どんなチャンスがあるのか見極めてみましょう。

彼氏が欲しいと言っているけれど本当に欲しいと思っていますか?

彼氏が欲しいなと言う割りに、行動に移していない人は少なくはないかと思います。確かにこの世にはたくさん独身の男性がいるのですから、彼氏なんてすぐに出来るような気もしてしまいますが、何も動き出さないことには彼氏もできるわけがありません。

彼氏を作るために積極的な女性はたくさんいますから、のんびりしていたらそんな女性に素敵な男性はみんな持っていかれてしまいます。言っているばかりで、待っているばかりで素敵な出会いが向こうからやってくるという思い込みは捨てるべきです。

彼氏を作るためにはどんな努力が必要なのでしょうか。

彼氏が出来る前に自分磨きをしたいと、エステや習い事にお金をかける女性も周りにはいますが、お金を掛けている割には素敵な出会いがまだないとぼやいています。中身も素敵な女性なのに、彼氏が出来ない理由は出会いに対して積極的でないからだと思います。

学生の頃というのは、ほぼ未婚の男女ですので彼氏も割りと簡単に出来たものですが、社会人になると急に出会いの幅が狭くなってしまいます。

既婚者も多いですし、職場によっては性別の偏りもあります。また職場内の恋愛は面倒だったりもします。するとやはりあえて出会いを求めていかないことには彼氏は出来にくい環境なのです。

彼氏が欲しいのでしたら、同じように彼女が欲しいと思っている人との出会いに対して積極的になるべきです。第一印象で自分がピンと来ないとしても、友達として付き合っていくうちに良さを知ることもありますし、その男友達経由で新たな出会いもあります。

出会いの形にもこだわらずに、友達の紹介、会社の横のつながり、婚活パーティなど色々な形の出会いにチャレンジしていきます。自分磨きももちろん大切ですが、自然体で付き合えるような彼氏が欲しいのなら、ナチュラルな今の自分と付き合ってくれる人を探すのが一番です。

もし彼氏が欲しくて自分磨きをするというのでしたら、仕事に使えるスキルや健康や体型維持のためのスポーツなどでしたら、お金をムダにすることもありません。仕事や趣味に活動的になることも、自分の魅力を高めることができますのでより良い出会いにつながるはずです。

彼氏が欲しい女の子必見!できない原因を探ってみた

■なぜ彼氏ができないのか?考えてみよう
彼氏が欲しいのにできないのはなぜ?と悩んでいませんか。中には、かわいいのになぜか彼氏ができない…なんて女の子もいるんですよね。そんな「なぜ彼氏ができないのか?」のヒントになるポイントをお伝えします。

■彼氏ができない原因ベスト3
<○男友達みたい>
ノリが良くて、男の子と話もあって、いつも会話は大盛り上がり!なのにどうして恋愛に発展しないんだろう?そんな女の子は、もしかしたらノリが良すぎるのが原因なのかもしれませんよ。

男の子と話を合わせようとつい乱暴な言動をしたり、下ネタを振られても全力で答えたり、思い当たることはありませんか?男の子にとって、女の子とはちょっと特別な存在であってほしいもの。仲が良すぎることがかえって恋を遠ざけてしまっているのかもしれません。

<○言葉遣いが汚い>
男の子は、ある意味で女の子に対して幻想を抱いている部分があります。せっかく顔がかわいくても、汚い言葉を使っているのを知られたら、一気に幻滅されてしまいますね。普段何気なく使っている言葉でも、男の子からすれば「エッ」と思うものがあるのかも。一度、自分がどんな言葉遣いをしているのかチェックしてみましょう。「クソ」「マジ」「じゃねーの」などの男らしい言葉のほか、いわゆる『若者言葉』にも顔をしかめる男の子もいます。品がない、頭が悪そう、などというネガティブなイメージを持たれないように、注意したいですね。

<○スキがない>
真面目でいつも一生懸命、曲がったことは大嫌い。何でも一人でできるし、人を頼ったりしない。

それ自体はとても良いことなのですが、残念ながら男受けという面で見た時に、そういうスキのなさはデメリットとなることも。男の子の本質には、女の子から頼られたい・女の子を守りたい、という部分があります。スキのない女の子は、男の子の目には強い子として映り、自分では守ることができない…と勝手に自信を喪失してしまうのですね。彼氏が欲しいと思うなら、たまには「か弱い女の子」を演じることも必要ですよ。

■まとめ
彼氏ができないとお悩みの女の子向けのヒントをまとめました。

あなたの良さを見てくれないまわりが悪いとばかり決めつけず、まずは自分の姿を鏡でよく見てみましょう。何か気づきがあるかもしれませんよ。

どうしても彼氏を作りたいという女性に実践してほしいこと

なかなか彼氏ができないとお悩みになっている女性は結構多いと思います。そんなどうしても彼氏が作りたいという女性に実践してほしいことがいくつかあります。

まず実践してほしいことの1つ目は、自分の理想を少しでも落としてほしいということです。誰でも理想の彼氏がほしいと思うのは当たり前です。ただ、理想を追い求めていると、一生出会えないということになりかねません。特に、漫画に出てくるような白馬に乗った王子様との出会いを求めているのなら危険です。

そのような男性はほぼいないと思ってください。もっと現実に目を向けて、理想を落としてください。ここだけは譲れないというポイントはあってもよいのですが、それ以外は妥協したほうが彼氏を作れる可能性はグッと上がります。

次に実践してほしいのが自分1人の時間を減らして外へ出ることです。彼氏ができないと嘆いている女性の多くは1人でいる時間が好きな傾向があります。休日は家で引きこもっているというような状態ではなかなか出会いがなくて当然です。少しでも外に出て人と触れ合うような行動を取ることです。

カフェに行くだけでも問題ありません。友達と海に行ったりスキーに行ったりショッピングするのも良いです。習い事などをするのはさらに良いです。とにかく人がいるところに出ていくことで出会いの確率が高くなります。

最後に実践してほしいのが、男友達の多い女友達と仲良くなることです。仲良くなって女性がどうやって男性友達と仲良くしているのかを学ぶのです。男性友達が多い女性は素敵な彼氏持ちの場合が多いですから、どうやって仲良くしているのかを徹底して研究してください。そうすることで男性と付き合うことができた後も、彼氏と仲良くやっていけるようになります。

どうしても彼氏を作りたいという女性は、まず自分が男性からどのように見られているかも意識してください。客観的に見て話しやすい雰囲気かどうかも心掛けておくだけでも違いが出ます。

彼氏がほしい人は自分磨きをしっかりとすることが大切

彼氏がほしいと思っている人はたくさんいてます。私もここ最近まではそうでした。彼氏が欲しくて仕方ありませんでした。

しかし、何も行動を起こさずに、口だけで彼氏が欲しいのにできないといってました。そして気付いたのです。彼氏がほしいという前にまず、自分磨きをしようと。今のうちにしかできないから、時間のあるうちに自分磨きをすることに。

とにかく女子力をアップするようにしました。まずは、髪型とメイクから。雑誌をたくさん買ってきて、今流行っている髪型やメイクをたくさん勉強しました。こうすれば、可愛くなるんだというメイク術をたくさん勉強してそれらを実施してみたり。髪型もどれが持てるのかなど。やはりロングが持てるから、長さはそのままで男性ウケのいい色にしてもらったりしました。

次は服装です。服装も、男性ウケの良いものはどれかとたくさん調べました。自分の好みの服で、男性ウケの良い組み合わせや、色などもたくさん勉強しました。

次に磨いたのはやはり内面です。私はあまり気遣いのできる人間ではありませんでした。なので、内面から女子力をあげようと、気遣いのできる人になる努力をしたり、とにかく誰にでも優しく。そして、すぐに怒らない。細かいとこからですがちょっとずつ内面をよくしていきました。

それのおかげなのか、最近彼氏ができたのです。私自身も本当に驚きました。1人のうちに自分磨きをすることは本当に大切です。内面や外見を少しずつでも磨いていくことで、周りからの目も変わってくるし、出会いも広がります。出会いが広がるという事は、彼氏ができる可能性もすごく多くなるという事です。なので、彼氏がほしいと思っている人には、今のうちに自分磨きを頑張ってほしいです。口だけでは本当に何も始まりません。自分からやる気を出さなければいけません。

自分磨きを頑張っているうちに報われるので、たくさん自分磨きをして、いろんな出会いの場に行ってみると良いと思います。

彼氏が欲しい、あなた。彼氏の見つけ方の範囲を広げてみては、いかがでしょうか。

「彼氏が欲しいのに出会いがない!」「彼氏ができない!」などでお悩みの方へ。その彼氏の見つけ方の範囲を少し広げてみてはいかがでしょうか。

例えば、「彼氏ができない!」と思っている多くの人の場合、学校や会社、友達の紹介などといった決まった範囲で、彼氏探しをしている人も多いかと思います。それでは、やはり、今の時点で彼氏を見つける事ができなければ、なかなか、その範囲で彼氏を見つける事は難しいかと思います。もちろん、昨日まで友達だった男性に急に恋愛感情を持つ場合や持たれる場合も十分、考えられます。しかし、それは、あくまでも、可能性の範囲で、今のところ、そんな気持ちがないのであれば、あまり、期待しない方が良いかと思います。

そんな事を期待しながら過ごすよりも、もっと、範囲を広げ、彼氏探しをした方が良いかと思います。その方は、例えば、SNSの利用です。今では、当たり前に使うようになったSNS。そんな、SNSを上手に活用すれば、もっと、広範囲で男性と知り合う事ができ、その結果、彼氏を作る事も可能になってきます。例えば、小学校、中学校時代の友達とSNSを通して、連絡を取ってみる事で、その人と新たな恋愛感情になる場合も、また、その友人に男性を紹介してもらう事も可能です。

その他、SNSの場合、見ず知らずの人と知り合うチャンスも大いにあります。その場合は、いくら、彼氏が欲しいと言っても、注意が必要で、本当に信用する事ができるか必ず確認してから、会うようにします。また、そんな人と会う場合は、一人ではなく、友人と一緒に会うといった方法やできるだけ、人が多い場所で会うといった方法を取るようにする事も大切です。その上で、相手が良い人だと言う場合も多く、結果、良い出会いにつなげる事が可能になってきます。

つまり、彼氏を真剣に欲しいと思っている人は、身近な所で探そうとはせず、もっと、視野を広げる事で、きっと、素敵な彼氏を作る事ができると思うので、色々と努力する事をお勧めします。

モテない女性【必見】に送る!彼氏ができるようになる方法

なぜ私には彼氏ができないのか?このように悩んでいる女性は多いのではないでしょうか?なぜあなたに彼氏ができないのか、それはあなたが本当の理由が分かっていないからです。しかしこの理由については周りの友達に聞いたところで教えてもらえることはないでしょう。

なぜなら、親しければ親しいほど、あなたに本当の理由は言いにくいからです。そこでこのページでは親友に代わり、あなたに彼氏が出来ない本当の理由を教えましょう。

·自分はもてないと思い込んでいる
恋愛では、自分なんかもてないというコンプレックスは単なる思い込みである可能性がとても高いものです。例に挙げると顔に自信がない。スタイルがよくない。男性受けする性格ではないなどです。これらのコンプレックスはほとんど周囲から言われ続けてきただけで、あなたの本当の姿とはまったく関係ないことがあります。昔から言われ続けていると、あたかもそれが真実のように感じてしまうかもしれませんが、始めた出会った男性からすると、そんな思い込みはまったく関係ないのです。自分に自信を持って行動すれば、思いのほか彼氏は簡単にできるものです。

·周りのせいにする
あまりに彼氏ができないと、自分でなく周りに原因を押し付けてしまいます。でも実は原因は周りでなくあなた自身なのです。もし周りに素敵な男性がいないのなら、いる場所にでかければよいのです。周囲の環境がよくないのであれば、自分で行動して変えてみましょう。

・モテないのを自虐しない
あまりモテないと開き直す人もいますが、あまり感心できることではありません。さらにそれをネタにして笑いをとろうとする女性は見てて痛いだけ。周囲も反応に困ってしまいます。そうやって取り繕うよりも、真剣に悩んだ方が回りも相談に乗りやすいもの。

モテないからと言って、開き直るのはやめておきましょう。

まずは簡単な二つだけ紹介しましたが、この3点を変えてみるだけでも驚くほど彼氏ができるようになります。試してみてください。

惚れっぽい人とそうでない人のタイプ別、彼氏が欲しい人へのアドバイス

今の彼氏とどこで出会いましたか?というアンケート結果などを見ると、職場や友人の紹介といった答えを多く見かけます。合コン、習い事、ボランティア活動といった声も良く聞きますね。SNSを利用しての出会いも今では珍しいことではありません。

出会いの場を増やすことは重要です。まず出会わないことには何も始まりませんからね。ただし出会ったからといってその人が彼氏になってくれるかというのは全く別の問題です。

惚れっぽい人はあまり心配する必要なないでしょう。もしうまく行かなくても引きずらずに次の人に向かうことができます。それは彼氏を作る事においてとても大切です。惚れっぽい人というのは、男性の素晴らしい点を理解する能力が高いとも言えます。そういった理解力のある女性の魅力に惹かれる男性は必ず現れますので、積極的に出会いを求めて行動して下さい。

彼氏は欲しいと思うのに、なかなか人を好きになれない人。そういう方は出会いの場を増やすと同時に、自分自身のことを大切にしながら自分を成長させることも考えてみましょう。自分の心や身体に手をかけてください。美しい物語を読み、アートや自然に触れる機会を増やし、肌のお手入れを丁寧に行い、気持ちの良い範囲で身体を動かし、いつも笑顔を心がける。好きなことに熱中するのも良いでしょう。なかなか人を好きになれない人には、こういうことが少しだけ足りていない可能性があります。こういったことを心がけていると、自分でも気付かない内に心が開いていくものです。心が開いてくると、他の人の素敵な面が見えるようになってきます。それは相手の方にとっても感じ取ることができるあなたの魅力となって、それに気付いてくれる男性も必ずいるはずです。容姿は問題ではありません。佇まいが重要なのです。

自分がそういう状態であれば、出会いの場はどんなものでも構いません。今の時代だからこその出会いの場であっても積極的に取り組む価値があります。世界には70億人以上の人が存在しているのです。どんな方法であれ、出会えるだけでもものすごい確率なのですから、出会う方法などあまり意味はありません。最初にも書いた職場や友人の紹介でもいいですし、趣味の集まりやSNS、婚活サイトや結婚相談所、街コン、旅先やそこいらの道ばたにだって出会いは転がっているのです。心がけ次第で変わりますから、信じて頑張ってみて下さい。

彼氏が欲しい人は自分自身と身の回りを改めて見直してみよう

「私の隣に笑顔で微笑んてくれる彼氏がいてくれたなら。」そういうふうに願っている女性の人へ送りたい話があります。

いつも寂しく誰か、傍に居て欲しいと思うのなら、まずあなた自身が行動を起こしてみませんか?自分の周りで憧れの人が居ないか?

職場でもアルバイト先でも、本当に気になる人が居るのであれば、もう既に心は決まっているはずです。後は、相手にどのような方法で、いつのタイミングで自分の想いを伝えるべきかを考えるだけです。

とは言うものの、気持ちを伝えることで悩むことが一番、大きく重たいのかもしれません。

そんな時は、真っ直ぐにぶつかっていくこともいいかもしれませんが、いきなり伝えたことで、普段、何気なく会話ができていたことが、ギクシャクしてしまうことがあるかもしれませんね。

自分の心配できる親友を通じて、遠回しに噂レベルから囁いたりしてもらうこともいいかとしれません。しかし、それだけでは足りない時には、合コンや仲間内の飲み会で横に座ってみて、ゆっくりと距離を縮めることもいいでしょう。

一方で、全くなく出会いがない人の場合には、他の出会いのチャンスを探すことも1つです。最近は、出会いのSNSやアプリがあります。同じ趣味、同じ価値観を持つ男性と出会えるチャンスもサイトから作ることが簡単にできますから。

真面目な出会い、真面目なパートナー作りのサイトは、インターネットで調べてみると、たくさんあることが分かります。そのような手段で知り合うこともいいでしょう。

確かにインターネットで顔も知らない人とコミュニケーションを取ることは、不安が残るでしょう。

しかし、すぐに会うのではなく何度もメールなどでお互いの考えや気持ちを交わしながら、相手の人柄や性格がみえてくるはずです。大事なことは、彼氏を作ることなのですが、焦らず本当にすきになれる人かどうかを見極めることが必要だと思います。

彼氏を作るためには、あなた自身の行動ができてこそ、初めてチャンスが訪れるのです。

大切なのは出会いではなく自分自身の魅力ですが「魅力」って?

女性にとって彼氏の存在は決して小さいものではないはずです。どれだけ口では強がっていても、心のどこかで彼氏が欲しいと思っている女性も多いです。女性にとって彼氏の存在は決して小さいものではありませんし、いずれ結婚するとなれば自分自身の人生そのものを左右する存在になるのです。そんな「彼氏」という存在も、まさに入れ代わり立ち代わりで次から次へと出来るという女性もいれば、なかなか彼氏が出来ないと悩んでいる人もいるでしょう。

「出会いがないから」と自分に言い訳をしている人もいるかもしれませんが、そもそも出会いというのは機会だけを刺すのではなく、自分自身の魅力が出会いにさせるものなのです。出会いとは、相手が自分を魅力的だと思うか否かです。常日頃から身だしなみをしっかりと整えている人と、ずぼらな人。ここ一番という時はしっかりとメイクやみなし波を整えるものの、普段はだらしない格好をしている女性は、残念ながら自分自身の魅力を相手に伝えることが出来ていないのです。仮にですが、自分のことを魅力的だと思ってくれる男性が現れれば、成就するしないは別として、出会いにはなるのです。出会いがないと嘆いている女性は、単純に自分自身の魅力が男性に届いていないと考えるべきです。

では魅力とは何か。男性にとって彼女にしたいと思う女性はシビアではありますがまずは外見です。実は外見へのこだわりは女性よりも男性の方が強いと言われていますので、最低限身だしなみを整えるのはもちろんですが、更に男性はナイーブです。女性の些細な一言で「脈無しだな」と判断するケースもありますので、照れ隠しで「無理」とでも口走ろうものなら、男性は追いかける対象から外してしまうケースとてあるのです。

つまり、彼氏を作る上での女性の魅力とは、男性が追いかけて「手に入るのではないか?」と可能性を抱けるかどうかです。「彼氏なんて必要ありません」という態度の女性は、いくら外見が優れていても男性は追いかけないものです。

彼氏候補者・予備軍をとにかく探し続けること

彼氏がほしいといっているにもかかわらず、何もしていない人は本当に多いです。聞いているほうとしては、何もしていないのにできるはずがない、と思ってしまいます。今まで普通に生活をしていて彼氏ができないのだから、これからも彼氏ができる可能性は限りなく低いです。

出会い続けているけれど、付き合いたい人がいない、というのならわかる気がしますがたいていの人は、探してもいないことが多いです。

出会い方は多様化していて紹介、合コン、街コン、婚活パーティー、結婚相談所など出会うところはさまざまです。ネットの社会も拡大しているのでSNSでであったり、ブログから仲が良くなること異性と出会うことができるチャンスはないようでたくさんあります。

出会いがない人は出会い方も自分で制限している人も多いです。ネットは怖いから嫌、合コンは嫌、そういったわがままはすてて、まずは積極的に参加することを勧めます。最初は疲れて嫌な思いをすることもあるかもしれません。食わず嫌いをする前にまず参加してみるということが大切です。合コンも形式的に連絡先交換するときもありますが、単なる飲み会で終わってしまうこともあります。がっかりしないで場数を踏むとどんな会になるか想像がつきそうです。

また、簡単に切らないことも大切です。せっかく連絡先を交換したのだから、その人の仲間と必ず1回は合コンを開くような目標をたてて、さらなる出会いを探していきましょう。今連絡先を交換した人にそこまで興味がないのかもしれませんが、その知り合いにはよい人がいるかもしれません。

合コンがハードルが高いと思っている人は、習い事を始めてみましょう。女性ばかりがあつまるネイルやお花、そういったものは避けてテニスなどの運動系に手を出したり、お料理教室のパーティーなどもありますので参加してみてもよいです。

とにかく周囲に異性がいないと恋愛は始まりませんので、なにかしら男性と接点を持つことで恋愛になる可能性が高まっていきます。

いつ彼氏が出来ても大丈夫なように自分磨きに励む

彼氏が欲しいと言っている女の子が周りにもたくさんいます。でも、彼女たちはその彼氏がいない余った時間をもてあましダラダラ家で干物女をしている子が多いです。そんな彼女たちに言いたいことがあります。彼氏がいない=自分だけの時間が多く作れるという事です。この時間を自分磨きにそそぐ事で、彼氏も出来やすくなりますし、彼氏が出来てからも自分を磨いたことが色々な場面で生かすことが出来ます。

自分磨きというのは美容ももちろん大事です。優しい子が良いとか男を立ててくれる子が良いとか男の人は言いますが、結局最初の第一印象は見た目の良さです。どの男の人も醜い容姿の女の人よりも見た目が良い方が良いに決まっています。スキンケアやヘアケアをきちんとするとか美容院やエステ・ネイルケア・マツエク、スポーツジム等美容に対して誰からも見られてないからやっても無駄と考えず、彼氏がいない今だからこそ美容に時間とお金をかけるべきです。

自分磨きというと外見磨きだけで終わってしまう女の子が多いです。これでは第1印象は男性をその気にさせても、長続きはしません。そんな薄っぺらい女性ではすぐに飽きてしまいます。私の場合、ある彼氏と別れその後自分磨きにいそしみました。まず、社会情勢や情報を収集するため新聞を毎日読み、雑誌も情報収集の手段として色々読みました。

知識が豊富で教養のある女性は一緒にいても会話の幅が広がり楽しいと思います。その他頑張ったことは料理です。女性は男性の胃袋をつかめばこっちのものとも言われます。時間もありましたし、基本の和食を出汁からしっかり作ったり、華やかな洋食、ボリュームのある中華を作れるようになればいつ彼氏が出来ても胃袋をつかむことが出来ます。

最後にやったことは資格試験の勉強です。私が勉強したのは宅建士で国家試験です。これはデートなどで時間を取られることもないですし、将来に役立つと思い勉強をしていました。真剣に勉強をして国家資格を取った私は時分への自信にもつながりました。

3年後、別れた彼氏から連絡があり久しぶりに会いました。あまりの私の変貌ぶりに彼氏は驚いたそうです。その後すぐに復縁し今では結婚し仲良く暮らしています。3年間の自分磨きの時間は今でも大事な時間だったと思っています。

下心をなくしたら急にモテるようになるという法則

彼氏が欲しいと思うと、どうしても、嫌われないよう、可愛く見えるよう、自分を作ってしまうものです。

わざとらしい作り笑顔を振りまいてみたり、上目遣い、ボディタッチ、酔ったふりなど、ネットで出回っている「男性に持てる仕草」を真似してみたり。男性が好きそうなスポーツ関係の情報をネットで仕入れ、いかにも自分もそのスポーツのファンです!と言わんばかりに相手の話に食いついてみたり。

そうやって努力して彼氏を求めているのに、なぜか恋人を作れないという方は、その下心が相手に見え見えだからでしょう。

ネットで出回っている情報は、あなただけが仕入れることの出来る情報ではありません。世の中の数多くの方が同じように仕入れている情報です。ですから、モテる仕草を真似した所で、相手の男性も「それはよく言われているモテる仕草ってやつだろ」と気づいてしまうのです。

計算だと気づかれれば、あなたに対して恋心を抱くことはないでしょう。だって、あなたの本心が見えないのですから。むしろ汚い本心を隠して上っ面だけを作っている計算高い女として嫌われてしまうかもしれません。

体目的の男性は近づいてくるかもしれませんが。もし、体目的ではなく、本当に自分を愛してくれる彼氏が欲しいのであれば、大切なことは、「下心」を排除することです。

彼氏を作ろうと思っているときに、あわよくば、という下心を排除するのはとても難しいのですが、1度冷静になって、男ではなく、一人の人間として相手を見るようにしてみましょう。

難しければ、相手を男性ではなく、女性なんだ、オネェなんだ、と意識してみてもいいかもしれません。

対男ではなく、対女友達、と考えたら、すごく自然に会話をすることができませんか?これは合コンや飲み会などだけではなく、学校や職場、近所づきあいなど、あちこちの場面でも、同じように行うべきです。

自然体で、ありのままの自分を見せ、下心なく、相手に対して接することができれば、相手も変に構えることなく、あなたとの会話を楽しむことが出来るようになるでしょう。

カッコ悪い自分を見せたくない、と、わざと自分を作る方が多いと思いますが、実は、完璧な人間こそ引かれることのほうが多いのです。美しく、失敗などせず、頭の良い人よりも、自然に話しやすく、ちょっとドジだったり天然だったりする方が「可愛らしい」と感じてもらうことができるものです。

彼氏が欲しいなら、カッコ悪い自分もそのまま見せ、自然体で男性と接してみましょう。案外すぐ近くに、恋は転がっているかもしれませんよ。

待っているだけはもう辞めて街コンに参加してみよう!

彼氏が欲しいけどその候補がいないという女性は世の中にたくさんいます。職場には気になる男性がいないという方もいますし、そもそも女社会だからという理由や、もう皆大学時代に恋人を作って今は上手くいっているという状態もあります。そうなれば、出会いは職場内に求めるのは無理そうですよね。

かといって街ゆく男性で良いなという人に急に声をかけるなんてできっこない、という方、街コンに参加してみるというのはどうでしょうか。

街コンは、合コンとはまた違って規模が大きく、司会進行がしっかりやってくれるのが特徴です。会場は日本各地にあり、自治体が支援しているところもあるので田舎でも結構探せば案外簡単に見つかったりします。家の最寄りの駅周辺で開かれると、相手もその近くが家だったりするのでもし仲良くなったら近場で遊べるのもメリット。また、女性にとって嬉しいのは街コンの値段の相場は男性が7,000~8,000円なのに対し、女性が2,000円ということ!これで食べ放題で、恋人候補も見つけられるというのは嬉しいですよね。

参加するにはネットから簡単に予約が可能で、友達と2人で行くのも良し、1人参加OKというところもあるので気軽に行けます。中には男性は社会人限定とあったり、年収制限が設けられていたりするので、初めから自分の条件に会った男性をゲットできます。

ちょっとそういうのには抵抗があるなという方もいますが、考えてみれば男性も自分と同じで恋人を探しに来ているということはお互いフリーということですし、双方出会いを求めているとわかっているのはとても大きなチャンスです。ちょっと探りをかけてみて彼女がいるとわかったらショックでしょうし、恥ずかしい思いもしちゃいますよね。

でもそれがないと分かりきっているからこそ、アタックされたりしたりできるのが街コンの良いところでしょう。合コンはただ遊びたいだけの男女が集まってワイワイやるということが多いようですが、街コンでは真剣度はグッと上がるようです。

少しだけ笑顔を意識するだけでぐっと恋が近くなります。

とにかく笑顔を意識してみてください。それだけで世界が変わります。

小中学校とあまり表にでることをきらい、勉強も中の中、目立つこともせず、明るい友人たちを何処かうらやましく思っていました。

高校では環境ががらりと変わり、それまでの友人がほとんどいない「新しい世界」がスタート。といっても自分自身何も変わることはなく過ぎていくのだろうと思っていたのですが、好きな人が出来ました。

はっきり言って高根の花だったのですが、その人のどこが好きなんだろう・・・と考えた時に、「快活に笑うところだ」と思い当たりました。今まで、学校であまり笑うということを考えなかった自分でしたが、少しだけ、笑顔を意識するようになりました。

特に、ひとと話さなければならないとき、もちろんその内容にもよりますが、なるべく笑顔で返事をすることを心がけました。

「これお願いね」「はい(ちょっとにっこり)」

「助かった、ありがとう」「はい(にっこり)」

不思議ですが、自分に声をかけてくれる友人が増えました。好きな人から話しかけてもらえることも増えました。結果、別のもっと素敵な方と付き合うことが出来ました。

社会人になり、面倒な仕事や、どうして自分が?と思う状況によく合うようになります。それでも、一つ深呼吸してちょっと笑顔で答えるだけで、ちょっとうまく回り始めます。

この笑顔作戦で一番のポイントは、好きな人以外にも実行することです。彼氏が欲しい、好きな人が出来た、だからそのひとにむけてマイベストを!だけではうまくいかないことが多いのではと思います。

好きな人だけに向けた光は、どこかに影を作ります。この影は、好きな人にも見えてしまうのです。

好きな人だけに限らず笑顔を向けるだけで、自分自身の雰囲気が底上げされます。周りの印象が少し良くなるだけで、巡り巡って好きな人に好印象が伝わることもあります。

自分が想う別の方向からお誘いを受けたりして、新しい出会いにつながることもあります。小さな返事にも笑顔を意識してみてください。誰かに好かれる準備をしていてください。

彼氏が欲しいならまずは自分が恋愛モードにならなくちゃ

「つい最近、長くつき合った彼氏と別れちゃった」という方から、「生まれてこのかた、一度も彼氏がいた試しがない!」はたまた「本命の彼氏はすでにいるんだけど、もう一人くらいいてもいいかなぁ」なんて方まで、彼氏が欲しい!というのは女子の永遠のテーマなのかもしれません。

では、具体的に彼氏が欲しければどのようにしたらいいのか?独自のテクニックを持っている人もそうでない人も、ぜひ参考にしてみてくださいね。

■自然な出会いを求める方法
彼氏が欲しいとはいっても、誰でもいいってわけじゃないの。できれば素敵な出会いから、ゆっくりと愛を育んでいきたいな…なんて夢見がちな女子は案外と多いもの。それなら、自然な出会いを探してみるのがベターですね。

まわりを見回してみて、気になる男性はいませんか?男友達が多い人なら、今まで友達としか思っていなかった中にも実はキラリと光る人材が隠れているかもしれませんよ。

もし、男友達なんていない…という場合でも、生活の中にまったく男性が関わってこないなんてことはないはずです。通勤電車の中で毎日見かけるあの人や、職場での先輩・後輩…その気になれば、いくらでも恋に発展する可能性は転がっています。

■自分から探しに行く方法
夢なんて見てる場合じゃない!という現実的な女子はこちらをどうぞ。

今はインターネットやSNSの普及で、恋人探しがグンと簡単になった便利な時代ですよ。

ネットで彼氏探しなんて…出会い系みたいで危ないんじゃない?なんて考えは、もう古い!これだけSNSによる人と人とのつながりが作りやすい今、これを利用しない手はありませんね。

でも、女子たるものやっぱり自分を大切にする気持ちを忘れないで。

インターネットにはさまざまな人がいます。かつての出会い系のように、危ない事件に発展する可能性もゼロとは言い切れません。

恋人探しにインターネットやSNSを利用する場合は、よく気をつけて利用しましょう。

■まとめ
どんな方法で彼氏を探すにしても、まずは自分の心を恋愛モードに染めることが第一歩です。

普段から綺麗を意識して、いつ出会いがやってきても対応できるようにしておきましょう。

準備を怠っている女子に、恋は訪れません。もちろん彼氏だってできないですよ。要は、恋愛に対する心構えを持つこと。そこが大事ですね。

彼氏を作るのにすべきこと…それは理想を下げること

彼氏がなかなかできない人は、理想が高い人が大半です。何が大切で、何をあきらめていくかを自分で見極めて、付き合いたいという本当の気持ちがあるのなら、ある程度の妥協をしていくことが必要です。

そのためには自分で自分の、見極めをしていくことが大切です。自分が20代前半の美人で正社員家事完璧というスペックでしたら、どんな年代にも引く手あまたでしょうが、特別美人でもなくもう30代という人はもうやばくなってきているということを自覚するべきです。

残念ながら、男性は若さと外見に弱いです。若いほどよくて外見は良ければよいという志向の人が多いです。男性だって、みんなが良いと思うような高収入イケメン高身長、安定した収入などがあれば、30代女性を選ぶことはなく若くてかわいい女性を選びます。

要するに自分と似たようなスペックの人を探すことで、お付き合いにつながる可能性が高くなっています。自分がかわいくない場合、イケメンは自分を選ぶことはほとんどありません。自分は普通、相手も普通を選ぶことで恋愛関係につながりやすくなります。

女性はそこを間違えていて、みんなが良いと思える男性と付き合いたいと思ってしまいます。そういう人と付き合う可能性はまったくゼロではありませんが、可能性のないことに時間やお金をかけるより、自分にあった人と付き合って楽しい時間を過ごしたほうが幸せです。

そして、自分に合った恋愛は自分を愛してもらえます。自分ばかりが無理な恋愛を追いかけると、愛されない恋愛は苦しくつらいです。女性は愛されたほうが幸せです。恋愛はゲームという若い価値観の間はそれでも良いのですが、将来的に結婚などを考えているなら無理な恋愛は将来に結び付く可能性が低くなってしまいます。自分に合った恋愛をして、愛されることで幸せを感じ女性はきれいになっていくと思いますので、なかなか彼氏ができない人は自分の理想を改めて見直すことで、お付き合いに近づきやすくなります。

恋愛に消極的になってしまいがちな人に最適なアプローチの方法とは?

彼氏が欲しいけれども、いまいち積極的になれないと思うのであれば、アプローチの仕方を変えてみてはいかがでしょう。恋愛に消極的になりがちな人にオススメなのは、ネットを使った方法です。ネットなら、直接会って話をするわけではないので、コミュニケーションが取りやすいので、彼氏をゲットする確率も高まります。

そのネットを使った方法には、婚活サイトやSNSなど様々あります。ただ、婚活サイトの場合、結婚を前提としていることが多いのでその点は注意しましょう。結婚は考えておらず、ただ彼氏が欲しいという場合は、フェイスブックなどのSNSの方がオススメです。恋人募集中と公表できるだけでなく、写真や日記のような内容を載せられるので、同じ趣味の彼氏を見つけられることもあります。知り合いの知り合いといった輪ができていくことで、出会いのチャンスも広がります。

ただここで大切なのは、決して嘘偽りの内容を伝えないことです。ついネット上だと、実際に会ったわけではないからバレないだろう、もっと自分を良く見せたいと思い、本当ではないことを言ってしまいがちです。ですが、本当に彼氏が欲しいと思っているのであれば、こういった嘘は全体に言ってはいけません。いずれはバレてしまうことです。正直に、素直な気持ちを相手に伝えるその真摯な態度こそが、相手の心を動かすカギとなります。ネット上とはいえ、何となく相手には本心かどうかが伝わってしまうものなので、実際に会って話しているように、正直な気持ちで対応することが大切です。

恋愛に消極的な方だと、自分の気持ちを相手に伝えることが難しいこともありますが、ネットという方法を利用することで、スムーズにアプローチしていくことができるのでとても便利です。相手とのコミュニケーションが深めやすいですし、実際に会ってからの関係も近づきやすくなります。実際に会う前に、ある程度お互いの気持ちを確認した上で会うことも多くなるので、恋人関係への進展もしやすくなります。

彼氏が欲しいなら何でもいいから何かしらアクションを起こすべき

彼氏が欲しいという人は、まずアクションを起こさないと駄目でしょう。待っているだけではどうにもなりません。中には、待っているだけでも男性が寄ってきてくれるような稀有なタイプの人も存在します。

ですが、そういうタイプの人はほとんどいません。自分がその部類の人間だと思わないようにしましょう。大抵の人は、話しかけたり、一緒に行動したり、そういうことをして初めて自分の存在を認識してもらえます。

そこからやっと色々な関係が始まっていくのです。すぐに恋人関係になりたい人も、友人から始めたい人もいるでしょう。どのみち、相手がどんな女性を好むか見極めるというのが大事になります。

ぶりっこをすれば落ちるのではと思う人もいるかもしれませんが、ぶりっこは嫌いな人は本当に嫌いです。男性はみんなぶりっこが好きと思っていたら、痛い目に遭うかもしれません。

それに、ぶりっこはリスクを伴います。同性に嫌われる要素が大有りだからです。それでもいいからぶりっこでというのなら、頑張ってください。さすがに同性に嫌われるのは嫌だという人は、とにかくコミュニケーションをとるようにしてください。

最初は、なんてことない内容でも大丈夫です。大抵は、そんなことから始まっていくのです。とにかく、人に関わっていかないとどうしようもありません。

誰か友人にでもいいので、いい人いたら紹介してと言っておくことも大事です。そうすれば、ふとしたときに誰かに紹介してもらえるかもしれません。

ですので、彼氏が欲しいと声に出すことも大事となります。声に出さないと彼氏が欲しいと思っていることも外には伝わりません。逆に言えば、外に出すことで彼氏を欲していることが周りに伝わり、もしあなたを狙っている人がいれば、来てくれるようになるかもしれません。

何かしらアクションを起こせば何かしら起きるかもしれません。彼氏が欲しいと思うなら、なんでもいいので行動に移してください。

女性としての魅力的な雰囲気を作ることが彼氏をつくることになる

彼氏がいないというのは本当に寂しいもので、特にこれまでに男性と付き合った経験があるのであればなおさらです。買い物でデパートやショッピングモールにいけば楽しそうにいちゃいちゃしているカップルを見れば羨ましくなりますし、自分が一人でいることが一人ぼっちで寂しく感じてしまいます。

一人暮らしをしていればなおさらそう感じて、一人で部屋にいることが我慢できなくなるほどの感情になることさえあることでしょう。そのような中で彼氏をつくるにはどうすればよいのかということですが、まずは自分自身が女性として魅力的かどうかということを吟味してみます。自分を知ることから始めるのはとてもよいことであり、それによって改善すべき点を見分けることができるからです。

男性というのは外見を重視する傾向にあるので、ルックスが重要になります。かわいい顔やきれいな顔をしていれば、それだけで男性が次々と寄ってくるかもしれませんが、それほどでもなければ魅力をアピールするしかありません。ではその魅力をどのようにアピールするかということですが、基本的にあからさまにそうするのはあまりよいことではなく、自然にそうするということです。

例えば男性うけするファッションスタイルをいつも心がけることができるかもしれません。自分が着たい服というよりも、男性がいいなと思うセンスの洋服を選ぶことです。またいつもにこやかであるというのは大切であり、笑顔でいる女性というのはとても魅力的に見えますので、こうしたことはどのような女性であったとしても努力できることではないでしょうか。そしてもうひとつは会話上手になるということです。

これは相手の気持ちとか周囲の空気を読みながらそれに応じた会話ができるということであり、時には聞き上手になることが必要になるかもしれませんが、こうした女性は男性の目に留まりやすいです。日頃からこうしたことを意識していくことで、男性と親しくなる機会というのは増えてくるに違いありません。好き好きオーラを出すのではなく、女性として魅力的な雰囲気を出すことが彼氏を作る秘訣になるのは間違いありません。

男性が特に注目して見ているのは女性のありのままの姿

上手に彼氏を作るためには、「男性は女性のどんなところを見ているのか」という点について知っておかなければなりません。

そういった部分をしっかりと理解しておかないと、どうしても独りよがりなアピールが増えてしまい、逆に男性から幻滅されてしまうことにもつながりかねないからです。

では、男性は女性のどんなところを観察し、魅力を見出しているのでしょうか。それはズバリ、「ありのままの姿」です。

女性は自分をキレイに見せたいと思う生き物ですから、たとえば化粧やファッションなどにたいへん気を遣います。しかし、どれだけオシャレに磨きをかけてみても、それだけではなかなか上手く彼氏を作ることはできません。

もちろん思わず不潔だと感じてしまうような身なりは論外ですが、過剰なオシャレも特に必要ないのです。

むしろ化粧やファッションにあまりにも力を入れすぎてしまうと、男性から「軽い女」だと判断されてしまうこともあります。

確かに声をかけてくる男性は増えるかもしれませんが、本命の彼女対象としては見てくれなくなる可能性が高いのです。彼氏が欲しいと切実に願っている女性が本当に力をいれるべきなのは、自身の内面の部分だといえます。

たとえば、男性に対してつい愚痴を言うことが多くなっていたり、モテる女性に思わず嫉妬している姿を男性に見られたりはしていないでしょうか。

男性は女性の飾っている部分ではなく、あくまでそういった「ありのままの部分」を注意深く観察しています。つまり、女性である前に人としてどうなのかという点を、静かに見極めようとしているのです。

愚痴が多かったり、やや嫉妬深かったりといった人の内面は、確かに簡単に変えることができません。しかし、簡単に変えられないからといって、どうにか変えようとする努力までも怠っているようでは、いつまで経っても彼氏ができないという状況に陥ってしまうのです。

心底彼氏が欲しいと願っているのなら、まず自分の内面について深く考えてみるようにしましょう。

素敵な彼氏を見つけて、お二人さまになるには…

彼氏が欲しいと日々、美に磨きをかけても、なかなか彼氏をつかまえる事が出来ません。そんな私もその1人でした。しかし、ある事を心がけるようになってから、彼氏が出来たのです。

それはというと、出来るだけおひとりさま行動をする事です。おひとりさまのすすめです。なんとなく、彼氏のいない女性同士は、集まる傾向があります。一緒に彼氏探しをしていると、なんだか安心できるように感じられるからです。

でも、実際にはそれが彼氏を作る事を遠ざけているのかもしれません。では、おひとりさま行動とは、一体どういった事かを詳しく説明していきましょう。

まず、出会いを見つけるための場に1人で参加してみる。出会いの場として、おすすめなのが習い事や趣味のサークル活動です。

でも、知っている人と参加してしまうと、どうしてもそこで集まってしゃべってしまうので、周りも話しかけにくい上に出会うチャンスも広がりません。1人で参加するのは、不安かもしれませんが、1人でいた方が周りからも話しかけられやすいので、知り合うチャンスが何倍にもなります。

女性ばかりが集まっていると、男性は何となく話しかけにくいと感じてしまう事があるようです。せっかくのチャンスを自分でつぶしてしまっているのです。

それから、おひとりさま行動のメリットはもう1つあります。「この人は」と思った時に、周りに躊躇する必要がありません。何人かで行動してしまうと、やはり周りの目も気になります。彼氏候補への周りの評価、そして、自分のアタックの仕方など、意外とそんな事が邪魔して彼氏が出来にくい事もあります。

自分がいいなと思ったら、周りの評価を気にする必要はないのです。そして、いいなと思ったら、気にせずに話しかけてみる。チャンスは、存分に活用してください。

最後に、彼氏が欲しくてもなかなか出来ない時、新しい事を1人で始めてみる事がおすすめです。新しい場所には、新しい出会いがあるはずです。友人の紹介や運命的な出会いと言うのは実際には少ないと言えます。

出会う数が多ければ多いほど、自分に合った人も見つかるはずです。色々な人と出会って、自分にぴったりの素敵な彼氏をつかまえて下さい。