★更新日2018/07/05★

40代の婚活で必要なのは、思慮深さ!?あなたの人生経験に大きな意味が!!

美味しい手料理を作る40代からの婚活を成功させるためには、あなたが人生で培ってきた経験をどれだけ相手に伝えることができるかがとても重要となります。

料理が大好きな人は料理のスキルをより高めることでよりあなたの魅力を伝えることが出来るでしょうし、家庭菜園が大好きな人はよりいろいろは新鮮な野菜を育てる事ができるように努力してみることも良いでしょう。

また、40代の婚活に唯一必要な必勝方法があるとするならば、それはあなたの人生を通じて獲得してきたなにかをより魅力的にする事となります。

婚活を通じて結婚相手を探すことは、いわば多くの異性の中から一人を選ぶことですし、誰かから選んでもらうことです。

多くの人のなかからあなたが選ばれるだけの理由を作るためにも、大きな魅力を用意しておくに越したことはありません。

人は人に魅力に引き寄せられて、仲良くなりたいと感じるものです。

あなたの人生を通じて得られた魅力を最大限に活用することをオススメ致します。

そんな時に自分の魅力に気づきずらいことがあるようなら、知人や友人にあなたの得意なことはなにかを聞いておくと良いでしょう。

どこか気づくことが出来ていない自分自身の良いところや長所と言えるところに気づかせてくれるはずです。

解説をするまさよ男性が何歳であろうが、女性が若い方が子供が出来やすいので、男性側が子供を望むのであれば若い子を選ぶので女性の場合は40代になるとググッとチャンスが減ってしまう事は確か。
でも必ずしも子供望むとも限らないし、それ以上にあなたに魅力があれば選んでもらえるでしょう。
だからこそ自分の魅力にいち早く気づくことが結婚への近道になります。

魅力は人それぞれだからこそ、気付いてあげる!

手の中のお花で気持ちを伝えるあなたの魅力に知人や友人なら簡単に気付いてあげることが出来るように、人の魅力は本来自分では気づきづらいものだったりしています。

だからこそ、今後あなたが出会う魅力的な人も自分自身の魅力に気付けていない可能生があるかもしれません。

そんな時に、あなたがその魅力的な相手に、あなたが感じている魅力に関して伝えてあげることをしてはどうでしょうか?

魅力とはいわばその人のことを大きく示く長所のようなものなので、そんな自分でも気付けていない魅力を伝えてあげれば、きっと喜んでくれたり、笑顔になってくれたりしてくれることでしょう。

そして、そんな魅了されるような人に出会えたならしっかりと行動してあげることが重要です。

あなたの本心や気持ちは伝えることが無ければ、決してあなたの気持ちが伝わることは無いですし、魅力を感じたことすらも伝わることは無いでしょう。

だからこそ、大切な気持ちは恥ずかしがらずに伝えて上げなければありません。

解説をするまさよ黙っていては気持ちは伝えることが出来ません。

すごく勇気がいる事でしょうが、自分で気持ちを伝えるほか前に進む道はありません。

一つ一つの出会いを大切に!良い巡り合わせを離さないようにするだけ!!

婚活パーティーに参加する40代からの婚活をする時にはお見合いであれ婚活パーティーであれ、社会人 出会いの場自体は多く存在しています。

ただ、これは!と言える出会いが少ないことも事実ですから、出会いのひとつひとつをとても大切にしたほうが良い訳です。

出会いとは本来巡り合わせが引き起こしてくれるとても意味のある出来事ですから、そんな巡り合わせを大事にすることができれば、当然最高の相手と出会える可能性も高くなっていくことでしょう。

ではそんな良い出会いを増やすためにはどうしたら良いのでしょうか?

それはとてもシンプルに、人との出会いの機会を増やすだけで良いのです。

人と出会うだけならば、正直なことを言えば誰でも出来てしまうものです。

ですが、そんな多くの出会いの中で仲良くなれてしまう人はどれだけいるのでしょうか?

興味を持って積極的に話しかけたいと感じる人はどれだけいたでしょうか?

どれだけの人に出会えたとしても、あなたが本当に一緒にいたいと感じるひとはじつはとても少ないのです。

そんな少ない大事な存在と出会うためにも、シンプルに出会える人の数や範囲を増やしてあげると良いでしょう。

出会いの数はきっと人生をより良いものにしてくれるからこそ、良い出会いを求めて行動し続けることに意味があります。

解説をするまさよ出会いがあってもすべてが自分の好みの人間ではない。

だからこそ出会う回数が必要である。

最後は結婚相談所が一番かも?

光るハートを持つ手多くの結婚相談所では実際に結婚出来た比率を「成約率」としてそのサービスを使っている人たちに対して公表しています。

なので、そんな成約率が比較的高いところにある結婚相談所で出会いを探してみることもしてみてはどうでしょうか?

本当に結婚をしたいと切実の考えているならば、もしかしたら結婚相談所を利用することが良いのかもしれません。

本来ならより不特定多数の出会いを提供してくれる婚活パーティーや街コンに参加してみることもひとつの大きな手段なのですが、出会いの多さとは、いわば選択肢を増やすことになってしまい、もしかしたら結婚相手をどうしたらよいのかという迷いを生んでしまうかもしれません。

だからこそ、結婚を今すぐにでも!と考えているならば結婚相談所も有意義な選択となりうるはずです。

多くの出会いがあるので、より良い異性を見つけることが出来ますし、まず最初の行動として選択してみてはいかがでしょうか?

解説をするまさよ結婚相談所は、他のサービズよりも金額は高め。
その分本気で結婚を考えている人ばかりなので成約率はあがります。
でもやはりあまりに金額が高ければ難しいですよね。
そうするとリーズナブルな婚活アプリがお手頃な気がします。

40代婚活についてQ&A

40代半ばの独身女性です。まだ理想の男性に出会えていません。早く結婚したいです。

解説をするまさよそうですね・・・2-30代であれば、完璧な理想相手が現れるまで待ってもいいかもしれないですが、あなたはもう40代半ばです。

今までの自分の理想を押し付けても難しいと思います。

じゃあ妥協して誰でもいいか?と言えばそれはNOです。

自分の思う理想の相手の中で譲れない項目だけに絞って、あとの項目は「人間だもんダメなところも少しはあるよね」と思うといいですよ。

あなたは完璧な人間ですか?

きっとあなたにも短所はあるはず、そういった事も含めて理想の相手像を見直すのがいいですよ。

そうすればきっとあなたに似合う異性が現れます。

こちらもチェック!人気コンテンツ


《参考》利用者が多い婚活・恋活サービス公式サイト一覧

  • ゼクシィ縁結び公式サイト

    結婚と言えばゼクシィというほどにゼクシィブランドは知名度・ブランド力・安心感があって定着してますよね。ゼクシィ縁結びは、恋人を探している人向けの婚活・恋活アプリのサービス。

  • ペアーズ公式サイト

    女性は無料で利用できる。フェイスブックマッチングアプリの中では知名度ナンバーワン。

  • Omiai公式サイト

    10代20代女性は無料で利用できる。ペアーズとOmiaiは婚活・恋活アプリの有名大手トップ2。ペアーズには登録していないけどOmiaiには登録してるって人も多いので要チェックです。

  • マッチドットコム公式サイト

    マッチングサービスのパイオニア的存在。世界25か国に利用者がおり、日本でも187万人以上が利用中。

引用元 社会人出会いの場ナビ|場所・きっかけ等をレクチャー

40代の婚活に関する口コミ・体験談

40代の婚活は急いでも仕方なし。焦りではなく悟りの境地で望むべし

仕事と趣味に没頭している間に、年齢がいよいよ40代へと突入していました。他の方でも同じような感覚を持っている人は多いかと思いますが、20歳を過ぎてからの年月の過ぎ方が異様に速く、年齢の数字に実感が全く伴わないままで独身生活を謳歌し過ぎてしまったようです。

とは言え、このまま結婚しないで良いという感覚にもなれなかったので、思い切って大手結婚相談所に加入しました。正直、男性ということもあり、女性よりは40代でも何とかなるのではないかという、浅はかな希望がなかったと言えば嘘になるでしょう。ただ、そうでもなければ、年会費50万などと言う金額を払うこともなかったとも言えますので、これは結果論と言えます。

さて、入会してからは、自分のプロフィールは勿論、どんな相手を希望するかを登録してマッチングしてもらうのですが、自分は、相手の女性の年齢は、30代中盤ぐらいまででも良いと思っていました。出来るならば20代後半から30丁度ぐらいが理想と言えば理想ですが、それは幾らなんでも身の程知らずということで、この年齢までOKということにしたのです。

とは言え、そのぐらいの妥協は「当たり前のこと」らしく、相談所の職員の方からは「子どもの問題はあるが、同い年ぐらいまでも可にした方が選択肢が広がる」というアドバイスをもらいました。まあ、それは丁重にお断りさせていただきましたが……。

取り敢えず、割と早い段階で希望に見合う相手が見つかり、初めて会うセッティングをしてもらいました。実際会ってみると、見た目は画像より1割引ぐらいでしたが、その点についてはこちらも人のことは言えませんので、十分という感じでした。

ただ、会ってからやや問題がありました。プロフィール上の問題もなく、会った印象も悪くなかったのですが、どうも相手にかなり焦りが感じ取れたのです。相手の女性は34歳でしたが、そういう年齢の問題もあって、かなり結婚に対して急ぎたいという思いがあったのでしょう。

こちらとしては、お見合い形式とは言え、ある程度恋愛的な期間を経てからという感覚が強く、その点においてかなりギャップが生じていたのです。最終的に結婚が目的であっても、好きでもない相手とは一緒に暮らせないという意識が強いこともありました。

そういうわけで、当然その人とは上手く行かず、その後も何人か会いましたが、大体同じような年齢の女性で、同じような印象を抱くことが多かったわけです。しかし、結婚にそれほど焦りがない若い年代の女性は、当然、年齢的にこちらが逆に対象外となってしまいますし、そもそも結婚に焦ってない人は結婚相談所に加入すること自体がまずないわけです。

つまり、自分にとって、相手の年齢や条件以前の問題が存在していたことに気付かないまま、何も考えず結婚相談所に加入してしまったわけです。その点は大変反省せざるを得ませんでした。金額も決して安くないわけですから。

ただ、今更自分が焦ってもお金も時間も戻って来ないわけですから、ここに至って「ここまで来たらなるようにしかならない」という心境に至ったわけです。それからは、同じような問題を感じる女性と会っても、「まあこの人達も大変だから」ぐらいの感覚で流せるようになりました。

おそらく、残念ながら相手が見つからないままで1年が経ってしまいそうで、大金が無駄になりそうですが、そこでこちらも焦って結婚したところで、その後の損失は50万で済むはずもありません。やはりここは自分がまず悟りの境地に到達するしかないと覚悟を決めているところなのです。

40代の婚活は微妙?まだ子供は産める?

私の友人R子。現在は40代半ば 看護師さんです。若い頃の職場の後輩で 30歳になってから看護師を目指し 猛勉強。30代半ばで 試験に合格して看護師になりました。

スタイルもよく 気だてもよく 若い頃から男性には人気がありましたが なかなか結婚までこぎつけることができず 未だに独身です。

本人いわく「看護師というと 将来的にも ひとりで十分にやっていけそうだし 生活リズムが違うし どうやら あまり結婚相手の対象にはならない」というのが現実のようです。

ですが 40代半ばになった今でも R子の結婚願望は薄れることなく 婚活パーティーにも マメに参加しています。

つい先日 私はR子からの誘いで婚活パーティーとやらに 一緒に参加することになりました。バブル期に流行っていたディスコの復活祭を兼ねてのパーティーで 参加している人は 必然的に それを懐かしむ40代後半から50代にかけての年齢層の人たちばかりです。

入り口で番号札をつけられるものの 堅苦しい席決めや質問はなく 比較的フランクな感じで お気に入りの人やグループの所に行って おしゃべりなどを楽しむといったかんじでした。

R子は 50代前半の男性とカップル成立。お付き合いが始まり しばらくは とても幸せそうなR子だったので めでたしめでたしといきたいところだったのですが R子は結婚どころか出産も まだ諦めてはおらず その話を相手の男性に切り出したら 相手にドン引きされたというではありませんか!たしかに すぐに妊娠したとしても出産は40代後半に さしかかってしまう。二人目 三人目を40代で出産した人は 知ってはいますが 40代での初産は私の周りにはいません。相手の男性が引いてしまうのも わからなくはない。確かに 厳しいかも。とは R子には 言えていません。

もし本当に R子が子作りを望むなら せめてせめて 30代。年下がいいのかもしれないと思ってしまう私。

本当に 40代の婚活は微妙で 50代とは 少し違うもの。50代なら まず 子作りは頭にはないでしょうけれど 40代なら R子のように まだ 希望をもっている女性も少なくないはず。

R子は 今でも 婚活に励み つい この間なんかは「違う婚活パーティーで会った男性に また会った」などと マンガのような話をしてくれました。

40代の婚活は相手の内面を重視して見る事ができる。

40代の婚活は30代の時と比べて大きく変わる事がありました。女性の場合は年齢がいく度に婚活は不利だという方もいますが、私はそうは思いません。

それは相手の内面を重視して見れる事が多くなった様に感じるからです。

30代の婚活時には女性の場合は特に、一般的に(自分も含めてですが)婚活をしてる中でも、どこか気持ちの中で自分有利に立っていたい、立ちたいという感情が優先して、どちらかと言うとこちらが側から男性を選んでいる意識が強くて、常に結自分が優位に立ちたいと思っている部分が強かった様に感じます。

その分、男性に対しも要求が多くて、外見に拘ったり、肩書きや収入面の事も凄く気になってた様に感じます。

しかし40代の婚活になると、いろいろな面で自分の精神的な部分や気持ちも練れてきたこともあり、また結婚や家庭に対して具体的なことを描けるようにもなっているので、相手に求めるものはルックスや肩書き、収入面は二の次になっていった気がしました。

私の周りの同年代で婚活をしている友人や知人を見ると、私の様に価値観が一気に変化をしている人が多くなったと感じます。

なので、婚活パーティーや街コンへ参加しても、まずはその人の容姿よりも、コミュケーションをした上で、相手の気遣いや優しさやを感じた時に、その相手のことがもっともっと知りたくなるという感じがしています。

要するに若い年齢の頃の婚活よりも、相手の本質、内面を中心に見る事が出来る40代の婚活は成功する確率が高いのではないかな?と思うのが私の持論です。

40代に入ると途端に婚活に消極的になってしまう人もいますが、私はむしろ40代こそ、今まで以上に質の良い婚活が出来るのではないかと思う部分が強くあります。

年齢と共に焦りが悲壮感を出すことよりも、余裕と知性や気遣いを出す事により、30代では出来なかった婚活が出来るのが40代だと感じます。

常にその時が自分の最高にいられる年齢なんだという少しの自信と思いやりを持てば、異性との話も積極的に進められると感じているので、40代の婚活はあえて気持ちに余裕を持って相手の内面を重視してみつめる事が成功する鍵だと思います。