会社のイベントでボランティアイベントって、一年の中で結構あるじゃないですか?

ウォーキングイベントや、募金活動、ゴミ拾いなどなど、会社によっては、CSR活動という建て付けで活動補助金を出してくれる場合もあるほどです。

私の会社はそういった有志を募ったサークルが存在し、むしろ会社に大して活動提案をするほど主体的に取り組む活発な団体が存在します。

コアメンバーは、人事、総務系の本社の人間で構成されてあり、他の社員からしても人脈作りのメリットがあるので中心メンバーは二桁以上います。

30歳間近の私にとって、そんな真面目なことはせず、実は出会いの場として活用しちゃってます。

清掃活動

合コンだと、本当にはじめましての相手ですが、会社のイベントだと予め同じような境遇の人間の方が多く集まるため、初対面といえど距離が近くお近付きになりやすいと思ったからです。

大学時代のサークルも似たようなことをしていたこともあり、このサークルに参加するようになりました。

もちろん、女性側も同じようなものです。

真面目半分、出会い半分といった様子で体験活動と称して多くの女性が入り混じりに参加するのです。

そんなサークルですから、ある程度のくっつく、離れるのは茶飯事で大人です。

しかし、私にはそのようなご縁が訪れないまま、三年が過ぎようとしていました。

そのような中、新卒の女子グループ4名がサークルに体験入部と称して活動してきたときのことです。ついに、私は念願の恋人をゲットすることになりました。

彼女らは配属先も同じで、プライベートでも仲良くしているらしくサークル活動に若手の華が咲いたようでした。

その中でもひときわ綺麗でお淑やかや印象の女性とたまたま、連続して同じグループとなり個人的にご飯にいくようになりました。

彼女とは、出身が同じ方面でお酒が入ると方言を出し合い、仲良くなりました。

気付けば、週に3回は一緒に寝泊まりする半同棲状態になっていたのです。

自分は真面目な会社内サークルで活動していただけですが、たまたま同じグループに同じ出身の方がいたというだけですが、まさか新卒の10歳近くも年下の女性と付き合うことになるとは思いませんでした。

結果、今でもお付き合いは続き、結婚秒読みといった感じです。