★更新日2018/04/01★

再婚したい!?と真剣に生きることが一番大事です!

母と子が仲睦まじいシングルマザーとしてお子様と楽しく人生を歩んでいたとしても、どこか寂しさがあるでしょうし、片親であることにどこか引け目を感じているかもしれません。

そんな時に新たなパートナーを見つけてお子様と一緒により幸せになりたいと考えた時に、どのような行動を取れば良いのでしょうか?

それはあなたとお子様のことだけを、まずは一番に考え抜いてあげることでしょう。

お子様だけに一心に愛情を注いだとしても、どこかでその気持ちが途切れてしまうことがあるかもしれません。

だからこそ大事なのは、あなたとお子様の人生を大事に考えた生き方をすることです。

そんな真剣に人生を歩もうとしている姿勢を誰かが見てくれているかもしれませんし、自分に気をかけてくれるような人からの大事なシグナルに気づくためにも、ポジティブに人生を楽しむ必要があります。

そう言った元気ハツラツに生きているあなたの姿を見ていれば、その魅力に気が付いてあなたとお子様と一緒に家族になりたいと感じる人もいるでしょう。

そんな訳で、自分とお子様の未来を信じてあげて真剣に生きることをまずはオススメ致します。

解説をするまさよ最近は再婚率も上がっています。

子供がいるのであなただけの気持ちでは結婚はできないのが難しいところではありますが、お子様とあなたで幸せを掴んで下さい。

それでも出会いが欲しいかも、、、なら真剣な出会いを探しましょう!

母と子の手でハートを作る誰よりもお子様の未来を考えてあなたが一生懸命に生きていることは、一目瞭然です。

真剣に生きようとしているからこそ、お子様の未来をより明るくしてあげたいからこそ再婚相手を望むことはとても意味のある選択となるでしょうし、より幸せになりたいと考えているならば、積極的に再婚相手との出会いを探した方が良いでしょう。

人生を通じて再婚相手とあなたとお子様とで同じ時間を共有したいと感じる相手をまずは探してみましょう。

探し方自体は実はとても簡単で、まずは身近な友人や知人を中心にあなたと仲良くしたいと考えていそうな相手を探すことです。

素直に幸せを求めているんだという気持ちを大事にしながら、異性の知り合いを増やしていくと良いでしょう。

もし深い仲にならなかったとしても、その相手は単に出会うべき相手ではなかっただけのことです。

あなたとお子様を選んでくれた上で共に幸せになりたいと考えてくれている相手を探しておけばいまよりもっと幸せになれる出会いが訪れることでしょう。

解説をするまさよ最初に子供がいる事はお話ししておいた方が事がスムーズに運ぶと思います。

いい雰囲気になってから話して断られたら、また一から探さないといけません。
ですので最初に伝えておけば、子供もいる事を理解した上なのでいい方向に進みやすいです。

怖がらずに信じるだけ!?理想の相手の探し方とは?

子供がホットケーキを食べるでは再婚相手として理想の相手とは本来どんな異性のことを意味しているのでしょうか?

それは理屈や容姿ではなくあなたと幸せになりたいと考えている相手となるでしょう。

もしかしたら婚活パーティーや街コンで出会った人は見た目などの第一印象が良くないかもしれません。

でも、その時出会えた男性は子供がとても好きかもしれませんし、週末に楽しくキャンプや野球をする相手を探しているかもしれません。

そんなあなたとの今後の家族生活を想像させてくれるような相手を探してみましょう。

待っているだけでは理想の相手は見つかりっこありません。

あなたが出会いたい再婚相手も同じようにあなたとの出会いを待っているのです。

なので、怖がらずに良い相手と出会えることを信じて行動あるのみです。

そんな風に真剣に行動している姿を見てあなたの周りの男性も見る目が変わるかもしれませんし、あなたの友達が新しい出会い きっかけを運んでくれるかもしれません。

こんな時に大事にしたいのは、自分の心を誤魔化さずに駆け出す姿勢でしょう。

止まらず何度も踏み出していけば、より力強く前進することができるはずです。

解説をするまさよシングルマザーの場合、付き合う異性を探すというよりかは一緒に生活をする異性を見つけるという感じになると思います。

一緒にいてドキドキする相手よりかは、安らぎを与えてくれる異性を選ぶのが良いでしょう。

婚活したいと考えた時に気をつけておくこととは?

結婚式のウエルカムボードお子様との人生を夢中で生きているからこそ、疲れていることにも気づかないこともあるかもしれません。

そんな時に以外と盲点となってしまうのが、あなた自身の身なりとなります。

掃除をして家事をしてお子様を学校や幼稚園に連れて行ってご飯を用意してと、日々目まぐるしくやるべきことがあるなかでは、どうしても自分自身の身なりに気をつける瞬間が生まれずらくなってしまうでしょう。

婚活をしたい!と考えたときこそ、いつもより身なりを整えてから婚活パーティーや街コンに行ってみると良いでしょう。

初対面の男性もあなたと出会った時はまだあなたの境遇を何も知りません。

だからこそ、初対面の印象を良くするためにこそ身なりを意識的に小綺麗にしておくことをオススメ致します。

女性目線からであっても男性にも小綺麗でいてくれた方が嬉しいと思われます。

良い出会いを惹きつけるためにも、まずはどういう風に婚活相手に見られたいかを意識してみると良いでしょう。

そんな風に意識が変われば行動も変わりますし、行動は望んだ結果を見せてくれるものです。

まずは気軽に婚活アプリに登録しておくだけでもふとした時に行動しやすくなるはずです。

解説をするまさよ一人で子供を育てていると自分は二の次になることが多いでしょう。

だけど本気で婚活するのであれば多少なりとも自分磨きは必要です。

シングルマザー婚活についてQ&A

40歳のシングルマザーで、10歳の子供がいますが再婚希望です。でも相手がいません。

解説をするまさよシングルマザーでも若い子の方が再婚している人は多いですが、それでも40歳であればまだまだ可能性はあります。

ただお子様が10歳なので、ちょっとお年頃で素直に再婚を喜んでくれない可能性もあります。

お子様の年齢的に、いい相手がいてもすぐには再婚というのは難しいと思いますので、相手が見つかった時にはゆっくりことを進めていくのがいいかな?

でもその前に相手ですよね。

勤め先や今知っている異性の中に相手になりそうな人がいないようであれば、婚活アプリに登録して相手を見つけるのが一番早いかな?と思います。

やはり出会いが無ければ話が進みませんし、ただ今の生活を送っているだけで出会いが無いのであればその先も難しいです。

ですので、出会いに対して前向きになるのが一番の近道です。

こちらもチェック!人気コンテンツ


《参考》利用者が多い婚活・恋活サービス公式サイト一覧

  • ゼクシィ縁結び公式サイト

    結婚と言えばゼクシィというほどにゼクシィブランドは知名度・ブランド力・安心感があって定着してますよね。ゼクシィ縁結びは、恋人を探している人向けの婚活・恋活アプリのサービス。

  • ペアーズ公式サイト

    女性は無料で利用できる。フェイスブックマッチングアプリの中では知名度ナンバーワン。

  • Omiai公式サイト

    10代20代女性は無料で利用できる。ペアーズとOmiaiは婚活・恋活アプリの有名大手トップ2。ペアーズには登録していないけどOmiaiには登録してるって人も多いので要チェックです。

  • マッチドットコム公式サイト

    マッチングサービスのパイオニア的存在。世界25か国に利用者がおり、日本でも187万人以上が利用中。

引用元 社会人出会いの場ナビ|場所・きっかけ等をレクチャー

シングルマザーの再婚・婚活方法に関する口コミ・体験談

結婚は懲り懲りと思っていたシングルマザーな私の再婚体験。

前の夫と離婚したのは、息子がまだ3歳の頃でした。ダメな男のテンプレのような人で、浮気、ギャンブル、借金、暴力こそなかったけど、とても結婚生活を続けていける状態じゃありませんでした。

離婚の決定打は息子のためにコツコツ貯金していた教育資金にまで手をつけたことでした。

幸い私は仕事もしていましたし、両親も協力的だったこともあり離婚を決意しました。

息子と2人の生活は正に幸せそのもので、贅沢はできないながらも平穏な日常を取り戻しました。

この当たり前に平和な生活は本当に快適でした。まだ年齢的には若かったので、寂しさを感じなかったといえば嘘になるかもしれませんが、それよりも息子の笑顔は私にとって最高の癒しでした。

離婚して数年経った頃、好意を持ってくれる男性ができました。彼は同じ職場で、私よりも5歳も年下の方でした。

仕事熱心で真面目な性格なのはわかっていましたが、その頃の私はまだ男性不信のような状態で、どうしてもお付き合いする気持ちになれませんでした。

結局、お付き合いには発展しませんでしたが、自分はまだ女性としての価値があるんだなとぼんやり思ったことを今でも覚えています。

今の夫となる人と出会ったのはその少し後でした。会社に出入りしている業者の方だったのですが、今まで全然そういう素振りを見せてなかったのに、突然誘われたのです。

なんの身構えもしていなかった私はあっさり誘いに応じてしまいました。

夫は見た目がいいわけでもなく、取引先としては優秀だったかもしれませんが、ぱっと見て男性としての魅力があるタイプではありません。

逆にそこが良かったのかもしれません。そのまま自然な流れでお付き合いが始まりました。その後、息子とも顔を合わせて、その子煩悩そうな表情に安心しました。

結婚の決め手はなりよりも息子が望んだからです。

父親が恋しい年頃だっのかもしれないし、夫といつも一緒がいいと思ったのかもしれないし。

本当の所は息子のみぞ知るということです。

今は新しい家族も増え、幸せな家庭というものを噛み締めています。

いつ、どのタイミングで訪れるかわからない気持ちの変化ですが、自分の気持ちに正直になってよかったです。