私が付き合っていたのは、就職した職場の人です。その人は、同期で一緒に就職をしたのでした。

そのため、何かと飲み会などで一緒になることが多かったのです。そんな時、やっぱり職場のことで話が盛り上がります。

色々と悩みがあるので、その悩みについて打ち明けることができるのです。それはなんといっても、同期ということで安心感があるんですね。

同じ気持ちになっているので、この人なら話をしても大丈夫、理解してもらうことが出来る、そんな安心感があるのです。

その男性とは同期といっても、部署は違っていました。そのため、より話しやすかったのです。

同じ部署だと、色々なことをみてしまうのです。その時、お互いに気まずいこともありますね。

叱られているところを見たりすると、やっぱり嫌な気持ちになるのです。叱られている方も、自尊心が傷つき嫌な気持ちになります。

社内恋愛

そのことを思うと、離れている部署であるということがよかったと思っています。

そして飲み会で一緒になることが多かったので、その後は二人で飲みにいくことも多くなりました。

話をしていて楽でいられるのです。それは、とても大切な事ですね。付き合いたいと思うのはドキドキする相手ばかりではなく、安心できる人もいいのです。

そのため、少しづつ付き合うことが自然な流れのようになっていました。会うたびに、いろいろなことを話をします。

同じ歳なので、話も合うのです。そのこともとても付き合う上で大切な事です。

話をしていて、共通の話で盛り上がることが多いのです。すると、楽しい時間を多く一緒に過ごすことができますね。

仕事のことも理解してもらえるし、話も楽しいので長く一緒にいたいと思ったのです。そのことから職場での出会いは、とても良いと思っています。私のように、違う部署の方が長続きをするようですね。

友人が同じ部署の人と付き合っていましたが、やっぱり見えすぎてしまい短期間で別れてしまいました。

趣味が合うなども、とても良い出会いであると感じます。